高校中退した人でも就職できるおすすめの職種9選|不利にならない就職必勝法!

高校中退した人でも就職できるおすすめの職種9選|不利にならない就職必勝法!

一般的に高校中退者は就職のハードルが高くなる傾向があります。

そのため、高校を何らかの理由で中退した人は「満足できる就職先が見つらないのでは…?」と不安を感じている人も多いでしょう。

高校中退という一時の失敗が原因でその後の人生を棒に振ってしまうと思うと、将来に不安を感じてしまいますよね。

実際のところ高校を中退した人でも、ポイントを抑えて就活を行えば希望している企業に就職することができます。

そこでこの記事では、高校中退した人の就職のハードルが高い理由やおすすめの就職先を紹介していきます。

dym就職
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 記載なし
対応地域 全国
対応年代 20代
主な職種 営業・事務・接客・不動産
注目ポイント
  • 利用者のサービス満足度90%!
  • 未経験~一部上場まで豊富な求人を掲載
  • 就活のプロが徹底サポート!ミスマッチをなくせる!

【大前提】高校中退者の最終学歴は中卒

高校中退した人にまず理解しておいて欲しいのが、最終学歴が中卒だということ。

数年間高校に通った事実があっても、学歴では中卒に分類されるため、高校に進学していない人と同じ条件になります。

しかし、唯一の違いは高校中退葉履歴書の学歴欄に高校に在籍していた事実を書くことができる点です。

選考する上でそこまで大きな違いはないものの、企業によっては高校に在籍していた辞意実を評価してくれることもあります。

中卒は高卒認定試験を受けるべき?合格すれば選択肢が広がります!

高校中退者の転職成功率は非常に低いのが現実

厚生労働省が平成30年に調査した結果には、中卒の就職率は35.4%と記載されています。

就職している人の3人に1人しか就職している事実がないので、極めて就職率が低いことが分かりますね。

因みにその他の人はフリーターや非正規雇用として働いています。

参考:厚生労働省「平成30年若年者雇用実態調査の概況

高校中退者の就活難易度が高い4つの理由

高校を中退した人の就職率が低いのは大きく分けて4つの理由があります。

  • 高校中退者向けの求人数自体が少ない
  • 企業からのイメージがあまり良くない
  • 中退したばかりだと年齢が若すぎる
  • 高校中退してからフリーターとして生活する人が多い

高校中退者向けの求人数自体が少ない

そもそもですが、企業はすぐに戦力にならなくても教育して将来的に成長する見込みのある人材を積極的に採用しています。

最低でも高卒という学歴制限を設定しているため、最終学歴が中卒の人に対しての求人は自体が少ない傾向があります。

高校中退した人がエントリーできる求人自体が少ないのが、就職率が低い主な原因と言えます。

中卒は就職できない!?中卒の就活事情や内定を貰うポイントを紹介!

世間的なイメージがあまり良くない

現代では高校を卒業している人の割合は80~90%を推移しており、高校卒業は当たり前になっています。

そのため、高校中退した人は「人間性に問題があるのでは?」「学習意欲が極端に低いのでは?」などの不信感を持たれてしまいます。

不信感を持たれてしまうと、そのイメージを払拭して良いイメージに変えるのはかなり難しいです。

採用担当者は高校中退者に対して良くない先入観を抱えているので、選考が通過しにくい傾向があるのです。

中退したばかりだと年齢が若すぎる

高校を卒業する時点での年齢が18歳なので、高校を中退したての人は18歳以下です。

15歳~17歳は社会的に非常に若い年代で、企業から見ても扱いづらい部分が多く、採用の対象にならないことも。

企業的に最低でも18歳以上の人材を求めている傾向があるので、高校中退したばかりの人は就職率が低くなってしまうのです。

高校中退してからフリーターとして生活する人が多い

高校を中退した人は正社員としてではなく、とりあえずアルバイトを始めてフリーターとして生活する傾向があります。

しかし、フリーターとして働いている間は職歴に含まれない期間になるため、フリーター期間が長くなるにつれてより就職しづらくなります。

厚生労働省が調査した結果を見てみると、「中卒・高校中退」「高等教育中退」それぞれの経歴のフリーター率は55.6%~61.7%です。

2人に1人以上の割合でフリーターをとしていることから、フリーターになる人の多くが高卒未満の学歴の持ち主であると言えます。

参考:厚生労働省「若年者雇用を取り巻く現状

フリーターからの就職ではDYM就職がおすすめ!

dym就職

DYM就職は第二新卒やフリーター、ニートなどを対象に就職支援をおこなっている就職支援サービスです。

学歴や社会人経験が無くてもチャレンジできる求人が多く、キャリアを形成できるチャンスがあります。

利用料は一切かからずにエージェントからのサポートを受けられるので下記より申し込みをしてみてくださいね。

\就職成功者14,000人を超えの実績アリ!/

DYM就職公式サイト

高校中退者でもエントリーできる求人の特徴

就職に不利な高校中退者でも、全く就職先が無いわけではありません。

ここからは高校中退者でもエントリーできる求人に共通している特徴を紹介していきます。

  • 慢性的に人材が不足している業界
  • 若い人材を積極的に採用している業界
  • 経歴やスキルが不必要な業界
  • 急成長している業界

慢性的に人材が不足している業界

「採用してもすぐに離職してしまい入れ替わりが早い」「仕事量に対してのリソースが足りていない」

上記のような理由で業界全体で人材が不足している場合は、学歴や経歴に関わらず人材を採用している傾向があります。

人柄やポテンシャルがあると判断されれば、高校中退している人でも十分に採用される可能性があります。

また、人の入れ替わりが早い分、長期間勤務すればいち早く昇進する可能性があるので、昇進などのキャリアアップにつながることも。

非常に狙い目ではあるので、業界ごとの離職率をチェックしてみましょう。

若い人材を積極的に採用している業界

年齢が若い人は、フレッシュさと柔軟な適応力を兼ね備えています。

そのため、職場に新しい風を取り入れようと思っている企業は、学歴や経歴に関わらず若い人材を積極的に採用している傾向があります。

特に新しいサービスや商品を開発するIT業界やWeb業界がその傾向が強いです。

未経験からでも活躍できるように研修制度や福利厚生が充実しているため、キャリアアップを狙っている人にとてもおすすめです。

経歴やスキルが不必要な業界

工場作業員や配送ドライバーなどの比較的仕事内容がシンプルで、経歴やスキルが不要な業界も高校中退から就職することができます。

複雑な作業もほとんどないので、いち早く仕事を覚えることができ、入社してからいち早く戦力として働けるのもポイント。

毎日ルーティン的な作業をこなせば良いので、仕事で悩む機会も少ないでしょう。

「仕事であまり悩みたくない」「誰でもできるような簡単な仕事をしたい」と考えている人におすすめです。

高校中退者におすすめの就職先6選

ここからは高校を中退した人でも就職できるおすすめの就職先を厳選して6つ紹介していきます。

  • 営業職
  • IT系のエンジニア
  • 介護士
  • 配送ドライバー
  • 公務員

営業職

営業職は学歴や経歴、スキルなどがあまり重視されていない傾向があるので、高校を中退している人でも就職しやすい職種です。

というのも、営業職は扱う商材に関する知識や営業スキルなどは仕事をしていく中で身につけていけば良いと考えられており、事前知識が不要なためです。

未経験の中卒として採用されたとしても、営業としての成果を出せばキャリアアップにつながります。

また、営業職は仕事の成果を上げた分だけ報酬として還元されるインセンティブ制度があることです。

学歴に関係なく成果を出し続ければ、既存社員や同年代よりも高収入を稼げる可能性もあります。

未経験でも営業に転職できる?求められるスキルや転職に成功する秘訣

IT系のエンジニア

IT業界は全体的にニーズが高まっているため、経験の有無や学歴に関わらず、幅広く採用をしている傾向があります。

というのも、IT業界で求められるプログラミングやHTMLなどの知識は、学校で学ぶことができないため。

仕事の飲みこみが早い・ポテンシャルがあるなどの適正が認められれば、高校を中退している人でも就職しやすいです。

もちろん複雑で様々な仕事をこなさなければならなかったり、仕事量が多かったりと一般的な仕事と比べて難しい傾向があるものの、その分一度仕事を覚えてしまえば将来職を失うリスクはありません。

また、IT企業は一から教育することを前提に採用しているため、充実した研修が受けられるのもポイントです。

スキルや経歴を積んでいけば将来的にフリーランスや企業することもできるので、将来的に幅広い選択肢から道を選べます。

未経験からプログラマーへ転職するには?求められるスキルと注意点

プログラミングスクールに通うのもおすすめ

全くの未経験からいきなりエンジニアとして働くのが不安...そんな人にはプログラミングスクールに通うのがおすすめです。

プログラミングスクールでは、エンジニアに必要なHTML・CSSに関する知識や実務能力やコーディングの基礎知識を学べます。

また、プログラミングスクールを卒業していれば、一定以上のスキルと知識があることを証明できるので即戦力として就職可能。

高校中退というハンデが一切なくなるので、エンジニア志望の人は検討してみてください。

費用はおおよそ10万円前後・卒業までの日数はコースによって異なるものの、1ヶ月~6ヶ月ほどと考えておきましょう。

介護士

少子高齢化が恒常化している昨今において介護に対するニーズが高くなっており、介護士の数が慢性的に不足しています。

介護する人が介護される人と同年代という現象もおきており、若い人材を求めている施設は非常に多いです。

そのため、経歴や学歴に関わらず手広く採用活動を行っており、高校を中退している経歴を持っていても就職しやすい傾向があります。

また、介護職は業界全体で資格の取得を推奨しているため、働いていく中で資格を取得できるのも特徴です。

資格に必要な教材費や受験費用などが福利厚生として担保してくれたり、資格手当てが付いたりと、様々なメリットがあります。

資格を取得して実務経験を積んでいけば、マネージャーなどの役職に就くこともできるため、キャリアアップにもつながります。

ドライバー系の職種

荷物を運ぶ配送ドライバーやタクシーを運転するタクシードライバー、バスを運転するバスドライバーなどの仕事は基本的に免許さえあれば経歴や学歴が不要です。

都心部や地方などの住んでいる地域によって求人数が少なくなる傾向もないので安心。入社までに運転免許証を取得できる予定があれば面接可能としている企業も多いです。

また、ドライバー系の仕事は人材不足を抱えている側面があり、少しでも人材を確保しようと福利厚生を充実させている傾向もあります。

資格取得を推奨している企業もあり、特殊な運転免許や大型自動車の資格取得をサポートしてくれることも。

新たな資格を取得することにより、仕事の幅が広がるので、資格手当てと合わせると収入をぐっと上げることができます。

公務員

安定している仕事の代表でもある公務員は、種類によって学歴が必要なものもありますが、試験に合格すれば高校中退でもなることができます。

数ある公務員の中でも中卒におすすめなのは地方公務員です。

収入も安定していますし、仕事内容も落ち着いているので、ワークライフバランスを保ちながら仕事ができます。

また、公務員は福利厚生・ボーナス・退職金などが整っているのもポイント。

しかし、その分人気が高く倍率が非常に高いので、公務員を目指す場合はしっかりと計画を立てておくことをおすすめします。

高校中退している女性におすすめの職種4選

ここからは高校を中退している女性におすすめの職種を5つ紹介していきます。

  • アパレルショップ定員
  • 事務
  • 美容部員
  • インフルエンサー

中卒女性が就職しやすい職種とは?就職しやすい職種と就職に役立つポイントを紹介

アパレルショップ定員

アパレルショップの店員に求められるのは接客スキルやコミュニケーションが主なので、学歴や経歴は一切重視されていない傾向があります。

そのため、高校を中退してる人でも最低限の接客スキルを身につけていれば、十分に採用につながります。

勤務時間も店舗の営業時間内なので、残業もあまり多くなく、プライベートを重視したい人にもおすすめ。

服が好きな人・人とコミュニケーションを取るのが好きな人はぜひ検討してみてください。

事務

事務はデスクワークで落ち着いてでき、残業も少ないので、女性から非常に人気の高い職種です。

基本的なパソコン操作ができれば、一通りの作業はこなせるので、学歴やスキルがあまり問われません。

しかし、人気が高い職種なので倍率が高いということを把握しておきましょう。

いきなり正社員の事務として勤務することに抵抗を感じる場合は、アルバイトや派遣社員として経験を積んでから転職したり、正社員登用制度を活用したりとワンクッションおくのも良いでしょう。

未経験でも事務職に転職できる!おすすめの事務職と求められる3つのスキルを紹介

美容部員

百貨店や路面店などで化粧品などを販売する美容部員も高校を中退している女性におすすめの職種です。

基本的に接客スキルやコミュニケーションスキルが重視されており、学歴や経験が必要ありません。

実際に働いている店員さんも女性が多いので、働きやすい環境と言えます。

インフルエンサー

SNSやYouTube、ティックトックが流行している昨今では、一般人でも手軽に情報を発信できるので、バズればインフルエンサーになることができます。

インフルエンサーの働き方は様々で、主に商品などを紹介して発信することによる広告費が主な収入源です。

大物インフルエンサーになれれば、年収1,000万円以上も夢ではありません。

人を楽しませることが好きな人・自分で何かを発信したい人にとてもおすすめです。

高校中退者の就職成功率をアップさせる方法

ここからは高校を中退してる人の就職成功率をアップさせる方法を5つ紹介していきます。

  • 長期間勤務する意思をアピールする
  • コミュニケーションスキルをアピールする
  • なるべくたくさんの企業にエントリーする
  • 就職支援サポートを活用する
  • 友人や知人のコネを使う

長期間勤務する意思をアピールする

企業は高校を中退している人に対して、「仕事も長期間続かないのでは?」と不信感を抱えています。

その不信感を解消するために、長期間勤務する意欲を伝えるようにしましょう。

しかし、「長く働きたいです!」「この会社で定年まで働きます!」と伝えても、採用担当者に響きません。

伝える際には具体的な年数などを織り交ぜて、「3年後には○○の役職について、5年後にはチームをまとめるリーダーの位置につきます!」と伝えると、関節的に長期的な勤務意欲を伝えられます。

コミュニケーションスキルをアピールする

高校を中退した人の最終学歴は中卒となってしまうため、学力や経歴ではかなり劣ってしまうため、コミュニケーションスキルが身についていることをアピールするようにしましょう。

中卒を採用している企業が一番に求めているのは、コミュニケーションスキルです。

面接などで明るい表情や口調を心がけて、明るい人物像であることをアピールしましょう。

なるべくたくさんの企業にエントリーする

少しでも就職成功率を上げるためにも、できるだけたくさんの企業にエントリーするようにしましょう。

エントリーする企業数を増やせば増やした分だけ、内定につながる可能性が高くなります。

また、就活の行動量を増やした分だけコツが掴めるので、より就活の成功率をアップさせられます。

就職支援サポートを活用する

一番手っ取り早く就職先を決めるのは、就職支援サポートを活用することです。

就職支援サポートを活用すれば、求人紹介・履歴書添削・面接対策など様々なサポートを受けられます。

利用料は一切かからないので、気軽に活用してみてください。

dym就職
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 記載なし
対応地域 全国
対応年代 20代
主な職種 営業・事務・接客・不動産
注目ポイント
  • 利用者のサービス満足度90%!
  • 未経験~一部上場まで豊富な求人を掲載
  • 就活のプロが徹底サポート!ミスマッチをなくせる!

友人や知人のコネを使う

友人や知人のコネを活用して就職先を探すのも1つの手です。

紹介される分、ある程度就職のハードルも低く、成功率もアップします。

また、職場に知っている人がいるのは、社会人経験が少ない高校中退者にとって働きやすいポイントになるでしょう。

就職に不利な高校中退者でもポイントを抑えれば就職できる!

高校を中退して挫折してしまった人でも、ポイントを抑えて就活を進めていけば十分に内定を貰えます。

実際に高校を中退している人で、社会に出て活躍している人はたくさんいます。

就職を進めていく中で大切なのは、自分がどの仕事に向いていて、その職種からのニーズに合っているか見極めること。

企業からのニーズに合致していれば、学歴や職歴に関わらず採用につながります、

この記事を読んで高校中退してからの就職を成功させてくださいね。