既卒は就活とアルバイトの両立は可能!しっかりとスケジュール管理を!

既卒は就活とアルバイトの両立は可能!しっかりとスケジュール管理を!

既卒が就活を始める時に、金銭面で不安を感じてしまうでしょう。

就活は意外とお金がかかるので、何かしらの収入が無いと生活をしていくのが困難になってしまいます。

既卒就活をしているとバイトをしながら就活するか、就活に集中するか悩みますよね。

タイトルにもある通り、既卒の就活ではアルバイトと就活を両立して行うのは可能で、アルバイトと並行して行うのをおすすめします。

しかし「アルバイトと就活を並行すると、上手くいかないんじゃ…」と思う人もいるかもしれません。

そこでこの記事で、アルバイトと就活が両立できる理由を解説していきます。

既卒の就活はアルバイトと並行して行うべき

冒頭でも述べましたが、既卒の就活はアルバイト並行して行った方が良いと言えるでしょう。

理由は大きく分けて3つあり、

  • 就活において金銭面がネックになる
  • 1日かけて就活をするモチベーションが保てない
  • 就活がすぐに決まるとは限らない

以上の3つになります。

それぞれ補足して説明していきます。

就活において金銭面がネックになる

スーツや靴などの服装代、交通費、証明写真など就活をしていくうえで意外とお金がかかります。

ただでさえ既卒は収入が少なく、経済的に余裕のある人が少ないので就活をしていると生活ができなくなってしまうでしょう。

お金が無くなってしまうと、就活もそうですが生活ができなくなってしまいます。

就活においてお金はかなりネックでシビアな問題なので、アルバイトをして金銭面で余裕を持つようにしましょう。

また、就活は思うようにいくことの方が少ないので、かなり精神的・身体的ストレスが溜まってしまいます。

就活のストレスに加えて、金銭的なストレスを感じてしまうと、精神衛生上よくありません。

こちらの記事も読んでみて下さい。

既卒の就活にかかる費用とは?費用を抑えるコツを紹介!

1日かけて就活をするモチベーションが保てない

履歴書の作成や面接対策、自己PRの作成など、就活においてやらなければならない事は山のようにあります。

「時間がいくらあっても足りない!」と思う人もいるでしょう。

しかし、就活意外に何もすることが無く一日中就活に時間を割いてしまうと、次第に就活へのモチベーションが低くなってしまいます。

いち早く就活したいとはいえ、一日にできることは限られています。

また、就活はかなりストレスが溜まるものなので、定期的な息抜きは必要です。

そのためアルバイトをしている時間は就活を忘れられる時間となり、ストレス発散にも繋がるでしょう。

ストレス発散してお金がもらえるのであれば一石二鳥なので、就活とアルバイトを並行して行うのが一つの方法と言えます。

就活がすぐに決まるとは限らない

就活にかかる時間は一般的な目安として3ヶ月と言われています。

しかし人によってかなり差があり、1ヶ月で終わる人もいれば、半年以上かかってしまう場合もあります。

いつ内定を貰えるか明確な見通しが持てないので、就活に半年以上かかってしまうと、金銭的な問題が発生してしまいます。

貯金が底を尽きてしまうと、就活はもちろん生活をしていくことができない事態に陥ってしまいます。

最悪の事態に備えて、あらゆる保険を作っておくためにも、アルバイトをしておきましょう。

既卒の面接の流れと合格率があがる方法を紹介!万全の準備をして面接を突破しよう!

アルバイトをするメリット

ここからは就活とアルバイトを両立するメリットを紹介していきます。

収入が得られる

アルバイトをする一番のメリットは、収入が得られるという点です。

就活で一番ネックになるのは金銭的な問題で、就活をする費用が無くなってしまうと就活自体ができなくなってしまいます。

アルバイトをしすぎて就活に時間が割けないのは問題ですが、就活に支障が出ない適度なアルバイトであればした方が良いでしょう。

気晴らしになりリフレッシュできる

就活はいかに自分をアピールして、企業に自分を評価してもらうために行う活動です、

そのため、内定が貰えない日々が続くと、世間から必要とされていないと感じ自己否定されているような気持になります。

内定を貰えないと相当なストレスが溜まってしまうでしょう。

就活のみを考える日々が続くと、就活を放棄してしまう可能性も出てくるので、時には息抜きも必要です。

友人と遊んだりしてストレス発散するのも一手ですが、アルバイトなら就活を忘れることができてお金も貰えます。

定期的な気晴らしは必要で、就活のモチベーションにも繋がってきます。

社会人経験が得られる

アルバイト経験は履歴書の職歴に記載したり、面接の中でアピールすることができません。

しかし、アルバイトとは言え一応は社会に出て働いているので、社会人としての振る舞いやマナーを身に付けられます。

何もしていない既卒に比べて、アルバイトなりしていたほうが就活において有利になります。

既卒には職歴がなく、スキルや経歴をアピールできないので、人間性や積極性をアピールしなければ内定を貰えないでしょう。

些細なことでもいいので、自分をアピールできるポイントを身に付けていった方が良いです。

アルバイトをするデメリット

ここからはアルバイトをするデメリットを紹介していきます。

就活に十分な時間がかけられない

アルバイトと就活を並行して行うと、収入が入る分アルバイトを優先してしまい、就活に十分な時間を割けない人が出てきます。

就活を行うためにアルバイトを始めたにも関わらず、アルバイトを優先してしまうと本末転倒です。

本命の文句敵を忘れてしまわないように、優先順位を見失わないように気を付けましょう。

就活が上手くいかないとフリーターになってしまう

就活が上手くいかないと、「とりあえずフリーターとして生活しよう」という思いが強くなります。

そこで妥協してフリーターを選んでしまうと、将来的にかなり危うくなります。

フリーターとして生活しても最低限の収入は得られるので、生活に支障が出ることはありません。

加えてアルバイトの仕事内容は、責任が少なく、仕事量も少ないです。

フリーター生活はぬるま湯と言われており、一度フリーターを生活してしまうと、就活し正社員として働くことに抵抗感を感じてしまいます。

そのため「必ず正社員になって働く」という強い意識をもって就活するようにしましょう。

就活に支障が出ないようにアルバイトをしましょう

ここまで読んだ人ならわかるかと思いますが、就活とアルバイトを両立に大切なことは目標を見失わないように気を付けるということです。

就活に成功するまでの間、アルバイトをして生活費を稼ぐわけなので、優先順位を忘れず就活に支障が出ない程度にアルバイトを行いましょう。

夕方から夜にかけてバイトをする

基本的に就活は、企業が稼働している日中に面接などをして選考を進めていきます。

そのため、面接が入らない時間帯の夕方~夜にアルバイトを入れるようにしましょう。

日中にシフトを入れ過ぎてしまうと、面接の時間とバイトの時間が被ってしまう場合があります。

もちろん面接を優先しなければなりませんが、急にアルバイトに出られないとなると、アルバイト先に迷惑をかけてしまいます。

リスクを最小限に抑えるためにも、面接の時間とづらしてアルバイトをするようにしましょう。

短期アルバイトをする

シフトが一か月ごとに決まるアルバイトだと、就活の予定が見えないままシフトを決めなければなりません。

そのため、面接とアルバイトが被ってしまい、そのたびに予定を調整しなければなりません。

そのため、一か月単位でシフトが決まるバイトは好ましくありません。

短期アルバイトであれば、シフトが一週間ごとの提出だったりバイトに入りたい時にシフトに入れるので、かなり融通が利きます。

就活を優先して進められるので、就活にピッタリの働き方と言えるでしょう。

リクらくを活用して就活を成功させましょう!

既卒からの就活に不安や心配があれば、リクらくを活用して就活を進めてみませんか?

リクらくでは履歴書作成・面接練習・内定後のフローなど、既卒の就活に関する全てをサポート致します。

リクらくで受けられるサポートはすべて無料となっているので、経済的に不安を感じている既卒でも気軽に活用できます。

加えて、リクらく活用者の90%が内定を貰っており、高い実績を誇っています。

リクらくを活用して、既卒からの就活を成功させましょう!

あなたの電話お待ちしています!