第二新卒はどのようなことに「仕事できない」と感じて、仕事を辞めたのか?

第二新卒はどのようなことに「仕事できない」と感じて、仕事を辞めたのか?

第二新卒になった人の中には、周りと比べて仕事ができないと感じて、退職した人も多いでしょう。

自分は「仕事ができない人」と思い込んでしまい、いつまでも転職活動に入れないでいると、就職できない負の連載が続いてしまいます。

そこで、第二新卒がどのようなことで仕事ができないと感じたのか、仕事ができる人間になるにはどうすればいいのか、説明していきます。

第二新卒が仕事できないと感じてしまう理由

社会人経験が浅いうちは、仕事ができなくて当たり前です。

新卒で入社した職場を3年以内に辞めてしまった経歴を持つ、第二新卒はどのようなことで仕事ができないと感じたのでしょうか?

主な理由を説明していきます。

仕事が覚えられない

社会人になったら、まずは仕事を覚えるところから始まります。

仕事の基本中の基本のようなことから覚えていくので、最初の段階では仕事を覚えるのに付いていけるかもしれません。

しかし、ステップを踏んでいく毎に、覚える仕事の内容も複雑になっていくでしょう。

一度で覚えられないことが続くと、次第に自分に問題があるのではないか、と感じるようになります。

その現象が続いてしまうと、自分が仕事ができないと感じる回数が多くなり、自己嫌悪してしまう場合があるでしょう。

職場の同年代と比べてしまう

職場の同期や同年代が自分に比べて仕事を覚えるのが早く、職場で評価されていく中で、自分ひとりだけ評価されない。

職場の同期と比べて、成長が遅いと感じてしまい、劣等感を感じてしまうケースもあります。

人にはそれぞれ成長速度が違い、早く出世する人もいれば、出世が遅い人もいます。

他人と競い合って、自分を高めていく方法もありますが、あまり神経質になり過ぎるのはよくありません。

「自分は自分、他人は他人」と割り切る心構えも大切です。

理想と現実のギャップを感じてしまう

社会人経験が浅いうちは、与えられる作業が事務的だったり雑務の場合もあります。

仕事に高い意欲を持ち、向上心が強い人だと、理想と現実のギャップを感じてしまうでしょう。

誰でも初めのうちは何も知らない状態から始まるので、新人に重要な仕事が与えられることはありません。

中には「自分は仕事ができないから雑務ばかり任されるんだ」と考え込み、悩み過ぎてしまう人もいるでしょう。

「自分はまだ経験が浅い」と開き直るのも大切

どんなにすごい人でも1~2年で仕事を完璧に覚えて、仕事をこなせる人いません。

最低でも4年くらい続けないと、仕事の本質は見えてこないでしょう。

そのため、経験が浅いうちは自分のプライドを過度に持たずに、「学ぶ」姿勢で仕事をしていきましょう。

仕事があまり分からないうちから、仕事に対してプライドを持ってしまうと、理想と現実
にギャップが生まれてしまいます。

ギャップに耐え切れないという理由で退職し、第二新卒になってしまう人も大勢います。

仕事に高い意欲を持つことは大切ですが、時には肩の力を向いて、開き直るのも重要です。

自分の息抜きの方法を知りましょう

仕事でストレスを溜めて、そのストレスを発散しないのは、身体的にも精神的にも良くありません。

適度にストレスを発散して、気持ちを切り替えるのも重要です。

また、自分に合った息抜きの方法を知るのも、長い社会人生活を送っていくうえで重要なことです。

休日は仕事のことを忘れる

仕事が休みの日も、家で仕事のことを考えていると、休日の意味がありません。

いくら仕事で悩んでいたとしても、休日は仕事のことを忘れてリフレッシュするのも大切です。

自分なりのストレス発散法を知る

仕事でストレスを感じるのは当たり前で、ストレスを感じているのはあなただけではありません。

ストレスは全員感じるものなので、ストレスと上手に向き合っていかなければなりません。

  • ジムに言って体を動かして汗をかく
  • 買い物をしてストレスを発散する
  • 好きな映画や本を読んで、ストレス発散する

仕事している人は、人それぞれに何かしらの趣味を持っています。

ストレス発散法は人によって、大きく異なるので、身近なものから試していくと良いでしょう。

また、方法によっては、支出が大きくなってしまう場合も考えられるので注意しましょう。

仕事のやりがいを見いだす

人によって何のために仕事をしているか、仕事へのやりがいの見出し方は様々です。

年齢が高くなれば、結婚して子供ができて、守るべきものが多くなります。

それにつれて、家族を支えるために仕事を続けていくというやりがいもふえていくでしょう。

しかし、第二新卒は年齢が若いので、結婚している人も少ないです。

そのため、どこにやりがいを見出して仕事のモチベーションを維持するのか、あいまいな場合が多いです。

長期的な目標も良いですが、週ごとに小さいやりがいを見出すのが、一番効果的でしょう。

  • 週末には何かしらの予定を入れておく
  • 週に一度は、自分の食べたいものを食べる
  • 仕事で○○を意識する

仕事上でも、プライベートでも構いませんので、自分が仕事を頑張れる小さなやりがいを作りましょう。

小さな積み重ねが、仕事に大きな影響を与えるかもしれません。

第二新卒の仕事の進め方

仕事ができるようにするためには、どのようなことに注意して仕事に取り組んでいけばいいのか、具体的な方法を紹介していきます。

転職した新しい職場で、すぐに実践できるものばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

仕事を整理して、優先順位をつける

どの仕事から始めれば良いのか決まっておらず、作業に入れない、仕事の優先順位が決まっていないなど効率的に仕事を進められない場合があります。

仕事の順番が決まっていないと、一日を通して仕事をスムーズに進められません。

そのため、朝の仕事を始める段階で、一日のスケジュールを立てて仕事の順序を決めましょう。

仕事のスケジュールを立てておけば、仕事の間が空かず、空白の時間を効率よく仕事が進められます。

複数の業務を同時に進める

一日にできる仕事の量は限られているので、一つの仕事を進めていくのは効率があまりよくありません。

できるのであれば、複数の仕事を同時に進めていった方が、仕事量も増えて効率が良いです。

しかし、仕事の能力が身に付いていない段階で、複数の仕事を並行して進めてしまうと必ず仕事の見落としが出てしまいます。

そのため、職歴が浅く経験が少ない段階で並行して仕事を進めるのはおすすめできません。

自分の特性を理解して最適な職場を見つけましょう

新卒で就活をしていた時は、内定を貰うことに責任感を感じて、義務的に就活していた人がほとんどだと思います。

自分が何をしたいのか、どのような仕事に向いているのか、よくわかっていなかった人もほとんどでしょう。

しかし、一度社会に出た第二新卒は、やりたいことが見えている人もいると思います。

一度社会に出て、社会人を経験したからこそ、自分のやりたいことが見えてきている人も多いと思います。

リクらくを活用して転職を成功させよう

第二新卒で就活に困っている人は、リクらくを活用して就活を進めていきましょう。

リクらくでは、未経験OK・経歴不問の求人を多く取り扱っていて、前職の経験を問わずに新しい職に転職ができます。

仕事ができないと悩んでいる人でも、安心して相談できるエージェントが付いて、万全のサポートを受けられます。

仕事の悩み以外にも、様々なサポートが完全無料で受けられるので、安心して手軽に利用してみてください。

あなたの転職が成功することを祈っています。

また、下記の記事で第二新卒の転職について詳しく書いた記事があるので、こちらも参考にしてみてください。

転職に失敗してしまう第二新卒の特徴とは?失敗しない転職の方法を紹介!