中卒の平均年収とは?気になる給与事情や高収入を稼ぐ方法を解説

中卒の平均年収とは?気になる給与事情や高収入を稼ぐ方法を解説

仕事をしているうえで気になるのが、同年代がどのくらいの給料を貰っているかという点。

給料は仕事のモチベーションに直結するため、自分の収入が平均と比べてどうなのか気になりますよね。

また、一般的に学歴が低いとされてしまう中卒の平均収入がどのくらいなのか、中卒として働いている人であれば知っておきたいところでしょう。

そこでこの記事では、中卒の平均収入などの給与事情や、中卒の年収をアップさせる方法を解説していきます。

中卒の平均年収は約250万円

厚生労働省による2017年の賃金構造基本統計調査によると、最終学歴が中卒の人の平均年収は250.8万円という結果でした。

対して、高校卒の平均年収は264.8万円となっており、中卒の平均と大きくは変わらず、高専・短大卒の場合でも278.2万円です。

高卒・中卒では20代の平均年収にそこまで大きな差があるわけではないようです。

大卒になると平均年収額はぐっと上がり、369.7万円で中卒と比べると、約110万円もの差が出てきます。

学歴社会の傾向は消えつつあるものの、高学歴の方が高い収入が貰える傾向があるようです。

20代中卒の平均月収は21万円

上記の年収額から、それぞれ学歴別に平均月収を割ると以下のようになりました。

中卒 20.8万円
高卒 22万円
大卒 30.7万円

中卒と高卒でそこまで大きな差がないものの、大卒と比べてしまうと約10万円ものさがあることがわかります。

そのため、中卒が就職できる仕事の給与が低いという傾向が強いようです。

中卒の初任給は約15万円

中卒者の平均初任給の額は、職種よって異なるものの、約15万円前後。

中卒の初任給は、高卒者と約1万円の差、大卒とは約5万円の差があります。

出だしから給与が低く、平均年収からもわかるように、なかなか給与の差は縮まらないと言えるでしょう。

学歴別の20代平均月収を紹介

賃金構造基本統計調査を元に、30代・40代・50代の学歴別の平均年収を計算すると下記のようになりました。

中卒 高卒 大卒
30代 388万 409万 563万
40代 441万 474万 725万
50代 461万 500万 839万

上記の表を見てみると、大卒を除いて中卒と高卒でそこまで大きな差が無かったものの、年齢を重ねていくにつれて年収の差が開いていきます。

中卒の年収が低いのは企業規模が原因

中卒の年収が上がらず、他の学歴と差が開いてしまうのは、働いている企業規模が低いのが大きな要因です。

企業規模が小さいため、どんなに出世しても貰える収入額に限界があり、高卒や大卒と収入格差が生じてしまうのです。

大手企業で働いている場合は、一人当たりの仕事の規模が大きいため、それだけ報酬も高くなってきます。

また、大卒ばかりが働いている、収入が高い大手企業に中卒が就職できるかと言われるとほぼ不可能に近いでしょう。

昔よりも学歴社会の風潮は無くなっていたものの、やはり学歴はその人の経歴を証明するもので、学歴が高い方が優遇されます。

特に誰もが知る大手企業ほど、学歴を重視する傾向が強いため、企業側からすれば中卒は採用対象に入らない人材をされているでしょう。

中卒の給与事情はかなり厳しい

先述してきたように、中卒の給与はかなり低いという結果が出ているため、高収入は期待できないかもしれません。

しかし、上記の平均値はあくまでも一般的数値なので、中卒でも高収入を稼いでいる人はたくさんいます。

手に職をつけてスキルで勝負!

学歴に頼れない中卒が、他の学歴よりも高い収入を得るには、仕事のスキルで勝負するしかありません。

自分だけのスキルを身に付ければ、他の人では替えが効かないため、人材としての価値が上がりその分収入も高くなります。

仕事のスキルは、高校や大学を卒業したからと言って身に付くものではありません。

例えば、IT系の技術職やモノづくりの職人、営業のスキルなど。

一度スキルを身に付けてしまえば、そのスキルに需要がある限り、学歴に関係なく将来的にも役立ちます。

自分にどのような適性があって、どういう仕事に興味があるのかを見つめなおし、どのようなスキルが身に付けられるのか考えてみましょう。

起業も一つの方法

もう一つの手としては、自分で事業を作り上げて起業する方法があります。

ネットの普及によって現代では様々なサービスが増えており、それに比例して起業する人の数も多くなってきました。

起業をしてしまえば、自分が社長になるため、学歴は一切関係なくなります。

起業している人の中には、企業に関しての知識が全くない人もいて、全くの未経験から成功を収めている人もいます。

企業に成功して安定した収益が発生すれば、年収数千万どころか数億を稼げるケースもあります。

その反面、企業に失敗することで起こりうる、様々なリスクがあるということも理解しておかなければなりません。

効果的に中卒の年収をあげる方法を紹介!

それではここから、中卒の年収をあげる方法を紹介していきます!

今すぐに取り組める方法もあったりするため、積極的に様々な方法を取り入れてみましょう。

実力主義の業界に転職する

年功序列ではなく、自分の働き方や成果を評価してくれる、実力主義の企業に転職するのも1つの方法です。

実力主義の企業は給料制度が固定給ではなく、インセンティブ手当が占める割合が多いため、学歴や経験が無くても成果次第で高収入が得られます。

インセンティブ手当が付く職種には、営業職やITエンジニアなどが挙げられます。

上記のような企業では、勤続年酢や年齢によりも、仕事の成果が全てです。

たとえ学歴や経験が無くても、結果を残すことさえできれば、大きな見返りが得られるのが、インセンティブのある仕事の魅力です。

その反面、実力がない人はいつまで経っても収入が上がらないため、安定志向が強い人には向いていない職種かもしれません。

資格を取得して業務の幅を広げる

中卒でも資格を取得してから就活や転職をすれば、就職先の選択肢が広がり、高収入が得られる企業に入社できます。

資格には様々な種類があり、業務の幅を広げるための資格や、仕事のつくために必須となる資格などがあります。

転職して全く違う仕事をしたいと考えている人は、後者の資格がおすすめです。

また、今の仕事で業務の幅を広げていきたいと考えている人は、前者の資格が良いでしょう。

しかし、どちらの資格を取得するにしても、ある程度の時間資格勉強をして試験に合格しなければならないため計画を立ててから資格取得に動き出しましょう。

何も目的を持たないまま資格勉強を始めてしまうと、後々必ず後悔するはめになります。

中卒の就職に有利な資格8選!資格を取得して仕事に繋げよう!

高卒認定試験を受けて選択肢を増やす

高校に進学すればよかったと後悔している人は、高卒認定試験をうけるべきです。

高卒認定試験とは、高校卒業程度の学力がある証明になるので、大学や専門学校への進学も可能になります。

また履歴書に「高卒認定試験合格」と記載できるため、「高卒以上」の求人にも応募できるようになります。

高卒認定試験を受験して合格すれば、様々な選択肢が増えるため、中卒よりも高い収入を得られるでしょう。

中卒は高卒認定試験を受けるべき?合格すれば選択肢が広がります!

中卒でも働き方次第では十分に稼げる

中卒の平均収入こそ低い結果でしたが、働き方や転職次第では、中卒でも高収入を得ることが十分に可能です。

そのため、「中卒だから…」と肩を落とすことは全くありません。

自分だけのスキルを身に付けたり、資格などを取得して、前向きに仕事を取り組むようにしましょう。

中卒からの転職・就活にはリクらくがおすすめ!

中卒の人の中には就活の経験が少なく、どのように進めればいいのか分からない人も多いでしょう。

正しい就活の仕方を知っておかなければ、採用される可能性が極めて低くなり、採用されたとしても後悔の残る就活になってしまいます。

有意義に就活を進めれらて、尚且つ満足できる就活したい場合は、当サイトのリクらくがおすすめです。

リクらくでは、「未経験歓迎」「学歴不問」などの中卒からでも就職できる求人を多く抱えており、リクらくを活用した人の内定率は90%を超えています。

また、リクらくで受けられるサービスは完全無料となっているため、気軽に活用できるのも大きな特徴です。

あなたもリクらくを活用して、中卒からの就活を成功させましょう!

お電話お待ちしています!