スキルがない第二新卒が転職に成功する5つの方法|役立つスキルとおすすめの転職サイト

スキルがない第二新卒が転職に成功する5つの方法|役立つスキルとおすすめの転職サイト

転職活動を始めようとしている人の中には、これといったスキルが無く、転職先が決まるか不安を抱えている人も多いと思います。

第二新卒は社会人経験が浅いため、仕事のスキルが無いと感じています。

転職活動は自信を持って進めないと転職に成功する見込みが低いでしょう。

それでは、スキルがないと感じている第二新卒は、どのように転職活動を進めればいいのでしょうか?

この記事では、企業の採用担当が第二新卒のどこを見ているのか、第二新卒が就職に成功する方法を紹介していきます。

なお、転職に不安を抱えている第二新卒には20代向けに転職支援を行っているハタラクティブがおすすめです。

実績のある専任のコンサルタントからの手厚いサポートを受けられるので、スムーズに転職が進んでいきます。

サービスへの利用料や登録料は一切かからないので、第二新卒の人は気軽に利用してみてくださいね。

ハタラクティブ
ハタラクティブ-商標
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~30代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 未経験OKの求人多数!
  • 初めて転職する人も安心の手厚いサポート!
  • 利用者の内定率80.4%の実績あり!

第二新卒は基本的にスキルが身に付いていなくてもOK

第二新卒者は社会人経験が浅いので、仕事に関するスキルが身に付いているケースが少ないです。

第二新卒を採用する際は企業側も、第二新卒に高いスキルや専門的なスキルを求めていません。

そのため、スキルがないと自信を失う必要はありません。

大切なのは、スキルよりも仕事に対しての姿勢や熱意です。

将来像や担当したい仕事を明確にして面接官に伝えれば、たとえスキルが無くても、採用される可能性が十分にあります。

しかし、企業から求められているポイントをはき違えてしまうと、企業へアピールができず採用まで至るケースが少ないでしょう。

転職活動中は、スキルをアピールするよりも、仕事に対するこれからの熱意を伝えるようにしましょう。

ハタラクティブには第二新卒歓迎の求人が多数!

ハタラクティブ-商標

ハタラクティブは第二新卒や既卒、フリーターなどの転職に特化している転職エージェントです。

これまでのカウンセリング実績は110,000人にも上り、転職成功率は80.4%と実績も十分にあります。

専任のコンサルタントがマンツーマンで転職をサポートしてくれるので、応募書類の添削や面接対策など手厚いフォローを受けられるのも魅力です。

最短2週間で内定を獲得している人も多いので、一早くスムーズに転職を決めたい人は利用してみてください。

\最短2週間で内定獲得!/
ハタラクティブに申込む!

企業の採用担当は第二新卒のどこを見ている?

企業の採用担当は第二新卒のどのような点を重視して、選考しているのでしょうか?
採用担当が重視している点は、

  • 仕事に対しての前向きな姿勢
  • 社会人に必要なスキルが身に付いているか
  • 将来へのビジョンを立てているか
  • 腰を据えて働く意思があるか
  • 仕事内容に合う特性を持っているか

主に以上の5つになります。

5つの項目を踏まえて、転職活動をおこなえば採用担当に最大限アピールができます。

1つずつ詳しく紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

仕事に対しての前向きな姿勢

先述しましたが、第二新卒はスキルが身に付いていない場合がほとんどです。

採用担当者も第二新卒に対して、スキルを求めているわけではないので、無理にスキルをアピールする必要はありません。

スキル面よりも、仕事に対してのポジティブな姿勢をアピールしていかなければなりません。

年齢が若ければ、仕事の吸収率が早くて、飛躍的に仕事が上達するケースもあります。

将来を見越してのポテンシャル採用ができるので、ポテンシャルや人間性の面でアピールできるようにしましょう。

社会人に必要なスキルが身に付いているか

社会人にはビジネスメールや名刺交換、立ち振る舞いなど社会人としての基本的なスキルが必要です。

いずれも社会人として身に付いていて当然とされているスキルばかりです。

仕事上でのスキルは必要ないものの、一度社会人経験をしているので、社会人としての基本的なスキルを求められるでしょう。

採用担当側からすれば、社会人スキルは身に付いていて当然と思われているので、身に付いていないと判断されると採用が遠のいてしまいます。

将来へのビジョンを立てているか

社会人として「将来こうなっていたい」と、将来へのビジョンを持っておく必要があります。

将来的なビジョンが確立していないと、その目標のために現在何をすべきなのか、明確になりません。

採用担当者から見ても、将来に対しての見通しを立てていないと、成長性が低いと判断されてしまうでしょう。

腰を据えて働く意思があるか

人を採用するにあたって、長い目で見て成長していける人材を求めています。

特に第二新卒の場合は、未経験から仕事を始めることが多いので、採用してからある程度の期間は育成期間に充てられます。

育成期間中は教育担当をつけて、マンツーマンで仕事を教えていくわけですが、教育担当をつけるだけでも人件費がかかります。

そのため、勤続意欲が低く早期で退職してしまいそうな人材に関しては、手間がかかるだけなので敬遠されてしまうケースがほとんどです。

勤続意思が低い人材よりも、長期間で働く意欲の強い人材を企業が求めています。

面接の際には、将来のビジョンを明確に伝えて、勤続意志が強い遊防な人材だと思われるようにアピールしましょう。

仕事内容に合う特性を持っているか

会社の社風や体制に、求職者の雰囲気がマッチしているかを重視して採用活動を行う企業もあります。

例えばベンチャー企業の場合は、活気や勢いを大切にしているので、内気で静かな人よりも社交的で活発な人材を採用する傾向が強いです。

会社の社風や求めている人物像などは、求人に記載されているので、面接する前に確認しておきましょう。

当然相性があるので、待遇や給与面が魅力的でも、企業の社風とあっていなかったら長く勤務するのはストレスが溜まってしまうでしょう。

転職に成功したとしても、すぐに退職してしまうケースもあるので、自分の特徴と企業の社風があっているかを見極めておきましょう。

ハタラクティブ
ハタラクティブ-商標
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~30代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 未経験OKの求人多数!
  • 初めて転職する人も安心の手厚いサポート!
  • 利用者の内定率80.4%の実績あり!

スキルがない第二新卒が就職に成功する方法

スキルが無い第二新卒が転職に成功するにはどのような方法があるのでしょうか?

企業が第二新卒のどこを見ているのかを踏まえたうえで、転職に成功する方法を紹介していきます。

  • 仕事に対するポジティブな姿勢を伝える
  • 前職で身に付けたスキル・知識を伝える
  • 基本的な社会人スキルをアピールする
  • 前向きな転職理由を伝える
  • 転職期間が長くならないようにする

仕事に対するポジティブな姿勢を伝える

一度入社した会社を3年以内に退職してしまっている事実がある第二新卒は、企業からマイナスなイメージを持たれていることが多いです。

第二新卒が面接をする際には、必ず退職理由を聞かれるでしょう。

退職理由は質問の性質上、伝える際にどうしてもマイナスに伝わってしまいがちです。

企業にマイナスイメージを持たれてしまうと、採用される可能性が低くなります。

そのため、退職理由を伝える際には合わせてこれからの意気込みなどを伝えましょう。

どのような質問に対しても、ポジティブな発言をするのが採用に繋がる大きなポイントです。

前職で身に付けたスキル・知識を伝える

企業が第二新卒にスキルを求めていないとはいっても、前職で経験した仕事でどのようなスキルを身に付けたのかは伝えるようにしましょう。

採用担当からも、前職でどのような仕事をしていたのか必ず聞かれるでしょう。

その質問に具体的な仕事内容や身に付けたスキルを説明できないと、前職で何も学びが無かった人と見られてしまいます。

第二新卒の中には、前職の勤続年数が短いため、これと言ったスキルが身に付いていないと思っている人もいるかもしれません。

例え小さなことでも構いませんので、上手くアピールできるようにしましょう。

基本的な社会人スキルをアピールする

新卒と違い、第二新卒は社会人経験があるので、基本的な社会人スキルをアピールできれば大きなアドバンテージになります。

ビジネスメールや電話対応、名刺交換などの基本的なスキルでも構いません。

教える手間が省けるので、企業にもプラスになります。

前向きな転職理由を伝える

転職理由を伝える際には、質問の性質上、回答がマイナスイメージになってしまいがちです。

前職の待遇の悪さや収入面の不満などを伝えると、どうしても愚痴に聞こえてしまうでしょう。

採用担当者はあなたの愚痴を聞くために、退職理由を聞いているわけではありません。

退職理由が愚痴っぽくなってしまい、マイナスイメージを持たれてしまうと、魅力的な人物と判断されないので採用まで至らないでしょう。

魅力的な人材と思われるためにも、ポジティブな退職理由を伝えましょう。

転職期間が長くならないようにする

転職期間中は、仕事に就いていないので、無職扱いになります。

無職期間は履歴書などの職歴に記載できない空白期間になってしまい、空白期間が長くなってしまうと内定率がぐっと低くなってしまいます。

「自分にはスキルが無い」と悩んで行動に移せない期間が長引いてしまうと、行動に移したころには就職先が決まらないケースもあります。

悩む期間を無くして、いち早く活動に移せるようにしましょう。

第二新卒向けの転職エージェントを活用する

初めて転職をする第二新卒は進め方が分からない・どのような企業に転職すれば良いのか分からないなど、不安や疑問を抱えることが多いはずです。

一人で転職を進めてしまうと、ミスマッチにつながる恐れも十分に考えられます。

そこで満足度の高い転職をするためにも第二新卒の転職に特化している転職エージェントを活用しましょう。

面談を通してヒアリングした内容から適切な求人を紹介してくれて、応募書類の添削や面接対策までおこなってくれます。

内定後のアフターフォローもサポートしてくれるので、気になるサービスがあればどんどん活用してみてください。

第二新卒の転職にはハタラクティブを活用しよう!

ハタラクティブ-商標

第二新卒からの転職には20代向けのマンツーマン転職サービスである、ハタラクティブを活用しましょう。

初回面談を通して、ヒアリングした希望条件や適正などをもとに、利用者に合わせた最適な求人を提案してくれます。

就職成功率は驚異の80.4%※で、最短2週間で内定を獲得していることもあり、一早く転職したい人にぴったりです。

サービスへの利用料や登録料は一切かからないので、転職エージェント選びに悩んでる人は活用してみてください。

\最短2週間で内定獲得!/
ハタラクティブに申込む!

第二新卒に必要なのはスキルではなく仕事に対する意欲!

第二新卒に求められているのは、仕事のスキルや知識などではなく、仕事に対しての意欲です。

そのため、スキルが無いと悲嘆する必要はありません。

どのような仕事観を持っていて、将来的にはどのように活躍していきたいのか、キャリアプランを設定して採用担当に伝えましょう。

将来性があると判断されれば、未経験であってもスキルに関係なく採用されます。