「学歴不問」の求人には中卒でも応募可能?おすすめの職種や特徴を解説

「学歴不問」の求人には中卒でも応募可能?おすすめの職種や特徴を解説

中卒が就活や転職活動をしているとよく見かける「学歴不問」の求人。

実際のところ、「学歴不問」という意味を完全に理解している人は、かなり少数でしょう。

しかし、中卒からの就職に「学歴不問」は重要なキーワードとなるため、しっかりと理解しておく必要があります。

理解している人と、理解していない人とでは就職成功率も大きく変わります。

そこでこの記事は、学歴不問求人の意味や、学歴不問求人の職種・特徴などを解説していきます。

ぜひあなたの就活に役だててみて下さいね。

学歴不問の求人には学歴を問わず誰でもエントリーが可能

学歴不問としている求人は、その名の通りどのような学歴でも関係なく応募ができる求人です。

そのため、学歴が低いとされている中卒からでも、エントリーが可能になっています。

求人の中には「高卒以上」「大卒以上」と応募制限がかけられている求人も多くあるため、学歴不問の求人は中卒にピッタリの求人と言えます。

学歴不問の求人には応募のみが可能なだけの求人もある

学歴不問求人の中には、誰にでもエントリーできるものの、採用する際には中卒を含んでいない企業もあります。

なるべくたくさんの応募者を募りたいと考えて、応募条件の間口を広くしているという魂胆です。

そのため、エントリーこそできるものの採用には至らないというケースが多々あります。

しかし、中卒でも適性がありポテンシャルが高いと判断されれば内定を貰える可能性も。

十分にアピールして、最初からあきらめて可能性を無くさない様に心掛けましょう。

未経験歓迎の求人には2つの意味がある

求人の中には「学歴不問」の他に「未経験者歓迎」と書かれている求人を見かけることも多いでしょう。

未経験者歓迎の求人は、学歴不問とは少し異なり、誰でもエントリーできるわけではありません。

「未経験歓迎」求人には2つの種類があるので、それぞれの意味を解説していきます。

社会人経験が未経験者を歓迎している場合

一つ目の意味は、社会人を経験したことが無い未経験者を歓迎しているケース。

この場合は、学歴に関係なく働いた経験がない人すべてにエントリーできる資格があるため、中卒からでもエントリーできます。

中卒からでも内定を貰える可能性が高いため、積極的にエントリーしましょう。

社会人経験があり応募求人の仕事をした経験がない人を歓迎している場合

もう一つは、社会人経験がある上で、求人に書かれている仕事を経験したことが無いケース。

この求人には、社会人経験があるというのが前提なので、社会人として働いた経験がない人はエントリーできません。

そのため、中学卒業後や高校中退後にアルバイトなどをしてきて、正社員として働いた経験がない人にはエントリー資格がないため気をつけましょう。

学歴不問としている中卒におすすめの職種

学歴不問求人の意味が理解できたところで、ここからは中卒におすすめの学歴不問としている職種を紹介していきます。

それぞれ見ていきましょう。

営業職

営業職は仕事のスキルや学歴に関係なく、人柄や仕事に対してのやる気があれば、学歴不問で挑戦できる業界です。

また、営業職の他の仕事とは異なる大きな特徴は、インセンティブ手当てが付くということ。

インセンティブ手当てとは、仕事で成果を上げた分だけ自分の手当として還元されるという手当てです。

そのため、学歴に関わらず仕事の中で成果を上げることができれば、高収入に繋がります。

取り扱う商材によって、利益額が大きく異なるものの、中卒におすすめなのは「不動産営業」と「保険営業」。

どちらにしても1件当たりの単価がものすごく高いため、契約を結べれば大きな収入に繋がります。

学歴が求められない分、実力が全ての業界になっているため、仕事で成果をあげられないといつまで経っても昇進や昇給できません。

安定志向が強い人にはあまり向いていない職種で、向上心が強い人には最適な職種と言えるでしょう。

工場の作業員

工場作業員は、学歴に関係なく中卒からでも就職できる仕事です。

工場によって製造しているものに違いがあるものの、全ての企業で業務内容がマニュアル化されています。

そのため、どのような経験をしてきたとしても一からマニュアルで学んでいくため、学歴は全く関係ありません。

働き次第では、班長・主任・部長などと順調に昇進していくことが可能で、中卒からでも高収入を得られる可能性が十分にあります。

勤務日は3交代のシフト制になっており、昼夜関係なく働くことになるものの、深夜手当てや休日出勤手当てなどが付きます。

体力的に負担があるものの、その分給料が貰えるという点では、仕事のやりがいを見出しやすいかもしれません。

飲食業界

居酒屋・レストランなどの飲食業界も、学歴を問われる仕事ではないため、中卒からでも就職できる業界。

料理の腕ももちろん必要ですが、それ以上にお客様とのコミュニケーションスキルや、その人の人柄が重要になります。

そのため、人と接するのが好きな人や、人を喜ばせるのが好きという人にはかなり向いている業界です。

また、料理のスキルを磨いて店舗経営のノウハウを学んでいけば、将来的に自分の店舗を出店するのも可能です。

お店の経営が上手くいけば、複数の店舗を出店できて業務を拡大、年収1000万円も夢ではありません。

将来的に様々な可能性があるので、高収入を得たい願望の強い人にもおすすめです。

介護職

現代では急激な少子高齢化に伴って、高齢者の数が増えてきており、介護業界へのニーズが高くなっています。

しかし、業界全体へのニーズが高くなっているにも関わらず、介護業界は慢性的な人で不足を抱えており大きな問題に。

そのため、学歴や経験に関係なく若い世代の人材を求めています。

介護業界の特徴は学歴や資格、経験に無く始められて、仕事をしていく中で資格が取得できスキルを高められるという点。

企業が資格取得を完全サポートしているため、教材費や受験費用を企業が負担してくれます。

資格を取得すれば、業務内容の幅が広がるだけでなく、資格手当てが付いて収入もアップします。

配送ドライバー

配送ドライバーは基本的に運転免許を取得してれば、学歴に関係なく働くことができる、中卒からでも始められる仕事です。

仕事内容自体も、定められた区域に荷物を配送するだけなので、そこまで複雑な業務はありません。

深く考えてする仕事というよりも、ルーティーン業務の意味合いが強く、日々同じような業務をこなしていくことになるでしょう。

現代ではネットショッピングがかなり普及しているため、配送業界は慢性的な人材不足を抱えています。

そのため、免許を取得していない状態でも、会社が免許取得のための費用を負担してくれたりとサポート体制が充実している企業が増えています。

また、配送ドライバー以外にも、「長距離ドライバー」「タクシードライバー」など免許を持っていれば働けるドライバー系の仕事はたくさんあります。

配送業界を目指している人は、様々な可能性を探ってみて下さい。

建設業界

建設作業員は「学歴不問」「未経験歓迎」の人材を積極的に採用しているため、学歴が低い中卒からでも始められる仕事。

企業によっては資格取得にかかる費用を負担してくれて、多くの資格を取得させてくれるため、働きながら資格を取得し仕事のスキルを磨いていけます。

資格を取得することで資格手当が貰えて、経験を積み仕事の幅を増やすことで、責任のある立場を任されるため収入アップに繋がるでしょう。

また、建設業界は中卒や高卒が多い業界でもあるため、同じような境遇の人が多く環境にいち早く馴染めるでしょう。

建設業界は身体を酷使する仕事で体力的にかなり負担が大きいものの、その分平均的な収入額も高いのが特徴。

仕事の経験を積んでいき、スキルを磨けば順調に出世していけるため、体力面に自信がある人に向いていると言えます。

中卒は注意!学歴不問の求人に多い特徴

就職先の選択肢が少ない中卒にとって、学歴不問の求人は内定を貰うための数少ないチャンスです。

しかし、他の求人と違い学歴不問求人には気をつけなければいけない特徴があります。

それぞれの特徴を理解して、満足できる就活ができる様にしましょう。

「学歴不問」の求人には中卒でも応募可能?おすすめの職種や特徴を解説

ブラック企業が多い

企業が学歴不問の求人を出すのには、離職率が高く人材の確保が難しいため、応募の間口を広げているという理由があります。

「仕事量が多い」「給与が低い」「労働環境が整っていない」などのブラック企業によくある特徴があります。

学歴不問としている企業すべてがブラック企業という訳ではないものの、他の求人と比べると多いのは確かです。

そのため、エントリーする前に企業研究を入念に行っておき、入社後に後悔しない様に気をつけましょう。

離職率が高く人の入れ替わりが早い

前述した通り、学歴不問求人にはブラック企業が多いという特徴があります。

労働環境が整っていないブラック企業で長期間勤務するのはかなり難しいため、入社してもすぐに退職してしまう人が多いです。

離職率がかなり高いため、例え入社できたとしてもすぐに退職してしまうケースがほとんど。

勤務期間が短いと仕事のスキルや経験を積めないため、キャリアを形成していくのが難しくなります。

また、離職率が多い職場では、人の入れ替わりが激しいため職場内の関係を構築していくのも困難になります。

良好な人間関係は質の高い仕事をしていくうえで重要な要素なので、ストレスを感じてしまう場面も多くなるかもしれません。

全体的に給与が低め

応募条件を設けている求人と違い、学歴不問の求人は誰でも始められる、ハードルの低い仕事です。

誰でも始められるため、人材価値も低くなり、給与が低いという特徴があります。

加えて、ブラック企業に入社してしまうと、残業代が支給されなかったり手当てが付かなかったりすることも多いです。

全ての企業で給与が低いという訳ではないものの、給与が低い企業が多い傾向があるため、求人内容を入念にチェックしたりして対策をしましょう。

中卒の就活を成功させるための秘訣

職種や企業を絞らず、手当たり次第にエントリーするといずれは内定を貰えるかもしれませんが、納得できる就活はできません。

先述した通り、ブラック企業に入社してしまい、早期退職に繋がる恐れもあります。

そこで、就活の後悔を無くして、満足できる就活をするための秘訣を紹介していきます。

上記を理解して就活を行えば、必ず満足できる就活ができるので是非取り入れてみて下さい。

就活の方向性を明確に定める

「どのような職種に就きたいのか」「企業にどのような条件を求めるのか」などの、就活の方向性を明確に定めてから、行動に移すようにしましょう。

方向性が定まっていないと、必ず就活中に目的を見失ってしまい、満足できる就活ができずに終わってしまいます。

選択肢こそ少ないものの、その中で自分のやりたい仕事を見つけられれば、仕事のやりがいを感じやすくモチベーションも保てます。

就活においては事前準備がかなり大切なので、入念に準備をしてから就活に入るようにしましょう。

中卒としての就活に成功する方法とは?中卒の就活事情や就活に成功する秘訣

なるべく多くの企業にエントリーする

中卒は就職先の選択肢が少ないため、多くの条件を企業に求めてしまい、企業を選り好みしているといつまで経っても内定が貰えません。

そのため、企業に求める条件を絞り、なるべくたくさんの企業にエントリーするようにしましょう。

面接をすれば、求人だけでは企業の雰囲気や職場環境などを理解できます。

気になった企業はなるべく多くエントリーし、たくさん面接をこなすのが、就活に成功するポイントです。

求人の段階ではあまり興味がなかった企業でも、面接して色々な話を聞いていく中で、興味を持つということもあります。

視野を広くし、様々な可能性を広げるためにも、行動量を増やしていくのは重要と言えるでしょう。

ブラック企業の特徴を理解する

先述した通り、学歴不問の求人にはブラック企業が多い傾向が多いものの、実際に働き始めてみないとブラック企業かが分からない人が多いでしょう。

そこで、求人の段階でブラック企業かどうかを見分けるコツを紹介します。

・年間を通して求人を出している
・「入社して3年後には年収1000万円稼げます」などの甘い言葉が書かれている
・具体的な仕事内容が書かれていない

上記3つの特徴がある求人は、ブラック企業の可能性が高いと言えます。

求人を選ぶ際の1つの参考にしてみて下さい。

中卒の就活にはリクらくを活用!

ここまで読んでいかがでしたか?

就職難易度の高そうな中卒でも、学歴不問の求人であればエントリーができ、採用されるケースも十分にあります。

しかし、ブラック企業が多い特徴もあるため、この記事に書いてあることを参考にして満足できる就活ができるようにしましょう。

もし、中卒からの就活に不安を感じたら当サイトのリクらくを活用してみませんか?

リクらくでは、就活に関する全てのサポートが完全無料で受けられ、内定率も90%を超えています。

また、エージェントと企業採用担当者が繋がっているため、求人だけでは伝わらないリアルな職場環境を知ることができます。

安定した実績を誇っているリクらくを活用して、中卒からの就活を成功させましょう。