転職が決まらない第二新卒の特徴とは?企業が求めている特徴と内定を貰う秘訣を解説!

転職が決まらない第二新卒の特徴とは?企業が求めている特徴と内定を貰う秘訣を解説!

第二新卒として転職活動をしている人の中には、中々転職先が決まらずに不安を抱えている人も多いのではないでしょうか?

第二新卒は新卒や経験のある転職者に比べてしまうと、転職が不利になってしまうケースが多いです。

転職先から内定を貰えないと、すごく不安になりますよね…

実は内定を貰いにくい第二新卒には共通している特徴があり、その特徴を持っているために、内定が貰えない可能性も。

そこでこの記事では、転職が決まらない第二新卒の特徴や企業が求めている特徴、転職を成功させる秘訣を徹底解説!

転職が決まらない第二新卒はぜひ参考にしてみてくださいね。

第二新卒で転職先が決まらない人の4つの特徴

まず初めに転職先が中々決まらない第二新卒の4つの特徴から紹介していきます。

上記の特徴に当てはまっていると、企業から見て魅力的な人材に見えません。

自分に当てはまっていないか確認してみましょう!

前職の退職理由がネガティブ

企業は第二新卒に対して、必ず前職の退職理由を聞きます。

退職理由が「仕事が辛くて行きたくなかった」「給料が安くて嫌になった」などの、ネガティブな退職理由を伝えてしまうのはNGです。

仕事への意欲が低い人なのでは?と不信感を持たれてしまいます。

例えネガティブな理由で退職していたとしても、伝え方を工夫してポジティブな印象を与えられるように心掛けましょう。

応募書類の完成度が低く魅力を伝えきれていない

応募書類は企業があなたのことを知る最初のステップ。

そのため、応募書類の充実度が低いと、書類選考の段階で落とされてしまう可能性が非常に高くなります。

字を綺麗に書いたり、職歴や経歴を正しく書いたりするのは当たり前なので、じっくりと書き上げるのが大切。

応募書類の中で最も重要なのは、志望動機と自己PRの項目です。

それぞれを説明するとかなり長くなってしまうため、作成方法は下記の記事を参考にしてみて下さいね。

第二新卒必見!志望動機の書き方の秘訣を紹介!

【第二新卒者向け】~職務経歴書の書き方完全マニュアル~

転職先に求める条件が多く理想が高い

新卒の就活で会社選びに失敗した人に良くあるのが、転職先に多くの条件を求めてしまい、理想が高くなっているケース。

「新卒で就活に失敗したから、次こそは失敗しないぞ!」と意気込んで、身の丈に合っていない企業にエントリーする人が多いです。

多くの条件を求めてしまうと、おのずと大企業や大手企業などに狭まり、内定を貰える可能性が極めて低くなってしまいます。

また、転職先に条件求めすぎてしまうと、エントリーする企業も少なくなってしまうことに。

少しでも内定率を高めるためにも、なるべくたくさんの企業にエントリーする様に心がけましょう。

面接対策が不十分で言いたいことを言えない

転職を進めていくうえで面接は避けては通れない道です。

ただ、企業の人と向き合って様々な質問をされるため、面接に対して苦手意識を持っている人がかなり多くいます。

面接は何1つ対策をせずに挑めるほど、簡単なものではないため、十分に対策や想定をしなければなりません。

どの様な質問をされるのか・どのように解答すれば良いのか・面接中の言葉使いなど事前に対策しなければならないことは山ほどあります。

そのため、本番を想定してかなり入念に面接対策を行う様にしましょう。

第二新卒の面接でされやすい質問とは?転職理由や志望動機など6つの回答例を紹介

企業が求めている第二新卒の特徴を理解しよう

転職できない第二新卒の特徴を理解できたところで、ここからは逆に企業が求めている第二新卒の特徴を紹介していきます。

企業が求めている特徴を理解しておくことで、効果的なアピールに繋げることができます。

それぞれ説明していくので、ぜひチェックしてみて下さいね。

社会人として基本的なビジネスマナーが身に付いている

企業は教育コストを削減し、いち早く戦力として働いて欲しいと考えているため、基本的なビジネスマナー身に付けている第二新卒を求めています。

基本的なビジネスマナーは下記の通り。

第二新卒は前職で社会人を経験しているため、面接ではビジネスマナーを徹底するように心掛けましょう。

仕事に対して前向きな姿勢を持っている

企業は第二新卒に対して、仕事のスキルや経歴をそこまで重視しておらず、仕事に対しての意欲が高い人を求めています。

第二新卒のほとんどが前職と異なる仕事につく傾向があるため、前職の経験よりも、どれだけモチベーションが高いのかが大切。

「入社したらこれだけの成果を上げたい」「入社して5年後には役職に就きたい」などの意欲を面接の際に伝える様にしましょう。

例え経験が無い未経験者でも、仕事に対する強い熱意を持っていれば必ず内定に繋がります。

仕事に活かせる経験やスキルを持っている

前の項目で第二新卒にスキルや経歴は求められないと伝えました。

しかし、必ずしも必要とはされないものの、転職先で活かせる経験やスキルがあればおおきなアピールに繋がります。

特に同じ様な職種に転職する場合は、前職の経験やスキルを伝えれば内定に大きく近づきます。

そのため、転職先の仕事で活かせるスキルや経験が無いか、これまでの経験を振り返って探してみましょう。

第二新卒の転職期間が長くなると就活が不利になってしまう

第二新卒として転職中の期間は、職歴に含まれない空白期間。

空白期間はブランク期間と見ている企業が多いため、期間が長くなるにつれて、就活がかなり困難になります。

第二新卒になってから1年以内であれば、企業からしてもそこまで不信感を抱きませんが、それ以上になると見過ごせない問題に。

面接の際に必ず「空白期間に何をしていたのか?」という質問をされるため、自分なりの解答を用意しておかなければなりません。

そのため、空白期間を長引かせないためにも、なるべく早く内定得る様にしましょう。

就活が上手く進まない第二新卒が内定を貰うための秘策

転職が決まらない人、企業から求められる人の特徴を理解できたところで、ここからは第二新卒が内定を貰うための秘訣を紹介していきます。

それぞれ見ていきましょう。

就活の行動量を増やしなるべくたくさんの企業にエントリーする

就活が上手く行かない第二新卒が内定を貰う1つ目の秘訣は、エントリーする企業を増やすということ。

当たり前ですが、エントリーする企業の数を増やせば、その分内定を貰える確率が高くなります。

例えエントリーする段階ではあまり興味が無かったとしても、選考を進めていく中で、徐々に興味持ち始めるケースもあるでしょう。

転職先の視野を広げるという意味でも、なるべくたくさんの企業にエントリーするのが大切です。

前職の退職理由をポジティブに伝える

2つ目の秘訣は、前職の退職理由をポジティブに伝える方法。

「この仕事をするために仕事を退職しました」

「キャリアアップするために退職しました」などのポジティブな退職理由であれば、企業から見てもかなり魅力的。

仕事に対しての熱意も同時に伝わるため、採用に大きく近づきます。

ただ、退職理由は掘り下げて聞かれる可能性が高いため、表面的な回答ではなくしっかりした回答を用意しておきましょう。

学歴や経歴を重視していない職種にエントリーする

「少しでも早く仕事をしたい」「転職期間をなるべく短くしたい」などと考えている人は、学歴や経歴を重視していない職種にエントリーしましょう。

求人を見てみると、「未経験歓迎」「学歴不問」などと、手広く採用している企業がたくさんあります。

そのような企業であれば、第二新卒の経歴が不利にならないため、かなり早い段階での内定が見込めます。

ただ、ブラック企業が多いというリスクがあるため、しっかりと見極めてエントリーする様にしましょう。

第二新卒としての転職が上手くいかなくても焦らない様に!

この記事では、転職が決まらない第二新卒の特徴や、内定を貰うための秘訣を紹介してきました、

第二新卒は前職を早期で退職しているという経歴があるものの、就活市場で見ればまだまだ若い人材なので、かなりニーズが高いです。

そのため、ひたむきに就活を進めていけば必ず内定に結びつきます。

一番ダメなのは、自信を持たずにだらだらと転職を進めること。

この記事を参考にして、第二新卒の転職を成功させましょう!

また、どうしても転職を進めるのに不安を感じてしまう場合は、当サイトのリクらくを活用してみましょう。

第二新卒としての転職に不安を感じたらリクらくを活用!

第二新卒からの転職に不安を感じたら、リクらくに相談してみませんか?

リクらくでは、一人一人に専属のエージェントが付いて、マンツーマンで転職を完全サポート致します。

求人紹介・履歴書作成・面接対策など転職に関するサポートが完全無料で受けられるのも大きなポイント。

加えて、リクらく活用者の内定率は90%を超えています。

安定した実績を誇っているリクらくを活用して。転職を成功させましょう!

あなたのお電話お待ちしています!