30代未経験職への転職は厳しい?成功させるポイントとおすすめの職種を紹介!

30代未経験職への転職は厳しい?成功させるポイントとおすすめの職種を紹介!

30代はキャリアの転換期とも言える年齢で、転職してキャリアアップを狙う人がいる一方で、全く別の職種に転職しようとする人も多いです。

一般的に転職では年齢が高くなるにつれてハードルが高くなると言われており、30代から未経験職に転職するのが難しいのでは?と感じますよね。

実際のところ30代から未経験職に転職するのは難しい傾向があるものの、ポイントを踏まえて転職活動を行えば成功するケースもあります。

そこでこの記事では、30代の未経験転職がなぜ難しいのか、転職に成功するためには何をすれば良いのかなど、詳しく解説していきます。

【30代フリーターから正社員に!】就職に成功するコツとおすすめの職種を紹介!

30代女性の転職は難しい?転職を成功させるためのコツとおすすめの職種

30代から未経験職に転職するのは難しい!

30代から未経験職に転職するのは難しい!

20代と比べて30代殻の未経験転職は難しい傾向があります

というのも、転職市場において30代には下記2つの理由があるためです。

  • 30代には即戦力となるスキルと経歴が求められている
  • 未経験の30代は企業から見ても扱いづらい

30代には即戦力となるスキルと経歴が求められている

30代の中途採用はポテンシャルや人柄が求められる20代とは異なり、即戦力として働けるスキルや経歴が重視されています。

未経験職に転職するとなると、前職のスキルや経験が活かせないケースがほとんどなので、転職が非常にしづらい傾向があるのです。

また、年齢が高くなるにつれて仕事を飲みこむスピードや適応力も低下するため、戦力になるまでにかなりの時間がかかってしまう傾向も。

そのため、30代として未経験職に転職するのはハードルが高く難しいのです。

未経験の30代は企業から見ても扱いづらい

未経験として採用する場合は、年齢に関わらず新入社員として扱われます。

上司にあたる人が年下・後輩が年上という関係性になってしまうケースも多く、企業から見て扱いづらい人と認識されます。

新入社員に対しては何でもやる熱意や成長したいという意欲が求められるので、年齢が高くなるとそれらの意欲が低いと判断されることも。

そのため、30代の転職者は中々転職が成功しづらいのです。

30代から未経験の仕事に転職するリスク

30代から未経験の仕事に転職するリスク

30代から転職する場合、20代の若い年次で転職するのと比べて様々なリスクがあります。

事前にリスクを把握しておかないと、転職しはじめてから後悔してしまうことも。

そんな状況にならない様にするためにも、30代で転職するリスクを理解してから転職を始める様にしましょう。

収入がダウンする可能性が高い

ある程度の社会人経験を積んで仕事上でも立場の高い30代は20代と比べて年収が高い傾向があります。

同じ職種で働いていれば勤続年数に応じて、年収も上がっていきますが、未経験職に転職すると一からのスタートになります。

そのため、30代で転職すると年収がダウンする可能性が非常に高いです。

また、転職先で専門性の高い職業であればあるほど、実務経験を問われるので未経験者は非正規雇用スタートとして採用される可能性も。

未経験職に転職するとかなりの確率で収入が下がるということを理解しておきましょう。

ベンチャー企業の場合は年功序列ではなく、成果主義を取っているので、30代未経験で転職しても年収が下がらない可能性があります。

こちらの記事【30代からベンチャーへの転職はあり?メリット・デメリットから詳しく解説!】で30代からベンチャー企業に転職するメリットなどを書いているので、合わせて読んでみてください。

転職活動が長期化する可能性が高い

30代で未経験職に転職しようとしている人は、企業のニーズとマッチしていないため、転職市場において価値が低い人になります。

いくら仕事に対する熱意があっても、企業から必要とされていないと、中々採用に至りません。

そのため、30代未経験の転職は長引く傾向が高いです。

転職をしている期間は職歴に含まれないブランク期間になってしまうので、あまりにも長くなると企業から不信感を持たれてしまいます。

場合によっては1年以上転職先が決まらないケースもあるので、それ相応のリスクがあると思っておきましょう。

未経験の30代として転職を成功させる4つの秘訣

未経験の30代として転職を成功させる4つの秘訣

転職ハードルが高い傾向がある30代の転職を成功させるには4つのポイントを踏まえて転職するのが大切です。

それぞれの秘訣は下記の通り。

  • 転職先で活かせるスキルや経験を見つける
  • 応募書類作成・面接対策を入念に行う
  • できるだけ多くの企業にエントリーして行動量を増やす
  • 未経験向けの転職エージェントを活用する

転職先で活かせるスキルや経験を見つける

30代には即戦力となるようなスキルや経験が求められています。

そのため、これまでの職歴を振り返って、転職先で活かせそうなスキルや経験がないか確認してみましょう。

職種や業種が違っても、仕事内容の中で共通している業務が何かしらあるはずです。

  • PCスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 社会人スキル

上記のような基本的なスキルも、立派なスキルや経歴に含まれているので、転職先の仕事内容と紐付けられればアピールになります。

些細なことでもよいので、これまでの経験を棚卸しして、転職先にアピールできるような要素がないかチェックしてみましょう。

応募書類作成・面接対策を入念に行う

転職において応募書類と面接対策は内定を左右する重要な要素です。

これら二つの完成度が低いといくら頑張ってもアピールにつながりません。

特に30代の場合は未経験者にもスキルや経歴が求められており、履歴書の段階で慎重にチェックされているので、入念に作成するようにしましょう。

また、面接では質問される可能性が高いものをピックアップして、回答を事前に用意しておくのも大切です。

できるだけ多くの企業にエントリーして行動量を増やす

採用ハードルが高い30代は少しでも転職成功率がアップするように、できるだけ多くの企業にエントリーするのもおすすめです。

当然のことですが、3社にエントリーして転職をするよりも、10社にエントリーした方が作用される可能性が高くなりますよね。

また、たくさんの転職活動をしていく中で、コツのようなものを掴めるので次の転職に活かしやすくなるのです。

特に面接は場数をこなさないと上達しないので、たくさんの企業の採用担当者と面接していく中でコツを掴めて面接に強くなります。

未経験向けの転職エージェントを活用する

一番手軽に転職成功率をアップさせる方法は、転職エージェントの活用です。

転職エージェントは転職に関わるあらゆるサポートをしてくれるのはもちろん、求人紹介や面接対策・応募書類の添削なども行ってくれます。

転職中の不安や悩みなどを相談することもできるので、ストレス軽減にもつながります。

また、他の転職サイトには掲載されていない独占求人も抱えており、その中から転職者の適正や希望に合った求人と出会えることも。

様々な可能性が広がり、使用料がほとんどかからないので、30代転職者はぜひ利用してみてください。

30代の未経験から転職しやすい職種の特徴

30代の未経験から転職しやすい職種の特徴

ここからは30代の未経験者でも転職しやすい職種に共通している特徴を紹介していきます。

職種によって未経験からチャレンジしやすい・チャレンジしにくいが分かれているので、転職先が定まっていない人はぜひ参考にしてみてくださいね。

経験やスキルが不要

経歴やスキルが重視されていない職種は、比較的仕事内容が単純なため、30代未経験者でも転職しやすい傾向があります。

具体的な職種を上げると以下の通り。

  • 製造業
  • トラックドライバー
  • 工場作業員
  • 営業職

上記などの職種が経験やスキルを問われない職種に分類されます。

未経験の30代でも営業職に転職できる?求められているスキルや転職する際の注意点

専門的な知識が問われない

職種によっては特別な知識やスキルを持っている人でなければ転職できないものがある一方で、専門的な知識が問われない職種もあります。

専門的な知識が問われない職種は入社してから徐々に知識を身につけていけば良いと考えているので、一定以上の適正とスキルがあれば未経験でも採用されます。

具体的な職種を上げると以下の通り。

  • 営業職
  • 介護職
  • IT系のエンジニア

上記などの職種が専門的な知識が問われない職種に分類されます。

慢性的な人材不足を抱えている

慢性的な人材不足を抱えている職種では、経験の有無に関わらず手広く採用活動を行っている傾向があります。

そのため、30代未経験者でも比較的転職に成功しやすいです。

しかし、人材不足を抱えている職種には、「離職率が高いケース」「需要が高くて人手が足りていないケース」の2つがあります。

離職率が高い場合は労働環境が整っていない可能性が高いので、あまりおすすめできません。

対して、需要が高くて人手が足りていないケースは成長できる環境が整っており、将来的にも需要がなくならない仕事なので、一気にキャリアアップにつながります。

具体的な職種を上げると以下の通り。

  • 営業職
  • 介護職
  • IT系のエンジニア

上記などの職種が良い意味で慢性的な人材不足を抱えている職種に分類されます。

転職に失敗してしまう30代の特徴

転職に失敗してしまう30代の特徴

それでは最後に転職に失敗してしまう30代の特徴を紹介していきます。

  • 目的を持たずになんとなく転職をしている
  • 希望している転職先のハードルが高い
  • 企業が求めている人物像とかけ離れている

目的を持たずになんとなく転職をしている

転職をしてどうなりたいのか・転職のゴールをどこに設定しているのかなど、目的を持たずに転職を進めてしまうと転職に失敗する可能性が高いです。

というのも、転職でどのような目的を持っているかは志望動機や自己PRに関わるため、面接官にみすかされてしまいます。

  • 転職してどうなりたいのか
  • 転職の目的はなんなのか
  • 将来的なビジョンに何を設定しているのか

上記などの転職する目的はしっかりと持つようにしましょう。

希望している転職先のハードルが高い

転職先に大手企業や大企業を設定して、未経験として転職するのは正直かなりハードルが高く成功する尾は難しいです。

大手企業や大企業は転職者に求めるスキルや経歴や一般企業と比べて高いので、ハンデのある30代未経験として転職するのはほぼ不可能と思っておきましょう。

少しでも転職成功率をアップさせるためにも、自分のスキルや身の丈に合った転職先を設定するのが大切です。

30代で中小企業への転職に成功できる?後悔しないためのポイントとは

企業が求めている人物像とかけ離れている

各企業によって転職者に求めているスキルが異なります。

どの様な人物像を求めているのかは、求人や企業のリクルートページに記載されているので、あらかじめチェックしておきましょう。

あらかじめどのような人物を求めているのかを理解しておけば、履歴書や面接などで効果的なアピールができます。

また、企業の求めている人物像が自分とかけ離れている場合は、そこで見切りをつけられるので無駄な時間を削減できます。

30代で未経験職種へ転職しようとしている人におすすめの資格

30代で未経験職種へ転職しようとしている人におすすめの資格

30代で未経験職種に転職する場合は、仕事で活かせる職種を取得しておくこと有利に転職を進められます。

そこでここからは30代におすすめの資格を職種別に紹介していきます。

職種 資格
営業職 ファイナンシャルプランナー
中小企業診断士
宅地建物取引主任者
TOEIC
エンジニア職 情報処理安全確保支援士
マイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP)
基本情報技術者試験、応用情報技術者試験
システムアーキテクト試験
事務職 日商簿記検定
TOEIC
MOS
日商PC検定

30代でもポイントを抑えれば未経験として転職できる!

30代として未経験職に転職するのはかなりハードルが高いものの、ポイントを抑えて転職をすれば不可能なわけではありません。

転職活動の入念な準備・企業研究・自己分析など、転職に関連する準備を済ませて、転職をすれば採用につながります。

しかし、何も考えずに転職を進めてしまうと、転職成功率は一気に低くなることに。

キャリアの転換期でもある30代の転職は将来を左右する重要な機会なので、悔いや失敗が無いような転職をしましょう!

30代でも公務員へ転職することは可能!ポイント・公務員試験の対策を徹底解説!