30代からベンチャーへの転職はあり?メリット・デメリットから詳しく解説!

30代からベンチャーへの転職はあり?メリット・デメリットから詳しく解説!

「このまま同じ会社でキャリアを積んでいくべきか?転職した方がいいのか?」

ある程度の社会人経験を積んだ30代になると、自分のキャリアや将来について、漠然とした不安を感じてしまいますよね。

転職先を考えた時に、ベンチャー企業に転職して、今までとは違うキャリアを築きたいと考える人もいるでしょう。

しかし、ベンチャー企業は一般的な企業とは違い、良くも悪くもメリット・デメリットがあります。

そこで今回は、30代でベンチャー企業へと転職するメリット・デメリットから、30代が転職すべき企業の特徴について紹介していきます。

ベンチャーとスタートアップの違いは何?今さら聞けない基礎知識

30代でベンチャー企業に転職するメリット

30代でベンチャー企業に転職するメリット

まずは、30代からベンンチャー企業へと転職するメリットから紹介していきます!

  • キャリアアップのチャンスに恵まれる
  • 幅広い業務に携われる
  • 働き方次第で高収入を狙える
  • 会社の上層部との近いポジションで仕事ができる
  • マネジメントや会社運営にも携われる

メリット①:キャリアアップのチャンスに恵まれる

ベンチャー企業は、会社の仕組みが確立されていないため、転職してきて社歴が短い人にもキャリアアップのチャンスがあります。

社内での新しい取り組みや柔軟性が高ければ、キャリアアップのチャンスにも恵まれでしょう。

また、経歴のある30代は即戦力として採用されるので、特定の業務だけでなく幅広い業務に携れます。

これらは一般企業では味わえないベンチャー企業ならではのメリットです。

メリット②:幅広い業務に携われる

ベンチャー企業は業務範囲や人数の問題によって、特定の業務だけしていれば良いわけではありません。

良くも悪くも幅広い業務をこなさなければならないので、様々な業務を経験できます。

特定の業務だけではなく、色んな業務を経験したいと考えている人にとっては大きなメリットと言えます。

様々な業務をこなせるマルチな人材は、とても貴重なので、将来的にもニーズの絶えず仕事を失う危険性はないでしょう。

ベンチャー企業にはどんな職種がある?自分にあった職種を見つけて就職しよう!

メリット③:働き方次第で高収入を狙える

ベンチャー企業は年功序列ではなく実力が全てです。

そのため、30代の転職者でもスキルがあり、実力が伴っていれば高収入を狙えます。

働き方次第で、一般企業では得られない収入を得られるので、今の職場よりも高収入を狙いたいひとのとてもおすすめです。

メリット④:会社の上層部との近いポジションで仕事ができる

ベンチャー企業は社員数が少なく、社員間の距離が非常に近いので、上層部と近いポジションで仕事ができます。

一般企業の場合は、上層部と関係性が非常に薄いので、接する機会に恵まれません。

会社の上層部と距離が近く、コミュニケーションを密接に取れる関係であれば、有益な情報やアドバイスをもらえる可能性も高くなります。

質の高いアドバイスやフィードバックを受けられるので、一般企業に比べて、よりスピード感のある出世が見込めるでしょう。

メリット➄:マネジメントや会社運営にも携われる

30代での転職は、厳しいとされることも多いですが、ベンチャー企業では人材の不足から30代でもチャレンジできる環境を提供してくれます。

その中で、大手企業ではできないような幅広い業務やスキルを取得できるので、マネジメント能力を養うこともできます。

将来的なキャリアを考えた時に、マネジメント能力は非常に大切なスキルなので、どこの企業からも重宝されるでしょう。

ベンチャー企業の年収とは?収入アップの秘訣を徹底解説!

30代でベンチャー企業に転職するデメリット

30代でベンチャー企業に転職するデメリット

30代でのベンチャー企業への転職はメリットが多い一方で、デメリットもあります。

  • 仕事量が多く多忙
  • 会社が倒産するリスクがある
  • 前職よりも年収ダウンの可能性がある
  • 業務や環境に馴染めずミスマッチが生じる
  • 既存社員の年齢層が若い

それぞれのデメリットについて、詳しく紹介していきます。

デメリット①:仕事量が多く多忙

一般企業に比べて、ベンチャー企業は一人あたりの裁量が多いので、たくさんの業務をこなさなければならず仕事量が多い傾向です。

そのため、ワークライフバランスを大切にしたいと考えている人にとっては、あまり向いていないと言えるでしょう。

一方で「とにかくばりばり仕事をこなしたい!」「30代からキャリアアップを図りたい!」と考えている人にとってはこの上ない環境です。

デメリット②:会社が倒産するリスクがある

ベンチャー企業は業績が安定している企業がある一方で、経営が不安定で倒産するリスクがある企業もあります。

特に小規模なベンチャーに多く、入社してから倒産してしまうと、再び転職活動をしなければならない状況に。

30代の転職は20代に比べてハードルが高いため、そう簡単に内定をもらえるわけではありません。

30代の中には結婚して子どももいる人も多いと思うので、しっかりと選んでから転職した方が賢明です。

デメリット③:前職よりも年収ダウンの可能性がある

ベンチャー企業へ転職する際の大きなデメリットは、前職と比べて収入がダウンしてしまう可能性があるということです。

業績が順調に伸びている成長企業であれば、実績を出せば大手以上の収入をもらえることもあります。

しかし、小さなベンチャー企業ではほとんどの場合、年収が下がってしまう傾向があります。

結婚をしている30代の中には、家のローンを組んでいたり、子どもの養育費を支払わなければならなかったりと何かと出費が多いです。

そんな中で収入が下がってしまうと、生活していくのも困難になるので、収入が不安定なベンチャーに転職するのは、大きなリスクもあること理解しておきましょう。

ベンチャーに転職すると年収は下がる?ベンチャー企業の給与に対する考え方

デメリット④:業務や環境に馴染めずミスマッチが生じる

ベンチャー企業は良くも悪くも、一般企業と比べて独特な雰囲気があります。

依存社員の雰囲気であったり、会社の社風であったり、企業によって様々です。

一般企業とは全く異なる職場環境なので、入社後に上手く馴染めず、ミスマッチが生じてしまう可能性があります。

折角転職したにもかかわらず、早期退職してしまうと、再び転職活動を始めなければならないのでキャリアに傷がついてしまいます。

そのような状況に陥らない様にするためにも、前もって転職先の環境や社風をチェックしておきましょう。

デメリット⑤:既存社員の年齢層が若い

ベンチャー企業は基本的に会社の年齢層が若い傾向があります。

企業の平均年齢は、平均年齢は創業者の年齢でだいたい決まってくるので、30代前半であれば、創業者が比較的年配の場合は平均ぐらいです。

平均以下になることも多いですが、創業者が若いベンチャーだと30代前半でもかなり上の年齢になってしまうことも。

既存社員との年齢にギャップがあると、仕事をしていくうえで、やりずらさを感じてしまうケースが多いです。

仕事をしていくうえで職場環境は非常に大切な要素なので、デメリットの一つと言えます。

ベンチャー企業の営業はきつい!?きつい理由や営業職の魅力を紹介!

30代からベンチャー企業に転職して後悔した人の事例

30代からベンチャー企業に転職して後悔した人の事例

30代からベンチャー企業に転職している人の中には、転職してから後悔している人も多いです。

実際に転職した人がどのような後悔をしてるのかをあらかじめ理解しておくと、自分の転職にプラスに活かせます。

ここから転職して後悔した人の事例を紹介していきます。

ベンチャー・スタートアップ企業への転職は後悔が多い!?転職して後悔する人の特徴を解説!

ベンチャー企業に転職した30代の後悔⓵:残業が多い

ベンチャー企業は一般的な企業と比べて、一人当たりの裁量が大きいため、想像よりも多い業務を任される事も多いです。

そのため、ベンチャー企業に転職した30代の中には残業の多さに後悔してしまう人も。

せっかくベンチャー企業に転職できても、早期退職をしてしまうと、経歴に傷が付いてしまうリスクがあります。

転職した後に後悔しないためにも、求人に掲載されている情報や口コミサイトなどを活用して転職した後の後悔をなくすようにしましょう。

ベンチャー企業に転職した30代の後悔②:企業調査をしていなかった

転職しようとしているベンチャー企業を十分にリサーチしていない状況で転職をするとミスマッチが生れてしまう可能性が非常に高いです。

特に年収や条件面ばかりを重視している人にその傾向があり、入社してから後悔する人が非常に多いです。

30代にもなるとある程度の社会人経験があるため、あまり企業調査をしない状況で転職してしまうかもしれませんが、必ず企業調査を済ませておきましょう。

企業調査では求人だけではなく、企業のHP・口コミサイト・実際に働いている人などあらゆる方法で調査するのがベストです。

ベンチャー企業に転職した30代の後悔③:転職先が中々決まらない

ベンチャー企業は基本的に年齢が社員の年齢層が若い傾向が強く、30代が転職するのは中々厳しいのが現状です。

そのため、転職活動を始めたものの転職先が決まらずに後悔している人も多いです。

ベンチャー企業が若い人材を採用しているのは、経歴やスキルではなく、将来性やポテンシャルに重点をおいて採用を行っているため。

30代は中堅なので、ベンチャー企業が追い求めている人材とは異なっているのです。

30代はベンチャーに転職した後のキャリアも見据えよう

[caption id="attachment_2600" align="aligncenter" width="640"]スーツ 明るいい Young businessman running and catching glowing light bulb[/caption]

30代からベンチャー企業に転職するメリット・デメリットが分かったと思います。

しかし、30代で転職するのであれば目先のことよりも、将来のキャリアも考えるべきです。

将来のキャリアを見据えた転職をしなければ、いつまで経っても収入がアップせず、安定した生活を送れません。

そこでここからは、30代として転職する際に意識して欲しい4つのことを紹介していきます。

  • ベンチャー企業で経験積んで大手企業へ転職
  • 執行役員を狙える
  • 会社運営のノウハウを習得して起業する
  • 高いスキルを身につけてフリーランスに転換する

ベンチャー企業に向いている人・向いていない人に共通していることとは?

ベンチャー企業で経験積んで大手企業へ転職

ベンチャー企業で経験を積み、スキルや経歴を引っ提げて大企業へと転職するのもキャリア形成としてはOKです。

大手企業でも新規事業を立ち上げる際には、ベンチャー企業での実績がある人材を中途採用するケースが多い傾向があります。

というのも、ベンチャー企業での実務経験があれば、0から1を作る新規事業でも力を発揮できると判断されるからです。

転職する側にとっても、ベンチャー企業で自分の力で実績を残すことができれば、大企業でも自信を持って働けるようになります。

管理職を狙える

30代でベンチャーへの転職を考えているのであれば、管理職のポストを狙えるかどうか判断しておきましょう。

30代後半ともなれば、ベンチャー企業でなくても管理職につくチャンスも回ってきます。

何よりも管理職の立場に立てれば、間違いなく収入アップを狙えて、キャリアの構成にも繋がります。

中には管理職の座が埋まっている企業もあるので、あらかじめかくにんしておきましょう。

会社運営のノウハウを習得して起業する

ベンチャー企業は、経営者との距離も近く、経営を肌身近で感じられる環境で働けます。

そのため企業を志している人が、ベンチャー企業に転職して働くケースも多いです。

経営者や役員と近い距離で働くことができるので、肌感レベルで経営を学ぶことができます。

また経営者や役員からの信頼を得て、円満に転職することができれば、起業したビジネスも応援してもらえる可能性もあります。

起業する意欲がある人にとってはこの上ない環境と言えます。

高いスキルを身につけてフリーランスに転換する

ベンチチャー企業で経験やスキルを積んで、フリーランスとして働こうとしている人も多いです。

フリーランスとして働ければ、全て自分手動で仕事ができるので、非常に自由度が高いです。

実績とスキルが身に付いていれば、高収入も狙えるので、興味がある人はぜひ目指してみて下さいね。

30代からベンチャー企業への転職に成功する秘訣

30代からベンチャー企業への転職に成功する秘訣

30代でベンチャー企業への転職を成功させるには、大きく3つのポイントがあります。

  • 経営者の思想やビジネスモデルを研究する
  • キャリアプランを明確にする
  • 転職エージェントを利用する

それぞれをしっかり把握して、転職を成功させましょう。

失敗しないベンチャー企業への転職とは?転職を成功させる3つの方法

秘訣①:経営者の思想やビジネスモデルを研究する

ベンチャー企業は経営者との距離が近いので、考え方や理念に共感できないとハードな仕事についていけません。

逆に「社長の掲げる理念について行きたい」という人は、どんな困難にも立ち向かい逆境を楽しめます。

経営者の思想を研究するには、企業サイトの社長のメッセージを熟読することが大切です。

また社長の経歴やプロフィールも把握しておきましょう。

経営者が技術職出身であれば技術部の権限が強かったり、営業畑出身なら営業部門が力を持っていたりします。

秘訣②:キャリアプランを明確にする

経験を積んでいずれは起業したい
会社をグローバル展開したい
ゼロから新規事業を立ち上げたい
このような具体的なキャリアを描いている人は、仮に仕事がハードだったとしても挫けることは少ないでしょう。

むしろ目標がない人は、ベンチャー企業に転職する意味はありません。

仕事に対し受け身な姿勢でいる場合、教育体制や仕事の配分が整っている大企業の方が成功できるチャンスがあります。

秘訣③:転職エージェントを利用する

企業研究においては、詳しい人に聞くのが一番早く、失敗も少ないです。

転職エージェントはベンチャー企業の情報に精通していますし、社内の雰囲気や働き方についても情報を持っています。

一人で情報を得るには限界がありますので、転職のプロに相談して成長が見込める企業を紹介してもらうのがオススメです。

転職エージェントでは、以下のサービスが無料で受けられます。

  • 非公開求人の紹介
  • 応募書類の添削
  • 企業リサーチ
  • 面接対策や模擬面接
  • 入社の条件交渉
  • 内定後のフォロー

30代からベンチャー企業に転職した時の平均年収

ベンチャー企業は年功序列の評価制度ではなく、成果を上げた分だけ収入がもらえる成果報酬型です。

そのため、キャリアのある30代として転職しても一般企業のように一定の収入がもらえる補償はありません。

管理職などの役職に就ければ、最低でも600万円は貰えると思っておいてよいでしょう。

ベンチャー企業の年収とは?収入アップの秘訣を徹底解説!

30代は将来を見据えた転職を!

この記事では30代のベンチャー企業転職について、照会してきました。

30代での転職は一般企業の場合ハードルが高い傾向があるものの、ベンチャー企業では30代のニーズは意外と高いです。

幅広い業務携われることや、マネジメント経験を養える機会があること、キャリアアップを目指せることなど多くのメリットがあります。

しかし、倒産するリスクやミスマッチが生じてしまうリスクがあるので、転職するのであれば慎重に進めていかなければなりません。

転職があなたにとってプラスになるよう、後悔のない転職をしましょう!

40代でベンチャー企業に転職する際の注意点!転職に成功する人の特徴とは