中卒としての就活に成功する方法とは?中卒の就活事情や就活に成功する秘訣

中卒としての就活に成功する方法とは?中卒の就活事情や就活に成功する秘訣

中卒から就職しようと考えている人の中には「中卒からでは就職できないのでは…?」と折っている人がいませんか?

高卒や大卒と比べてしまうと、確かに就職難易度は高くなるものの、決して就職できないわけではありません。

企業や求人によっては、「学歴不問」「未経験歓迎」としている求人を出しており、中卒を積極的に採用しています。

そこでこの記事では、中卒のリアルな就活事情や就活に成功するための秘訣などを紹介。

中卒として就活しようとしている人は、ぜひこの記事を参考にして、中卒としての就活を成功させましょう。

中卒からの就活は厳しいのが現状

冒頭で述べましたが。中卒としての就活は難易度が高くなっているのが現状。

求人を見てみると「高卒以上」としている求人がほとんどで、中卒からはエントリーすらできません。

そのため、中々希望している職種に付けないでしょう、

しかし、現実から目を背けずに受け止めることで、新たな打開策を見つけられ就職を成功に導けます。

就職先の選択肢が少ない

現代では高校進学が当たり前の時代になっており、中卒として就職している人は0.4%とほぼ0%に等しい数字になっています。

そのため、企業も高卒以上を前提としているため、中卒に対して採用する意識を持っていません。

求人を見てみても、ほとんどが「高卒以上」「大卒以上」と応募条件を定めており、中卒からエントリーできる求人はかなり少ないです。

しかし、中には学歴に関わらず採用を行っている企業があったり、職種によっても中卒を歓迎している職種もあります。

決して就職できないというわけではないので、悲観的にならないようにしましょう。

昇進や昇給のチャンスが少ない

中卒から就職できる職種は、複雑な作業が無い職種が多くを占めます。

主に現場関係の仕事のみの仕事となってしまい、長く働いていても昇給や昇進がない場合が多くあります。

そのため、長期間勤務しても役職を与えられず、昇進や昇給の機会が少ない傾向があります。

同じ企業に勤めていたとしても、昇進していくのは学歴が高い人ばかりというケースもあります。

これは、学歴が高い人は教養が身に付いており、低学歴の人に不信感を抱えているのが大きな原因となっています。

しかし、職種によっては学歴が一切問われない実力主義の職種もあるため、必ずしも昇進できないわけではありません。

中卒の平均年収とは?気になる給与事情や高収入を稼ぐ方法を解説

中卒の生涯賃金は低い

先述した通り、中卒は昇進できる機会が少ないため他の学歴に比べて、生涯賃金がかなり低くなっています。

また、学歴によって差が開いてしまう原因は、同じ職場でも学歴によってスタート時の給料が異なっているため。

しかし、学歴が低くても、職種選びや就職・転職方法の工夫によって、十分に収入UPを狙えます。

この記事の後半で、中卒におすすめの職種や就活に有利になる資格を紹介しているので、最後まで読んで就活に役だててみて下さいね。

企業は中卒に対して様々な不信感を抱えている

先述したように、中卒を採用する意思を持っている企業が少ないため、中卒の就活は何度が高いのが現状です。

高校に進学するのが当たり前になってきているという理由も大きいものの、それ以上に中卒に対して不信感を持っているのが大きな要因とされています。

「中学時代に何か不祥事を起こしたのではないか」
「学習意欲が極端に低いのではないか」
「高校に進学しなかったことで教養が身に付いていないのではないか」

上記の様な不信感を抱えているため、企業は積極的に中卒を採用していません。

そのため、企業が抱えている不信感を払拭しなければ、採用される見込みは限りなく低くなってしまいます。

中卒の就職を成功させる秘訣

それではここから、中卒の就職を成功させるための秘訣を紹介していきます。

それぞれ見ていきましょう。

中卒としての就活に成功する方法とは?中卒の就活事情や就活に成功する秘訣

中卒を歓迎している職種を理解する

高卒以上でなければエントリーできない求人も多くあるものの、企業や職種によっては中卒を歓迎しているところもあります。

かなり限られてしまうものの、中卒を歓迎している企業であれば、就職に成功する可能性も十分にあります。

主に「学歴不問」「未経験者歓迎」としている求人が、中卒からエントリーできる求人になります。

この記事の後半で、中卒からでも就職できる職種を紹介しているので、参考にしてみて下さい。

資格を取得して就職を有利に進める

中卒は学歴外にも、アピールできる要因が少ないため、就職を有利に進められません。

アピール要素を作るためにも、資格を取得してから就活を進める様にしましょう。

業界や職種によって資格の必要性は異なるものの、チャレンジしたい職種が決まっている場合は、どのような資格が求められるかを事前に調べておく必要があります。

しかし、覚えておいて欲しいのが、資格を持っているからと言って必ずしも就活に成功するわけではないということ。

「なぜ資格を取ろうと思ったのか」「資格を仕事の中でどのように活かしていきたいのか」などを企業が知りたがっているため、明確な回答を用意しておきましょう。

中卒の就職に有利な資格8選!資格を取得して仕事に繋げよう!

就活の準備を万全の状態にしておく

学歴に関わらず言えることですが、就活において事前準備は就活を成功させるための重要な要因です。

企業研究や自己分析、履歴書の作成、面接対策などやらなければならないことは山の様にあります。

事前準備をどれだけやったかによって、就職の成功率は大きく異なってくるため、多くの時間を割いて準備をおこなっておきましょう。

就活のプロに相談する

中卒からの就活は思い通りにいかないことが多々あるため、一人で行うのが心細い人は就活エージェントを活用してみましょう。

就活エージェントのサービスは様々な企業が行っているものの、中でもおすすめは当サイトのリクらくです。

中卒の就活にリクらくがおすすめの理由は、取り扱っている求人が「学歴不問」「未経験歓迎」が多く中卒向けの求人が揃っているため。

中卒という学歴が不利にならないため、満足度の高い就活が行えます。

この記事の最後にリクらくの詳しい説明をしているので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

中卒を歓迎しているおすすめの職種

それではここから、中卒を歓迎しているおすすめの職種を紹介していきます。

それぞれ見ていきましょう。

営業職

営業職は仕事のスキルや学歴に関係なく、人柄や仕事に対してのやる気があれば、学歴不問で挑戦できる職種です。

また、営業職の他の仕事とは異なる大きな特徴は、固定給の他にインセンティブ手当てが付くということ。

インセンティブ手当てとは、仕事で成果を上げた分だけ自分の手当として還元されるという手当てです。

そのため、学歴に関わらず仕事の中で成果を上げることができれば、高収入に繋がります。

取り扱う商材によって、利益額が大きく異なるものの、中卒におすすめなのは「不動産営業」と「保険営業」。

どちらにしても1件当たりの単価がものすごく高いため、契約を結べれば大きな収入に繋がります。

学歴が求められない分、実力が全ての業界になっているため、仕事で成果をあげられないといつまで経っても昇進や昇給できません。

安定志向が強い人にはあまり向いていない職種で、向上心が強い人には最適な職種と言えるでしょう。

配送ドライバー

配送ドライバーは基本的に運転免許を取得してれば、学歴に関係なく働くことができ、中卒からでも始められる仕事です。

仕事内容自体も、定められた区域に荷物を配送するのが主で、そこまで複雑な業務はありません。

深く考えてする仕事というよりも、ルーティーン業務の意味合いが強く、日々同じような業務をこなしていくことになるでしょう。

現代ではネットショッピングがかなり普及しているため、配送業界は慢性的な人材不足を抱えています。

そのため、免許を取得していない状態でも、会社が免許取得のための費用を負担してくれたりとサポート体制が充実している企業が増えています。

また、配送ドライバー以外にも、「長距離ドライバー」「タクシードライバー」など免許を持っていれば働けるドライバー系の仕事はたくさんあります。

配送業界を目指している人は、様々な可能性を探ってみて下さい。

飲食業界

居酒屋・レストランなどの飲食業界も、学歴を問われる仕事ではないため、中卒からでも就職できる業界。

料理の腕ももちろん必要ですが、それ以上にお客様とのコミュニケーションスキルや、その人の人柄が重要になります。

そのため、人と接するのが好きな人や、人を喜ばせるのが好きという人にはかなり向いている業界です。

また、料理のスキルを磨いて店舗経営のノウハウを学んでいけば、将来的に自分の店舗を出店するのも可能です。

お店の経営が上手くいけば、複数の店舗を出店できて業務を拡大、年収1000万円も夢ではありません。

将来的に様々な可能性があるので、高収入を得たい願望の強い人にもおすすめです。

身体的な負担が大きいと言われている業界なので、休みが少なく昼夜関係なく働かなければならなくなるのは覚悟しておく必要があります。

中卒の就職に役立つ資格

資格を取得することで、仕事に対しての姿勢がアピールでき、就活成功率も格段にアップします。

中卒が取得できる就職に有利な資格を紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

宅地建物取引士

不動産業界への就職を考えている人は、宅地建物取引士の資格を取得していればかなり有利に就活を進められます。

宅地建物取引士は、不動産の売買や賃貸物件の取引の際に、その土地や建物についてお客様に詳しい説明を行うための国家資格。

企業によっては、宅地建物取引士の資格が必須としている企業もあり、入社後に資格を取らなければならないケースも多々あります。

そのため、入社の時点で資格を持っていれば、即戦力として就活を有利に進められます。

しかし、宅地建物取引士の資格を取るのは容易ではなく、合格率も15%とかなり倍率が高いです。

また、勉強時間も300時間以上と言われており、時間にすると約3ヶ月の試験勉強をする必要があります。

難易度はかなり高いものの、取得することのメリットもかなり大きいので、不動産業界を志望している人は検討してみて下さい。

調理師免

飲食業に興味を持っている方におすすめの資格は調理師免許です。

調理師免許を取得し、飲食店で下積みをして料理の腕を磨いていけば、最終的に自分のお店を構えることも可能。

料理に学歴は全く必要ないので、中卒からでも始めることができ、お店の売り上げが良ければ複数出店して業務を拡大できます。

事業が成功すれば、高卒・大卒よりも高い収入を得られるでしょう。

ホームヘルパー

介護業界への就職を考えている人におすすめなのがホームヘルパーの資格。

ホームヘルパーの資格は別名介護職員初任者研修と呼ばれており、資格を取得することで、訪問介護員としてキャリアを形成していけます。

ホームヘルパーには「2級」「1級」があり、それぞれで取得難易度や、仕事の幅が変わってきます。

どちらにしても、合格していることによって介護職の業務内容の幅が広がり、キャリアアップに繋がるでしょう。

企業によっては資格を取得していることで、資格手当が付くケースもあるため年収アップにも繋がります。

また、介護業界で一番役立つ資格の介護福祉士を取る際に、ホームヘルパーの資格を持っていれば取得難易度が低くなることも。

介護業界で頑張っていきたい人には、是非とも取得してもらいたい資格と言えます。

明確な目的を持って行動量を増やすのが就職に成功するポイント

中卒からの就活に成功するには「どの業界で中卒を採用しているのか」「その業界ではどのようなスキルが求められるのか」などを理解しておくのが重要です。

就職できる業界が少ないからこそ、明確な目的を持って、就活に取り組むようにしましょう。

また、就職先にあらゆる条件を求めて、就活の行動量が減ってしまうとそれだけ成功率も低くなります。

そのため、求める条件を最小限にして、なるべく多くの企業にエントリーするようにしましょう。

求人だけでは伝わらないことを面接の中で知れるので、思わぬ出会いがあり、理想の職場に就職できる可能性もあります。

あらゆる可能性を広げるためにも、たくさんエントリーして能動的に就活を進めていきましょう。

中卒としての就活に不安を感じたらリクらくを活用!

当サイトのリクらくでは、「未経験歓迎」「学歴不問」の中卒向けの求人を多数抱えており、内定率も驚異の90%を超えています。

また、一人一人に専属のエージェントが付き、履歴書の作成・面接対策など就活に関するあらゆるサービスが完全無料で受けられます。

あなたもリクらくを活用して、中卒からの就職を成功させましょう!

お電話お待ちしています!