既卒として4年目に突入…就活して内定は貰える?

既卒として4年目に突入…就活して内定は貰える?

「学校卒業時に内定を貰えていない状態で、卒業してしまい既卒になってしまった。」

「アルバイトをしながらだらだらと過ごして、3年以上経過してしまった。」

上記のように、既卒として4年目を迎えてしまった人は、就活を始めようとしても内定を貰えるのか不安になりますよね。

内定を貰えるコツや準備しておきたい点があれば、理解しておきたいところ。

この記事では、4年以上既卒を続けている人の就活事情や、どうすれば内定を貰えるのかなどを解説していきます。

当てはまる人はぜひ参考にしてみて下さいね。

ハタラクティブ
ハタラクティブ-商標
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~30代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 未経験OKの求人多数!
  • 初めて転職する人も安心の手厚いサポート!
  • 利用者の内定率80.4%の実績あり!

既卒4年目以降は就職難易度が上がる

中卒の面接対策を解説!よくされる質問や面接中に気を付けるべきポイント

4年目を迎えた既卒はそれ以前よりも就職難易度が高くなる傾向にあります。

それまで以上にしっかりと就活の準備をして、効率よく就活を続けていくことが重要です。

下記の表を見てみて下さい。

企業が既卒を受け入れる割合を表している図ですが、平成29年度には約半分の企業で既卒を受け入れていることが分かります。

職歴が無く仕事のスキルも身に付いていない既卒でも、対策次第で十分に内定を貰える可能性はありますからね。

まずは既卒4年目以降が就活にどのように不利になるのかから把握していきましょう。

新卒枠への応募はできなくなる

既卒になってから3年以内であれば、新卒として扱われるため、新卒枠への応募も可能でした。

新卒採用はほとんどの企業が行っているため、求人数がとても多く、その分内定を貰える可能性が高いです。

しかし、既卒歴が4年になってしまうと新卒枠へのエントリーができなくなってしまいます。

新卒枠にエントリーできなくなる分、求人数も少なくなってしまい、就活が不利に。

内定を貰える可能性も低くなり、4年目の既卒は就活が困難になってしまうと言えます。

3年目以下の既卒と比べると圧倒的に不利

4年目の既卒は採用枠が少なくなるだけではなく、企業に持たれる不信感も大きいものに。

「なぜ4年間も既卒として過ごしていたのか」「働く意欲が極端に低いのでは?」などの様々な不信感を持たれます。

第一印象で悪い印象を持たれてしまうため、その後の選考でも不利になってしまいます。

また、企業が未経験者を採用する場合、重視するポイントは仕事に対しての熱意と若さです。

しかし、4年目の既卒は働く意欲が低いと思われており、年齢も高くなっています。

悪い印象をたくさん抱えてしまっているため、3年目以下の既卒と比べると、4年目以上の既卒は就活難易度も高くなってしまうでしょう。

4年目の既卒として内定を貰うには?

高卒が面接に着ていく服装とは?服装のマナーや注意点を紹介!

4年目に突入した既卒は、どの様に就活を進めていけば内定を貰えるのでしょうか?

ここの項目では、4年目の既卒が内定を貰うための方法を紹介していきます。

  • 既卒からでも入社しやすい企業にエントリーする
  • 強気な態度で面接を行う
  • アルバイト経験を活かせる職種にエントリーする

それぞれ見ていきましょう。

既卒からでも入社しやすい企業にエントリーする

既卒は就業経験が無いため、アピールできる経歴や仕事で活かせるスキルなどを身に付けていません。

そのため、就活を進めていく中で何をアピールすればいいのか分からない人がかなり多いです。

もちろん経歴やスキルを重視している企業があるものの、逆に未経験者や経歴がない人でも積極的に採用している企業もあります。

それは、求人に「未経験歓迎」「経歴不問」と記載している場合。

ほぼすべての人を対象に採用活動を行っているため、既卒歴が長い人でも内定を貰えます。

いち早く内定を貰うためにも、経歴不問・未経験歓迎の求人を狙ってエントリーする様にしましょう。

強気な態度で面接を行う

「フリーターで何が悪い」と考えている人へ!世間がフリーターに思っていること

既卒として面接を受ける場合、ネガティブな回答になってしまう質問や厳しい質問をされることが多いです。

そのため、回答する時に声が小さくなったり、うつむきがちになってしまいがち。

自信がなくネガティブな感情が強い人という印象を与えてしまうと、将来性や成長性が低いと判断され、採用が一気に遠のいてしまいます。

ポジティブで聡明な人という印象を与えるためにも、ハキハキとした口調で、聞かれたくない質問にもはっきりと答える様にしましょう。

白黒はっきりと伝えれば、採用もぐっと近づきます。

アルバイト経験を活かせる職種に就職する

既卒期間にしていたアルバイトと関連性のある仕事であれば、経験者という扱いを受けられるので採用が大きく近づきます。

例えば、居酒屋でアルバイトをしていたら飲食業界への就職が有利になり、コールセンターでアルバイトをしていたら事務関係の仕事への就職が有利になります。

経験者と未経験者では、圧倒的に経験者の内定率の方が高いので、経験者として就活を受けていくのがおすすめ。

また、既卒としての期間を問われる心配もないので、比較的スムーズに内定を貰えるでしょう。

アルバイト先で正社員登用を狙う

現在のアルバイト先で正社員登用制度がある場合は、その制度を使ってアルバイト先で正社員になることも可能。

仕事内容をある程度理解している状態で、正社員になれるため、即戦力人材として扱われるでしょう。

就活を行わずに正社員になれるため、就活を行う時間を削れ、時間的にも精神的にも余裕ができるというメリットも。

企業によって正社員登用制度が無かったり、いくつかの試験に合格する必用があったりするため、アルバイト先の社員さんに聞いておきましょう。

就活エージェントを活用する

知らない人も多いかもしれませんが、求職者の就職を支援してくれる、「就活エージェント」というサービスがあります。

自分にどんな仕事が向いているか把握するための自己分析や、希望条件にマッチする求人のピックアップ、応募書類の添削や面接対策まで、就活のプロであるエージェントがトータルサポートしてくれますよ。

サポートはほとんどの場合完全無料となっているので、気軽に活用してみてください。

既卒4年目以降の方は、他の経歴に比べて内定獲得の難易度が高い傾向にありますから、就活エージェントをうまく活用して、就活を効果的に進めていきましょう。

ハタラクティブ
ハタラクティブ-商標
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~30代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 未経験OKの求人多数!
  • 初めて転職する人も安心の手厚いサポート!
  • 利用者の内定率80.4%の実績あり!

既卒に必ず聞かれる質問の回答を用意しておく

中小企業の面接対策!志望動機と自己PRのポイント

企業は既卒に対して、必ずする2つの質問があります。

採用を大きく左右する重要なポイントなので、時間をかけて自分なりの解答を用意しておきましょう。

そのためにも、この項目ではそれぞれの質問をする意図、効果的な答え方などを解説していきます。

なぜ既卒になったのか

まず気になるポイントは、なぜ既卒になってしまったのかという点。

この質問は、面接官が純粋に気になっているポイントなので、あなたが既卒になった理由を伝えましょう。

しかし、既卒になってしまった理由だけを伝えても、何一つアピールには繋がりません。

重要なのは「既卒になった理由+これからどうしていきたいか」をセットで伝えること。

「既卒になった理由は○○です。しかし、そこから○○の発見があり、将来に活かしていきたい」と成長を伝えましょう。

既卒期間はどのように過ごしていたのか

既卒としてどのように過ごしてきたのかも、採用担当者が気になるポイント。

既卒の期間に取り組んでいた内容で、仕事に対しての意欲を計っています。

ほとんどの既卒が、アルバイトなどをして過ごしているケースが多いため、あまりアピールに繋がらないでしょう。

しかし、面接官からの質問に対して「アルバイトをして過ごしていました」だけで終わらせてしまうと、面接官に好印象を与えられません。

少しでもいい印象を与えるためにも、その期間でどのように成長したのか、既卒期間を過ごしていく中でどのような考えを持ったのかなどを伝えましょう。

自分の感じたことを伝えるだけでも、少なからずアピールに繋がります。

4年目以降の既卒は就活前の準備が大切!

高卒女性の就活事情とは?高卒女性におすすめの職種を紹介

既卒が内定を貰う重要なポイントは、就活をする前の準備期間。

就活前の準備をどれだけ入念に取り組むかで、その後の就活に大きく影響してきます。

準備することは大きく分けて2つあり、履歴書作成と面接対策。

それぞれの準備方法を紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

自分の思いが伝わる履歴書を作成する

履歴書などの応募書類は、企業があなたのことを知る第一歩。

応募書類でどのような人物なのかを判断するため、応募書類の内容が不十分だと、次のステップの面接に移れません。

そのため、応募書類は十分な時間をかけて作成するようにしましょう。

特に注意して書かなければならないのは志望動機。

志望動機のクオリティ次第で書類選考に落ちるか、通過するかが決まるので、明確な志望動機を作成するようにしましょう。

下記で、既卒の履歴書の書き方を紹介しているので合わせて読んでみて下さい。

面接は本番を想定し質問の解答を用意しておく

面接官からされる質問を予測しどの様に回答するのか、どの様な立ち振る舞いをするのかなどの面接対策も入念に行っておきましょう。

面接官からの質問に対して、回答できなかったり、的外れなことを伝えてしまうとマイナス評価をされてしまいます。

特に既卒に関しては、面接官も聞きたいことがたくさんあるので、様々な回答を準備しておかなければなりません。

また、面接中の言葉使いや態度なども評価対象になっているので、日頃から正しい言葉使いができる様に意識するようにしましょう。

下記の記事で既卒の面接対策を解説しているので、合わせて読んでみて下さい。

ハタラクティブは面接対策にも対応!

ハタラクティブ-商標

既卒の方は面接に苦手意識があったり、1人での就活がうまくいがず挫折した経験のある人も多いです。

そんな方におすすめなのが、既卒やフリーターといった20~30代の就職支援に特化しているハタラクティブです。

ハタラクティブは既卒の相談実績・就職実績が豊富なので、面接対策をはじめとする既卒が躓きやすい部分を的確にサポートしてくれますよ。

既卒が応募可能な条件が良い求人や大手企業の求人も豊富に取り扱っているので、既卒4年目以降で就活に不安を抱えている人にうってつけの就活エージェントと言えます。

\最短2週間で内定獲得!/
ハタラクティブに申し込む!

既卒4年目以降にもおすすめの就活サイト・エージェント3選

お伝えしたように、既卒が就職を成功させるためのポイントとして、就活エージェントの利用もおすすめです。

就活エージェントとは、求人探しから書類添削、面接対策に至るまで就職活動のトータルサポートを無料で行ってくれるサービスの事。

一人での就活に自信がない人や、既卒4年目以降の就活の難しさに直面している人にもぴったりですよ。

未経験向けの求人を多く取り扱っていて、担当者から手厚いサポートを受けられる評判が高いサービスを厳選しているので、ぜひ検討してみてください。

  • ハタラクティブ
  • マイナビエージェント
  • doda

ハタラクティブ

ハタラクティブ-商標

ハタラクティブは既卒や第二新卒やフリーター等の支援に特化している就活エージェントです。

カウンセリング実績・就職支援実績ともに実績があり、既卒の就職に強いです。

社会人経験の有無や学歴、スキルなどを重視していない求人も多く取り扱っています。

未経験の既卒でも十分に利用できますよ。

\最短2週間で内定獲得!/
ハタラクティブに申し込む!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、大手人材会社であるマイナビが運営している転職・就活サービスです。

実際に利用した人からの担当エージェントへの評価も非常に高いのが特徴で、手厚いサポートを受けられたとの口コミも多いです。

他社サイトにはないような非公開求人も数多く取り扱っており、求人数は業界トップクラス。

他では出会えないような求人に出会える可能性が高いですね。

迷ったらまず登録しておきたいサービスと言えます。

\利用料は完全無料!/
マイナビエージェントに申し込む

doda

doda

dodaは知名度・利用者数共にトップクラスの就活サイト・エージェントです。

掲載求人数はなんと100,000件以上。

頻繁に新しい求人が追加されるので、多くの求人情報を比較できますよ。

希望に合う求人のピックアップ・応募書類の添削・面接対策等、就活におけるトータルサポートを受けられるので、転職活動に苦手意識のある既卒の求職者も安心。

サポートの手厚さで選びたい方は、ぜひ検討してみてください。

\掲載求人数10万件以上!/
dodaに申し込む

既卒4年目でも内定を勝ち取れる

この記事では、既卒歴4年目の就活事情や、内定を貰うためのポイントなどを紹介してきました。

既卒歴が長くなるにつれて企業からの不信感が強くなるため、不信感を払拭することが内定に繋がっていくでしょう。

不信感を払拭するためにも、この記事で紹介してきた方法を参考にしてみて下さい。