未経験でもできる仕事10選!企業が未経験者を求めている理由とは?

未経験でもできる仕事10選!企業が未経験者を求めている理由とは?

「今と全く違う仕事に転職してキャリアチェンジしたい!」

今の仕事や職種に不満を感じている人の中には、別の職種に転職してキャリアチェンジを考えている人も多いでしょう。

しかし、今までの仕事と別の職種に転職する際には未経験になってしまうため、「未経験から転職できるのか…?」と不安を感じますよね。

そんな転職に不安を抱えている人に、未経験でもできるおすすめの仕事を紹介していきます。

スキルや知識がない未経験を採用している仕事はたくさんあるので、この記事を読んで転職へのモチベーションをあげていきましょう!

未経験でもできるおすすめの仕事10選

未経験でもできる仕事は主に10こあります。

営業職

営業職は未経験からチャレンジでき、仕事の成果次第で高収入を狙えるため、未経験からキャリアアップを図っている人におすすめです。

特別なスキルや知識が必要無く、仕事に対しての意欲やポテンシャルを重視した採用が行われており、未経験者への求人が多く出されています。

営業職に特に求められているスキルは、コミュニケーション能力やひたむきにヒアリングする能力なので、適性があると判断されれば採用される可能性が高いです。

しかし、医薬品を扱うMRなど営業では、専門的な資格や知識を求められるため理解しておきましょう。

営業職は未経験からでも転職しやすい!転職しやすい理由とおすすめの業界

IT系の技術職

意外に思う人も多いかもしれませんが、IT系の技術職も未経験でもできる仕事の1つです。

急速なIT化の発展に伴い、IT業界への需要が高くなり、いい意味で人手不足を抱えています。

ITの技術職と一括りにしても、SE・プログラマー・エンジニアなど、職種は多岐に渡ります。

種類によっては特殊な知識や専門的なスキルを求められますが、ほとんどは入社後に身に付けていけばいいと考えている企業がほとんど。

そのため、企業ごとに研修体制が整っており、未経験からスキルを積んでいけて活躍できます。

IT業界はこれからさらに需要が増えていく一方なので、スキルや知識を積んでいけば将来的に仕事に困る状況落ちることはありません。

事務職

事務職は仕事量が落ち着いていたり、体力的に負担が少なかったりと、プライベートと仕事を両立させたい人におすすめの仕事。

特に女性人気の高い仕事で、事務の求人が出されたらたくさんの女性がエントリーをするため、求人倍率が非常に高くなります。

仕事内余はデータ入力や書類作成、顧客管理などのこまごまとした仕事がメインで、特別な資格やスキルが必要ありません。

しかし、デスクワークでパソコンを扱う仕事なので、基本的なPGスキルは身に付けておきたいところ。

また、事務職と言ってもかなりの種類があり、種類によって経験者しか募集していないケースもあります。

あらかじめ事務の種類を理解しておき、どの種類であれば転職できそうかチェックしておきましょう。

販売・サービス業

アパレルや食品の販売員やアミューズメントパークや商業施設などのサービス業も未経験からできる仕事府です。

商品やサービスに関する知識は入社後に身に付ければOKいう企業が大半で、事前知識が必要ありません。

しかし、人と接する仕事なので、人柄やコミュニケーションスキルは重視される傾向です。

その仕事に適した身だしなみや、コミュニケーション能力の高さをアピールしましょう。

美容・ブライダル関連

デパートの美容部員や結婚式上のブライダルスタッフ、コーディネーターなどは未経験者を募集しており、女性人気の高い仕事です。

職場でも同性がほとんどなので、人間関係に悩むことも少なく、有意義に仕事をしていけるでしょう。

運送・運輸業界

インターネットの普及に伴い、ネットショッピングをする人が多くなっているため、運送や運搬業界では慢性的に人手不足を抱えています。

運転免許さえあれば未経験でも始められ、採用ハードルがあまり高くないため、いち早く仕事を始めたい人におすすめです。

介護スタッフ

少子高齢化に伴って介護業界への需要が急速に高まってきているため、介護や福祉関連の仕事も未経験から始められます。

介護業界の大きな特徴は、実務経験を積みながら資格を取得でき、スキルアップできる点。

未経験者でも仕事に対しての意気込みややる気があれば、キャリアアップが十分に可能です。

始めのうちこそ給与が低いですが、資格を取得し、スキルを身に付けていけば成長に応じて収入も上がっていきます。

コールセンター

企業で扱っている商品やサービスに関しての、悩みやクレームを電話で対処するコールセンターも、未経験でもできる仕事です。

時代が進んでいくにつれて商品やサービスが多様化している分、問い合わせの軒数増えており、コールセンターへの需要が高まっています。

「電話対応があまり得意ではない…」と言う人でも、企業ごとにマニュアルが存在しているため、そのマニュアルを身に付ければ問題なく対応できます。

電話対応は社会人にとって必須スキルなので、将来的に転職を考えている人にも選択肢が広がりやすい仕事と言えるでしょう。

工場の作業員

工場での仕事は企保的にマニュアルに沿った流れ作業なので、未経験者でもできる仕事と言えます。

学歴や職歴も一切影響せず、年齢に関わらず採用をしているため、ブランク期間がある人や学歴が低い人にとてもおすすめです。

仕事に関連した資格を取得していれば、資格手当てが付いて収入がアップするため、必要に応じて資格取得をおすすめします。

公務員

安定した収入と充実した福利厚生が特徴の公務員は、試験さえクリアすれば未経験でもできる仕事です。

年齢に応じた昇給や年に2回のボーナス、完全週休2日など、安定を求めている人にとてもおすすめです。

しかし、数ある職業の中でもトップクラスの人気を誇っているため、倍率が高いのは覚悟しておく必要があります。

公務員を目指すのであれば、試験に合格するために計画をしっかりと立てて、意欲的に勉強していきましょう。

人によっては公務員試験に合格するまでに数年かかってしまう人もいるため、別の職業も視野に入れておいた方が良いかもしれませんね。

企業が未経験者を採用している理由とは?

企業は即戦力となる経験者ではなく、なぜ未経験者を採用しているのでしょうか?

ここの項目では、未経験者を採用している理由を紹介していきます。

人手が足りていない

一つ目の理由は、単純に人手が足りていないからという理由です。

経験者を重視して採用活動を行うと、想定人数の採用が行えないため、未経験者まで広げて人材を確保しているのです。

人手不足の業界にはブラック企業が多いため注意!

人手不足を抱えている業界には、人手が不足する何かしらの理由があります。

上記のような特徴を持っており、利勝率が高いため、慢性的に人手不足を抱えているのです。

俗にいうブラック企業と呼ばれる企業が多いということですね。

もちろん人手不足を抱えている業界の企業の全てがブラック企業というわけではありませんが、そういう傾向が強いというのは理解しておきましょう。

特別な資格やスキルが必要無い

2つ目の理由は、特別な資格やスキルが求められないという点です。

仕事に対してのスキルや知識は、働いていく中で身に付けていけばいいと考えている仕事も多くあります。

そのような仕事では、採用する際に求められるのは人間性やポテンシャルです。

適正が認められれば案外すんなりと内定を貰えます。

儲かる仕事を16個厳選紹介!儲かる仕事に就く方法も解説

「未経験歓迎!」と書いてあっても必ず優遇されるとは限らない

未経験と一括りにしても、実は3つの意味が含まれています。

「未経験」の微妙なニュアンスの違いを理解していきましょう。

業界未経験

業界未経験は職種を変えず、別の業界へと転職する際に使われます。

例えば、前職で不動産営業をしていた人が保険営業に転職する・前職で広告の人事部にいた人がiTの人事へと転職するなどです。

このケースは職種が変わっていないため、即戦力として採用をされます。

職種未経験

職種未経験は、同じ業界内で別の種億種へと転職する際に使われます。

例えば、アパレル業界の販売員から広報へと転職する・広告の営業から企画へと転職するなどです。

職種未経験で転職する場合は、業界の知識がある程度身に付いているため、かなり優遇される傾向があります。

完全未経験

完全未経験は業種も職種も異なる求人に申し込みする際に使われます。

他の2つと違い完全に未経験の状態から仕事を始めるため、初めのうちは収入がかなり低い傾向です。

成長次第で収入が上がるため、一から成長していく気持ちを常に持っておきましょう。

未経験者を採用している仕事に転職する際に理解しておくべきポイント

経験者とし転職するのに比べて、未経験での転職が何かとストレスを感じる場面が多いです。

そこで、未経験として転職した際に理解しておくべき4つのポイントを紹介していきます。

初めのうちは給与が低い

未経験として転職すると、転職したての頃はできる仕事が少ないため、給与が低いのが一般的です。

未経験から頑張ろうとして転職したものの、給与の低さにギャップを感じてしまい、早期離職してしまう人がかなり多くなっています。

そのため、未経験の仕事に転職するのであれば、初めの頃は給与が低いのを覚悟してお9来ましょう。

わからないことだらけでストレスが溜まる

初めてやる仕事は今まで経験してこなかったことをたくさん経験するため、仕事の出来なさにギャップを感じてストレスを溜めこんでしまう人も多いです。

始めのうちは仕事ができなくて当然なので、割り切っておくのも重要です。

職場にいる人も未経験者に対して、多くのことを求めません。

1つずつ仕事を覚えていけば、そのうちにできる仕事の幅も火尾がっていくので、小さなことからコツコツと取り組んでいくのが大切です。

教育制度が整っているとは限らない

未経験者を募集している企業は、とにかく人材を集めようと考えているため、教育・研修制度が整っていないケースがあります。

充分な研修が行われず、仕事は人を見て覚えるという企業も多いです。

そのため、充実した研修を受けられると思って仕事を進めていくと、ギャップを感じてしまうケースも。

そんなギャップを感じないためにも、自分から能動的に聞き、仕事を貰っていくつもりで仕事を進めていきましょう。

仕事が合わず早期退職する恐れも

始めの3ヶ月くらいは、仕事に慣れなかったり、できることが少なかったりとやりがいを感じにくいです。

仕事をする前に抱いていた気持ちとは裏腹に、成長している実感を感じにくいため、ギャップが生まれ早期退職するケースも。

早期退職すると経歴に傷ができてしまい、次の転職が上手く行かないため、十分に気をつけなければなりません。

早期退職を防ぐためにも、とにかくどんなことでもこなしていく気が大切です。

未経験でもできる仕事に転職するためにしておきたいこと

未経験募集している仕事への転職はそこまでハードルが高くありませんが、職種によっては中々転職ができないこともあります。

そうならない様に、転職するためにしておきたい3つのポイントを紹介して行きます。

最低限の基礎知識を勉強する

何もわからない仕事をするわけなので、転職先で役に立つ最低限の基礎知識を身に付けておきましょう。

仕事を始める前に知識を身に付けておけば、全く未経験の状態よりもある程度は、仕事のみ込みが早くなります。

また、事前に勉強しておくことで仕事に対しての意欲をアピールでき、職場の人に好印象を与えられることに繋がります。

沢山の知識を身に付ける必要はないので、初めの頃の業務に役立ちそうな勉強はしてきましょう。

どのようなスキルが求められているかを理解する

経験者には即戦力となるスキルやスキルが求められますが、未経験者にはなにも求めていないと勘違いしている人も多いでしょう。

しかし、企業は初めて仕事をする未経験者に対して求めているスキルがあります。

未経験だからこそ求めているスキルはたくさんあるため、企業が何を求めているのか理解できるようにしましょう。

何を求めているのか分からない人は、企業が出している求人やホームページを見るのがおすすめです。

転職エージェントを活用する

「未経験へ転職できるか不安」と悩みや不安を抱えている人は、転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントを活用すれば、求人紹介や面接・履歴書対策など。転職に関連したあらゆるサポートが受けられます。

転職のプロのサポートが完全無料で受けられるため、内定率もぐっとアップします。

当サイトでも転職サポートを行っており、求人紹介やあらゆるサポートが完全無料で受けられます。

転職で失敗したくない・満足できる転職がしたいと考えている人は、ぜひ活用してみて下さいね。

未経験の仕事にチャレンジして新しい人生を切り開こう!

未経験の仕事に転職するのはかなり勇気のいる行為なので、志しても中々行動に移せない人が多いです。

しかし、行動を起こして今よりも条件の良い企業に転職できれば、有意義な生活を送れるでしょう。

恐れずに前向きに転職に取り組んでみて下さいね。

転職活動の正しい進め方!万全の準備を済ませて内定を勝ち取ろう