既卒就職は厳しい?無理?厳しい既卒の就職を成功させる秘訣

既卒就職は厳しい?無理?厳しい既卒の就職を成功させる秘訣

「既卒だと就職は難しい?」「既卒就職を成功させる秘訣はある?」既卒として就職をしようとしている人の中にはこのような不安を抱えている人もいるでしょう。

既卒期間は職歴に含まれない空白期間となるので、長くなるほど就職には不利になることに。

少しでも早く内定を獲得するにはどうすればよいのでしょうか?

この記事では既卒の就職が厳しいのかという点と、既卒就職に成功するための秘訣について紹介していきます。

既卒就職は新卒と比べると厳しめ

既卒が就職することは、新卒と比べると厳しい傾向にあります。

しかし、既卒でも就職できる可能性は十分にあります。

そのためには、明確に就職したい職種を決めて、資格を取得したりスキルを磨いたりすることが必要です。

既卒でも就職に向けてしっかり準備していけば、就職できることを覚えておきましょう。

既卒就職が厳しい理由

既卒就職が厳しい理由は以下の3つです。

  • 就業意欲が低いと思われているため
  • 最後まで物事をやり遂げられないと思われているため
  • 新卒・第二新卒・中途入社と比べて市場価値が低いため

就業意欲が低いと思われているため

既卒就職が厳しい理由のひとつとして、就業意欲が低いと思われている点が挙げられます。

既卒は内定を獲得していない状態で、大学や専門学校などを卒業し、働いていない人を指します。

卒業後も働いていないので、採用担当者からは就業意欲が低いと判断されやすいです。

しかし、既卒で働いていない理由が明確にあり、しっかりと説明できれば問題ありません。

自分の言葉で職務経歴書や面接でうまく理由を伝えられるようにしておきましょう。

最後まで物事をやり遂げられないと思われているため

既卒就職が厳しい理由のひとつとして、最後まで物事をやり遂げられないと思われている点があります。

既卒は何らかの理由で新卒就職しなかった人なので、採用担当者からみると「新卒の就職活動がうまくいかなかったのでは?」と疑問を持たれます。

さらに、就職活動だけでなく「普段から物事をやり遂げられないのではないか?」とも疑われやすいのが事実。

志望動機や面接では、そうではないことをうまく伝えることが重要です。

新卒・第二新卒・中途入社と比べて市場価値が低いため

既卒は新卒・第二新卒・中途入社と比べて市場価値が低いため、就職が厳しいといわれています。

既卒の人は社会人経験・実務経験がない人がほとんど。社会人としての基本的なマナーや最低限のスキルがないため、市場価値は低いです。

加えて、既卒を採用するうえで研修コストも発生するため、企業としては慎重になります。

既卒は市場価値が低いという点を理解した上で、転職活動をしましょう。

既卒期間が長引くほど就職が厳しくなる

既卒は期間が長引くほど就職が厳しくなります。

そこで、既卒であった期間に何をしていたか、何のために既卒でいたのかを明確に伝える事が重要です。

資格を取るためや、なにかに挑戦していた経験があると、採用担当者から良い印象を持たれやすいでしょう。

しかし、既卒期間があまりにも長いと、信ぴょう性が低くなります。数年以内で就職を実現させるのを目標とするのがおすすめです。

厳しい既卒就職を成功させる秘訣

厳しい既卒就職を成功させる秘訣は、以下の4つです。

  • 既卒期間を短くして早急に就活を始める
  • 既卒になった理由を明確に伝える
  • オンリーワンのスキルを身につけておく
  • 既卒就職に強い就活エージェントを活用する

既卒期間を短くして早急に就活を始める

既卒で就職を成功させるには、既卒期間をなるべく短くして就活を始めるのがおすすめです。

既卒である期間が長ければ長いほど、採用担当者はその期間何をしていたか確認する必要があります。

例えば、既卒期間が2年間あって、その間に就職しなかった理由が資格の取得となると、長過ぎると感じる人もいるでしょう。

既卒期間はなるべく短いほうが就職に有利となることを理解しておくのが重要です。

既卒になった理由を明確に伝える

既卒が就職を成功させるには、既卒になった理由を明確に伝えるのが重要です。

既卒から就職活動をすると、なぜ就職せずにいたのか、何を目的として就職しなかったのかを質問されます。

明確な理由を伝えられないと、ただ就職活動に失敗した判断されて、就職に不利になります。

既卒になった理由は、志望動機や面接でわかりやすく伝えるようにしましょう。

オンリーワンのスキルを身につけておく

既卒が就職を成功させるには、オンリーワンのスキルを身につけておくのがおすすめです。

就職は他の応募者にはないめずらしいスキルや、希少価値のあるスキルがあると、選考で有利になります。

既卒という時点で通常の転職希望者や新卒よりも若干不利になるため、以下のようなオンリーワンのスキル・実績を身に着けてから、就職活動を始めるのもよいでしょう。

  • マイナー言語のプログラミングスキル
  • スポーツ大会の実績
  • ゲーム大会の実績
  • 取得難易度の高い資格

既卒就職に強い就活エージェントを活用する

既卒が転職を成功させるには、既卒就職に強い就活エージェントを活用しましょう。

就活や転職のプロである転職エージェントは、多くの転職希望者をサポートしてきた実績があります。

求人の提案以外にも応募書類の添削や面接対策まで行ってくれるケースが多く、活用することで選考に有利になります。

転職が初めての人や、転職に慣れていない人は特に、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

既卒におすすめの就活エージェント

既卒におすすめの就活エージェントは以下の3つです。

  • ハタラクティブ
  • DYM就職
  • doda

ハタラクティブ

ハタラクティブ-商標

ハタラクティブは、20代に特化した転職支援サービスで、就職成功率80.4%と高い実績があります。

20代のフリーターや既卒、第2新卒を対象としており、職歴が少なくても無条件で手厚くサポートしてくれる点で評判が良いです。

大手転職サイトやエージェントでは、基本的に職歴や学歴が一定以上ある人が、優遇される傾向があります。

その点ハタラクティブは、大手転職サイトで転職がうまくいかなかった人でも、充実した就職サポートが期待できます。

運営会社 レバレジーズ株式会社
利用可能地域 全国
利用料 無料

DYM就職

DYM就職-商標

DYM就職は第二新卒・既卒・フリーター・ニートを対象とした、正社員就職サポートサービスです。

IT業界や医療系、小売、サービス業界など幅広い求人を保有しています。

DYM就職はフリーターやニートからでも就職がしやすく、研修が充実した求人が集められているので、安心して就職活動ができます。

面接対策や日程調整なども行ってくれるため、転職・就職活動が初めての人におすすめです。

doda

doda

dodaは公開求人数が10万件を超える大手転職サイトで、業界トップクラスの求人数を誇っているのが特徴です。

経験者向けから未経験者向けまで多数の求人があるので、既卒でもチャレンジできる環境が整っています。

dodaにはスカウトサービスがあり、希望条件を登録しておくだけで企業側からアプローチがもらえて、専門スタッフが応募書類の書き方アドバイスや、面接対策を行ってくれます。

dodaは手厚いサポートのもと転職活動を進められるので、転職が初めての人にもおすすめです。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
利用可能地域 全国
利用料 無料

既卒でも就職しやすいおすすめの職種

既卒でも就職しやすいおすすめの職種は、以下の3つです。

  • 営業職
  • ITエンジニア
  • 介護スタッフ

営業職

営業職は既卒でも就職しやすい職種のひとつです。

営業職は企業や顧客に商品やサービスを売り込む仕事。

学歴や実績よりも、コミュニケーション能力や将来的なポテンシャルが重視される傾向があるため、既卒でも就職しやすいです。

人と話すことが好きな人や、活発な性格の人におすすめです。

ITエンジニア

ITエンジニアは既卒でも就職を目指せる職種のひとつです。

ITエンジニアはシステムやWebサービスの仕様を考えたり、プログラミングをしたりする仕事。

IT業界では人手不足が深刻なので、既卒でも就職することが可能です。

しかし、エンジニアの種類によって必要なプログラミングスキルが異なるため、ある程度自分がなりたいエンジニアの種類を絞って置くのがおすすめです。

介護スタッフ

介護スタッフは既卒での就職を目指しやすい職種です。

日本では少子高齢化が進んでおり、介護業界の人手不足が進んでいます。

そのため、実績のない既卒でも就職がしやすいです。加えて、働き始めるのに資格が必須でない点もポイント。

さらに、介護スタッフは将来的にさらに需要が増すため、待遇改善も期待できます。将来的に安定して働きたい人におすすめです。

厳しい既卒就活を成功させて社会人デビューしよう!

今回は既卒就職は厳しいかについて、既卒の就職を成功させる秘訣を含めご紹介しました。

既卒の人は新卒や通常の転職希望者よりも、就職が厳しいです。

しかし、職種や既卒ならではの注意点を把握しておけば、就職することは不可能ではありません。

ぜひこの記事を参考に既卒で就職を成功させてみてください。