20代で3回の転職は多い?転職回数が与える影響と転職に成功する秘訣

20代で3回の転職は多い?転職回数が与える影響と転職に成功する秘訣

「中々自分の条件に合う企業が見つからない」
「仕事をしてみてもしっくりこない」
「今よりも条件の良い企業で働きたい」

…などの理由から、転職回数が多くなってしまっている人が多いです。

何度も転職を繰り返している人が気になるのは、転職回数が転職活動に響くのかということですよね。

今回の記事では転職が3回目の人にフォーカスを当てて、転職回数が転職に影響するのかどうすれば転職が上手くいくのかなどを紹介していきます。

「次が3回目の転職だ…」と思っている人はもちろん、それ以上に転職しているひとは、是非この記事を参考にしてみて下さい!

企業から見て20代で3回の転職は多い

20代で3回転職している人、企業から見て多いと思われます。

1つの企業を3年未満で退職している場合が多いので、短いスパンで転職を繰り返してしまうと、企業からの印象が悪くなってしまいます。

転職回数を気にしない企業も中にはありますが、ほとんどの企業で転職回数は、採用基準にされているおり重要な要因です。

転職回数が多くなると転職難易度が高くなる

なぜ転職回数が多くなると、転職の難易度が高くなるのでしょうか?

考えられる要因は以下の通りです。

それぞれ見ていきましょう。

採用してもすぐに辞めてしまう

企業が採用活動をするときに、一番懸念しているのは入社した人が早期に退職してしまうことです。

採用した人が早期退職してしまうと、再び採用活動を行わなければならず、かなりの二度手間になってしまいます。

また、採用活動は様々なコストや手間がかかるので、気軽に行うことができません。

そのため、入社する人が長期間勤務する意欲があるかを、採用基準の1つにしている企業が多いです。

転職活動が多いと、早期退職してしまうのではないかと不信感を持たれてしまうので、採用される確率がかなり低くなってしまいます。

採用担当者が抱えている不信感を払拭しないと、採用される可能性がかなり低くなってしまうでしょう。

スキルや知識が身に付かない

1つの企業に長く勤務していれば、たくさんの業務を覚えられて、様々な業務をこなすのではば広い知識やスキルが得られます。

対して、転職を繰り返している人は、一定の仕事しかこなしていので身に付いているスキルや知識が少ない傾向があります。

そのため、転職でアピールできるスキルや知識やスキルが少なく、企業から魅力的な人物に見られず採用される可能性が低くなります。

年齢が高くなるにつれて、人柄やポテンシャルを重視されなくなり、スキルや経歴を重視されます。

企業側から見ても、スキルが無い20代後半は敬遠されてしまう人材と言えます。

退職することに慣れてしまう

仕事をしていると、どんなに環境の良い職場で働いていても、何かしらの不満やストレスが溜まります。

ストレスや不満を感じても、社会人であれば仕事と割り切って、多少は我慢する力が必要です。

しかし、転職回数が多いと、嫌なことがあったり少しストレスを感じただけで退職してしまうと思われてしまいます。

先述しましたが、企業は採用した人がすぐに退職してしまうのを懸念しています。

そのため、継続力や忍耐力が無いと判断されてしまうと、一気に内定が遠のいてしまいます。

20代が抱える悩みをランキング形式で紹介!あわせて解決法も伝授します

3回目の転職で上手くいく人もいる

転職回数が多くなると、様々な不安要素が生まれて、転職難易度が高くなります。

そのため、3回目の転職はそれまでの転職よりも中々内定が貰えないかもしれません。

しかし、企業が求めているニーズに応えれば、3回目の転職でも志望する企業に転職できる可能性があります。

ここからは、3回目の転職で成功するためのポイントを紹介していきます。

退職理由に一貫性がある

転職回数が多い人に対して、第一印象こそ良くないものの、しっかりとした退職理由があれば企業からの印象を良くすることが可能です。

何も転職理由が多いという理由だけで、選考から外されてしまう訳ではないので安心してください。

企業の不信感を払拭するには、これまでの退職理由に一貫性を持たせる必要があります。

そのため、これまでに経験してきた仕事を振り返りどういう点が嫌だったのか、転職先に何を求めて転職を繰り返したのかを考えてみましょう。

例えば、自分独自のスキルを身に付けたいと考えた人は、キャリアアップするための退職という理由で一貫性を持たせられます。

「今よりも高収入の会社に転職したい」などの理由だと、仕事に関係していないので、企業からマイナスの評価をされてしまいます。

伝え方に工夫して、企業が納得するような転職理由を伝えましょう。

具体的な経験・エピソードを基にスキルや人柄をアピールする

スキルや経歴を企業に伝える際に、「○○の経験があります」と簡易的に伝えてしまうと、効果的なアピールになりません。

スキルを伝える際には、具体性を持たせるために、エピソードを交えつつ伝えるようにしましょう。

その際には、必ずしも成功経験やプラスのエピソードである必要はありません。

挫折や失敗したエピソードでも、失敗を基にして、現在は前向きな姿勢を伝えられれば大きなアピールになります。

これまでの経験を振り返って、話せそうなエピソードや仕事の経験を考えてみましょう。

明確な将来ビジョンを持っている

「御社に入社したら○○の仕事で○○万円の売り上げを達成したい」
「入社して3年以内にはチーフとして、部下をまとめるポジションに就きたい」

上記のように将来への明確なビジョンを持っていると、大きなアピールになります。

将来の目標が定まっていれば、その目標に付随した行動がとれるので、入社後に何をすべきかが明確になります。

また、仕事への意欲をアピールできるので、長期間勤務することを間接的に伝えられます。

転職回数が多い20代が内定を貰うポイント

それではここからは、転職回数の多い20代が内定を貰うポイントを紹介していきます。

この章で説明するポイントを理解しておけば、採用率もぐっと上がります。

転職回数を気にしない業界に転職する

業界によっては、転職回数を気にしない業界があります。

IT業界やWEB業界などは転職回数を気にしない業界で、未経験から始める人が多く、1から始められる業界と言えます。

社会人としての基本的なマナーや、仕事への前向きな姿勢をアピールできれば、採用される可能性が十分にあります。

また、仕事のカリキュラムが完全マニュアル化されている販売業や、スキルよりも人柄を重視される営業職なども転職回数を考慮されません。

そのため、転職活動の視野を広げて、様々な業界に興味を持つようにしましょう。

20代転職者のホワイト企業の見分け方とは?ホワイト企業の特徴を理解しましょう

人手不足の中小企業を狙う

転職回数が多い人の中には、大手企業に転職したいと考えている人が多いです。

大手企業に入れば、高い収入が貰えて福利厚生や様々な手当てが整っています。

加えて、仕事の規模が大きく、数百人規模のプロジェクトに関われるので幅広く質の高い仕事ができます。

そのため、幅広い仕事のスキルが身に付き、キャリア形成も図れるでしょう。

しかし、大手企業に転職するのはかなり難易度が高く、中途採用枠では即戦力となる人材しか採用していない場合があります。

3回目の転職で大手企業に入社するのは、可能性が限りなく低いです。

その点、中小企業であれば採用基準が低く、3回目の転職でも十分に入社できる可能性があります。

また、中小企業の場合は人数も少ないので、昇進できる可能性が高いです。

大手企業だと社員がたくさんいるので、中々昇進のチャンスが回ってこないでしょう。

転職エージェントに相談する

転職回数がネックになってしまい、転職が上手くいかないと感じる人は、転職エージェントを活用してみましょう。

自己分析の手助けや書類の作成、模擬面接など、転職に関するあらゆるサポートが受けられます。

また、今後のキャリアを考える時に必要となる、キャリアの立て方や業界の動向などが教えてもらえるため心強いでしょう。

転職エージェントは数多くあるので、どれにすればいいか悩んでいる人は、当サイトのリクらくがおすすめです!

当サイトのリクらくではあなたの転職をサポートします

「転職が上手くいくか不安」「転職回数はどのように説明すればいいのか」など転職に困ったことがあれば、リクらくを活用してみましょう。

リクらくでは、一人一人に専属のエージェントが付いて、あなたの悩みや不安を聞き取りしつつ納得のいく転職が出来るように万全のサポートをします。

現にリクらくを活用している人の90%以上が内定を貰っており、非常に高い転職率を誇っています。

また、リクらくで受けられるサービスは全て無料となっているので、気軽に活用してみてください。

あなたのお電話お待ちしています!