新卒入社の企業は一年未満で辞めないで!第二新卒としての就職が困難になります

新卒入社の企業は一年未満で辞めないで!第二新卒としての就職が困難になります

第二新卒の中には、入社した会社が合わず、早期退職して転職しようと考えている人が多いでしょう。

しかし、入社から1年未満の場合、退職して大丈夫なのかと不安を感じてしまうかもしれません。

前職の勤続年数が1年未満で退職してしまうと、早期退職者と括られてしまい、転職が難しくなります。

そこで、1年未満の退職で転職難易度が上がる理由や、勤続年数が一年未満でも採用したいと思える第二新卒の特徴を紹介していきます。

新卒で入社した会社を一年未満で辞めてしまうと転職難易度が上がる

先述しましたが、勤続年数が1年経っていない状態で退職してしまうと、かなり転職の難易度が上がります。

なぜ、転職難易度が上がってしまうのでしょうか?

転職難易度が上がる理由を紹介していきます。

前職でスキルを習得できていない

新卒入社後は、社会人研修や雑務を経験し、ある程度月日が経ってから本業務に入るケースがほとんどです。

そのため、一年未満で退職してしまうと、転職秋の面接でアピールできるスキルがありません。

いくらきれいごとを並べても、早期退職者としての先入観を持たれているので、発言に全く説得力がありません。

社会人研修と雑務しか経験していないので、「会社の利益に繋がる業務」のスキルが何もないので、ステータスは新卒と同じです。

社会人スキルを何もアピールできないので、採用価値が無い人材と思われてしまいます。

感情的な退職理由になってしまう

一年未満で会社を退職している人のほとんどが、

「職場の人間関係が上手くいかなくて…」
「残業が多くて体力的に辛い」
「働きに見合った給料が貰えない」

…などの、感情的な理由で退職をしています。

退職理由は、転職活動中に必ず問われ、退職理由次第で合否が左右される重要な質問です。

感情的な退職理由だと、将来を深く考えていないと判断され、評価対象に入りません。

また、退職理由を話すときに前職の愚痴や不満を話して終わってしまう場合がほとんどです。

面接官は、あなたの愚痴や不満を聞くために退職理由を聞いているわけではないので、質問の意図を深く考えてみましょう。

面接の発言に説得力が無くなる

面接の中では、あらゆる手段を使って自分を売り込んでアピールしなければなりません。

過去の経歴や仕事への熱意を伝えていくわけですが、前職を一年未満で退職している人が仕事観を話したり、きれいごとを並べても説得力が無いと判断されます。

面接官の心に訴えかける発言ができないので、採用率も低くなってしまうでしょう。

転職期間が長くなると転職に不利

仕事を退職して転職活動得推している期間は、仕事に就いていないので、無職扱いになります。

無職期間は、履歴書の職歴に記載できない空白期間になってしまいます。

空白期間が長くなるにつれて、転職のハードルが高くなり、転職したくても転職できない状況に陥ります。

そのため、空白期間ができないように前職を続けつつ転職活動を進めるのが得策です。

空白期間が長くならないように、効率よく転職活動を進める工夫をしましょう。

少なくとも1年以上は続けた方が賢明です

一昔前までは「少なくとも3年は続けるべき」と言われていましたが、20代の約30%が新卒で入社した会社を3年以内に退職しています。

そのため、現代では転職が当たり前になっていますが、どんなに仕事が嫌だとしても最低一年以上は続けた方が賢明です。

先述しましたが、一年以下で辞めてしまうと早期退職者に括られてしまい、転職活動のハードルがかなり高いです。

1年が区切りと考えている企業が多く、最低でも1年続ければ十分に経歴をアピールして転職活動ができます。

しかし、状況によっては1年未満でも転職した方が良いケースもあります。

一年未満でも転職することで状況が好転する可能性もある

「今の職場の仕事量が多すぎて身体的に影響がでてしまう」

「会社の上司と会うと精神的に追い詰められる」

…など、心や体に支障が出てしまう場合には、早期退職するのもありです。

転職してより良い環境で働ける場合もあるので、全ての人が「最低一年勤務」をしなければならないわけではありません。

一年未満で転職するメリットとは?

職場環境や状況によっては、転職がメリットになる場合もあります。

今一度自分の状況を見直して、転職が必要か検討していましょう。

ここからは、転職することで生まれるメリットを紹介していきます。

前職よりも良い環境の職場へ行ける

一度社会人を経験しているので、やりたいことや自分なりの仕事観ができ始めるころです。

第二新卒は、転職先に求める職種や条件が決まっているケースがほとんどなので、転職先の企業とのミスマッチが少ないです。

そのため、新卒で入社した会社の離職率よりも、転職して入社した会社の離職率の方がはるかに低くなっています。

また、就活を経験しているので、面接や履歴書作成の要領をつかめるでしょう、

仕事への視野が広がる

転職活動を経験したり、新しい環境で働いたりすることで、仕事に対しての考え方や関心が広がっていきます。

自分の知らなかったビジネスや、意外な方法で収益を得ている企業があるなど、様々な情報を得られるでしょう。

これらの発見は、一つの企業に長く勤務していると知りえない情報です。

転職回数が増えてしまうのは、デメリットの要素が大きくなるものの、様々な企業のビジネスを知れる利点もあります。

現在勤めている企業の仕事に限界を感じたら、早い段階で見切りをつけてもいいかもしれません。

一年未満の第二新卒でも企業が採用したいと思う人の特徴

一年未満で退職してしまう人の中にも、様々な特性や個性を持った人がいます。

人によっては、前職を一年未満に退職していても、その経歴に勝る長所を持っていれば経歴に関係なく採用される人もいます。

ここからは、企業が採用したいと思う人の特徴を紹介していきます。

すぐに取り組めて自分の特性にできるものもあるので、参考にしてみて下さい。

企業研究を十分に行っている

転職をする上で、選考を受ける企業を十分に理解しておかなければなりません。

会社のことを十分に理解していない人を採用しようと思う企業は無いでしょう。

企業がどのような業務内容なのか、従業員数・会社方針くらいは少なくとも理解しておきましょう。

企業研究を深めておけば、事業内容や方針に絡めて、自己PRや志望動機が作成できるので、具体的で説得力のあるアピールができます。

転職活動で軽視しがちな部分なので、企業研究を深めて、アピールポイントを見つけましょう。

将来のキャリアプランが明確

前職を早期で退職している第二新卒は、企業から「またすぐに辞めてしまうのでは?」と不信感を抱かれています。

企業が抱えている不信感を払拭しないと採用の可能性は低いでしょう。

「次の会社では長期勤務を志望しています」と口先だけでアピールしても、説得力がありません。

具体性を持たせるために、年数や期限を絡めて、長期間勤務する姿勢をアピールしましょう。

実直で仕事のやる気に満ち溢れている

企業の採用基準には、どのような経歴を積んできたのか、どのようなスキルを身に付けてきたのかなどを苦慮しています。

しかし、仕事面以外にも人間性を重視している企業もあります。

上記のような社会人として当たり前のスキルも見られているので、ただ仕事ができればいいわけではありません。

社会人であれ以前に、一人の人間としてしっかりしていないと、採用される見込みは低いでしょう。

前向きな転職理由がある

前職の職場環境に耐えられなくなり退社した人は、「職場の人間関係が面倒くさかった」「残業が多かった」「仕事に対しての給料が低い」などネガティブな退職理由が多いです。

ネガティブな退職理由だと、不満や愚痴っぽくなってしまうので、何一つアピールになりません。

そのため、ポジティブな退職理湯が必要です。

質問の性質上、退職理由はネガティブな回答になりがちなので、素直な退職理由+これからの意気込みを伝えましょう。

退職理由の伝え方1つで、かなり印象が違ってくるので、事前に回答を準備しておきましょう。

リクらくを活用して転職の成功率をあげる

転職活動は基本的に一人で行うものなので、不安を感じたり分からないことができても相談する相手がいません。

また、思うような転職ができないと、ストレスが溜まってしまい転職期間が長くなってしまうケースもあります。

転職の成功率をあげるためにも、リクらくを活用してみませんか?

リクらくでは、一人一人に専属のエージェントが付いて、あなたの転職を完全サポートいたします。

そのため、リクらくを活用した人の90%は転職に成功しており、安定した実績があります。

リクらくで受けられるサービスは全て無料となっているので、気軽に活用していてください!

リクらくを活用して、第二新卒からの転職を成功させましょう!

また、こちらの記事も合わせて読んでみて下さい。

転職に失敗してしまう第二新卒の特徴とは?失敗しない転職の方法を紹介!

スキルがない第二新卒が転職に成功する5つの方法を紹介します!