大学中退者に残された進路は5つ!将来を考えて進路を選択しよう!

大学中退者に残された進路は5つ!将来を考えて進路を選択しよう!

大学中退してからの進路を考えた時に、どの様な選択肢があるのか疑問を感じる人も多いのではないでしょうか?

一般的に大学中退者は就活に不利とされているため、正社員になれないのでは?と不安になりますよね。

そこでこの記事では、大学を中退した人に残されている進路と、正社員になるための秘訣を紹介していきます。

大学を中退している人、これから大学を中退しようと思っている人はぜひ参考にしてみて下さいね。

大学中退した人の就職が厳しい理由は?就活に成功する方法を解説!

ハタラクティブ
ハタラクティブ-商標
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~30代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 未経験OKの求人多数!
  • 初めて転職する人も安心の手厚いサポート!
  • 利用者の内定率80.4%の実績あり!

大学を中退した人が選べる5つの進路

大学を中退した人に残されている進路は、大きく分けて5つあります。

  • アルバイトを始めてフリーターになる
  • 就職して正社員になる
  • 別の学校を受験して進学する
  • 資格勉強を始めて資格取得する
  • 公務員試験を受ける

それぞれの進路を説明していくので、ぜひ参考にしてみて下さいね!

アルバイトを始めてフリーターになる

大学中退後に最も多いのは、アルバイトを始めてフリーターになるケースです。

就活をして正社員になるのに比べて、アルバイトでああれば手軽に始められて、自分の都合に合わせて仕事ができます。

さまざまな職種がアルバイトを募集しているので、職種や時給など幅広い選択の中から選べるのも大きな魅力。

「とりあえずアルバイトをするか…」という理由で、アルバイトを始める人が非常に多いです。

アルバイトの経験は職歴に含まれない

大学中退後、アルバイトとしての経験は職歴にカウントされない空白期間になり、履歴書の職歴の欄に記入できません。

企業から見ると、経歴に空白期間がある人は不信感を抱く対象になってしまうため、就活で不利になるケースが多いです。

また、空白期間が長くなるにつれて企業の不信感が大きくなってしまうため、アルバイトを長く続けるのはかなり危険。

しかし、一度アルバイトを始めてしまうと居心地の良さにはまってしまい、就活に踏み切れない人が多くなります。

そのため、安易な気持ちでフリーターの進路を選ばない様に注意しましょう。

大学を中退したフリーターでも就職できる?就活の準備方法や内定を貰う4つの秘訣

就職して正社員になる

大学中退した人の中には、アルバイトではなく正社員として働く人も多いです。

正社員として働けば収入面・待遇面などで安定しているため、フリーターよりも安定した生活が送れます。

しかし、大学中退者は就活の際に他の学歴に比べて不利になってしまうケースが多いです。

企業の採用担当者から見て大学中退者は「困難に負けてしまう人」「物事が最後まで続かない人」などの印象を持たれて、採用する価値がないと判断されるため。

悪い印象を払拭するためにも、履歴書や面接を通して仕事に対しての意欲をアピールするようにしましょう。

大学を中退した人はハタラクティブがおすすめ!

ハタラクティブ-商標

大学を中退した人には、20代の就職・転職に特化しているハタラクティブがおすすめです。

大学中退・ニート・フリーター・既卒など、就職に不利な経歴を持っている人でも、手厚いサポートを受けられるので安心して利用できます。

利用料・登録料は一切かからないので、大学中退してから就職する人はぜひ利用してみてくださいね。

\就職率80%超え!/
ハタラクティブに申込む

別の学校を受験して進学する

大学に入学してから学びたいことが変わったり、想像していた学校の環境ではなかったりすると、中退して別の学校に進学する人もいます。

年齢を重ねてしまうと、大学に通うことができなくなるため、若い時だけの特権と言えます。

しかし、大学を中退して別の学校に進学すると、そのぶん社会人スタートが遅れてしまいます。

取り返しのつかない公開に繋がるケースもあるため、別の学校に進学する場合は、目標を明確にしてから選択するようにしましょう。

資格勉強を始めて資格取得する

大学を中退したと後に資格取得を目指して資格勉強を始める人もいます。

資格を種痘すれば、その資格に関するスキルや知識があるのを証明できるため、就職にかなり役立ちます。

より専門的で難易度の高い資格を取得すれば、より専門性の高い仕事に就職でき、年収もアップします。

しかし、資格によっては勉強時間が1年以上かかるものや、合格率が数%という非常に難易度が高い資格も。

そのため、資格勉強を始める前に、勉強時間や合格率がどれくらいなのか調べておきましょう。

資格勉強に時間が掛かってしまうと、就活を始めるタイミングも遅くなるので、それなりのリスクがあるというのを覚悟しておきましょう。

大学を中退したら資格を取得しよう!就活に役立つ8つの資格を紹介

公務員試験を受ける

学歴や職歴に関係なく、試験に合格すれば公務員になれるので、大学中退後に公務員を目指す人もいます。

公務員の魅力は何と言っても、収入・雇用・待遇など全てにおいて安定しているという点。

大学中退からの就職が不利になってしまうからこそ、経歴が重視されない公務員を目指すのは賢い選択です。

しかし、公務員試験は受験者数が多く、かなり倍率が高くなっているのが現実。

中途半端な気持ちで公務員試験対策に取り組んでも合格する見込みは少ないので、覚悟を持って試験勉強に取り組むようにしましょう。

大学中退から公務員を目指せる?公務員の種類や目指す際の注意点を解説!

大学を中退している人の就職は他の学歴に比べて難しいと言われている

厳しい現実を突きつけてしまうと、大学中退してからの就活は不利になってしまうケースがほとんど。

というのも、企業は大学中退者に対して、下記のような不信感を抱きます。

大学中退者に対しての不信感
  • 採用してもすぐに退職してしまうのでは?
  • 人間性に問題があるのでは?
  • 物事を最後まで続ける継続力が無いのでは?

上記のような不信感を持たれてしまうため、企業は大学中退者を積極的に採用しない傾向があります。

最終学歴が高卒になり就職先の選択肢が少なくなる

大学に進学していたとしても中退すると最終学歴は高卒なので、高卒として就活を進めていかなければなりません。

高卒として就職を進めていくと、大卒以上の求人にエントリーできなかったり、新卒求人にエントリーできなかったりと選択肢が少なくなります。

そのため、高卒向けの求人にしかエントリーできなくなり、有意義に就活を進められません。

自分の志望している企業にエントリーすらできないため、納得できる就活ができない可能性が高くなってしまいます。

ハタラクティブでは学歴に関係なく転職できる企業が多い!

ハタラクティブ-商標

高卒・フリーター・ニートなどに特化して転職サービスをおこなっているハタラクティブでは、学歴に関係なくチャンレンジできる求人が非常に多いです。

大学を中退している人でも様々な選択肢の中からチャレンジできるので、様々な可能性が広がります。

利用料は一切かからないので、気になる人は下記より申し込みをしてみてくださいね。

\就職率80%超え!/
ハタラクティブに申し込む

大学中退から正社員を目指すための秘訣

大学を中退した際の様々な進路を紹介してきましたが、将来的なことを考えると正社員を目指すのが賢明です。

しかし、先述した通り、大学中退者は就活で不利になってしまうのが現実。

そこでここからは、大学中退から正社員を目指す際の秘訣を紹介していきます。

  • 大学中退後の期間が長くならないうちに就活を始める
  • 人手不足を抱えている業界を目指す
  • 大学中退理由をポジティブに伝える
  • 仕事に役立つ資格を取得する
  • 就活エージェントを活用する

それぞれの秘訣を理解し、満足できる就活ができる様にしましょう!

大学中退後の期間が長くならないうちに就活を始める

大学中退後にフリーターをしたり、何もせずニートをしたりして過ごしてしまう期間が長くなると、空白期間が長くなるため就活が不利になります。

また、空白期間だけでなく、年齢が上がってしまうとさらに就活が困難に。

そのため、大学を中退したらいち早く就活を始めて、空白期間を長引かせない様にしましょう。

少しでも早く正社員としてのキャリアをスタートできれば、昇進や昇給も早くなり、年収アップにも繋がります。

人手不足を抱えている業界を目指す

人手不足を抱えている業界を狙って就活するのも効果的です。

スキルや経験のないフリーターでも、学歴不問の求人や人手不足の業界であれば、熱意やポテンシャルを評価されて採用される可能性が高いです。

加えて、人手不足を抱えている業界では、入社後の成果や意欲を重視する傾向が強いため働き方次第で高収入が得られることも。

他の業界に比べてかなり就職しやすい業界なので、いち早く就職したいという人にオススメです。

介護業界・建設業界・配送業界・IT業界などが人手不足を抱えている主な業界なので、就職先選びの参考にしてみて下さい。

大学中退理由をポジティブに伝える

企業は大学中退した経歴を持っている人に対して、必ず中退した理由を問います。

大学中退者に対して一番気になるポイントなので、しっかりと説明できるようにあらかじめ回答を用意しておきましょう。

中退理由をポジティブに伝えることで、企業からのマイナスのイメージを払拭できます。

また、中退理由と合わせてその経験をどのように活かしたいのか伝えられれば、採用にぐっと近づくでしょう。

ポイントは、中退理由にプラスして将来的な目標を伝えること。

「大学を中退した理由は○○で、大きな挫折を経験しました。しかし、大学中退の経験を活かし将来的には~~」と伝えれば、前向きな姿勢をアピールできます。

仕事に役立つ資格を取得する

大学中退してから社会人経験が無い場合、企業にアピールできるポイントが少なくて困っている人も多いでしょう。

そのような悩みを感じている人は、仕事に役立つ資格の取得をおすすめします。

仕事に役立つ資格を取得すれば、その資格に関する知識やスキルを証明できるため、就活の際に大きな武器になります。

そのため、志望している企業の業務にどのような資格が役立つのか、あらかじめ調べておきましょう。

しかし、資格によっては取得できるまでに時間が掛かってしまう場合があるため、取得までにどのくらいの期間かかるのかも合わせて調べておきましょう。

就活エージェントを活用する

大学を中退してから就活を進めていくと、就活経験が無い人からすれば何をすればいいのか分からない人も多いと思います。

「一人で就活を進めるのが不安」「アドバイスを受けつつ就活を進めていきたい」という人は、就活エージェントを活用しましょう。

就活エージェントでは求人紹介や履歴書作成、面接対策など、就活に関するあらゆるサポートが受けられます。

就活エージェントを活用している人と、活用していない人とでは採用率が大きく異なります。

就活エージェントはハタラクティブがおすすめ!

ハタラクティブ-商標

大学を中退した人には、20代の就職に特化したサービスであるハタラクティブがおすすめです。

大学中退・ニート・フリーター・既卒など、就職に不利な経歴を持っている人でも、手厚いサポートを受けられるので安心して利用できます。

利用料・登録料は一切かからないので、大学中退してから就職する人はぜひ利用してみてください。

\就職率80%超え!/
ハタラクティブに申込む

大学中退後に就職しないと悲しい末路が待ち構えている!

大学を中退した後に就職せずにだらだら過ごしていると悲しい末路が待ち構えています。

どの様な末路があるのかあらかじめ理解しておいて、あなたがその末路に追い込まれないようにしっかりと気持ちを切り替えて就活に専念しましょう。

  • 就職したくても採用されなくなる
  • 生涯年収が低くなる
  • 結婚できない

就職したくても採用されなくなる

大学を中退してからの期間は、履歴書などに書くことができない空白期間となり、空白期間が長ければ長いほど就職に不利になります。

年齢も比例して上がっていくので、就職したくても就職先が見つからない状況に陥ります。

将来的に派遣・契約社員などの非正規雇用としてしか採用してもらえない可能性も十分にあるので、できるだけ早く就職先を見つけるようにしましょう。

生涯年収が低くなる

大学を卒業して正社員として働いている人・大学を中退した人とでは、社会人のスタートに差が生れます。

正社員の場合、ボーナス・昇給など年数を重ねていく毎に着実に年収がアップするので大学中退者と比べて収入が高いです。

この差は広がる一方であり、生涯年収に大きな差が生れてしまうので、差が広がらないうちに正社員へと就職するようにしましょう。

結婚できない

大学を中退してふらふらしている人に対して、惹かれる異性はほとんどおらず見向きもされません。

年齢を重ねるごとに経済的な側面が結婚相手の条件として重要になるので、生涯結婚ができなくなってしまうことも。

そんな状態にならないためにも一早く正社員へと就職して、安定を手に入れましょう。

大学中退後の進路は様々!将来的なことを考えて正社員の進路を選ぼう

この記事では大学中退者の進路について解説してきました。

大学中退しても進路は様々あるため、希望を失う必要はありません!

しかし、大学中退後に長期間フリーターとして生活したり、ニートになったりすると正社員就職困難になってしまいます。

そのため、いち早く就活を始めて正社員に就職するように心掛けましょう!

ハタラクティブ
ハタラクティブ-商標
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~30代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 未経験OKの求人多数!
  • 初めて転職する人も安心の手厚いサポート!
  • 利用者の内定率80.4%の実績あり!