中卒ニートでも就職は可能?就職に成功するためのポイントとおすすめの職種

中卒ニートでも就職は可能?就職に成功するためのポイントとおすすめの職種

ニート生活を送っている人の中には、最終学歴が中学で「中卒ニート」の人もいると思います。

当然いつまでもニートとして生活していくわけにはいかないため、就活をしていく必要があります。

中卒ニートが就職を始める際に、「最終学歴が中学の人は就職できるのか」「就職経験がないニートに仕事はあるのか」などと様々な不安や疑問を抱える事でしょう。

世間的にいえば、中卒ニートの就職はかなり難易度が高いのが事実。

いざ就活を始めても、思い通りに行かないことの方が多いかもしれません。

しかし、中卒ニートとしての就職のポイントや内定を貰う方法を実践していけば、必ず内定を貰えます!

この記事で、中卒ニートの就活方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

ハタラクティブ
ハタラクティブ-商標
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~30代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 未経験OKの求人多数!
  • 初めて転職する人も安心の手厚いサポート!
  • 利用者の内定率80.4%の実績あり!

中卒ニートの就活が難しい理由

中卒ニートの就活が難しい理由

冒頭で説明したように、中卒ニートとして就活を始めると中々思い通りに行かないケースがほとんど。

やみくもに就活を進めても内定を貰える可能性はかなり低いでしょう。

中卒ニートの就活が難しいと言われている理由は下記の理由があるためです。

  • 中卒という学歴の低さに不信感を抱えている
  • 働く意欲が低いと思われている
  • 職歴が無く仕事のスキルが身に付いていない

企業が中卒という学歴の低さに不信感を抱えている

現代では、最終学歴が高卒以上の人がほとんどになっており、最終学歴が中卒の人はわずか数%です。

そのため、企業側からすれば中卒に対して、様々な不信感を抱えている場合がほとんど。

「学習意欲が極めて低いのでは?」「人間性に何か問題があるのでは?」などのような、ネガティブなイメージを持っています。

企業が抱えている不信感は、簡単に払拭できるものではないので、中卒としての就活は何に度が高くなっています。

働く意欲が低いと思われている

中学卒業後、進学も就職もせずにニートになってしまった人は、就業意欲が低いと思われています。

世間的に見て、ニートは決して良いイメージの良い存在ではなく、企業から見ても同じように思われています。

そのため、ニートに対して「成長する見込みがない」「仕事を精一杯こなしてくれない」などの先入観を持っています。

ニートをしていた期間は変えられない経歴なので、これまでを反省するのではなく、将来に対してのポジティブな姿勢をアピールしましょう。

職歴が無く仕事のスキルが身に付いていない

仕事を始める場合は、ほとんどの人が未経験から始めるため、その点では学校を卒業後に就職する人もニートも同じステータスです。

しかし、ニートの場合は何もしていないかった期間が長いため、ブランク期間ができてしまっています。

例え過去にアルバイトをしていたとしても、かなりの期間が空いてしまっているので、戦力にならないと思われているでしょう。

中卒は他の学歴と比べて正社員として働いている割合が低い

最終学歴 正社員の割合 正社員以外の割合
中卒 35.4% 64.0%
高卒 56.3% 43.2%
大卒 80.9% 19.1%

中卒は高卒・専門卒・大卒などの他の学歴と比べて、そもそも正社員として働いている割合が低いのが現状です。

派遣・契約社員・アルバイトなどの、非正規雇用として働いている人が約64%。

ただでさえ他の学歴と比べて就職しにくいにも関わらず、ニートという経歴が付いてしまうと余計に就職ハードルがアップするのは明確な事実です。

引用元:厚生労働省「平成30年若年者雇用実態調査の概況 現在の就業状況」

ニート期間が長くなるにつれて就職難易度が上がる

就活市場において、若さはかなり大きな武器になるため、少しでも若い方が就活に有利です。

仕事の経験が無くても、年齢が若ければ、ポテンシャルを重視した採用が行われるため採用率がアップします。

そのため、ニート期間が長くなるにつれて、年齢が上がっていくためどんどん就活が不利な状況に。

加えて、ニート期間が長くなると、就業意欲が低く仕事に対しての熱意がないと思われます。

そうならないためにも、少しでも早く就活を始めたほうが賢明です。

だらだらとニートを続けていると、抜け出したくても抜け出せない状況に陥ってしまうので、十分に注意しておきましょう。

ハタラクティブには中卒ニートが活躍できる求人多数!

ハタラクティブ-商標

ニート・フリーターなどを対象に就職支援を行っているハタラクティブでは、未経験歓迎・学歴不問などの求人が多く掲載されています。

コンサルタントも豊富な実績があり、手厚いサポートを受けられるのが魅力。

登録料・利用料は一切かからないので、中卒ニートから抜け出したい人はぜひ利用してみてくださいね。

\掲載求人の50%以上が上場企業!/
ハタラクティブ公式サイト

中卒ニートはまずニート生活から抜け出すのが重要!

中卒ニートから内定を貰う第一歩は、ニートからの脱却。

ニート期間が長い人になると、就職したい気持ちがあるものの、中々行動に移せないという人が多いです。

そのため、就活に入る前にニートとしての生活から抜け出していきましょう。

人並みの生活を送ることができれば、就職に対しての考え方も変化していき、モチベーションを保てます。

規則正しい生活を心がける

ニートをしていると、仕事をしたり学校に行ったりする必要がないので、生活習慣が乱れてしまいがち。

昼夜逆転してしまい、かなり不規則は生活を送っている人もいるでしょう。

しかし、そのような不規則な生活では、働き始めた時の生活に適応できません

正社員になったら、最低でも「1日8時間」「週5日」働いていかなければならないため、規則正しい生活を心がけましょう。

また、規則正しい生活をすれば健康的にも、精神的にも良いと言われているため考え方なども変化していきます。

そのため、まずは規則正しい生活をするという点から始めていきましょう。

ポジティブな気持ちを持つ

ニート生活をしていると、家の中に引きこもりがちな生活を送ってしまうため、気持ちも暗くなってしまいます。

ネガティブな考え方だと、働くい意欲が低くなってしまい、生活する活力が無くなってしまいます。

そのため、少しでもポジティブな気持ちをもてる様にするのが大切。

外に出て太陽の日差しを浴びたり、家族以外の人と会話をするだけでも、だいぶ気持ちに変化が表れます。

また、企業から見ても「ネガティブな人」「ポジティブな人」では、当然ポジティブな人の方が魅力的に見られます。

行動に移すものもちろん大切ですが、その準備としても気持ちを変化させるのが、就職成功への大きな近道です。

中卒ニートから仕事を始める方法

中卒ニートから仕事を始める方法

それではここから、中卒ニートとしての仕事に就くための方法を解説していきます。

  • アルバイトから始めて正社員を目指す
  • 就活に有利な資格を取得する
  • 高校認定試験を受けて高卒の学歴を取得する
  • 学歴や職歴が不問の職種を目指す
  • 就活エージェントを活用する

アルバイトから始めて正社員を目指す

ニートからいきなり正社員として働くことに抵抗を感じる人は、まずアルバイトから始めるという選択もあります。

アルバイトであれば、仕事も限られていて、業務上の責任も比較的少ないのでストレスをあまり感じず仕事ができます。

また、自己申告制で仕事に入る日を決められるため、自分のペースで仕事をしていくことが可能。

会社によっては正社員登用制度があるため、働きを認められればアルバイトから正社員になれます。

アルバイトから正社員になれば、就活をする必要もなく、ある程度仕事ができる状態で正社員になれるメリットも。

ステップを踏んで社会復帰ができるので、ニートの人にはオススメの方法です。

就活に有利な資格を取得する

中卒ニートには、学歴・職歴が無いため、就活の中でアピールポイントが無いという欠点があります。

アピールポイントが無いと、企業から見ても魅力的な人材と判断されないでしょう。

そう言う場合は、仕事に関係した資格を取得するようにしましょう。

資格を取得していれば、その資格に関連した知識やスキルを証明でき、採用担当者からも評価されます。

加えて、仕事に対しての意欲をアピールできるというのも大きなメリット。

希望している職種でどのような資格が役に立つのかを調べて、積極的に取得するようにしましょう。

しかし、資格を取得しているからと言って、必ずしも内定に繋がるわけではありません。

重要なのは、「なぜ資格を取得したのか」「仕事上でどのように活かしていきたいのか」ということ。

資格を取ろうとしている人は、入念に考えておきましょう。

中卒の就職に有利な資格8選!資格を取得して仕事に繋げよう!

高校認定試験を受けて高卒の学歴を取得する

中卒という学歴は、就活の中でハンデにしかなりません。

そのため、高卒扱いされるためにも「高校認定試験」の受験をおすすめします。

高校認定試験に合格すれば、高校卒業と同等の学力を証明できるため、進の選択肢ができたり「高卒以上」の求人に応募できます。

試験勉強にある程度の時間が掛かってしまいますが、将来への選択肢が増えるため、試験を受けるのも一つの方法と言えるでしょう。

学歴や職歴が不問の職種を目指す

働こうと考えた時に「給料が高い仕事が良い」「ある程度知名度のある企業が良い」などと、いくつか条件を求めてしまうかもしれません。

企業に条件を求めてしまうと、就職先の選択肢が狭まってしまい、中々就職が進まないことが考えられます。

職種によっては、高卒を積極的に採用している企業もあるため、採用されやすい職種に絞ってエントリーしていきましょう。

特に「学歴不問」「職歴不問」としている業界であれば、中卒ニートからでも比較的内定を貰いやすいと言えます。

「学歴不問」の求人には中卒でも応募可能?おすすめの職種や特徴を解説

就活エージェントを活用する

中卒ニートの中には、就活の経験がなかったりして、どのように進めていけばいいのか分からない人が多いでしょう。

疑問や不安を抱えたまま一人で就活を進めるのは、かなり厳しいですよね。

そんな人は、就活エージェントの活用をおすすめします。

就活エージェントを活用すれば、専属の担当者が付いてくれるので、安心して就活を進められます。

中卒ニートにはハタラクティブがおすすめ!

ハタラクティブ
ハタラクティブ-商標
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~30代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 未経験OKの求人多数!
  • 初めて転職する人も安心の手厚いサポート!
  • 利用者の内定率80.4%の実績あり!

中卒ニートでも就職しやすいおすすめの職種5選

中卒ニートでも就職しやすいおすすめの職種5選

中卒ニートは他の経歴と比較して企業から敬遠される傾向があるので、就職ハードルが高く中々採用を貰えないケースもあります。

しかし、職種によっては幅広く採用活動をおこなっており、中卒ニートでも就職できるチャンスが高い職種もあります。

どんな職種が学歴・経歴に関係なく採用を行っているのか紹介していきます。

  • 飲食業界
  • 建設業界
  • 営業職
  • 事務職
  • 接客業

飲食業界

居酒屋・レストランなどの飲食業界では、学歴を問われる仕事ではないため、中卒からでも就職できる業界。

加えて、慢性的な人手不足を抱えている業界でもあり、年代や学歴に関わらず採用活動を行っています。

料理の腕ももちろん必要ですが、それ以上にお客様とのコミュニケーションスキルや人柄が重要になります。

そのため、人と接するのが好きな人や、人を喜ばせるのが好きという人にはかなり向いている業界。

また、料理のスキルを磨いて、店舗経営のノウハウを学んでいけば将来的に自分の店舗を出店するのも可能です。

お店の経営が上手くいけば、複数の店舗を出店できて業務を拡大、年収1000万円も夢ではありません。

将来的に様々な可能性があるので、高い収入を得たい願望の強い人にもおすすめです。

建設業界

建設作業員は家を作ったり道路工事をしたりと、主に体を使う仕事で中卒男性の割合が高い仕事の1つ。

建設業界の中でも様々な仕事があり、中には大卒からではないと就職できない職種もあるものの、現場の作業員であれば中卒からでも就職できます。

一昔前まで建設業界は、3K(汚い・キツイ・危険)と言われており、若い人材が集まらない業界とされていました。

しかし、現代では働き方が改善されて、一昔前ほど建設業界のイメージが悪くなくなってきています。

もちろん力仕事の外作業になるため、身体的に大変な面もあるかもしれませんが、その分だけ給与が高いメリットもあります。

また、平均収入が低い中卒の中でも、建設業界で働いている人の年収は平均よりも高い傾向があります。

身体を動かすことが好きで、体力に自信がある人にはぴったりの業種と言えるでしょう。

営業職

営業職と聞くとある程度の学歴があったり、経験者しか採用していないイメージを持つkもしれません。

しかし、営業職は仕事のスキルや学歴に関係なく、人柄や仕事に対してのやる気があれば学歴不問で挑戦できる業界。

また、営業職の他の仕事とは異なる大きな特徴は、インセンティブ手当てが付くということ。

インセンティブ手当てとは、仕事で成果を上げた分だけ自分の手当として還元されるという手当てです。

そのため、学歴に関わらず仕事の中で成果を上げることができれば、高収入に繋がります。

学歴が求められない分、実力が全ての業界になっているため、仕事で成果をあげられないといつまで経っても昇進や昇給できません。

安定志向が強い人にはあまり向いていない職種で、向上心が強い人には最適な職種と言えるでしょう。

事務職

事務職はデータ入力・請求書処理・勤怠管理など、会社の裏方的な役割の業務をこなします。

仕事量が比較的落ち着いており、難しい作業もないので中卒やニートをはじめ、学歴や経歴に関わらず様々な経歴の人が働いています。

初めから正社員に就職することはできなくても、アルバイト・派遣社員などから正社員へ登用するチャンスが十分にあります。

ワークライフバランスを重視したい人・育児と並行して仕事したい人におすすめです。

接客業

接客業は人とのコミュニケーションが最も重視されるスキルであり、学歴・経歴などはほとんど重視されません。

人間性がしっかりとしていて、コミュニケーションが取れれば中卒のニートでも就職できる可能性が十分にあります。

接客業は、飲食・アパレル・アミューズメントパークなど様々な種類があるので、あなたの好みに合わせて就職先を選べるのも強みです。

人と関わるのが好き!・自分の好きな製品を販売したい!などと考えている人は、接客業を目指してみてください。

中卒ニートでも諦めなければ就職できる!

この記事では、中卒ニートの就職方法や、内定を貰うための秘訣について紹介してきました。

学歴や職歴の面でかなり不利になってしまうため、中卒ニートの就活は難易度が高いのが事実。

しかし、そこで諦めてしまうといつまで経ってもニートを抜け出せず、内定を貰うことができません。

そのためにも、この記事で紹介してきたことを参考にし、企業から内定を貰える様に努力していきましょう。

諦めず就活を続けていれば、必ず内定を貰えます。

どうしても不安に感じてしまう人は、当サイトのリクらくを活用してみましょう。