既卒者が就職しやすい就職先とは?おすすめの職種を紹介!

既卒者の中には、正社員になって、様々な面で安定した生活を送りたいと考えている人がいると思いますが、既卒者は新卒者に比べて、就職の難易度が高いと言われています。

そのため新卒者や転職者と同じように、就職活動をしていると内定を貰うまでかなり長い時間がかかってしまう可能性もあります。

どういう職を選べば、内定の確率が上がるのか、既卒者からしたら気になる部分ですよね。

そこで今回は、過去の経歴を採用の基準にしていることが少なく、既卒者でも就職しやすい職種を紹介していきます!

また、持っておくと就活に有利な資格なども紹介しますので、既卒者で就活に困っている方は、是非参考にして就職活動をしてみてくださいね!

過去の経歴を重視しない企業を目指して就職活動をしよう!

その人がどういう経歴を辿ってきたかは、企業側の採用基準の1つです。

既卒者には、学校卒業後の空白の期間があるので、その期間に何をしてきたのか、面接の際に上手に伝えることが出来れば、「既卒」というハンデをなくすことが出来ますが、できない場合には、企業からマイナスの評価をされてしまい内定を貰うことが困難になってしまいます。

しかし企業の中には過去の経歴や経験などを一切、採用基準に入れていない会社もあります。

「未経験歓迎!」「学歴不問!」などと記載がある求人が、過去の経歴を採用基準にしていない企業になります。

スムーズに就職活動を進めたいと考えている既卒者は、過去の経歴が不問としている職種に応募してみましょう。

おすすめの職種

ここからは、未経験からでも始めることができ、過去の経歴を不問としている職種を紹介していきます。

営業職

扱っている商材が専門的な知識が必要な営業以外は、未経験でも歓迎されています。

一般的に、採用時に重視されやすい職歴や社会人経験をあまり重視していない企業が多いです。

営業職がなぜ、その点を重視していないのかを、営業職の特徴と共に説明していきます。

営業職の特徴

営業職には、主に人間性や人柄の良さが重要になります。

商材を扱い、その商材を売るという点で、極端にいえば販売職と言ってもいいかもしれません。

そのため、営業職には、専門的な知識や仕事のスキルよりも、コミュニケーション能力や、人柄が重要になりますので、過去の経歴を問われません。

そのため、既卒者にもおすすめできる職種の1つです。

営業職に向いている人

前の項目でも言いましたが、営業には人柄・コミュニケーション力が求められますので、陽気な人、聞き上手・話し上手な人が向いています。

本質的には暗い部類に入るけど、仕事中は別の人格を作ることができて、明るくふるまえるという人にも、適性の面ではピッタリです。

営業職の魅力

営業というと、外回りをして外出しているイメージを持つ方が多いと思いますが、実際のところはそうではありません。

確かに外出は多いですが、オフィス内にいることもあります。

取引先に提案する商品の資料作成、どのような商材を売っていくのか企画を出し合う会議、営業先からの電話対応など、業務は様々です。

営業の魅力は、これらの社会人として必須なスキルを得られるところにあり、営業として得ることの出来るスキルは、どの職業に就いても重宝されるスキルです。

意欲があれば、企画職や広告関係などの人気な職に、営業職からも転身することが出来ます。

収入が高い

営業職は、月々に払われる固定給にプラスして、インセンティブ手当がつきます。

インセンティブとは、自分が売り上げた利益を自分の給料として受給することが出来る手当です。

そのため、売り上げを達成した分だけ給料としてもらえますので、売り上げを挙げた分だけ、毎月高い収入を得ることが出来ます。

それがやりがいに繋がる場合もありますので、長く仕事を続けられるポイントにもなるかもしれません。

公務員

高卒や大卒など、公務員の種類にもよりますが、採用条件を満たしていれば、経歴を関係なく公務員を目指すことができます。

試験がありますので、試験勉強に励む必要はあります。

また、公務員の採用には明確な基準があり、人柄や経歴などは重視されることが少ないのが特徴です。

公務員の特徴

何と言っても様々な面で安定しているところが公務員の特徴と言えます。

終身雇用制度が採用されていますので、定年までクビになることなく働き続けることができて、定年後も一般企業で働いていた人に比べると年金の額も高くなります。

カレンダー通りの生活を送れる

公務員は基本的に土日祝が休みで、業務時間も決まっていて、残業機関もそこまで長くないです。

アルバイトのような、シフト制ではないので、規則正しい生活を送ることが出来ます。

福利厚生が充実している

通勤手当・住宅手当・扶養手当など様々な福利厚生が充実している点も公務員の特徴で、それまでの生活では受けることが出来なかった手当を受けることが出来ます。

IT業界

現代のIT化が終息に進み、情報社会のニーズに人材が足りず、人手が不足しています。

IT業界と聞くと、かなり専門的なスキルが求められそうですが、実は経験や経歴に関係なく、チャレンジすることが出来る業界です。

自分の仕事を表面的ではなく、様々な視点か見る視野の広さや、発想力が優れている人などに向いており、IT業界への適性がある人であれば新卒・既卒問わず広く採用されます。

システムエンジニア

IT業界と一括りに言っても、業種は様々ありますが、未経験の既卒者であればSE(システムエンジニア)がおすすめです。

SEに要求される主な能力はコミュニケーションスキルです。柔軟な発想力、グローバル社会に通用する、英語力なども必要とされるスキルですが、新入社員の段階では、業務知識や技術よりも、人間性が要求されます。

そのため、単にコンピューターに詳しいだけでは。SEになることはできません。

技術や知識は、入社後から身に付けていくものと考えている企業が多いので、既卒者でも挑戦することが出来る業界です。

年収の面でも、生活に困ることのない額の給料を受け取ることが出来ますので、キャリアアップを考えている方にはおすすめの職種です。

大手企業へ就職したい人は資格を取ってアピールしよう

既卒者の中には、大手企業で働きたいと思っている方がいると思います。

新卒者や転職者がライバルにいる中で、選考を進めて内定を勝ち取るのは至難の業です。

少しでも可能性を広げるためにも、就職する上で有利になる資格を取得することをおすすめします。

どんな資格が就職に有利なのか、紹介していきます。

TOEIC

TOEICとは、日常的な英語能力を図るテストのことで、世界約150国で実施されています。

そのため、世間的な認知度も高く、基準点以上のスコアを持っていると就職活動で有利になります。

社会のグローバル化が急速に進んでいる現代で、英語力を身につけていると企業から重宝されますし、TOEICの点数を募集条件にしている企業もあります。

2019年10月実施のTOEICの平均スコアは597.5点となっていますので、この点数が一つの指標と言えます。

ファイナンシャルプランナー技能検定

ファイナンシャルプランナーとは、お金に関する幅広い知識を活用し、お金のことで困っている相談者の悩みや目標を叶えるためにサポートをする仕事です。

この資格は汎用性が高く、税理士、社労士、宅建などの資格と組み合わせるとより、就職活動に役立ちます。資産運用や個人の金融に関しての知識、お金に関しての知識を持ち合わせている事は非常に大きな武器となるでしょう。

主に金融業界に効果的な資格になるので、銀行員などを目指そうとしている人が持っておくと強い武器になります。

秘書検定

秘書検定の出題内容は、ほとんどがそのまま仕事にそのまま活かせます。

例えば、説得の仕方や伝言メモの書き方、仕事の指示の受け方やあいさつ状に適切な言葉など、社会人として基礎的なスキルの他に、応用スキルも身に付けることが出来ます。

どれも、日常的に仕事をする上で知っておきたい知識になりますので、秘書検定を種痘しておくことによって、企業の採用担当者から好印象を持たれます。

就職活動を工夫すれば、あなたもすぐに正社員になれます!

既卒で就職活動をする場合には、新卒や転職者と差別化を図って、自分の色をだしていく必要があり、工夫次第でスムーズに転職をすることが出来ます。

この記事で紹介した、過去の経歴などが採用基準に含まれていない職種を狙って就職活動を進めたり、採用に有利な資格を取得して就職活動に役立てるのも一つの方法です。

闇雲に就職活動を進めても、成果が出にくいので、いち早く内定を貰うために、今回の記事を参考にして、効率よく転職活動を進めてみてください!

あなたが内定を貰えることを願っています!