コミュ障女性におすすめの仕事5選|コミュ障でも活躍できる職場に転職する秘訣

コミュ障女性におすすめの仕事5選|コミュ障でも活躍できる職場に転職する秘訣

「コミュ障で仕事が長続きしない・・・」
「職場の女性グループの輪に入れない・・・」

このような悩みを抱え、仕事を辞めてしまいたいと考えていませんか?

コミュ障の方は他人とうまくコミュニケーションが取れないため、職場で孤立してしまい、働きづらさを感じてしまいがちです。

そこで今回は、「コミュ障の女性が抱えている苦悩」や、「コミュ障の女性でも長く働ける仕事」をご紹介していきたいと思います。

さらに、「コミュ障の女性が働きやすい企業の特徴」についても解説していますので、ぜひ職場選びの参考にしてみてください。

なお、業界トップクラスの求人数を誇るマイナビエージェントには他社には掲載されていない様々な求人が取り扱われています。

実績のある担当者から手厚いサポートを受けられるので、コミュニケーションに自信がない女性でもスムーズな転職が実現するはずです。

サービスへの登録はすぐに終わるのでぜひ登録~相談だけでもしてみてくださいね。

マイナビエージェント
マイナビエージェント
公開求人数 記載なし
非公開求人数 記載なし
対応地域 全国
対応年代 10代~40代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 適正に応じて最適な求人を紹介してくれる
  • 手厚いサポートではじめての転職でも安心!
  • 登録料・利用料は完全無料!

コミュ障の女性の苦悩とは?

コミュ障の女性の苦悩とは?

コミュ障の女性が抱えてしまう、一般的な悩みを紹介します。

他の人の悩みを知ることで、「自分だけじゃないんだ」と安心できるかもしれません。

  • 質問や相談を気軽にできない
  • お昼時間やふとした時に孤独を感じる
  • 仕事を自分一人で抱え込んでしまう

質問や相談を気軽にできない

仕事をしていると、分からないことや1人で解決できない問題にぶつかります。

そんなとき、コミュ障じゃない人は周囲に気軽に質問できたり、悩みを相談できたりするでしょう。

しかしコミュニケーションが苦手な女性は、「今質問したら仕事の邪魔になるかも」「ウザがられたらどうしよう」と、周囲に話しかけられません。

そこで自分でなんとか解決しようと努力しますが、作業に時間がかかったりミスを起こしたりして、周囲からの評価が下がってしまうことが多々あります。

お昼時間やふとした時に孤独を感じる

目の前にやるべき仕事があるときはいいのですが、休み時間やトイレ休憩の際、ふと孤独を感じることがあります。

「今の会社に何年もいるのに、気軽に話せる同僚がいない」
「女性グループでランチに行っているのがうらやましい」

コミュ障の女性は基本的に1人で行動するため、ランチも1人、仕事が終わったあとも自宅へ帰るだけ、という毎日を過ごします。

そうすると、「私はこのままずっと1人で生きていくのだろうか・・・」と暗い気持ちになるわけです。

仕事を自分一人で抱え込んでしまう

コミュ障の女性の特徴は、ネガティブで傷つきやすかったり、完璧主義でプライドが高かったり、他人の目を気にしすぎて引っ込み思案だったりとさまざまです。

さらに、「私は嫌われている」「周りに避けられている」と思い込んでいるケースもあります。

コミュ障の女性に共通するのは、非常に用心深く、簡単に人を信用しないという点です。

仲のいい友人には甘えられますが、職場では本当の自分を隠していることが多く、人との関わりを避けようとして1人で働くことが多くなります。

常に周囲を警戒しているので、人を頼ったりお願いしたりというような行動ができません。

1人でこなせるような仕事量ではなくても、手伝ってほしいと言えないことで、余計に仕事がつらくなってしまうのです。

コミュ障女性の苦悩を解決する方法

コミュ障女性の苦悩を解決する方法

コミュ障の女性が抱えている苦悩が分かったところで、次はその問題を解決する方法をご紹介したいと思います。

しかしコミュ障のレベルは人によって異なるため、向いていない方法もあるかもしれません。

無理をするとコミュ障が悪化することもあるので、自分に合った方法を選んで試してみてくださいね。

  • 無理やりコミュニケーションを取る
  • 仕事と割り切る
  • 転職をして新しい職場で働く

無理やりコミュニケーションを取る

周りから気づかれないレベルのコミュ障の方は、表面的には普通に人と接することができているはずです。

仕事上でのやり取りや日常会話などは差し支えないが、プライベートな話や自分の感情を表現するのが苦手なタイプって、わりと多いですよね。

これは軽度のコミュ障と判断できるため、できるだけ周りと深く関わる努力をしてみましょう。

周囲と距離を置いてしまうと、コミュ障の克服は望めません。

あえてコミュニケーションが多い部署へ異動したり、メールで済むことを直接話に行ったりして、仲良くない人とも接する環境を強引につくるのがおすすめです。

仕事と割り切る

あがり症や人見知りをしてしまう人は、人と接することがむずかしい中度のコミュ障です。

人前で緊張して声が震えたり、頭が混乱してしまったりするため、人と仲良くなるのにかなりの時間がかかってしまいます。

その場合は、仕事だからと割り切って、必要最低限の会話だけをするようにしましょう。

「仕事だから」「これが私の性格だから」と割り切れば、周囲にどう思われても気にする必要はありません。

仕事さえきちんとこなしていれば、コミュ障であることが支障を与えないからです。

「相手を笑顔にさせよう」とか「自分をよく思われたい」など考えず、コミュ障の自分を受け入れることも、快適に働くのに必要なことかもしれませんよ。

転職をして新しい職場で働く

今の職場が自分の性格に合わない、働きづらいと感じたら、転職をして心機一転するのもいい方法です。

無理して周囲と合わせ、コミュ障を何とかしようとするよりも、自分が快適に働けることを優先しましょう。

しかし転職先選びは、自分の適性やコミュ障のレベルを踏まえた上で、慎重に行うべきです。

次の章では、コミュ障の女性が転職先を探す際に役立つ情報を紹介しています。

コミュ障女性におすすめの仕事5選

コミュ障女性におすすめの仕事5選

コミュ障であっても快適に働ける、おすすめの仕事5選を紹介したいと思います。

転職を成功させるには、自分に合った職業を見つけて、働きやすい環境を選ぶことが大切です。

  • 事務職
  • システムエンジニア
  • Webライター
  • WEBデザイナー
  • データ入力

事務職

事務職は机に向かってコツコツ取り組む業務が多いため、コミュ障の方に向いている職業です。

細かい作業や雑務が得意という女性は、オフィスワークや事務職で求人を探してみましょう。

しかし一口に事務といっても、「一般事務」「営業事務」「経理」「総務」「貿易事務」など、さまざまな職業があるので注意が必要です。

営業事務や貿易事務などは、取引先や社内のやり取りが多く、さまざまな人との関わりが避けられません。

コミュ障の方に向いているのは、社外との関わりが少ない「一般事務」や「庶務」で、データ入力やファイリングが中心の職場を選びましょう。

ただし一般事務の場合、会社や部署によって業務内容が大きく変わるため、すべての仕事内容をしっかりと把握しておくことが重要です。

事務職への転職にはマイナビエージェントがおすすめ!

マイナビエージェント

大手人材会社のマイナビが運営しているマイナビエージェントには事務の求人も多数取り扱われています。

経験者向けから未経験者向けまで幅広く、利用者の適正や希望条件をヒアリングして最適な求人を紹介してくれます。

応募書類の添削・面接対策など万全なサポートを受けられるので、ぜひ利用してみてくださいね。

\全てのサポートは完全無料!!/
マイナビエージェントに申込む!

システムエンジニア

コミュ障に向いていると言われている職業が、IT系のシステムエンジニアです。

システムエンジニアは、クライアントの要件をヒアリングし、プロジェクトメンバーと打ち合わせをするなど、コミュニケーションが多い仕事です。

コミュ障の女性には荷が重いと感じるかもしれませんが、システムエンジニアとして働いている人の4割近くが、「コミュニケーションが苦手」と感じながら働いています。

「苦手なのにどうして働けるの?」と不思議ですよね。

その理由は、エンジニアに求められるスキルが「主張」ではなく「傾聴」だからです。

クライアントの悩みを丁寧にヒアリングできるかが重要なので、話が得意じゃない人でも十分に活躍することができるでしょう。

エンジニア転職にはレバテックキャリアがおすすめ!

レバテックキャリア

エンジニアに興味を抱えている女性はレバテックキャリアを活用してみましょう。

レバテックキャリアはエンジニアやデザイナーなどのIT色が強い職種に特化しており、エンジニア特化で転職サービス実績15年になります。

エンジニア転職を知り尽くした担当者からの手厚いサポートを受けられるので、最短1週間での内定が実現します。

未経験者を対象とした求人も掲載されているので、エンジニアに興味のある女性は登録してみてくださいね。

\最短1週間で内定獲得!/
レバテックキャリアに申込む

Webライター

Webライターの仕事は在宅が可能なことが多く、「人と関わりたくない」「会社に行きたくない」というコミュ障の方に向いています。

また通勤が必要な会社であっても、日中はパソコンに向かって文章を書き続けるので、人とのやり取りを最小限に抑えることが可能です。

Webライターは資格が不要な職業ですが、これまでの執筆記事をクライアントに見せ、ライティングテストに合格しなければ採用されません。

「文章を書くのが好き」というコミュ障の方でも、文法がめちゃめちゃだったり、誤字脱字が多かったりするとWebライターとして活躍することはむずかしいでしょう。

WEBデザイナー

WEBデザイナーは、クライアントの指示やイメージをもとに、Webサイトのデザインに携わるのが仕事です。

編集者やクライアントとのやりとりは生じますが、打ち合わせや会議はほとんどなく、基本的にチャットやメールでコミュニケーションを取ります。

WEBデザイナーもパソコンに向かってコツコツと作業することが多いため、コミュ障の方でも快適に働くことが可能です。

ただし専門性の高い職業のため、働いた実績や知識、スキルが求められます。

WEBデザイナーの求人に応募する際には、これまで手掛けてきた「ポートフォリオ」の提出が求められることが多いので、未経験からチャレンジしたい方は準備が必要です。

データ入力

未経験からチャレンジしやすく、コミュ障の女性でも快適に働ける仕事が「データ入力」です。

企業に属して「正社員」や「派遣社員」として働くこともできますが、近年は完全在宅でできるデータ入力の仕事も増えつつあります。

パソコンやスマホがあれば手軽に取り組めるので、学生や主婦、副業として収入を得たい方に人気の職業です。

仕事を覚えるまでは周囲との関わりもありますが、一旦覚えてしまえばコミュニケーションをとる機会はほとんどありません。

データ入力の仕事は「学歴」や「年齢」を問わないことが多く、コミュ障でもチャレンジしやすいのが魅力です。

コミュ障女性が働きやすい企業の特徴

コミュ障の女性は、どんな企業を選べば気楽に働くことができるのでしょうか?

コミュ障の方におすすめしたい企業の特徴は、以下の3つです。

  • 社員数が少ない企業
  • 社歴が長い企業
  • 在籍社員の年代が自分と近い企業

社員数が少ない企業

社員が少ない企業は、社員一人ひとりを大切にするため、コミュ障であることを受け入れてくれる可能性が高いです。

一方で社員が500名を超える大企業になると、コミュ障と分かった時点でミスが起こらないような部署に異動させられたり、仕事を回してもらえなかったりするケースがあります。

「あなたの代わりはいくらでもいる」と考える役員や上司も、実際にいるかもしれませんね。

「社員が少ない=中小企業or零細企業」ということですが、コミュ障を抱えて働く上では、大企業よりも働きやすい職場が多いでしょう。

社歴が長い企業

社歴が長い企業は安定性があり、独自の技術やサービスで顧客と強いつながりを持っていることが多いです。

他社が参入するリスクも少なく、会社の将来性にも期待ができることから、ピリピリした空気の中で働くこともありません。

業績が安定している会社は社員にも優しく、コミュ障でも長く働けるような会社独自のルールがあったりします。

このような老舗企業は転職率も低く、勤続年数が長い社員が多く在籍しているのが特徴です。

在籍社員の年代が自分と近い企業

転職先を選ぶ際には、社員の平均年齢を調べ、自分の年代が多い企業を選ぶようにしましょう。

なぜなら、年代や男女比によって、コミュ障に対する考え方や対応が大きく異なってしまうからです。

年配の男性が多い企業に20代のコミュ障女性が転職してしまうと、「今どきの若い子は気が弱い」「コミュ障なんて気合いでなんとかできる」と思われてしまう傾向があります。

また20代や30代が活躍するベンチャー企業に40代のコミュ障女性が転職すると、年は下でも上から目線で指示をしてきたり、存在を無視されたりすることもあるでしょう。

自分の年代が多い企業を選べば、コミュ障を理解してくれる人も増え、無理をしてコミュニケーションをとる必要がなくなり働きやすくなります。

マイナビエージェントに相談してあなたに適した求人を見つけよう!

マイナビエージェント

「どの企業にエントリーすべきか分からない!!」と悩んでいる女性はマイナビエージェントへ登録してみましょう。

マイナビエージェントではサービスに登録した後、担当者との面談を経て、転職者の希望条件や適正に応じて求人を紹介してくれます。

自分で闇雲に求人を探す必要がなくなり、ミスマッチが起こるリスクも軽減されるのでスムーズかつ後悔の無い転職が実現します。

サービスへの登録料・利用料は一切かからないので、ぜひ利用してみてくださいね。

\全てのサポートは完全無料!!/
マイナビエージェントに申込む!

自分の適正・正確に合った企業に転職しよう!

コミュ障の女性に向いているお仕事や企業について解説しました。

本章でご紹介した仕事は、正社員や派遣社員、フリーランスなど、さまざまな働き方が選択できるものばかりです。

コミュ障の女性は「給与」や「待遇」よりも、「会社の雰囲気」や「人間関係」がいい職場を選ぶようにしましょう。

転職しても長く続けられなければ意味がありませんし、転職活動を何回も繰り返したい方は少ないはずです。

しかし人として成長するためには、人を避けてばかりではなく、コミュ障の克服に向けて取り組むことも大切です。

まずは挨拶から始め、少しづつ周囲とコミュニケーションができるよう努力してみましょう。