不動産業界は高卒から活躍できる!不動産業界の特徴や求められるスキルを紹介

不動産業界は高卒から活躍できる!不動産業界の特徴や求められるスキルを紹介

高卒は就職先の選択肢が少なく、就職に不利と言われており、加えて平均年収が低くなっております。

そのため、高卒の人からすれば就職にモチベーションが保てない人も多いのではないでしょうか?

そんな、モチベーションが保てない高卒におすすめなのが不動産業界です。

不動産業界では学歴を重視しておらず、仕事の実力があれば、自分の力でどんどん昇進することが可能。

しかし、不動産業界の中にも様々な職種があるため、どの職種が高卒として目指せる職種なのか理解しておく必要があるでしょう。

そこでこの記事では、高卒から目指せる不動産業界の職種や、不動産業界の特徴・求められるスキルなどを紹介していきます。

不動産業界に興味がある人は、ぜひこの記事を参考にしてみて下さい!

不動産業界の中でも様々な仕事がある

先述した通り、不動産業界と一括りにしても様々な職種があります。

ビルやマンション、分譲住宅などの開発を行い土地の取得、プロジェクトの推進など設立に至るまでの工程に全て携わります。

管理部 管理ではビルやマンションの維持・管理をはじめ、トラブルへの対応、テナントの誘致、修繕工事の企画・実行、将来的な管理運営の開発などを行います

営業部 マンションの売買仲介、販売営業などを行います。

自社の商材(不動産)を相手に売らなければならないため、商材に関しての知識は必須です。

上記の3つが不動産業界の主な職種で、いずれも人気が高い職種されています

不動産営業であれば高卒から就職できる

高卒として就職できるのは不動産の営業職。

不動産業界の中でも求人数がかなり多くあり、ほとんどの求人で「学歴不問」「未経験者歓迎」としています。

営業職の場合は特に実力主義になっており、高卒であっても大卒であっても、昇進に全く差がありません。

仕事の実力が証明されれば、年齢に関係なく昇進・昇給でき、若い年齢でも高収入を狙えるでしょう。

高卒から不動産営業をしている人の中には、若い年代で1000万プレイヤーもいるので、仕事のモチベーションに繋がるでしょう。

不動産営業の特徴とは?

不動産営業であれば、高卒からでも就職できる職種ということが分かりました。

そこでここからは、不動産営業の仕事の特徴を解説してきます。

上記の特徴を理解しておかないと、就職に成功してから、入社前と入社後のギャップを感じてしまい早期退職に繋がってしまう場合があります。

そのため、それぞれの特徴を理解したうえで就職を考えてみましょう!

インセンティブ手当が付くため高収入が得られる

一般的な仕事では固定給のみしか支給されないものの、営業職では固定給に加えてインセンティブ手当が付きます。

インセンティブ手当てとは、仕事の成果を上げた分だけ自分の収入として受け取れる手当てのこと。

月々の頑張りを給与として還元されるため、仕事の大きなモチベーションに繋がるでしょう。

人の入れ替わりが激しく、労働時間もなりがちな業界ではあるものの月に100万円超える給料になることも。

仕事の成果をあげれば、年齢や学歴に関係なく高い収入を得られるのは大きなメリットと言えます。

その反面、実力が無ければいつまで経っても収入が上がりません。

落ち着いた環境で仕事をしていきたいという、安定志向が高い人にはあまり向いていない業界と言えるでしょう。

売り上げのノルマを課せられる

営業職全般に言えることですが、営業職には月のノルマが課せられます。

ノルマを達成しないと仕事の実力がないというのと同義なので、収入が上がらないどころか、上司からの厳しい叱責を受けることになります。

月のノルマが全てなので、ノルマを達成するために、夜遅くまで残業したり休日に出勤したりすることもしばしば。

実力主義の業界では結果が全てになるため、高収入が得られる反面、精神的・身体的な負担が大きいということを覚悟しておきましょう。

頻繁にコミュニケーションを取らなければならない

不動産業界では良くも悪くも体育会の風潮が根強く浸透しているため、社内の交流が非常に多い傾向があります。

毎週のように先輩や上司と食事に行ったりするため、それをストレスに感じてしまう人は精神的にかなり大変かもしれません。

また、会社内だけに留まらず、得意先の企業やクライアントと仕事以外でもコミュニケーションを取る機会が多くなります。

週末食事に誘われたり、接待をしなければならなかったりと、プライベートの時間が少なくなってしまうでしょう。

高卒で就職する人必見!社会人として覚えておいたいビジネスマナーを紹介!

不動産業界に求められるスキルを紹介

不動産業界を目指している人からすれば、どのようなスキルを持っている人が評価されるのか知っておきたいですよね。

求められるスキルを理解しておけば、企業のニーズに合ったアピールをすることができます。

そこでここからは、不動産業界に求められるスキルを紹介していきます。

それぞれのスキルを理解して、効果的なアピールができる様にしましょう。

不動産に関する知識

不動産業界で働くわけなので、不動産に関する専門的な知識は必須です。

現代ではインターネットで調べれば、不動産に関するある程度の知識を身に付けられるため、不動産に興味があるお客様はある程度の知識を身に付けています。

そのようなお客様を相手に仕事をするわけなので、お客様以上の知識を身に付けておくのは必須と言えるでしょう。

もちろん入社前から不動産の知識を全て身に付けておく必要はありませんが、ある程度の知識は身に付けておく必要があります。

企業は学歴に関係なく採用活動を行っていますが、応募する全ての人が未経験者という訳ではなく、中には同業種から転職してくる人もいます。

いくら学歴不問で採用しているとはいえ、経験者と未経験者が応募してきたら、経験者が優遇されます。

そうならないためにも入社前に不動産に関する最低限の知識を身に付けてく必要があるでしょう。

コミュニケーション能力

営業職に求められる最も重要なスキルは、コミュニケーションスキルです。

お客様やクライアントと良好な関係を築いていくうえで、相手の話の意図を汲んだり、商材に関しての分かりやすい説明をしなければなりません。

また、ほとんどの営業職では契約を結んで終わりではなく、契約後のアフターケアも需要な仕事の1つです。

一言でコミュニケーションスキルと言っても、求められるものは多岐に渡るので、場面に合った適切な対処を心がけましょう。

不動産業界への就職に役立つ資格

それではここから、不動産業界への就職に役立つ資格を紹介していきます。

それぞれ見ていきましょう。

宅地建物取引士

不動産業界を目指している場合は、宅地建物取引士の資格を取得していれば、かなり有利に就活を進められます。

宅地建物取引士は、不動産の売買や賃貸物件の取引の際に、その土地や建物についてお客様に詳しい説明を行うための国家資格。

企業によっては、宅地建物取引士の資格が必須としている企業もあり、入社後に資格を取らなければならないケースも多々あります。

そのため、入社の時点で資格を持っていれば、即戦力として就活を有利に進められます。

不動産の売買・賃借のときには、その物件について知っておくべき項目をまとめ、買い手・借り手に書面で通知し説明するようにと法律で定められています。

そのため、不動産に関する十分な知識を持っていると証明する国家資格を導入し、その資格保有者にだけ、重要事項説明の業務ができるとしました。

その説明をできるのが、宅建士(宅地建物取引士)です。

宅建士の資格は国家資格で、合格率も15%前後と取得難易度が高くなっていますが、不動産業界で仕事をしていきたいと考えている人は入社前に取得しておきましょう。

不動産鑑定士

不動産の価値は土地であれば、立地・地形・法令上の制限など、建物であれば、築年数・構造・用途などで大きく価値が変化します。

不動産鑑定とは、その名の通り不動産の適正な価値を見定め、その不動産の値段を付ける仕事。

不動産鑑定士の資格を取得すれば、営業職だけではなく、企画や管理などの業務をこなせるため業務の範囲がかなり広がります。

不動産鑑定士としての経験を積んで、スキルを磨いていけば、金融に関しての業務をこなせたり将来的に独立という選択肢も出てきます。

しかし、不動産鑑定士は国家資格で、合格率が2~3%となっているためかなり難易度が高いです。

かなりの覚悟を持ってから取得するようにしましょう。

普通自動車免許

不動産営業に関わらず、営業職はクライアントやお客様のもとに頻繁に訪れるため、自動車免許を取得しておくとかなり便利です。

特に地方の場合は、電車で行動できる範囲に限界があるため、自動車免許はほぼ必須の資格と言えます。

都内の場合でも、電車の遅延などが頻繁に発生するため、自動車を使用する場面もあるため持っておくに越したことはないでしょう。

実力次第で稼げる不動産業界は高卒におすすめの仕事!

ここまで読んでいかがでしたか?

不動産の営業職は学歴を問わず採用活動を行っているため、高卒からでも適性があると判断されれば十分に就職が可能。

固定給だけではなく、成果を上げた分だけ収入がアップするインセンティブ手当てが付くので、ばりばり仕事をこなしていきたいと考えている人には最適な仕事です。

しかし、実力が全ての業界なので、精神的も身体的にも負担が大きいということは覚悟しておく必要があります。

間違いなくやりがいを感じられて、仕事のへのモチベーションが高められる仕事なので、興味がある人は是非チャレンジしてみて下さい!

この記事を読んだ人の就職が成功することを祈っています。

高卒が就職する時に覚えておきたいルールを紹介!就活の正しいルールを理解しよう!