第二新卒の転職に最適な時期と転職に成功するポイントを紹介!

第二新卒の転職に最適な時期と転職に成功するポイントを紹介!

第二新卒は新卒と違い、入社時期がバラバラです。

そのため、転職を始めようとしている第二新卒の中には、いつから転職を始めればいいのか悩んでいる人も多いでしょう。

実は、第二新卒の転職に有利な時期があります。

そこで今回の記事では、第二新卒の転職に有利な時期、転職に成功するポイントなどを紹介していきます。

転職に最適な時期を知って、効率よく転職活動を成功させましょう。

第二新卒の転職に最適な時期は1月と7月

第二新卒の転職に有利な時期は、1~3月と7月~9月です。

この2つの時期は、決算期・人事異動などで会社の体制が大幅に変わるので、抜けた人員を確保しようと各企業が求人を多く出します。

求人数が多くなるにつれて、その分採用率が高くなり、転職に適した時期と言えます。

1月~3月

1月~3月は会社の人事異動や退職者が多くなる時期で、企業が抜けた人材を確保するために多くの求人が出ます。

第二新卒を求める企業も多いので、内定率も大幅にアップします。

その中でも3月は一番内定率が高い時期です。

多くの企業は、3月末を年度の決算期として設定しているので、決算期に向けた動きが落ち着いた3月に採用活動を行う企業が多いです。

また、新卒の入社時期に合わせて第二新卒の採用を行う理由もあります。

新卒と同時期に入社すれば、同じタイミングで一斉に研修が受けられ、一人一人研修をする手間が省けます。

7月~9月

7月~9月も中期決算時期にあたり、決算期と被ると言う理由で、採用活動が盛んに行われます。

決算期は人事異動が頻繁になる時期なので、この時期に合わせて多くの求人を出し、転職活動を行う傾向があります。

また、ほとんどの企業で夏のボーナスが6月に支給され、ボーナスを受け取ってから退社をする人も多いです。

そのため、6月以降は退職者が増えるので、多くの企業で採用活動が行われます。

それ以外の月でも転職は可能

上記の月以外でも常に求人は出されているので、基本的にはいつからでも転職活動を始められます。

求人数こそ少なくなるものの、決して就職できないわけではありません。

中途採用の場合は、求人が出されるタイミングがかなり突発的なので、こまめに企業の動向をチェックしておきましょう。

就職しようと思ったらすぐに就活を始める

第二新卒は転職時期が決まっておらず、転職エージェントなどを活用しない限り、基本的にひとりで行うものです。

そのため、「時期が来たら始めればいいや」「もう少ししたら始めよう」という考えでいると、いつまでも転職活動に入れません。

転職活動はかなりエネルギーを使うので、一度腰が重くなってしまうと、行動に移せず危険です。

「善は急げ」という言葉もあるように、いち早く行動に移して損することはありません。

転職しようと考えたら、すぐにでも行動に移しましょう。

第二新卒は企業から需要が高い

一昔前は新卒で入社した会社に、定年まで勤めるのが一般的な常識でしたが、今では転職するのが当たり前の時代になっています。

企業の方も「転職」が悪いという認識ではなくなってきているので、転職者に対してかなり前向きに採用をする傾向があります。

そのため、現在の転職市場でフリーターや既卒に比べて、第二新卒はかなりニーズの高い存在です。

第二新卒のどのような点が、企業に評価されて需要が高い要因になっているのか、説明していきます。

基本的なビジネススキルが身に付いている

新卒やフリーターを採用するとなると、一般的な社会常識から教えて教育していかなければならないので、教育コストがかかってしまいます。

対して第二新卒は、期間に違いがあるものの、一度社会に出て社会人経験をしています。

ある程度は、社会人としてのマナーが身に付いているので、採用後すぐに職場に入って仕事ができます。

また、転職先が前職と同業種であれば、前職の経験を活かしてすぐにでも職場で活躍できるのもニーズが高い理由です。

社会人経験が浅く扱いやすい

社会人経験が長くなるにつれて、仕事のやり方や仕事の考え方に自分なりの意見を持つようになります。

自分のこだわりを持つのは大切ですが、逆に考えると新しい環境や考えを受け入れられず、環境に適応できないとも考えられます。

また年齢が高いと転職先の職場もどのように扱っていいのか、戸惑ってしまうこともあるでしょう

対して、年齢が若い第二新卒であれば、自分の仕事観や仕事の取り組み方が定まっていないので、新しい環境のやり方にいち早く適応できます。

目標がはっきりとしている

第二新卒のほとんどが自分のやりたいことをするために、転職を決意します。

そのため、次の転職先に求めるビジョンを明確に持っている人がほとんどです。

新卒で就活している時は、仕事をしなければならないと義務的な感情をもって、就活をしていた人が多かったと思います。

しかし、一度社会に出て働いたことにより、自分が何をしたいのか、何に向いているのかがある程度見えてくるでしょう。

将来に対して、明確なビジョンやキャリアプランを持っていると、次の職場での目標が定まっているので、企業に意欲的な姿勢をアピールできます。

企業側から見ても、「私はこうなりたい」と将来のビジョンを持っていれば、説得力が生まれて評価の対象になります。

第二新卒の転職には準備が肝心

第二新卒はかなりニーズがあるものの、何も準備をしないで、その場しのぎの転職活動をしていると、採用される見込みは少ないです。

転職活動を行う上では、転職前の準備が何よりも大切です。

第二新卒が転職をする上で準備しておくことは、

・自己分析
・業界研究

上記の二つです。

詳しく説明していきます

自己分析

自己分析とは、自分にどのような価値観・仕事観があるのか、自分を見つめなおす作業です。

自分がどのようなことに興味があり、どのようなスキルがあるのか、思い出してみてください。

自己分析を行うことによって、

「自分がどのような業界に向いているのか」

「自分にはどのような業界に向いているのか」

…など、自分が何をしたいのかが見えてきます。

自己分析のやり方は人によって様々ですが、頭の中でなんとなく考えるのではなく、紙に書きだすのがポイントです。

紙に書いて視覚化することにより、自己分析を意味のあるものにできます。

また、自己分析を行わないと自己PRや志望動機をかけません。

自分のことを魅力的にアピールするためにも、自己分析を十分に行いましょう。

業界研究

自分がどのような業界に興味があるのか、業績や具体的な業務内容、雇用状況などをチェックしましょう

また、業界全体の景気を調べておく必要もあります。

業界の伸び率は、あなたが働いていくうえで、年収や待遇を左右します。

業界全体で売り上げや需要が下がっているのであれば、その業界への転職は一度考え直した方がいいかもしれません。

また、面接で話す志望動機を考える際にも役立つので、しっかりと行いましょう。

第二新卒が転職に成功するポイント

第二新卒は天書奥に有利ですが、成功するポイントを押えて就活すれば、転職成功率がより高くなります。

ここからは、転職が成功する6つのポイントを紹介していきます。

転職の目的を明確に伝える

「前職の仕事が嫌だったから何となく辞めた」

「転職活動に特に目標が無い」

…などのように、目的を持たずに転職活動を進めてしまうと、何のために転職活動をしているのか目的が見えません。

企業側から見ると、目的を持たない転職者は魅力的に見えないので評価されず、採用に至るケースが少ないです。

そのため、自分が何のために転職活動をしているのか、確固たる目標を設定して転職職活動に取り組みましょう。

前向きな退職理由を伝える

「人間関係が嫌だったから」

「年収が低かったから」

人によって様々な転職理由があります。

質問の性質上、退職理由は、マイナスなイメージを取られやすいです。

面接などで転職理由を伝えると、どうしても後ろめたいネガティブな転職理由になってしまいます。

そのため、面接理由を話す際には、ポジティブな印象を与えられるようにしましょう。

前職の経験をどのように次の仕事に活かしたいか、将来的なビジョンを織り交ぜて伝えると、よりアピールにすることができます。

面接対策を万全に行う

面接を軽視して、場当たり的な感じで面接をしても、自分を何一つアピールできずに終わってしまいます。

質問に上手く答えられず、沈黙の時間できてしまうことも考えられます。

そのため、想定できる質問には、あらかじめ回答を用意しておきましょう。

また、模擬面接を行い、面接の回数を重ねていくのも良いでしょう。

面接は、頭の中でイメージトレーニングしても中々上達しません。

友人に面接官役になってもらい、模擬面接を行うのも良いですが、転職エージェントに面接練習をしてもらうのが最も効果的です。

企業目線で質問をしてくるので、より本番に近い面接練習ができます。

また、こちらの記事で第二新卒にされがちな質問と、回答例をまとめた記事があるので参考にしてみてください。

第二新卒の転職者がされやすい質問と回答例を紹介!

魅力的な応募書類を作成する

書類選考の段階では、履歴書・職務経歴書があなたを評価する材料です。

あなたがどんなに優れた人材でも、書類選考の段階では、直接話せないので自分の口からアピールができません。

転職活動の第一歩なので、そこで選考から落とされないように、魅力的な応募書類を作成しましょう。

こちらの記事で、職務履歴書の書き方を詳しく主介しているので、参考にしてみてください。

【第二新卒者向け】~職務経歴書の書き方完全マニュアル~

入社してもすぐに辞めないアピールをする

第二新卒は前職を3年以内に辞めた経歴を持っています。

そのため企業からは、

「入社してもすぐに辞めてしまうのではないか?」

「前職の在籍期間が短いので、嫌なことがあったらすぐに辞めてしまうのではないか?」

前職の在籍期間が短いと、企業から様々な不信感を抱かれてしまいます。

そのため、面接の中で入社してもすぐに辞めないことをアピールしなければなりません。

抽象的に長期間勤務すると伝えても、企業には何一つアピールにはなりませんので、数字や期間を織り交ぜて具体的にアピールしましょう。

転職活動のスケジュールを立てる

いつまでに内定を貰うのか、内定を貰うためにはどのように転職活動を進めるのか、転職のスケジュールを設定しましょう。

無計画に転職活動を進めていると、次第に転職活動をしている意味を見失ってしまい、実のある転職ができません。

ざっくりでもいいので、まずは、内定を貰う目標時期を設定しましょう。

ゴールを設定すれば、ゴールに向けての行動も明確になります。

自分に適した転職時期を見極めて万全の準備をしておきましょう

内定を貰いやすい時期は、1~3月と7月~9月です。

この時期は求人数が多くなり、企業がいち早く人材を欲している時期なので、割とスムーズに転職先が決まるかもしれません。

しかし、転職で大切なのは時期よりも、準備です。

どれだけ準備をしたかによって、転職の成功率も変わってくるでしょう。

自己PRや志望動機、面接対策を万全に行って、前職よりも良い職場に行けるようにしましょう。

転職活動に万全の準備をして、あなたの転職が上手くいくことを祈っています。