市場価値が高い人材とは?市場価値を高めて転職市場でニーズのある人材になる方法を紹介!

市場価値が高い人材とは?市場価値を高めて転職市場でニーズのある人材になる方法を紹介!

「終身雇用制度」の崩壊や、「新型コロナウイルス」による経済的な危機。

私たちは今、時代の局面を迎えています。

先行きが不透明な現代に転職市場で求められるものは、「市場価値の高い人材」であることに間違いありません。

どんな場所でもどんな人とでも、高い能力を発揮しながら働ける人材を企業は求めています。

  1. 私たちが目指すべき市場価値の高い人とはどんな人材か?
  2. 市場価値を高めるために必要なものとは何か?

本記事では、この2点を追求しながら、市場価値について詳しく解説していきたいと思います。

転職したいと思ったら何をすべき?悔いのない転職をするための極意

市場価値とは企業が求めている能力・スキルのこと

市場価値とは、「企業が求めている能力・スキル」のことを指します。

企業の求めている能力・スキルを持ち合わせている人は市場価値の高い人・持ち合わせていない人は市場価値の低い人と分類できます。

また、市場価値は現在勤務している会社内での価値で決まるのではなく、別の会社から見て採用する価値があるかどうかで決まります。

現在の会社内では支持を得ていたとしても、他社にから見て全く採用価値がないとその人の市場価値は低いです。

市場価値は需要と供給のバランスが大切

市場価値を決めるのは需要と供給で決まります。

需要とは「企業が求めているスキル・経歴」のことで、供給は「企業が求めるスキル・経歴を備えている求職者の数」を指します。

このバランスは企業が取り組んでいる事業や業績、景気や雇用情勢などで大きく変化する傾向があります。

そのため、市場価値は一定に固定されているものではなく、常に変化していくのです。

変化を見極めて柔軟に対応できる人が、市場価値の高い人と判断され、転職活動を有意義に進めることができます。

市場価値が高い人材になるために求められる4つのスキル

市場価値が高い人材になるために求められる4つのスキル

市場価値を高めるには、若いうちからスキルを磨き経験を積んでいくことが大切です。

ここでは、「時代を問わずどの業界でも求められる4つのスキル」について解説します。

  1. コミュニケーション能力
  2. 理解力
  3. コンセプチュアルスキル
  4. プランニング力

コミュニケーション能力

まず始めに、ビジネスにおいて重要とされているのが「コミュニケーション能力」です。

コミュニケーション能力は「他者との意思疎通を上手に図るための手段」であり、良好な人間関係を築くために必要不可欠です。

あらゆるシーンで能力を発揮できる人は、仕事を円滑に進められるだけじゃなく、目標達成や生産性の向上などの場面でも高く評価されます。

また「伝える力」と「聞く力」のスキルが高ければ、同じ職場、取引先、お客さまなど関わるすべての人に対して高い信頼関係を築いていけるでしょう。

コンセプチュアルスキル

コンセプチュアルスキルとは直訳すると「概念化能力」で、物事の本質を見極める能力を指します。

仕事をする上で、ものごとを平面的に捉えることしかできない人と本質を見極めて仕事をできる人とでは、生産性に大きく差ができます。

より高い視点から物事を俯瞰できると、「この作業は何に役立つのか」「優先で進めるべき業務は何か?」など、効率的に仕事ができる様になるのです。

自発的な発信力

発信力とは、自分が持つ情報や意見を外部に向けて「発信」する力のことです。

これだけを聞くと、自分の考えを多くの人に広める力をイメージしがちですが、発信する上でもっとも大切なことは「周囲にわかりやすく伝えること」です。

それに加えて、周囲の意見を聞きながら自分の意見を伝え、相手に理解してもらえることまでが発信力に含まれます。

発信力は「チームで働く力」の重要な要素のひとつで、経済産業省によって「人生100年時代の社会人基礎力」のひとつに位置づけられています。

プランニング力

プランニング力とは、設定した目標を達成するために「全体の方針」を定める能力を指します。

プランニング力がないままに仕事を進めると、目の前にあるタスクをとりあえずこなしていくような、無計画な進め方になってしまうのです。

グロービス経営大学院経営研究科研究科長の田久保善彦氏によると、プランニング力は「目標を俯瞰し、物事を円滑に運ぶための『全体の地図』を作成できる能力」だそう。

計画を進める上では、当初の計画を変更せざるを得ない場面に出くわすこともありますが、全体の地図を常に手元に置いておけば目標を見失うことはありません。

多少面倒な作業でも、入念な計画を立てたり準備をしたりしながら、周囲と目標のすり合わせをすることが重要です。

自分の市場価値を高める4つの方法

自分の市場価値を高める4つの方法

自分の市場価値を高めるには大きく4つの方法があります。

  • 経験とスキルを積む
  • 具体的な数字で示せる実績を作る
  • これまでのキャリアを根拠立てて説明できるようにする
  • 市場価値の高い企業・職種で働く

社会人として求められる経験とスキルを積む

市場価値を高めるにあたり、武器となる経験やスキルの積み上げ必須と言えます。

様々な職種で活かせる経験や他の誰にも劣らないスキルなどを身につけておくと、転職する際に大きなアドバンテージとなります。

実際に転職市場で価値のある人材は誰にも劣らないオンリーワンのスキルを身につけているケースが多いです。

中途採用では入社後即戦力となる人材が求められているため、誰にも負けないスキルを身につけておきましょう。

汎用性の高いポータプルスキルが大切

誰にも負けない唯一のスキルが求められている一方で、特定の業種や職種に捉われない汎用性の高いスキルも重要です。

このようなスキルをポータプル(持ち運びできる)スキルと言います。

社会人として基本となるスキルや基本的な実務経験などを身につけておくと、どんな業界でも求められる市場価値の高い人材になります。

<身につけておきたいポータプルスキルの一例>

  • 論理的思考
  • テクニカルスキル
  • ヒューマンスキル
  • 問題解決能力
  • 提案ベースでヒアリングする能力
  • ホウレンソウ

具体的な数字で示せる実績を作る

履歴書や面接の際に具体的にアピールできる実績を積んでおくのも効果的です。

何もアピールできるような実績がないと、採用担当者から見ても価値のある人材には見えにくいです。

実績は具体敵であればあるほど伝わりやすいため、○○万円の売り上げを達成・事業部の歴を○○万円増加など数字があるとなお良いです。

これまでのキャリアを根拠立てて説明できるようにする

これまでの人生でどのようなキャリアを歩んできたのか、根拠立てて伝えられるスキルも重要です。

ものごとは伝え方次第で受け取り方が変わるため、些細なことでも根拠立てて伝えれば大きなアピールにつながります。

市場価値の高い企業・職種で働く

市場価値が決まるのは人材のスキルや実績以外に、どの様な企業・職種で働いていたかも重要です。

市場価値の高い企業・職種で働くことにより、あらゆる経験とスキルを積めるので、結果的に価値のある人材になりやすいため。

市場価値が高い職種=需要のある職種なので、成長している職種や企業で働くことをおすすめします。

市場価値の高い企業・職種とは?

専門的なスキルや知識を要する職種は、希少価値が高く変わりがきかないため、転職市場での市場価値が高い職種と言えます。

また、どの様な職種でも通用する汎用性の高い職種も市場が高いです。

営業職・事務・医療関係・介護関係が汎用性のある職種の代表格。

IT関連のエンジニア・デザイナー・ディレクターなどは専門性の高い職種に当てはまります。

未経験でもweb業界への転職可能?ポイントと注意点を徹底解説!

未経験からプログラマーへ転職するには?求められるスキルと注意点

市場価値に関して理解しておきたい2つのこと

市場価値に関して理解しておきたい2つのこと

ご自身の市場価値を知る上で大切なのが以下の2点です。

  1. 市場価値は相対評価
  2. 時代背景によって市場価値は変化していく

どのような意味なのかを詳しく解説します。

市場価値は相対評価

市場価値を図るには、あなたの能力を社外の人たちと相対比較する必要があります。

相対評価においては、仮に自分の目標を達成できなかった場合でも、周りがあなた以上に未達であれば評価が上がります。

一方で、目標を達成できた場合でも、周囲が同じように達成できれば相対的に評価が下がってしまうのです。

頑張っても評価されなかったり、力を尽くさなくても評価されたりするので、モチベーションの維持が難しい点を理解しておかなくてはいけません。

時代背景によって市場価値は変化していく

市場価値を考える上で念頭に置くべきことは、「市場価値は変化する」ということです。

現時点で市場価値が高い人材で合っても、3年後5年後にはどうなっているか分かりません。

しかし時代の変化を読み解き、いち早くキャッチできる人であれば、自分が目指すべき方向を素早く判断し行動できます。

また常に自分の市場価値を意識している人なら、転職市場で需要が増えるであろうスキルを周りよりも早く習得できる可能性が高いです。

転職で市場価値の高い人材が求められている理由

市場価値の高い人材がなぜ転職市場で求められているのか、いまいち理解できていない人もいるでしょう。

ここが理解できないと自身の市場価値を高めることができません。

そこでここからは企業が市場価値の高い人材を求めている理由を紹介していきます。

  • 即戦力人材として活躍が期待できるため
  • ポテンシャルが高く将来性があるため

即戦力人材として活躍が期待できるため

企業が中途採用する場合、求めている人材の多くは即戦力として活躍してくれる人です。

市場価値が高い人材はこれまでにあらゆる経験を積み、採用してすぐに活躍してくれるという期待があるので、企業的にも採用しやすいのです

ポテンシャルが高く将来性があるため

市場価値のある人材は年齢が若くて経験が浅くても、将来性があるので、経験がなくても採用しやすいです。

企業がポテンシャルの高さを判断するのは、コミュニケーションスキルや人柄の部分が大きいです。

逆に言えばコミュニケーション能力と人柄の良さをアピールできれば、ポテンシャルの高い人材と判断される可能性があるのです。

自分を良く見せるのは転職活動を行う上で重要なポイントでもあるので、どうすれば自分を良く見せれるのかも考えてみるのも良いでしょう。

コロナ渦で市場価値は激変している!

コロナ渦で市場価値は激変している!

新型コロナウイルスの脅威は、今だにとどまる所を知りません。

とくに飲食業界やサービス業に大きな企業ダメージを与え、転職を余儀なくされた人も少なくないでしょう。

その一方で、巣ごもりや外出自粛によってゲーム機が爆発的に売れており、2021年3月期決算で任天堂が過去最高益を記録しました。

今後もどのような経済状況になっていくのか先が見えず、私たちは不安な状況にさらされ続けることになるでしょう。

どんなに経歴がある人でもキャリアを失う可能性がある

「大企業だから安心」「終身雇用だから安心」という時代は終わりました。

安定していると言われていた大企業も、ボーナスカットやリストラにあう可能性が高くなっています。

今のポジションや企業のブランド力に甘えたままでいると、ある日突然キャリアを失ってしまうかもしれません。

いつ、何が起こっても対処できるよう、私たちは常に市場価値を高めることを意識しながら転職力を磨いておく必要があります。

完全な成果型企業が増えている

コロナ禍に対応するため、多くの企業がテレワークを導入し在宅勤務を促進しています。

テレビやWeb会議ツールの活用に伴い、コロナが収束した後もテレワークという働き方は浸透し続けるでしょう。

テレワークは通勤における労力と時間がカットできた反面、新しい課題も生まれており、その1つが「人事評価」です。

まじめな勤務態度や仕事に取り組む姿勢が上司にアピールしづらいという側面があり、また上司は部下の仕事の質や達成度合いをチェックできない状況になっています。

そうなると結果がすべてになってしまうため、完全な成果主義の企業が増え続けることが予測されます。

今まで「頑張っている人」を評価していた企業も、新しい評価制度が導入されるようになるでしょう。

特にベンチャー企業では完全な成果報酬型になっている傾向があるので、興味のある人は【ベンチャー企業に転職するメリット・デメリット!転職を成功させるポイントは?】の記事もチェックしてみてください。

自分の市場価値を計れるおすすめの自己分析ツール

最後に、あなたの市場価値を診断してくれるおすすめの自己分析ツールをご紹介します。

いずれも無料で活用できるので、転職を考えている人や今の職場に不満がある方は、ぜひ試してみてください。

ミイダス

ミイダス 自己診断

「ミイダス」はパーソナルキャリアが運営する転職アプリの診断ツールで、面倒な会員登録が不要です。

簡単なプロフィールと経歴を入力するだけで、「あなたの経験を求めている企業数」と「類似ユーザーオファー年収実績」が表示され、転職市場での価値を図ることができます。

18個の質問に回答するだけなので、所要時間は5分ほど。あなたの市場価値が高ければ、書類選考なしの面接確約オファーが届くかもしれません。

pasona career

パソナキャリア 自己診断

「pasona career」の診断ツールは、自分の適正年収が知りたい方や転職で年収アップさせたい人におすすめです。

6つほどの質問に回答すると、自分のスキルに見合った年収が把握でき、「転職すべきか」「今の職場で働き続けるか」が判断できます。

さらに会員登録に進むと、パソナキャリアが保有している企業からスカウトが受けられるのも嬉しいポイントです。

パソナキャリアを利用した人の約67%が年収アップに成功しており、適正年収を支払ってくれる企業に出会っています。

転職会議

転職会議

転職会議は企業に在籍していた人の口コミや評判などが掲載されており、登録すれば自由に口コミをチェックできる口コミサイトです。

企業が出している求人には掲載されていない裏事情や職場の雰囲気などのレアな情報をゲットできるので、転職後のミスマッチを防げます。

会員登録すれば口コミを全てチェックできるので、リアルな口コミをチェックしたい人は参考にしてみてください。

自分の市場価値を理解して悔いのない転職を!

コロナ禍により、私たちの働き方は大きく変わりました。これは今後も続いていくと予想され、誰もが市場価値を意識して高めていく必要があります。

これまで市場価値について考えたことがなかった人は、一度立ち止まって市場価値を測ってみてください。

「どうやったら年収が上がるんだろう?」
「転職しても年収を下げたくない」

このように悩んでいる人は、これからどんなスキルや経験を積んでいくべきかを、一定のタイミングでアップデートしていきましょう。

市場価値の判断がむずかしい人は、転職エージェントに相談してみるのもいい方法です。

プロの視点でどのくらいの市場価値があるのか、客観的なアドバイスを受けてみてください。