介護士の給料は安い?今後は上がる?給料の平均や手取り額を紹介!

介護士の給料は安い?今後は上がる?給料の平均や手取り額を紹介!

介護士の離職率は日本全体の離職率と比べると、そこまで差は大きくありません。

近年は介護士の給与水準が上がっていて、今後も改善されることが予想されています。

しかし、施設や地域によっては待遇が悪いところもあり、転職は慎重に行うべきです。

転職してからミスマッチに気づいて、早期離職となることは避けたいですよね。

そこで今回は介護士の離職率について、退職理由や早期退職を防ぐコツを含めご紹介します。

介護士は資格なしでも働ける!資格なしでもできる理由や無資格で働くメリット・デメリットを紹介!

【雇用形態別】介護士の給料の違い

【雇用形態別】介護士の給料の違い

ここでは雇用形態別に介護士の給料の違いについて、以下のようにご紹介します。

  • 正社員の平均給料
  • パート・派遣などの非常勤の給料

正社員の平均給料

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、正社員として働く介護士の平均給料は以下のとおりです。

正社員介護士の平均給料(医療,福祉産業)
年収 355万800円(ボーナスを含めない)
月収 29万5,900円

パート・派遣などの非常勤の給料

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、パート・派遣などの非常勤として働く介護士の平均給料は以下のとおりです。

パート・派遣などの非常勤介護士の平均給料(医療,福祉産業)
年収 248万5,200円(ボーナスを含めない)
月収 20万7,100円

【施設別】介護士の給料の違い

未経験から介護士への転職|転職に失敗しないコツや介護士のメリットなどを詳しく解説!

ここでは施設別に介護士の給料の違いについて、以下のようにご紹介します。

  • 正社員の平均給料
  • パート・派遣などの非常勤の給料

正社員の平均給料

厚生労働省の「平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果」によると、正社員として働く介護士の施設別平均給料は以下のとおりです。

■介護老人福祉施設

  • 年収:398万7,120円(ボーナスを含めない)
  • 月収:33万2,260円

■介護老人保健施設

  • 年収:380万8,200円(ボーナスを含めない)
  • 月収:31万7,350円

■介護療養型医療施設

  • 年収:342万4,320円(ボーナスを含めない)
  • 月収:28万5,360円

■訪問介護事業所

  • 年収:350万3,160円(ボーナスを含めない)
  • 月収:29万1,930円

■通所介護事業所

  • 年収:315万4,800円(ボーナスを含めない)
  • 月収:26万2,900円

■認知症対応型共同生活介護事業所

  • 年収:331万5,840円(ボーナスを含めない)
  • 月収:27万6,320円

上記のように、施設ごとに年収は最大80万円程度幅があります。

正社員介護士は働く施設によっても、収入が変わってくるでしょう。

パート・派遣などの非常勤の給料

パート・派遣として働く日給・非常勤介護士の施設別平均給料は以下のとおりです。

■介護老人福祉施設

  • 年収:196万6,680円(ボーナスを含めない)
  • 月収:16万3,890円

■介護老人保健施設

  • 年収:194万6,520円(ボーナスを含めない)
  • 月収:16万2,210円

■訪問介護事業所

  • 年収:186万9,480円(ボーナスを含めない)
  • 月収:15万5,790円

■通所介護事業所

  • 年収:188万7,480円(ボーナスを含めない)
  • 月収:15万7,290円

■認知症対応型共同生活介護事業所

  • 年収:183万8,640円(ボーナスを含めない)
  • 月収:15万3,220円

上記のように、施設ごとに年収は最大13万円程度幅があります。正社員介護士ほどではありませんが、パート・派遣の介護士でも働く場所によって多少収入が変わってくるでしょう。

【都道府県別】介護士の給料の違い

【都道府県別】介護士の給料の違い

ここでは都道府県別に介護士の給料の違いについて、以下のようにご紹介します。

  • 介護士の給料が高い県ベスト5
  • 介護士の給料が低い県ベスト5

介護士の給料が高い県ベスト5

厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査」によると、介護士(医療,福祉産業)の給料が高い県ベスト5は、以下のとおりです。

1位 東京都(32万5,500円/月)
2位 奈良県(30万9,600円/月)
3位 神奈川県(30万9,300円/月)
4位 大阪府(30万4,300円/月)
5位 埼玉県(30万4,100円/月)

上記のように、関東と関西含む首都圏エリアの給料が高い傾向があります。

2位以降はすべて30万円代と僅差になっており、東京都が一番高い水準です。

介護士の給料が低い県ベスト5

介護士(医療,福祉産業)の給料が低い県ベスト5は、以下のとおりです。

1位 宮崎県(23万4,600円/月)
2位 山形県(23万5,300円/月)
3位 長崎県(24万2,800円/月)
4位 佐賀県(24万4,200円/月)
5位 岩手県(24万6,800円/月)

上記のように、東北から九州まで首都圏以外の地域で給料が低い傾向があります。

24万円代と23万円台でそこまで大きな差はありませんが、東京都と宮崎県比べると約9万円の差があり、日本全体をみると働く地域によって収入にかなりの差があるといえます。

介護士の給料は決して安いわけではない!

ここまで紹介したデータをみてみると、介護士の給料はそこまで低くはありません。

特に首都圏エリアで正社員として働くことで、高水準の収入が期待できるでしょう。

逆に首都圏以外の年収が低いエリアだと、同じ職種で働いても給料が低くなる傾向があるので注意が必要です。

介護士の給料はこれからも上がる可能性が高い!

介護士の給料はこれからも上がる可能性が高い!

介護士の給料はこれからも上がる可能性が高いといえる理由は、以下の2つです。

  • 年々介護士の給料が見直されているため
  • これから介護士のニーズが高くなるため

年々介護士の給料が見直されているため

介護士の給料は年々見直されています。介護士は人材不足が深刻なので、数年前と比べて給料の水準は上がっています。

また、日本政府による施策によって「10年以上勤務継続している介護福祉士の賃金を月額平均8万円程度アップする」ものもあります。

今後も給料の水準は上がっていくことが期待できるでしょう。

これから介護士のニーズが高くなるため

近年では少子高齢化が進み、介護施設を利用する高齢者が増え続けています。

一方、介護施設などで働く介護士は人材不足で、需要に供給が追いついていない状態です。

これからも少子高齢化の影響は大きくなり続けることが予想されているので、介護士のニーズは増え続けるでしょう。

ニーズが増えていけば行くほど、介護士の給料水準が上がることが期待でき、今後も介護士の給料は上がり続けるといえます。

未経験から介護士への転職|転職に失敗しないコツや介護士のメリットなどを詳しく解説!

介護士の給料をアップさせる3つの秘訣

介護士の給料をアップさせる3つの秘訣

介護士の給料をアップさせる3つの秘訣は、以下のとおりです。

  • 介護士の仕事の幅が広がる資格を取得する
  • 待遇が良い施設に転職する
  • 実務経験を積んでスキルアップする

介護士の仕事の幅が広がる資格を取得する

介護士の仕事の幅が広がる資格を取得することは重要です。介護士の関連資格としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 介護職員初任者研修
  • 介護福祉士実務者研修
  • 介護福祉士
  • ケアマネージャー(介護支援専門員)

上記のうち介護福祉士は国家資格でもあり、取得することで転職や給料アップに役立ちます。

加えて、厚生労働省による「2019年賃金構造基本統計調査」ではケアマネージャーの年収は以下のとおりです。

ケアマネジャーの平均給与
年収 393万400円(ボーナス:62万8,000円)
月収 27万5,200円

ケアマネジャーの給与は通常の介護職よりも高い傾向にあるので、ケアマネジャー資格を取得することで年収アップを狙えます。

待遇が良い施設に転職する

待遇が良い施設に転職することで収入アップが期待できます。

例えば、厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査」によると正社員の平均年収として以下の施設では大きな差があります。

介護老人福祉施設の年収 398万7,120円
通所介護事業所の年収 315万4,800円

上記のように働く施設で80万円以上年収に差があります。

上記の施設に限らず、同じ職種でも働く施設やエリアによっても年収が増える可能性があるので、転職する際は働く施設やエリアを考えてみるのも良いでしょう。

実務経験を積んでスキルアップする

介護士の実務経験を積んでスキルアップすることは、年収アップに繋がります。

介護士として働き始めの頃は高い給与は期待できませんが、実務経験が長くなればなるほどできることも多くなり、年収アップがしやすくなります。

同じ職場で実務経験を積んで、年収アップを狙うこともできますが、転職をすることで年収アップが叶う可能性も高くなります。

実務経験が一定以上あることで介護士として働く施設やエリアも選びやすくなるので、より年収アップがしやすくなるでしょう。

介護士の給料は決して低くない!実務を積めばキャリアアップも可能!

介護士の給料は数年前よりも水準が高くなっており、職種が同じでも働く施設や地域で年収が大きく変わる可能性があります。

年収アップを狙いたい人は、実務経験を積んだり、関連資格を取得したりして転職を狙うのがおすすめです。

ぜひこの記事を参考に介護士としてキャリアアップを目指してみてください。