【男女別】中卒でできる仕事16選|稼げるおすすめの仕事を紹介!

【男女別】中卒でできる仕事16選|稼げるおすすめの仕事を紹介!

中卒で正社員に就職できるのか不安な人、多いのではないでしょうか?

中卒というと世間的にもイメージが良くないし、実際に正社員求人を見てみても高卒を最低応募条件にしているものばかり。

中卒でも正社員に就職することは可能なのでしょうか?

今回の記事では、男女別に中卒でも正社員に就職できる仕事をランキング形式で紹介し、中卒の就職事情について解説していきます。

中卒から就職しようと思っている人は、ぜひこの記事を参考にして、自分に合った仕事を見つけてみて下さい!

中卒は就職できない!?中卒の就活事情や内定を貰うポイントを紹介!

【男女別】中卒からでも働ける仕事の特徴とは?

【男女別】中卒からでも働ける仕事の特徴とは?

「中卒だと就職先が無いのでは...?」と疑問を感じるかもしれませんが、実際のところ中卒の採用を積極的に行っている企業も多いので安心してください。

しかし、中卒からできる仕事は男女でかなり違いがあります。

男性と女性でそれぞれどのような仕事からニーズがあるのか紹介していきます。

中卒男性は体力仕事がメイン

中卒男性に需要がある職種には、建設業・工場・配送ドライバーなどと言った、主に体力を使う仕事が求人に多い傾向があります。

多くの中卒男性が、上記のような企業で働いている実績があるため、進路が決まっていない中卒男性は選択肢の1つに持っていてもいいでしょう。

しかし、世間的に人気とされている、広告業界やWEB業界などの人気業界には中卒から就職した実績がありません。

そのため、限られた選択肢の中から、就職先を選ばなければならないということを理解しておきましょう。

中卒女性はサービス業がメイン

中卒男性が体力仕事なのに対して、中卒女性は飲食関係やアパレルスタッフ、小売などのサービス業の仕事に就いている割合が高いです。

上記のような職種であれば、学歴よりも人柄やコミュニケーション能力を重視されるため、中卒からでも就職することができるでしょう。

また、働きが認められれば店長やマネージャーなどの役職に就くこともできるため、自分のキャリアを構成していくことも可能です。

このように「学歴不問」「経験不問」の中卒の未経験者を歓迎する求人の種類は意外に多く、その中には実力次第で高収入を狙える仕事もあります。

限られた選択肢から選ぶことになるものの、自分の適性に合った職種を見つけられるようにしておきましょう。

中卒女性が就職しやすい職種とは?就職しやすい職種と就職に役立つポイントを紹介

【男性編】中卒でできる仕事10選

【男性編】中卒でできる仕事10選

まずはじめに中卒の男性におすすめの仕事を紹介していきます。

中には中卒できるイメージのない仕事も交じっているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

工場作業員

工場作業員は、学歴に関係なく中卒からでも就職できる仕事です。

工場によって製造しているものに違いがあるものの、全ての企業で業務内容がマニュアル化されています。

そのため、どのような経験をしてきたとしても一からマニュアルで学んでいくため、学歴は全く関係ありません。

働き次第では、班長・主任・部長などと順調に昇進していくことが可能で、中卒からでも高収入を得られる可能性が十分にあります。

配送ドライバー

配送ドライバーは、運転免許を取得してれば、学歴に関係なく働くことができます。

仕事内容自体も、定められた区域に荷物を配送するだけなので、そこまで複雑な業務はありません。

深く考えてする仕事というよりも、ルーティーン業務の意味合いが強く、日々同じような業務をこなしていくことになるでしょう。

また、配送ドライバー以外にも、「長距離ドライバー」「タクシードライバー」など免許を持っていれば働けるドライバー系の仕事はたくさんあります。

現代ではネットショッピングがかなり普及しだしているため、慢性的な人材不足を抱えているため、中卒でも喜んで採用してくれるでしょう。

飲食業界

居酒屋・レストランなどの飲食業界も、学歴を問われる仕事ではないため、中卒からでも就職できる業界と言えます。

料理の腕ももちろん必要ですが、それ以上にお客様とのコミュニケーションスキルやその人の人柄が重要になります。

人と接するのが好きな人や、人を喜ばせるのが好きという人には、かなり向いている業界。

また、料理のスキルを磨いて、店舗経営のノウハウを学んでいけば将来的に自分の店舗を出店するのも可能です。

お店の経営が上手くいけば、複数の店舗を出店できて業務を拡大、年収1000万円も夢ではありません。

将来的に様々な可能性があるので、高い収入を得たい願望の強い人にもおすすめです。

販売・接客業

販売職とひと口に言っても取り扱う商品は様々で、コンビニやスーパーなどであれば日用品や食品、アパレル関係であれば洋服などです。

いずれも商品に関しての知識や、学歴を必要とされない業界になるため、中卒からでも就職することができます。

レジ打ちや商品の発注、お客様対応が中心的な業務になるため、複雑で頭を使う業務はほぼありません。

シフト制で休みもしっかりと取れるため、仕事とプライベートの両立も可能になるでしょう。

建設作業員

建設作業員は、家を作ったり道路工事をしたりと、主に体を使う仕事で中卒男性の割合が高い仕事の1つです。

建設業界の中でも様々な仕事があり、中には大卒からではないと就職できない職種もあるものの、現場の作業員であれば中卒からでも就職できます。

一昔前まで建設業界は、3K(汚い・キツイ・危険)と言われており、若い人材が集まらない業界とされていました。

しかし、現代では働き方が改善されて、一昔前ほど建設業界のイメージが悪くなくなってきています。

もちろん力仕事の外作業になるため、身体的に大変な面もあるかもしれませんが、その分だけ給与が高いメリットもあります。

また、平均収入が低い中卒の中でも、建設業界で働いている人の年収は平均よりも高い傾向があります。

公務員

終身雇用が決まっており、収入も安定しているため公務員は様々な年代から人気の高い職種になっています。

中卒で公務員になることなんて可能なのかと疑問に思う方もいると思います。

実は、公務員の種類によっては、学歴に関係なく試験に合格すれば公務員としてのスタートが切れます。

そのため公務員の試験に受かることができれば、中卒からでも安定した生活を送ることができます。

しかし、公務員試験に合格するには幅広い範囲の教養が求められ、合格難易度もかなり高いためかなりの勉強時間が必要。

半端な気持ちで公務員を目指しても合格する見込みはほとんどありません。

参考書を購入して独学で勉強するのもありですが、予備校に通って試験対策をした方が、合格率は格段に上がります。

予備校に通うのにはもちろんそれなりの費用がかかります。

自分の変えている状況を見つめなおして、最善の選択を取るようにしましょう。

中卒から目指せる公務員を解説!公務員になって安定した生活を手に入れよう

介護職

介護職は、現在人手が足りていません。

さらに少子高齢化社会に伴い、社会的な需要も今後右肩上がりになることが予測されます。

介護というと医療系と同様に特別な資格が必要になると思われがちですが、無資格でできる仕事です。

無資格でも働ける仕事ですが、介護福祉士やケアマネジャーなどキャリアアップできる資格も用意されています。

中卒でも介護士から相談員、最終的には施設長を目指すことができます。

施設長になれば、給与も中卒の平均を大きく越えてもらうことができます。

しかし人手不足の背景には体力的・精神的な辛さと給与の低さが関係しています。

離職率も高い仕事なので、一生の仕事にするならそれなりの覚悟が必要になります。

就職に悩む中卒には介護職がおすすめ!介護職の特徴や取得できる資格を紹介!

営業職

営業の仕事と聞くと、不動産や大手製造会社の花形営業を思い浮かべるので学歴が必要なのではないかと思うかもしれません。

しかし企業を選べば学歴関係なく入社することは可能です。

また大手企業でない限り、給与は歩合制をとっている企業が多く、そのため完全に実力主義で学歴は関係ありません。

中卒で最も稼げる可能性のある職種が営業職でしょう。

未経験でも営業に転職できる?求められるスキルや転職に成功する秘訣

女性でも営業職に転職できる!メリット・デメリットや成功させる秘訣

警備員

警備員も学歴に関係なく正社員になることが可能です。

警備員と言っても屋外で交通誘導をおこなう交通警備から施設内で巡回警備をおこなう施設警備、レアケースだと船の上で危険物のチェックをおこなう船上警備などがあります。

警備会社に入社して、各現場に派遣されるタイプと企業に直接警備員として正社員になるタイプがあります。

また警備員というと何か起きた時に対応しなくてはならないから危ない仕事なのではないかと思われるかもしれません。

しかし基本的に危険人物の対処などは、避けて警察を呼ぶように指導されるため、危険な目に合うことは少ないです。

警備員から内勤と呼ばれる管理側に回れることもあります。

派遣先の警備業務のなかには、万引きGメンなどのレアな仕事もあります。

IT業界

IT業界というと難しそうに聞こえます。

しかしWEBライター・WEBデザイナー・エンジニアなど様々な職種があり、経験があれば採用される求人もあります。

大学や高校に通っていなくても、独学でアプリやホームページ・PCを作った経験があれば優遇されるでしょう。

学歴というより成果物やスキルの勝負になってくるため、普段から興味があって自分で取り組んでいる方におすすめです。

未経験からプログラマーへ転職するには?求められるスキルと注意点

【女性編】中卒でできる仕事6選

【女性編】中卒でできる仕事6選

ここらは中卒の女性におすすめの仕事を紹介していきます。

コールセンター

商品やサービスの質問に対しての顧客からの問い合わせに対応する仕事です。

電話応対が中心業務なので、業務中は基本的に椅子に座っていることになるので体力的には楽な仕事です。

しかしクレームの対応や罵倒を浴びることもあるので、落ち着いて対応できる人でないと精神的に疲れてしまいます。

誰でもできるように見えて、意外と適性が必要になります。

事務職

請求書の処理や社員の勤怠管理をメインに行う事務職は、仕事量が落ち着いており、福利厚生が充実している傾向があるので女性人気の高い職種です。

デスクワーク中心で仕事内容はルーティン業務がほとんどなので、そこまで難しい仕事があるわけではありません。

そのため、中卒女性でも就職することができます。

残業や急な休日出勤などもほとんどないので、ワークライフバランスを重視したい女性にもおすすめです。

しかし、女性人気が高い分求人倍率が高い傾向があるので注意しておきましょう。

アパレル店員

ショッピングモールや路面店などで洋服などを販売するアパレル店員は、接客力やコミュニケーション力が求められる仕事です。

学歴や経歴はあまり重視されていない傾向があるため、中卒女性でも就職することができます。

アパレル業界は女性の割合が多く、女性に嬉しい福利厚生や手当てがついており、伸び伸びと働けます。

仕事もシフト制で不定休ではあるものの、勤務時間はある程度決められているため、残業がほとんどありません。

ファッションやおしゃれが好きな女性にとてもおすすめです。

ネイリスト

ネイリストは学歴や経歴よりもスキルが重視されるため、独学でネイルに関する知識やスキルを身につけておけば中卒でも就職できる職種です。

未経験からだとはじめはサポートメインになるかもしれませんが、職歴を積んでスキルを磨いていけば、担当のお客さんを持つことも可能。

ネイルに関する資格を取得することによって、仕事の幅が広がるので、年収アップ・キャリアアップにつながります。

手先が器用でかわいいものが好きな女性にはとてもおすすめです。

ウエディングプランナー

ウエディングプランナーは結婚式の企画から運営、終了後のサポートまで、結婚式に関する全てのフローに携る仕事です。

結婚をする女性はもちろん、親族にも喜んでもらえるような式にしなければならないので、感性や企画力が求められます。

一生に一度の晴れ舞台をサポートする華々しい仕事でもあるので、女性人気が非常に高い仕事でもあります。

中卒の未経験女性でも適性があれば就職できますが、ウエディングに関連する資格を取得しておくと就活にはもちろん、その後の仕事にも役立ちます。

ウエディングの資格は学校に通わず、通信教育のみで取得できるものもあるので、就活前に資格を取得しておくことをおすすめします。

美容部員

大型デパートやショッピングモールなどで、化粧品やコスメを販売する美容部員も学歴や経歴が求められない仕事なので、中卒女性でも就職できます。

職場は女性メインで女性が働きやすい環境が整っているのも、美容部員の魅力の一つ。

社員割りがあることも多く、販売しているコスメや小物などの商品を手軽な価格で購入できる女性に嬉しい制度もあります。

また職場には男性がいないため、人間関係で悩むリスクも少ないでしょう。

中卒の就職事情とは?

中卒でも正社員になりやすい職種を紹介してきました。

しかし実際に中卒は、どれだけ正社員になれているのか。

下記から中卒の就活事情について解説していきます。

中卒は正社員比率が低い

厚生労働省が調査した「平成30年若年者雇用実態調査の概況」によると、学歴別の正社員比率は以下のようになりました。

中卒 35.4%
高卒 56.3%
大卒 80.9%

この調査結果から、中卒として就職した人は、約3割しか正社員として就職できていないということが分かります。

学歴が上がるごとに正社員比率は上昇し、大卒にもなると約8割の人が、正社員として働いています。

そのため、中卒の大半は正社員以外のアルバイトや派遣社員として非正規雇用。

中卒の就職状況の難しさがこの調査結果から分かります。

それではなぜ、中卒は正社員として働いている割合が低いのでしょうか?

企業は中卒に対して不信感を抱えている

企業は中卒に対して、以下のような不信感を抱えています。

上記のような先入観から様々な不信感を抱えてしまい、中卒の採用にも積極的になれない企業が多くなっています。

そのため、採用するにしてもアルバイトや契約社員などで雇用し、正社員として雇用する気が無い企業がほとんどです。

学歴社会ではなくなったものの中卒は風当たりが強い

一昔前までは、学歴社会と言われており、学歴が無ければ就職できないと言われておりました。

しかし、昨今では誰でも大学に入れる時代になったため、学歴の価値は下がっています。

また、どこの業界でも若い人材が不足しているため、若い人材のニーズが高まってきており学歴が全てではなくなりました。

しかし、学歴が全てではない時代になっても、中卒は就職活動において風当たりが強いです。

金銭的・社会的にも高卒・大卒と中卒の間には、大きな壁があるようです。

中卒の割合はどのくらい?中卒から就職する際に有利になるポイントは?

就活の仕方がわかっていない中卒が多い

そもそも就活の仕方がわからない中卒の人が多いです。

正社員になれるにも関わらず、その方法・行動の起こし方がわからない人がいます。

たしかに世の中に溢れている就活サイトや転職サイトの求人には応募条件として大卒や高卒であることを求めているものが多いです。

そのため、中卒の就活の仕方は絞られます。

求人サイト以外の就活方法を思いつかなければ、当然正社員になれる人の数は減りますよね。

フリーターが就職するためにやるべき4つのことと成功が近づく6つの方法

中卒の就職を成功させる5つの方法

中卒の就職を成功させる5つの方法

中卒からでもできる仕事はたくさんあります。

しかし、就活方法が分からない人も多いでしょう。

いくら求人があったとしても、その求人を見つけてエントリーしなければ何も始まりません。

そこで、ここからは中卒の仕事の探し方を紹介していきます。

大きく分けて5つの方法があります。

求人サイトに登録する

就職先を探す一番手軽な方法は、求人サイトです。

求人サイトには様々な職種・業種の求人が掲載されており、携帯1つで24時間いつでも求人情報を見ることができます。

また、エントリーも24時間できるため、自分の気になる企業の求人があったらすぐにエントリーができます。

求人サイトに登録していない人がいたら、すぐにでも登録して求人を日ごろからチェックする癖をつけましょう。

就活エージェントを活用する

求人サイトの場合は、企業選び・エントリー・履歴書の送付・面接日の調整などを全て一人で行わなければなりません。

就活をしたことの無い中卒にしてみれば、不安なことや分からないことが多々出てくるでしょう。

しかし、就職エージェントを活用すれば、専任のエージェントが全て就活を進めてくれるため不安や疑問を感じずに就活ができます。

就活エージェントは様々な企業が行っているサービスですが、中卒からの就活には、当サイトのリクらくがおすすめ。

この記事の最後にリクらくの詳しい説明をしているので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

アルバイトや派遣社員から正社員登用を狙う

現時点でアルバイトや派遣社員として働いている人は、正社員登用制度を使って、今働いている企業に正社員として就職することも可能です。

ある程度仕事内容を理解した状態で正社員になれるため、正社員になったともいち早く活躍できるでしょう。

しかし、企業によっては正社員登用の制度がない企業もあるため、仕事先の正社員聞いてみると良いでしょう。

知り合いに仕事を紹介してもらう

今まで述べてきた仕事の探し方とは少し毛色が変わるものの、友人や知り合いから仕事を紹介してもらうのも一つの方法です。

紹介してもらえる分、あなたに対しての信頼があるため、他の方法で就職するよりも採用される確率が高くなります。

求人サイトや就職エージェントでは出会えない仕事が見つかるケースもあるので、一度周りの人に仕事がないか聞いてみると良いでしょう。

高校卒業認定資格を取る

高校卒業認定資格とは、学歴が高卒になるものではありません。

しかし高校卒業と同程度の学力があることを証明できる国家資格です。

世間的にも認知されており、応募条件に高卒を設定している求人でも、
よく見てみると「高卒以上、もしくは高校卒業と同程度の学力を持つもの」のように高卒認定資格持ちは高卒と同様の扱いを受けることができます。

この資格の有無で就職の選択肢が広がります。

とくに公務員を目指す場合、高校卒業認定資格の所持が必要な場合があります。

中卒なら取っておいて損のない資格です。

中卒は高卒認定試験を受けるべき?合格すれば選択肢が広がります!

中卒者の平均年収はどれくらい?

職種・業種にもよりますが、中卒者の平均初任給額は高卒と1万円の差、大卒とは約5万円の差があります。

参照:平成28年賃金構造基本統計調査|厚生労働省

こうしてグラフにしてみると、中卒が一番平均年収は低いです。

やっぱり学歴なのか…と思ってしまいがちですが、実は大卒以外の学歴であれば平均年収はさほど変わりません。

たしかに大卒と比べると平均年収は下がってしまうかもしれませんが、努力次第で中卒でも高卒・短大卒より稼げる可能性は十分にあります。

中卒=給与が低いと諦めてしまわずに、ポジティブに就職活動をしていきましょう。

中卒から高収入を得るには?高収入が得られる職種や資格を解説!

「中卒」「高校中退」は履歴書に正直に書きましょう

履歴書を作成する際に、「中卒」「高校中退」と書いてしまうと、就職に不利になってしまうため、記入しないで履歴書を提出すると学歴詐称になります。

嘘をついてしまうと、その後の将来にも影響してきたり、最悪の場合には解雇されてしまうケースもあります。

そのため、どのような理由があるにしても、学歴や経歴は正直に書くようにしましょう。

中退理由は履歴書とは別の用紙に書く

高校を中退する人の理由は人によって様々です。

「単純に勉強が嫌になった」「学校に行くのが面倒くさくなった」などの個人的な理由の場合は弁明できる可能性が低いです。

しかし、「経済的な理由により学校に行けなくなった」「いじめを受けていた」などの理由であれば、伝え方次第では高校を中退していてもハンデにならない場合があります。

そのため、中退理由を伝える際には、履歴書と別の用紙に中退理由を明記するようにしましょう。

中退理由を書く際のポイントは、

上記の要素を盛り込んで書くようにしましょう。

若い年代であればこの先いくらでも取り返しができるため、前向きな姿勢を伝えて、仕事に意欲的な姿勢をアピールしましょう。

中卒の履歴書作成のポイントを解説!正しい書き方を理解して就活を成功させよう

中卒におすすめの資格はある?

中卒におすすめの資格はある?

中卒でも就職は不可能ではありませんが、高卒と比べるとどうしても求人が少なくなってしまいます。

この仕事がしたい!と思っても書類で落とされてしまうことが多いでしょう。

企業側が懸念している「中卒」というハンデをなくすために有効な資格が「高卒認定試験」です。

高卒認定試験に合格すれば、高校卒業と同程度の学力があることを証明できるだけではなく、「学ぶ意欲がなかったわけではない」という証明になります。

「宅地建物取引士」「簿記」「登録販売者」などの資格を取る方も多いですが、中には資格受験の資格が高校卒業となっていることもあります。

就職する上で有利に働くので、取っておくことをおすすめします。

中卒の就職に有利な資格8選!資格を取得して仕事に繋げよう!

中卒からの就職に不安を感じたらリクらくを活用

中卒は就活の経験がない人がほとんどだと思うので、終活の中で不安や疑問を感じやすい事でしょう。

当サイトのリクらくでは、若い年代の就活に力を入れており「未経験歓迎」「学歴不問」の求人を多く取り扱っています。

そのため、中卒からでもハンデを感じずに就活を進めることができるでしょう。

また、リクらくでは履歴書の作成・面接対策・内定後のフローなど、就活に関する全手のサービスが無料で受けられます。

加えて、リクらくを活用して就活した人の90%を超えており、安定した実績を誇っています。

あなたもリクらくを活用して、中卒からの就活を成功させましょう。