第二新卒は転職先で出世できない?その理由と出世する可能性を高める方法を解説します

第二新卒は転職先で出世できない?その理由と出世する可能性を高める方法を解説します

社会人歴・年齢は変わらないものの、新卒組の方が会社に勤務している歴が長いので、新卒の方が優遇されているケースが多いです。

果たして、第二新卒として転職した人は、出世ができないのでしょうか?

そこで今回は、

「第二新卒として転職しても出世できるのか」

「新卒と第二新卒で出世スピードに違いがあるのか」

…などの疑問を解説していきたいと思います。

第二新卒が転職先で出世できないことはありません

結論から言ってしまうと、第二新卒でも新卒と同じ様に出世することが可能です。

第二新卒だからと言って、出世できないなんてことは無いので、安心してください。

しかし、スタートの時点で差がついているということを理解しておく必要があります。

新卒で入社している人は、一通りの業務内容を覚えていて、会社の決まりや制度を理解しています。

対して、転職してきた第二新卒は、業務内容や社内の決まりを覚えるところから始まります。

そのため、入社してすぐに高い給料を貰えることはありません。

入社直後から高い収入を得られず、新卒社員と給料に開きがあるからと言って、その後もずっと開いたままではありません。

新卒から入社している社員を多少は優遇する

会社への貢献度という点から見ると、勤務年数が長い方が仕事内容・社内ルールを理解しているので、会社への貢献度が高いです。

当然ながら、貢献度が高い社員の方を優遇するので、勤続年数が長い社員の方が優遇されることが多いでしょう。

しかし、第二新卒で入社しても勤続年数を重ねていくにつれて、仕事のスキルがあがるので会社への貢献度も高くなります。

新卒・第二新卒に関係なくスキルによって決まる

スタートの段階で収入に差があるのは仕方ないことです。

先述してきたように、スキルや仕事の知識に差があるので、スタートの時点で差があるのは当然です。

しかし、ある程度の期間勤務年数を重ねると、仕事に関する基本的な知識やスキルを身に付けられるので基本的な面の能力差は無くなります。

そこからは、どれだけ仕事のスキルがあるかが出世に関わってくる大きな要因です。

スタートの段階で収入に差があったとしても、結局はスキルが全てなので、仕事上の高いスキルを発揮できれば新卒・第二新卒に関係なく出世していけます。

会社によっても差がある

企業は基本的に、大人数をまとめることができる人、仕事上で高いスキルを発揮できる人を優遇して評価します。

その評価に、既存社員と第二新卒社員での違いはほとんどありません。

しかし、それ以外の面も影響してしまうのが出世であり、確かに既存の社員が優遇されてしまう部分はあります。

出世に関して、新卒社員を優遇するか、第二新卒でも均等に評価するかは会社によって大きく変わります。

いち早く出世したいという強い意志があるのであれば、第二新卒でも出世が不利にならない会社に入るべきです。

それではどのような特徴を持った企業が、中途社員でも評価されるのでしょうか?

出世できる会社の見分ける方法とは?

中途社員でも出世しやすい会社・出世しづらい会社があるので、転職の際には慎重に企業選びをしなければなりません。

出世しやすい会社の特徴を紹介してくので、企業選びの参考にしてみてください。

中途採用の人数が多い会社を選ぶ

起業には、新卒を多く採用して1から育てていく企業と、ある程度社会人を経験した社会人(第二新卒・転職者)を採用する会社の2パターンがあります。

新卒を多く採用している企業は、従業員が十分に確保できているので、中途採用を行って人材を確保する必要がありません。

中途採用として入社している社員数が少ないので、出世のモデルケースが少なく、どのように出世していくのかの見通しを持ちづらいです。

対して、中途採用を主に行っている企業は、社員のほとんどが中途社員ばかりという企業も多いです。

そのため、第二新卒で中途入社したとしても、モデルケースがたくさんあるので出世の見通しを持ちやすいでしょう。

ベンチャー企業を狙う

ベンチャー企業は会社が設立して間もないので、業務量に人手が足りていない状態の企業が多くあります。

既存社員・中途入社社員の垣根が無く、社員の平均年齢も比較的若いので、同じステータスの社員が多いでしょう。

そのため、「中途入社だから~」と色目で見られることもほとんどありません。

一般的な企業では、ある程度勤続年数を重ねて、スキルを身に付けていかないと重要な役職に就けません。

しかし、ベンチャー企業の場合には、年齢やスキルに関係なく割と早い段階で重要なポジションを任せられる場合もあります。

中途採用で入社したとしても、出世できる可能性が十分にな
るので、興味がある人はベンチャー企業への転職を考えてみてください。

また、下記の記事でベンチャー企業について詳しく説明している記事があるので、参考にしてみてください。

第二新卒でベンチャー企業に転職するメリット・デメリット紹介!

転職活動中に出世できるかを意識する必要はない

会社によって出世に関する評価がまちまちなので、転職中に出世に関することを意識しすぎる必要はないでしょう。

また、ほぼすべての企業で、出世に関しての評価対象はスキルが占める部分が多いです。

「評価されなかったらどうしよう…」とマイナスなことを意識しすぎてしまうと、転職活動でいい結果が期待できません

マイナスなことを考えるよりも、プラスなことを考えて転職活動を行うようにしましょう

転職で困っている場合にはリクらくを活用しましょう

転職先の評価基準で色々と悩んでしまっている人は。当サイトのリクらくを活用して就活を進めてみませんか?

リクらくのエージェントは、転職先の採用担当と繋がりがあり、職場環境を明確に把握しています。

職場環境に関するタイムリーな情報を把握しているので、情報をあなたと共有し、企業とのミスマッチを最大限に抑えることが可能です。

また、転職先を決めるところから、履歴書の添削・面接練習、内定後のフローまで転職に関する全てのサービスを受けることができます。

そのため、リクらくを活用すれば転職に関する悩みや不安を感じることなく転職活動に専念できます。

リクらくを活用した人の90%以上は内定に至っており、安定した実績を誇っています。

リクらくで受けられるサービスはすべて無料となっているので、気軽に活用してみてください。

リクらくを活用して、転職活動を成功させましょう!

また、下記の記事も参考にしてみてください。

転職に失敗してしまう第二新卒の特徴とは?失敗しない転職の方法を紹介!