大学中退後に専門学校に進学するのはあり?進学した方が良い人・悪い人の特徴を紹介!

大学中退後に専門学校に進学するのはあり?進学した方が良い人・悪い人の特徴を紹介!

「大学を中退した後に、専門学校に進学しようかな…」「専門学校に進学しても就職できるのか?」などと考えている人もいるでしょう。

大学を中退すると最終学歴が高卒になってしまい、就活をしていく中で不利になってしまうケースが多いです。

そのため、大学中退後に専門学校に進学すれば、最終学歴が専門卒になるため就活が有利になることも。

ただ、専門学校に通うと就職をスタートさせるのが遅くなってしまうため、実際のところ進学が有効になるのか分かりませんよね。

そこでこの記事では、大学中退後に専門学校に通った方が良い人・悪い人の特徴、進学する前にチェックしておくポイントを紹介していきます。

大学中退後に専門学校に入りなおしても就職できる

大学を中退してから専門学校に進学すると、就活が不利になるのでは?と思っている人も多いでしょう。

しかし、安心してください。

専門学校では特定の仕事に関しての知識やスキルを身に付けられるため、大学中退者として就活するよりも有利に。

また、企業は即戦力人材を求めて専門学校の学生を採用する傾向が強いため、専門学校を卒業した9割以上の学生が専門学校で学んだ分野に関連する企業に就職しています。

専門学校は「特定の業界・職種に必要な職務スキルを勉強する学校」なので、専門学校を卒業して、特定の業界・職種へ就職する場合は就職がむしろ有利になります。

専門的な知識やスキルを身に付ければ大きなアピールになる

専門学校は大学に比べて実践的で、より狭い分野について様々なことを学ぶことができます。

企業からすれば、全くの未経験者よりもある程度知識を持った人を採用したがっているため、就活がかなり有利に。

専門学校で学びたいことがある人は、ぜひ進学するのをおすすめします。

大学中退という経歴が就活で不利にならない

企業は大学中退者に対して、「嫌なことがあると逃げ出してしまう人」「意志が弱く仕事の効率が悪い人」などの悪い印象を持っていることが非常に多いです。

そのため、大学中退という経歴を持った人は、就活が不利になってしまう場合がほとんど。

しかし、中退後に専門学校に進学すれば最終学歴が「専門学校卒」になり、企業から不信感を持たれなくなります。

大学を中退した人の最終学歴とは?就活に成功する方法を合わせて紹介!

大学中退後に専門学校に進学している人は割と多い

大学を中退した後に専門学校に進学している人の割合はかなり多いのが現状です

ある専門学校では、全体の約3~5%が大学中退者という学校もあるほど。

そのため、大学を中退した後に専門学校へと進学するのは、決して珍しいことではありません。

また、専門学校に進学した人の多くが、企業から内定を貰っている実績があるのも専門学校に進学するメリットと言えます。

大学中退後に専門学校に進学するデメリット

ここからは、大学中退後に専門学校へと進学するデメリットを紹介していきます。

  • 高額な学費がかかってしまう
  • 専門学校に進学した経歴を面接で問われる
  • 専門学校で学んだことに関連した仕事にしか就職できなくなる
  • 専門学校によっては就職が不利になってしまうことも

メリットがあれば必ずデメリットがあるので、デメリットにもしっかりと目を向けていきましょう。

メリットばかりに目が行ってしまうと、後々になって必ず後悔することになります。

高額な学費がかかってしまう

大学と同じ様に専門学校に通うための学費がかかります。

学ぶ内容や学校によって学費などは異なるものの、1年間でおおよそ100万~200万。

簡単に用意できるような額ではないため、何も考えずに線も学校に進学してしまうと、学費が支払えないということも。

大学を中退したばかりの若い人が簡単に用意できる額では決してないので、学費面について入念に考えておきましょう。

専門学校に進学した経歴を面接で問われる

大学中退後に専門学校に進学したとしても、就活時の面接で大学を中退した理由を高い確率で問われます。

そのため、「大学中退者として就活したくないから専門学校に進学する」という安易な気持ちで進学するのはおすすめできません。

専門学校に進学したとしても、大学を中退した自分なりの明確な理由を作っておきましょう。

いくら質問の受け答えがばっちりできても、大学の中退理由が不明瞭だと採用担当者に不信感を与えてしまい、採用が遠のいてしまいます。

専門学校で学んだことに関連した仕事にしか就職できなくなる

専門学校で学べる内容は、大学と違ってかなり限られた分野の仕事にすぐ活かせる実践的なものばかり。

そのため、専門学校に進学してしまうと、特定の業界や職種にしか就職ができなくなってしまいます。

他の職種などに興味を持っても就職が有利になることは無く、就職先の幅が狭くなってしまうのは、専門学校ならではの特徴

ただ、それだけ限られた分野の知識・技能を身に付けられるとも言えるので、学びたいことが明確に定まっている人にはとてもおすすめです。

専門学校によっては就職が不利になってしまうことも

専門学校は全国におおよそ3.000校くらいあるため、中には評判が悪く進学してもあまり意味がない学校もあります。

評判が悪い高校に進学してしまうと、企業から見て魅力的な人材に見られなくなってしまうので、十分に気をつけておきましょう。

専門学校の評判を調べる効果的な方法は、専門学校の就職先やネット上のレビューをみれば一発で分かります。

卒業生の就職先があまり有名では無かったり、ネット上の口コミが悪かったりする場合は要注意。

評判の悪い専門学校に進学するリスクを防ぐためにも、あらかじめしっかりと下調べしておきましょう。

大学中退後に専門学校に進学しても方が良い人・悪い人の特徴

大学中退後、専門学校進学してもいい人・悪い人の特徴があります。

それぞれの特徴を理解しておかないと、進学してから後悔してしまうことに。

そうならないためにも、それぞれの特徴をしっかりと理解し、自分がどちらの特徴に当てはまっているか調べておきましょう。

専門学校に進学した方が良い人の特徴

まずは専門学校に進学してもいい人の特徴から紹介していきます。

専門学校で学びたい内容が明確な人

「専門学校で○○を学びたい」

「専門学校で学んだことを活かして○○の職種に就職したい」など、専門学校で学びたい内容が明確に決まっていれば進学した方が良いでしょう。

目標があればそれに向かって大きな熱意を持って臨めるので、効果的な学びを得られます。

最終的な目標が明確に決まっている人

大学を中退したものの、将来への明確な目標持っている人も、専門学校に進学した方が良い人の特徴です。

将来の目標を叶えるための手段として専門学校に進学する訳なので、その目標に向かって突き進める意欲が備わっています。

また、大学と違い専門学校では2年間で単位を修得しなければならないため、大学生活よりも確実に忙しい生活に。

ぶれない目標が無いと専門学校の生活をこなすのは難しいので、おおきな目標を持っている人のみ進学するようにしましょう。

専門学校に進学しない方が良い人の特徴

専門学校に進学した方が良い人の特徴が理解できたところで、ここからは進学しない方が良い人の特徴を紹介していきます。

今から紹介する特徴に当てはまっている人は、本当に専門学校に通う必要があるのか調べてみましょう。

明確な目標を持たずに専門学校に進学する人

「何のために専門学校に進学するのか」「専門学校に進学して何をしたいのか」が明確に決まっていない人は、専門学校に進学ない方が賢明です。

明確な目標が定まっていないと、意欲や目的を見失ってしまい、無意味な月日を過ごしてしまうことになります。

特に多いのが、「大学を中退すると就活が不利になるからとりあえず進学しよう」というケース。

学校に通うのが途中で面倒くさくなってしまい、再び中退してしまう場合も考えられます。

2回も中退してしまうと、経歴に大きすぎる傷がついてしまい、この先就職したくてもできない状況に陥ることも。

そのような状況に陥らないためにも、しっかりとした目標を持ってから進学するようにしましょう。

専門学校に通うための学費がない人

大前提として話ですが専門学校に通うため学費がない人は、専門学校に進学できません。

無理やりお金を作って進学すると、借金を抱えてしまい将来、危機的な状況になってしまうことが考えられます。

アルバイトをしながら学校に通うこともできるものの、勉強に付いていけなくなってしまう場合があるので、過度にアルバイトをするのは危険。

そのため、学費が払える状況ではない場合は、大学中退者として進学するのをおすすめします。

専門学校に進学する前にチェックしておくべき3つのポイント

それではここから、専門学校に進学する前にチェックしておくべき3つのポイントを紹介していきます。

  • 自分の学びたいジャンルが学べるか
  • オープンキャンパスに行って学校の雰囲気なのか
  • 進学する専門学校からどのような職種の企業に就職しているか

それぞれ見ていきましょう。

自分の学びたいジャンルが学べるか

まず初めに、進学先の専門学校で自分の学びたい分野の勉強ができるのかを調べておきましょう。

いくら明確で強い目標があっても、学びたいことが学べない環境では、能動的に勉強をしていくことができません。

進学した後に別の学校にすれば良かったと後悔する人は意外にも多くなっているので、学校のホームページやパンフレットなどでしっかりと確認しておきましょう。

オープンキャンパスに行って学校の雰囲気なのか確かめる

ほぼすべての専門学校で、年に数回オープンキャンパスを行っています。

オープンキャンパスに行けば、学校の雰囲気や授業内容、卒業生たちがどのような企業に就職しているかなどを知れます。

パンフレットやホームページだけでは分からないところまで理解できるので、進学する前に必ずオープンキャンパスに言っておきましょう。

進学する専門学校からどのような職種の企業に就職しているか

進学を希望している専門学校の卒業生達がどのような企業に進学しているかも、あらかじめ調べておきましょう。

同じような分野の勉強ができる学校でも、専門学校によって就職先の系統などが異なります。

専門学校のホームページやパンフレットを見れば、どの様な企業に就職しているのか掲載されていることがほとんど。

そのため、卒業生の就職先を掲載していない場合は、評判が悪い専門学校の可能性が高いので注意しましょう。

将来をしっかりと見据えて専門学校に進学しよう

この記事では大学中退後に専門学校に進学することについて紹介してきました。

大学を中退してから専門学校に通っても、就職ができなくなることは一切ありません。

むしろ、最終学歴が専門卒になり、特定の分野についての知識や理解を深められるので大学中退者として就職するよりも有利です。

ただ、明確な目標を持っていない状態で進学してしまうと、勉強に付いていけなくなり専門学校に通う意味が無くなります。

そのような状況に陥らないためにも、明確な目標を立ててから専門学校に進学するようにしましょう。

もし大学中退の進路に悩みや不安を抱えたら当サイトのリクらくに相談してみて下さい!

大学中退からの就活には当サイトのリクらくを活用!

大学を中退してから就職すると、分からないことや不安なことがたくさんありますよね。

しかし、安心してください!

当サイトのリクらくでは、20代前半の就活・転職をメインにサポートを行っており、活用した人の内定率は90%を超えて安定した実績を誇っています。

些細な悩みや就活に関しての様々悩みなど、気軽に電話で相談してきてください。

また、リクらくで受けられるサポートは全て無料です!

リクらくを活用して、大学中退からの就職を成功させましょう!

大学中退者に残された進路は5つ!将来を考えて進路を選択しよう!