「既卒」「新卒」何が違う?二つの明確な違いを説明します!

大学4年生になると、ほとんどの学生は就職活動に入り、忙しい毎日を送ります。

このように大学を卒業する前に、就職活動をしている人たちのことを「新卒」と呼んだりします。

一方で、就職活動を進めていると「既卒」という言葉も耳にするかと思います。

「新卒」と「既卒」では、何が違うのか、就職活動を行う上で影響が出るのか、「既卒」という言葉の意味について、知っているようで、実は知らない人が多いです。

そこで今回は、「新卒」と「既卒」の違いについて説明していきます!

また、「既卒」と「新卒」で就職への難易度は違うのか、などもあわせて解説していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

学校を卒業しているか、していないかによって違う

最初に結論からいうと、学校に在籍中で就職活動をしている学生のことを「新卒」、学校を卒業し、一度も社会人経験を経験しておらず、アルバイトや派遣社員として働いている人のことを「既卒」と呼びます。

これだけでは、説明不足な部分が多いため、詳しく説明していきます。

新卒を詳しく説明すると…

新卒とは一般的に、今年度中に4年制大学、短期大学、専門学校、高校を卒業する見込みのある学生のことを指します。

正式名称は、新規卒業者と呼びますが、略して「新卒」と言われることがほとんどです。

新卒は就職市場では、貴重な存在でたくさんの企業が新卒の学生を欲しがります。

それでは、なぜ新卒が有利なのかを説明します。

新卒が就活に有利な理由

企業が新卒を重宝するのには下記のような理由があります。

など、新卒を採用するメリットはたくさんあります。

何色にも染まっていない社会人1年目は、どこの市場でもニーズが高いです。

市場価値が高いために、他の枠よりも就活がしやすい傾向になっています。

これから社会人としてのスタートを切るという、フレッシュな熱い思いを抱えている人がほとんどですので、これからの成長率・吸収速度に期待が出来て、将来的な活躍を任せられます。

また、会社に新入社員が入るだけでも、社内に新しい風が出来て、活気があがり会社全体の士気も上がります。

新卒を採用するだけで、企業にとっては様々な利益を得ることができます。

既卒を詳しく説明すると…

まだ学生である新卒に対して、既卒は学校を卒業していて、卒業後にアルバイトや派遣社員、パートなどを経験し、正社員としては働いたことのない人のことを指します。

そもそも既卒という言葉は、日本語には存在せず、就職市場で作られた造語です。

また、新卒に比べて就職に不利な部分が多いです。

なぜ既卒が就職に不利なのか、後ほど説明していきます。

既卒とフリーターは違う?

それでは、今フリーターの人は既卒と呼ぶのか?と言われると、一概には既卒と言い切れません。

フリーターをしている人の中には、学校を卒業した後に、正社員として働いた経験があり、その職を退社してからフリーターをしている人がいます。

そのような経歴を持つ人は、既卒とは呼ばず、「第二新卒」と呼びます。

しかし、第二新卒には新卒で入社した会社を辞めてから1~3年以内という期限があり、3年以上経過した方は、第二新卒の枠には入りません。

企業が第二新卒を採用するメリットとは?

新卒よりも、一歩先に社会人を経験をしている第二新卒は、企業からどのように見られているのでしょうか?

企業側から見た、メリットを紹介していきます。

このように企業側からしたら、たくさんのメリットがあります。

新卒での採用を行わずに、第二新卒者のみを採用する企業も増えてきているように、第二新卒者は就職市場で、需要のある枠です。

しかし、前職での在籍期間があまりにも短すぎたりしてしまうと、

「前職のように、すぐに辞めてしまうのではないか?」

「この仕事も、長く続かないのではないか?」

などを危惧されてしまい、大きなデメリットになってしまう場合もあります。

デメリットをカバーするためには、仕事に対して前向きな印象を企業に与えるのがポイントです。

今後のキャリアプランや目標などをアピールして、マイナスな部分をプラスに返れるように努力しましょう。

既卒が新卒・第二新卒に比べて、就職に不利と呼ばれる理由

新卒者に比べて、既卒者は就職に不利とされています。

ここでは、なぜ不利なのかを説明していきます。

人芸性に問題があるかもしれないと疑いをもたれる

新卒で入社していないということは、コミュニケーション面や人間性的な面などに何かしらの問題があるのでは?

と、企業側は考えます。

新卒で就職をするのが当たり前になっている時代だからこそ、企業からしたら就職していない既卒はあまり良くない印象を持たれてしまいがちです。

既卒者が必ず聞かれる質問の答えが曖昧

既卒で就職をしようと思った場合には、企業の面接官から「なぜ、新卒として就職しなかったのですか?」と質問されます。

新卒の方がいろんな面で有利なため、聞かれるのも当然です。

この質問には、説得力のあるアンサーを用意しておかなければなりません。

なぜ、新卒で就職しなかったのかを自己分析したうえで、企業側の持っている懸念点を払拭しなければなりません。

また、上手くアピールできれば、「挫折を克服して成長する力を持っている」とプラスの評価を受けられる可能性もあります。

既卒者が内定を勝ち取るポイント

新卒者、第二新卒者に比べると、既卒者は就職難易度が高いですが、就職が出来ないなんてことは決してありませんので、ご安心ください!

ここからは、既卒者の内定を貰うためのポイントについて説明していきます。

経歴や職歴が不問の求人に応募する

転職サイトに掲載されている企業は、新卒者や第二新卒者も応募するため、ライバルが多く競争率が高いです。その中で内定を貰うのは難易度が高いです。

ライバルを少なくするためにも、職歴や経歴などを採用基準に入れていない企業に応募する事をおすすめします。

リクらくでは、過去の経歴や、未経験歓迎の求人が豊富にあります。

就職のプロが完全サポートをしますので、就職の経験がない既卒者の人にも安心して利用することが出来ます。

企業から思われている懸念点を払拭するようにしましょう。

面接の際には、なぜ就職をしなかったのか。卒業後は何をしていたのか。などの質問を投げかけられます。

それらの質問にしっかりと答えられるように、準備しておきましょう。

企業が既卒を敬遠してしまうのは、既卒者に対して「問題がある人ではないのか?」と疑っているからです。

そのため、これまでの自分の過去を清算し、現在は仕事に対して前向きな熱意を持っているということを面接官にぶつけて、企業側の不安を払拭できるようにしましょう。

応募する企業を増やす

新卒や第二新卒に比べて、就職難易度が高いからこそ、たくさんの企業に応募して、内定を貰える可能性をあげましょう。

自分の中で、企業に求める条件を出し過ぎてしまうと、それに見合う企業の数が少なく応募する数も減ってしまいますので、就活の仕方としては賢明な方法とは言えません。

企業に求める条件に、大まかな順位をつけて、応募する企業数が少なくならないようにしましょう。

既卒・新卒の違いをまとめると…

新卒―今年度中に4年制大学、短期大学、専門学校、高校を卒業する見込みのある学生のこと。

既卒―学校を卒業後に、正社員として働いた経験のない人のこと。

既卒は、新卒に比べて就職の何度が高いとされていますので、既卒の方は就活に工夫が必要になります。

そのため、就職支援サービスを行っているエージェントに相談することで、志望動機や自己PR作成、面接対策、適職の診断など様々な対策を得ることが出来ます。

当記事のリクらくでは、完全無料で就職の相談サービスを受けれますので、就活に向けて万全の準備が整います。

第二の人生を切り開くために、リクらくを活用してみませんか?