30代フリーターから正社員になるための秘訣!就職に成功するコツとおすすめの職種を紹介!

30代フリーターから正社員になるための秘訣!就職に成功するコツとおすすめの職種を紹介!

フリーター生活が長引いてしまい、30代になってもフリーター生活を続けていると、将来に不安を感じてしまう人も多いと思います。

20代の頃と違い、30代でフリーターをしていると、周りから注がれる目線も冷ややかなものになるでしょう。

そのため、30代を境にフリーターを辞めて就職しようと決意する人も多いです。

しかし、「30代のフリーターが就職できるのか?」「スキルも何一つ身に付いていない30代が就職できるのか?」…などと、不安に思う事も多いはず。

そこで今回は、30代のフリーターが就職する方法やどのような業界が就職しやすいのか、などを紹介していきます。

ハタラクティブ
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~30代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 未経験OKの求人多数!
  • 初めて転職する人も安心の手厚いサポート!
  • 利用者の内定率80.4%の実績あり!

フリーターは何歳までに就活すべき?年齢が上がると正社員になれない?

30代・フリーターから就職する3つの方法

30代フリーターから就職する方法

30代・フリーターが就職できるのか?と疑問に思う人も多いと覆いますが、一応就職は可能です。

しかし、就職できる業界はかなり限られてしまい、自分が就職したい業界に行くのは難しいかもしれません。

また、就職活動も工夫して行わなければなりません。

30代フリーターが就職する方法は、以下のような方法があります。

  • 未経験歓迎・経歴不問の業界に就職する
  • アルバイト先で正社員になる
  • 友人や知人に仕事先を紹介してもらう

未経験歓迎・経歴不問の業界に就職する

一般的な30代の転職は、即戦力採用がほとんどで、身に付けてきたスキルや知識に重点を置いて採用活動が行われます。

しかし、職歴やスキルが身に付いていない30代のフリーターが就活すると場合には、仕事をしてきた30代に比べて圧倒的に不利です。

30代の未経験者を採用しても、会社の利益に繋がらないと判断されてしまい、敬遠されてしまうでしょう。

そのため、過去の経歴やスキルを問わない企業に狙いを定めて就活を進めましょう。

未経験可・経歴不問であれば、フリーターであっても、平等に選考が受けられます。

アルバイト先で正社員になる

フリーターには、アルバイト先で正社員になるという選択肢もあります。

企業によっては、アルバイトから正社員に登用できるシステムを設けている企業があります。

30代にもなるとアルバイト歴がかなり長いので、ほとんどの業務を覚えてしまっている人がほとんどです。

そのため、ほぼ正社員として働いて、雇用形態はアルバイトという人も多いと思います。

シフトが自分で組めないというデメリットもありますが、それ以上に正社員になることのメリットの方が大きいです。

バイト先で正社員になる意思がある人は、一度バイト先に相談してみましょう。

友人や知人に仕事先を紹介してもらう

正規の就活方法ではありませんが、コネを使って就職先を見つける方法があります。

同年代の友人や知人は正社員として働いている人がほとんどで、職場によっては人手不足を抱えている職場もあるでしょう。

友人からの紹介であれば、企業側・求職者共にどのような雰囲気なのかを知っているので、入社後のミスマッチも少なくなります。

ハタラクティブ
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~30代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 未経験OKの求人多数!
  • 初めて転職する人も安心の手厚いサポート!
  • 利用者の内定率80.4%の実績あり!

30代フリーターが就職に成功するポイント

30代 フリーター ポイント

ここからは、30代フリーターが就活に成功するポイントを紹介していきます。

いずれも、手軽に取り組めるポイントばかりなので、就活に役立ててみてください。

  • 就活の行動量を増やす
  • 履歴書や面接対策を万全にする
  • 自分のアピールポイントを知る
  • 体験してきたアルバイトと同業種に就職する
  • 就職に役立つ資格を取得する

就活の行動量を増やす

大前提として、就活の行動量を増やさないと就活に成功して内定をもらうのは難しいです。

というのも、30代のフリーターはそもそも就職の難易度が高い傾向があるためです。

目的を持たずに就活していたり、中途半端な気持ちで就活しているといつまでたっても内定を貰えません。

「絶対に就職を決める」という気持ちをもって、就活の準備を万全にし、応募する企業の数を増す必要があります。

履歴書や面接対策を万全にする

企業から見た30代・フリーターは、「働く意思が弱く、社会に適応できない人」「自分に甘く自己管理能力がない人」以上のような、ネガティブな印象を抱えています。

マイナスな印象を持たれている状態から、選考を進めていくので、どこかのステップでマイナスのイメージを払拭しなければなりません。

払拭するためにも、履歴書や面接の対策を完璧にしておきましょう。

採用担当に、「思っていたよりも魅力的な人材」と思われれば、採用にぐっと近づきます。

下記の記事で、フリーターの面接について、詳しく説明した記事があるので参考にしてみてください。

面接が怖いと感じるフリーターへ~面接を克服する4つの方法~

フリーター必見!面接で聞かれる空白期間の回答方法!

自分のアピールポイントを知る

30代のフリーターは、経歴やスキルが身に付付いているケースが少ないです。

無いものをアピールしても、企業には何一つアピールになりません。

そのため、自分にどのようなアピールポイントがあるのか、自己分析を通して理解しましょう。

「社交性がある」「責任感がある」などどんな些細なことでも、伝え方次第で、大きなアピールポイントになります。

自分を見つめなおす良い機会だと思って、自己分析をしてみましょう。

体験してきたアルバイトと同業種に就職する

アルバイトは職歴に含まれないので、履歴書に今までしてきたアルバイト経験を職歴として記載することができません。

職歴が書けないために、フリーターの就職は難易度が高くなってしまいます。

しかし、経験してきたアルバイトと同業種であれば、アルバイトの経験を活かしてアピールすることができます。

例えば、居酒屋で7年アルバイトをしてきたフリーターであれば、飲食業界への就職にかなり有利です。

30代のフリーターから未経験職への転職は、かなり難易度が高いので、経験してきたアルバイトと同業種の業界への就職がおすすめです。

就職に役立つ資格を取得する

仕事に役立つ資格を取得することによって、その資格に関する知識やスキルがあると証明されるため、職歴がない30代フリーターの就職が有利になります。

しかし、資格によっては難易度が高いものや取得できるまでに時間がかかるものもあります。

そのため、資格勉強を始めるまえにどのくらいの時間がかかるのか、把握しておきましょう。

資格取得までに時間がかかってしまい、就職活動に入るタイミングが遅れてしまうと、余計に就職がしづらくなります。

フリーターの就職に資格は必要?就活に有利な資格10選

ハタラクティブはフリーターの就職にピッタリ!

ハタラクティブ

ハタラクティブは未経験者の転職に特化している転職エージェントなので、フリーターにとてもおすすめです。

利用者の転職成功実績は80%を超えており、安定した実績もあります。

転職が中々決まらないフリーターはぜひ活用してみてください。

\掲載求人の50%以上が上場企業!/

ハタラクティブ公式サイト

30代フリーターの就職しやすい業界とは?

30代 フリーター 仕事

若い年齢のフリーターであれば、成長性やポテンシャルを見込まれて未経験職への業界への就職も可能ですが、年齢が上がるにつれて成長率は低下し、ポテンシャルに期待ができないので就職難易度は高くなります。

しかし、年齢が高い未経験であっても、業界を選べば積極的に採用してくれる業界もあります。

30代フリーターが就職しやすい業界には、3つの特徴があります。

  • 未経験歓迎、学歴不問
  • 人手不足を抱えている
  • 離職率が高い

未経験歓迎、学歴不問

経験の有無を問わずに幅広く採用している企業や、学歴を重視していない企業などは30代のフリーターでも就職できる見込みがあります。

採用条件が緩い企業は研修が充実しており、経験や年齢に関係なく活躍できる環境が整っているのです。

そのため、30代のフリーターでも就職が可能なのです。求人をチェックして経験や学歴を重視していないかチェックしてみてください。

人手不足を抱えている

業界によっては慢性的な人材不足を抱えている業界があり、人手不足を抱えている業界は年齢や経験に関わらず幅広く採用している傾向があります。

特に人手不足の傾向があるのは、介護・飲食・生産関係の職種。

業界内での平均年齢も高くなっており、30代は若い年齢に分類されます。

逆に人材が飽和している業界は経験や年齢などの基準が高くなっており、内定に至る可能性が限りなく低いです。

内定率をアップさせたいのであれば採用ハードルが低い業界を目指してみましょう。

離職率が高い

業界によって離職率は大きく異なり、高い業界から低い業界まで様々です。

特に離職率が高い業界は人材の移り変わりが早いので、年齢や経歴に関わらず幅広く採用している傾向があります。

離職率が低い業界と比較しても採用率が高いです。

しかし、離職率が高い業界は労働環境が整っていなかったり、人間関係が悪かったりと何かしら問題がある可能性があります。

内定率は高いものの、早期離職のリスクはあるので要注意です。

30代フリーターでも就職できるおすすめの職種5選

30代フリーターとして就職する場合、職歴やスキルが伴っていないため、就職先がかなり限られてしまいます。

そんな就職に不利なフリーターでも就職できる職種を5つ紹介します。

  • 営業
  • IT関連のエンジニア
  • 工場の作業員
  • 介護士
  • 飲食関連

フリーターから正社員に就職しやすいおすすめの職種5選!就職に成功する方法を紹介!

30代フリーターにおすすめの職種①:営業職

営業職はほぼ全ての会社にある職種なので、求人数が非常に多く、年齢や経験を不問で未経験者を積極的に採用している傾向があります。

営業職は主に人と関わる仕事なので、スキルや経験よりもコミュニケーションスキルが重視されます。

そのため、社会人経験がない30代のフリーターでも就職できるチャンスがあるのです。

また、営業職は仕事で成果を上げた分だけ収入がアップするインセンティブ手当てが付きます。

これまでの経験に関わらず仕事で成果を上げることができれば、成果に見合った分の収入がもらえるため、収入アップにつながります。

30代フリーターにおすすめの職種②:IT関連のエンジニア

IT業界ではニーズが多様化しており、経験や年齢を問わずに幅広く採用活動を行っています。

職歴がない30代フリーターでも、ポテンシャルやスキルがあると判断されれば、IT系のエンジニアに就職することができます。

IT業界で働いている人の中には、これまでにパソコンを操作したことがない人もおり、未経験からでも活躍できる環境が整っています。

30代フリーターにおすすめの職種③:工場の作業員

工場の作業員はマニュアル通りに仕事を行う仕事なので、学歴・職歴・年齢を問わずに幅広く採用を行っています。

立ち仕事・不規則・体力仕事など、負担がある仕事ですが、その分給与は高めに設定されており、フリーター時代よりも収入アップが期待できます。

また、働いていく中で資格を取得することもでき、さらなる収入アップにつながります。

難しい仕事を任されることもないため、単調な仕事でも苦に感じない人におすすめです。

30代フリーターにおすすめの職種④:介護士

少子高齢化の影響で介護を必要とする人材が急増しており、慢性的な人材不足に陥っているため、経験を問わずに幅広く採用活動が行われています。

30代のフリーターとして未経験で仕事を始めても、資格を取得したり、経験を積んでいけば将来的には管理職・マネージャーとして活躍することも可能です。

人と関わるのが好きな人におすすめの職種と言えます。

30代フリーターにおすすめの職種⑤:飲食関連

飲食業界は年齢や職歴に関わらず採用を行っている職種なので、30代のフリーターでも就職することができます。

飲食業界はアルバイトから正社員登用があるのが大きな特徴で、これまでにアルバイト経験があれば即戦力として採用されます。

アルバイトからでも経験を積んでいけば、店舗責任者・エリアマネージャーと順調にキャリアアップすることも十分に可能です。

30代フリーターにおすすめの職種⑥:事務職

経費精算や労務処理などをおこなう事務職は必須となるスキルがないため、経験や年齢に関わらず幅広く採用活動を行っています。

企業によっては採用の対象外になっていることもありますが、年齢に関係なく採用を行っている企業もあります。

事務職は仕事量が落ち着いており、ワークライフバランスを重視している人におすすめです。

女性人気の高い職種なので、女性フリーターは検討してみてくださいね。

30代フリーターにおすすめの職種➆:運送業

トラックや車を運転して荷物を配送する運送業は、運転免許があれば経歴や年齢に関わらず就職可能な仕事です。

仕事内容も比較的簡単で、一度覚えてしまえばあとは流れ作業的におこなえます。

そのため、複雑な仕事をしたくないと考えている人にはぴったり。

長距離荷物を運ぶ長距離ドライバーになると、給料も非常に高くなるので稼ぎたい人にも最適です。

ハタラクティブ
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~30代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 未経験OKの求人多数!
  • 初めて転職する人も安心の手厚いサポート!
  • 利用者の内定率80.4%の実績あり!

30代フリーターと30代正社員の格差

フリーターと正社員の格差

一般的な30代は、収入面でも安定してきて、結婚する人も多くなります。

身の回りの多くの同年代が、仕事で昇進したり、結婚して子供ができる人が多くなると様々な面で不安を感じる人が多いでしょう。

そこで、30代のフリーターと30代正社員で、どのような格差があるのか紹介していきます。

自分の置かれている現状を知ることで、就職活動にも身が入るでしょう。

30代フリーターと正社員の格差①:年収

厚生労働省が平成30年に行った「賃金構造基本統計調査」によると、30代のフリーター・正社員の年収は以下のようになっています。

正社員 フリーター
30~34歳 282万円 204万円
35~39歳 313万円 207万円

参考:平成30年賃金構造基本統計調査

30代前半で、およそ80万円、30代後半だと約100万円の差が出ています。

正社員には、月収に加えて様々な手当てやボーナスが付きます。

対して、フリーターにはボーナスや手当が無く、時間制なので働いた分の給料しか支給されません。

正社員が病気にかかり、仕事ができない状況になっても、保険や有給休暇を使えば収入が無くなる心配はありません。

それに対して、フリーターが病気になって働けない状況に陥ると、収入がゼロになってしまうケースもあります。

また、フリーターの時給は長く働いても僅かしか上がらないので、年齢が上がるにつれて収入の格差は開いていく一方です。

30代フリーターと正社員の格差②:社会的信用

30代になると、自宅や車など大きな買い物をする人も増えてくれでしょう。

購入するものの値段が高い場合には、現金で払うことができないので、一般的にはローンを組みます。

ローンを組むには審査が必要で、ローンを組もうとしている人がどのような職に付いていて、どのくらいの収入があるのか身辺を調査されます。

普通に働いている場合には、収入が安定しているので基本的には審査が通り、問題なくローンが組めます。

しかし、フリーターは収入が安定していないので、ほとんどの場合ローンを組めません。

また、30代になり定職に就いてないとなると、世間から冷ややかな目で見られることが多くなります。

30代フリーターと正社員の格差③:結婚

現代では結婚する人が少なくなってきているものの、30代前後で結婚するのが一般的と言われています。

企業に勤めて普通に正社員として働いている人であれば、相手の親からも反対されずに、結婚に至るでしょう。

しかし、フリーターの場合には収入も安定しておらず、社会的な信用度も低いので相手の親から結婚を認めてもらえないでしょう。

また、フリーターから抜け出す気が無く、いつまでもフリーターを続けるとなると、付き合っている相手からも見捨てられてしまう場合もあります。

30代でフリーターを続けていくリスク

20代であれば、たとえフリーターをしていても、将来に対して不安を感じたり焦りを感じることが少なかったと思います。

20代であれば、いくらでも取り返しができるので、フリーターの就職がそれほど難しくありません。

しかし。30代になってもフリーターを続けていると、様々なリスクがあります。

  • 30代に入ると年齢的にフリーターとして働くのが厳しくなる
  • フリーター期間が長くなるにつれて就職難易度があがる
  • 社会保険が受けられないので老後の生活が厳しくなる
  • 社会的な信用を得られない
  • 収入が安定せず結婚ができない

上記以外にも、様々なリスクが付きまといます。

取り返しが使いない姿態になってしまうので、早めに就活するべきです。

35歳フリーターの就職はかなり厳しい!就職しやすい業界を絞って就活しましょう

いち早く就職して正社員になりましょう

いつまでもフリーターを続けるのは、この先リスクしかありません。

年齢が上がるにつれて、就職先が少なくなり、就職難易度も上がります。

就職先が見つからないという取り返しがつかない状況に陥る前に、一刻も早く就活を始めましょう。

ハタラクティブ
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~30代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 未経験OKの求人多数!
  • 初めて転職する人も安心の手厚いサポート!
  • 利用者の内定率80.4%の実績あり!