20代での転職にオススメの業種・職種を紹介!おすすめ理由と選ぶ際のポイントも解説!

20代での転職にオススメの業種・職種を紹介!おすすめ理由と選ぶ際のポイントも解説!

「今の仕事を辞めて転職したい」

「でも未経験からでも転職することはできる?」

「おすすめの業種・職種はどんなものがあるのかな」

などと転職を考えているものの、どういう職に就けばいいのか、どんな業界がいいのか分からない人がいると思います。

転職は成功すれば年収アップや急成長に繋がりますが、その反面前の職場よりも環境が悪い職場に転職してしまうリスクもあります。

そこでこの記事では、20代が転職する上でどんな業界のどのような職種がおすすめなのかを紹介していきます。

また転職に成功するための秘訣もお伝えしますので、是非参考にしてみてください。

20代が未経験からでも転職できる理由

20代の若い年代であれば、異業種にも挑戦することが可能です。

未経験者を積極的に採用している業界、会社も多く存在します。

企業が未経験者を募集している理由としては、大まかに3つの理由があります。

単純に人手不足である

一つ目の理由としては、業界自体が人手不足であり、未経験者を採用してでも人手不足を解消したいと思っているからです。

業界によっては離職率が高く、人の入れ替わりが激しい業界があります。

辞めていく人が多い中で入ってくる人がいないとなると人手不足になりますので、募集要項に「経験者のみ」と募集条件を狭めてしまうと応募数が少なくなり、人手不足を解消できません。

そこで、未経験者でも応募できるようにして、間口を広げ応募数を増やそうとするために未経験でも可能となっているのです。

専門的知識が不要な仕事内容であるため

例えばデザイナーや機械を扱う仕事は、専門的な知識が必要になり、未経験での転職は厳しい職種といえますが、専門的な知識が無くてもできる仕事はたくさんあります。

コミュニケーション能力が重要視される職種、地道な作業を永遠しなければならず、それに耐えれる忍耐力が必要とされる職種など職によって必要とされる能力は違います。

20代であれば吸収率やポテンシャルを評価される

「未経験者でも可」という募集条件の他に「26歳以下の方」などと年齢制限がある場合があり、経験ゼロの状態から育てていきたいと考えている企業もあります。

理由としてはある程度年齢を重ねて、社会人経験が長いとその人なりの凝り固まった考えや意見がある場合や、仕事のやり方に自分独自の手順があり、新しい環境でのやり方に適応できないなどの場合があるのに対して20代前半であれば、社会人経験が浅く自分の考えも少ないので、新しい環境や仕事のやり方に順応することができるからです。

20代前半の内は、吸収率、成長度が他の年代に比べて早いので、企業側がポテンシャルに期待して採用するケースもあります。

転職先の業界を選ぶ際のポイント

転職の際にはどういうことに注意して、業界を選べばいいのかポイントを説明していきます。

需要が拡大している業界

時代の発展と共に、衰退していっている業界、逆に急成長している業界が存在します。

IT業界などがその最たるもので、様々なシステムがネット上で誕生し需要の急激に増えていっています。

拡大中の業界であれば、将来的な成長の機会も幅広くあり、長期スパンでの成長をみてくれます。

年収を増やすことを転職の条件にしている人には、規模が拡大していっている業界を狙うのがポイントです。

稼ぎたい人は成果報酬型の業界

収入を上げることを転職条件にしている人は、規模が拡大している業界の他に、成果報酬型の制度を取っている業界を検討するのも良いかもしれません。

成果報酬型とは、自分が達成した売り上げに対しての報酬が貰える給与制度のことで、ばりばり働いてたくさん稼ぎたい考えがある人にはぴったりの業界です。

ただ、体力・精神的な面では他の業界に比べてハードかもしれません。

その業界の中には成果が挙げられずに悩んでしまっている人も数多く存在します。

実力主義・結果がすべてと言われる業界になるので、ある程度の覚悟を持たなければなりません。

労働環境が整っているホワイトと呼ばれる業界

現在の会社を辞めようと思っている方の理由として、

「仕事内容が多すぎて辛い」

「福利厚生が整っていないのが不満」

などの理由があり、退職をして転職に踏み切る方がいらっしゃると思います。

ですが、新しく入った会社が前の職場の環境、条件と変わらないと転職した意味がありません。

現在の職場よりも、より良い職場に行くために転職はするものですので、ホワイトと呼ばれる業界に行かれることをオススメします。

しかし、何を基準にしてホワイト業界と呼べるのか分かりませんよね。

そんな人には業界の「離職率」に注目してみてください。

離職率が低く、入れ替わりの少ない業界

離職率とは、文字通りに会社に勤めていた社員が離職している率のことで、業界によって非常に高い場合と低い場合があります。

なぜ業界によって差があるのか。理由としては、労働条件や職場環境、給与など何かしら不満があるからです。

新しく入っても離職率が高い業界に入ってしまうと、長く続かずにすぐに辞めてしまう場合も考えられます。

転職を良いものにするためにも、業界の離職率に注目して転職活動を進めてみましょう。

歴史がある程度ある会社

最近では会社から独立して企業をする人が増えていますよね。

ひと昔前に比べてベンチャー企業やスタートアップと言ったような、新しいサービスを提供する会社が数多く登場しています。

好奇心旺盛な人はそのような新しいサービスへの興味がある人も多いと思いますが、特別な理由がない限り、初めての転職ではできるだけ長い歴史のある企業・業界への転職をおすすめします。

業界・会社が新しく、安定していない場合、人や業績が安定しないので、中途で入社しても放置され苦労する可能性があります。

ベンチャー企業出身だったり、数社経験した人は対応ができるかもしれませんが、そうでない人はマニュアルやノウハウがないまま仕事をすることになります。

離職率や待遇だけではなく、会社の設立年数やサービスについても確認しておきましょう。

タイプ別おすすめの業界

次にここでは、転職条件にあったおすすめの業界を紹介していきます。

比較的転職がしやすい業界

「なるべく早く転職を決めてしまいたい」

「すぐにでも仕事をしたい」

そんな方に向けて、比較的転職がしやすい業界を紹介します。

介護・福祉業

少子高齢化が急激に進み、介護を必要とする高齢者が増えてきています。

そこで需要が高くなっている業界が介護・福祉業界です。

この業界の特徴として、資格を必要とする場合もありますが、基本的には無資格で仕事を始めることができるのが特徴です。

また働いていく中で、資格を取得していくことも可脳です。

少し前までは、主に女性がしていた職業ですが、時代は変わり、男性での介護士も急増化しています。

介助の際など体を持ち上げたり、力が必要な場面が多いので男性介護士は重宝されます。

建設業界

急激にビルが建設されたり、新しい高層マンションが出来たりと街には次々と新しい建物が建設されています。

背景としては東京オリンピックが間近に迫っており、それに向けて様々な施設を建てたり、観光客を向かい入れるための建物を建築しているためだと思われます。

また、業界内の年齢が30代よりも上の年代が多く、20代が不足しているため、かなり需要が高いです。

体力仕事ですので、体力面で負担は大きいですがその分もらえる給与も少なくありません。

こちらの業界も、先ほどの介護・福祉業と同様に知識や資格が必須ではなく、働きながら習得していく形になります。

配送業界

スマートフォンの急激な発展に伴い、ネットショッピングをする人が急増し、サービスもかなり多様化していっており、配送業界の人手不足が問題になっています。

基本的には、運転免許を所有し配送車を運転できればできるので、比較的転職の難易度が日奥井業界になります。

接客・サービス業

接客業は多くの場合会社ごとの接客マニュアルが完備されていることが多く、入社後に研修を受けることで未経験でもすぐに業務経験を積めます。

前職で接客経験があったり、学生時代に接客のアルバイト経験があると転職に有利になる傾向があります。

人と接することに喜びを感じる人には、天職と言える職種です。

こちらの業界も人手が不足している業界ですので、給仕の数はたくさん出ています。

デスクワークがしたい方にお勧めの業界

デスクに座ってオフィスワークがしたいと思っている人にオススメの業界です。

IT・WEB業界

IT・WEB業界と聞くと専門的な知識が必要で難しいような印象を受ける方もいるかと思いますが、未経験でも応募することが可能な業界です。

IT・WEB業界と一括りにしましたが職種は数多く存在します。

プログラマー、システムエンジニア、WEBライターなど、その中には専門的な知識を持っていないと就くことが出来ない職も存在しますが、そうでない職種もあります。

大体の企業では、入社してから2~6ヶ月程度の研修期間を設けています。

最初の内はパソコンの使い方も良く分からない人でも研修を受けていく中で、専門的な知識を身に付けることができ、キャリアアップに成功している人たくさん存在します。

不動産業界

不動産業界も未経験から始めることが出来る職種で、多くの人が未経験から不動産業界に転身しています。

不動産に関する知識は入社してから座学や実践を経て身に付けていきますので、未経験の人でも安心して職場デビューすることができます。

不動産業の中でもハウスメーカーの営業でトップクラスに稼いでいる人になると、年収が数千万に上る人もいます。

その反面、成果を上げられない人は収入が少ないです。

結果がすべての世界ですので仕方がないことですが、この差はかなりシビアですね。

おすすめの職種

ここからは、おすすめの職を6つ紹介していきます。

営業職

営業職は、これまでに身に付けてきた知識や経験よりも、コミュニケーション力や人間性が重要な職業です。

これまでに営業の経験が無くても転職の難易度はそこまで高いものではありません。

未経験でも営業職を積極的に採用しているのは、以下の業界です。

人とのコミュニケーションにストレスを感じない方や、話をすることが好きな方にはぴったりの職種と言えます。

営業職には、毎月支払われる固定給の他にインセンティブが付きます。

インセンティブとはいわゆる出来高のようなもので、自分が営業であげた利益の何割かを給料にプラスしてもらうことが出来ます。

営業といっても、法人営業・個人営業・ルート営業・反響営業…など様々な営業がありますが、身につけばどの業界でも活躍できる可能性があります。

売り上げを達成できない人はもちろん貰えませんが、稼ぎたいという意欲がある人にはオススメの職種です。

ITエンジニア

インターネットの普及によって、ITエンジニアの需要が高まっています。

難しそうなイメージですが、プログラマーやネットワークエンジニアであれば、パソコンの使い方も分からない未経験からでもなることが出来ます。

当然何も知らない状態では仕事ができませんので、しっかりしたマニュアルを基に数か月間の研修制度が設けられています。

知識を身に付けていけば、キャリアアップに繋がりそれなりの年収を貰うことが出来ます。

介護士

先程説明したように、年々介護職の需要は高くなってきており、慢性的に人手が足りていない状態です。

転職のハードルは低い職ですので、すぐにでも働きたいと考えている人にはオススメの職種です。

美容部員

女性にオススメな職種としては美容部員があげられます。

美容部員とはデパートなどで、毛用品を売る販売員の人たちのことです。

お客様が求めている化粧品を自分の知識から選びお客様に提案します。

時には、お客様にメイクを施ししますので、メイクの基礎知己が必要になりますが、入社してからでも学ぶことが出来ますので、未経験にも安心です。

そこまで仕事量が多かったり、残業がある仕事ではありませんので、美容に興味がある人はオススメの職種です。

事務職

事務職は特別な資格がなくてもExcelやwordなど基本的な操作ができれば事務未経験でも採用されるケースが多いです。

事務職はコツコツと同じ作業を丁寧にできる人や、単調な作業が苦にならない人に向いています。

コンサルタント職

コンサルタントと言っても、その内容は多種多様です。

経営に関する知識が求められる経営コンサルタントや人材の知識が求められる人材コンサルタントなど、それぞれの業界に関する知識・自分の考えが求められます。

転職する場合は、業界で培った経験や知識が無駄にならないため、次の仕事にも入りやすいです。

キャリアアップ・年収アップにおすすめの職種・業種

今の会社が「将来性がない」「年収が低すぎる」思い、解消したい人におすすめの職種・業種を紹介します。

年収の上限は職種や業種によってある程度決まっているものです。

【業界別】平均年収の推移

参照:業種別及び年齢階層別の給与所得者数・給与額|国税庁

国税庁の調べてによると20代前半の平均年収は約250万円、20代後半の平均年収は約350万円になっています。

しかし、グラフ・表を見ると、業界によってかなり平均年収が異なっていることが分かります。

建 設 業 製 造 業 卸 売 業 ・ 小 売 業 飲食サービス業・宿泊業 金融業・保険業 不動産業 運送業・郵便業 医療・福祉 サービス業
20~24歳 3,363 3,188 2,116 1,435 3,424 2,897 3,236 3,101 2,354
25~29歳 4,107 3,994 3,196 2,618 4,524 3,810 3,946 3,502 3,135
30~34歳 4,533 4,538 3,583 2,827 5,962 4,485 4,296 3,629 3,494
35~39歳 4,732 5,009 4,194 3,132 6,273 4,272 4,554 3,871 3,770
40~44歳 5,194 5,329 4,262 3,102 6,491 4,488 4,536 3,957 3,919
45~49歳 5,810 5,822 4,328 2,968 7,107 4,710 4,754 4,118 4,055
50~54歳 5,748 6,063 4,341 2,945 7,843 5,195 4,801 4,528 3,996
55~59歳 5,697 6,270 3,291 3,089 6,562 5,632 4,844 4,688 4,020
60~64歳 4,957 4,322 3,051 2,446 5,006 4,257 3,697 4,111 3,324

平均年収の単位…千円

参照:業種別及び年齢階層別の給与所得者数・給与額|国税庁

今の年収・キャリアに満足していないなら、平均年収が高い業界・職種への転職を考えてもいいでしょう。

成果報酬制を採用している会社

「20代のうちに年収1,000万円を達成したい」「年収が上がるならノルマのプレッシャーにも耐えられる」という人は、成果主義の会社への転職がおすすめです。

成果主義の会社での年齢やこれまでの経歴に関係なく、結果を出せば年収が上がります。

例えば不動産業界・保険業界・人材業界の営業は、成果主義の会社が多く、年収アップが見込めます。

成果主義の会社や積極的に中途採用を行っているため、未経験からでも採用されるチャンスがあります。

外資系コンサル

ビジネスレベルの語学スキルがあれば、外資系コンサルもおすすめです。

外資系コンサルになれば、高収入が期待できます。

しかし、外資系企業や日系企業と違い、成果を上げられなければ即クビになってしまうので、注意も必要です。

ベンチャー企業

20代の人に注意して欲しいのが、ベンチャー企業入社直後は収入アップが難しい、ということです。

すぐに年収が上がらなくても、会社の中核メンバーになれば大幅な年収アップが見込めますし、事業がうまくいけばストックオプション・インセンティブが手に入る可能性もあります。

ただし、ベンチャー企業は福利厚生が整っていない、年収がなかなか上がらない・離職率が高い、などのデメリットもあるので、注意しまよう。

20代にはおすすめできない職種

ここまでは、おすすめの職種を紹介してきましたが次に。あまりおすすめできない職種を3つ紹介します。

なぜこの3つの職がおすすめできないかというと、ある理由があります。

一見関連性が無いように思えますが、AIやテクノロジーの進化によって将来消える職業とされているからです。

販売員に関しては、無人のレジが導入されはじめたり、配送に関してはAIによる自動運転やドローンによって近い将来は配送作業を行われるだろうと言われています。

事務職に関しても、AIにより一括で管理をすることが将来的には可能になるのだそうです。

少し時間をかけてでも自分に合った職を探しましょう!

この記事では20代におすすめの職種・業種を紹介してきました。

今回紹介した職種に自分に合っていそうな仕事はありましたか?ここで紹介した仕事が全てではありませんので、自分で探してみたらもっと良い仕事があるかもしれません。

転職の心得としては自分の職を決める大切な機会ですので、慎重に行いましょう。

焦って転職を決めてしまうとあまりいい結果にはなりません。

もしかしたら前の職場よりも悪い環境に転職してしまうこともありえます。

多少時間をかけてでもどんな業種のどんな職種が自分に合っているのか、自分を見つめ直すいい機会として慎重に行って、良い転職ができることを願っています。