仕事を辞めたいと思ったらすべき行動はコレ!言い出せない対処法を解説

仕事を辞めたいと思ったらすべき行動はコレ!言い出せない対処法を解説

業務量が多すぎてプライベートと両立できない…。
仕事内容が嫌だ…。
人間関係が悪い…。

仕事を辞めたい理由は、人によって様々。

しかしなかには、
上司に怒られたり、ミスをしてしまった時に一時的に

仕事を辞めたいと思ったらすべきこと

仕事を辞めたいなと思ったらすべきことを紹介していきます。

かっとなって急いで退職する前に絶対におこないましょう。

でないと、仕事を辞めたことを後悔してしまいますよ。

辞めたい理由を明確にする

辞めたいと思ったら冷静になって辞めたい理由を明確にすることが大事です。

仕事を辞めたい理由は人それぞれ。

残業が多い、人間関係の悩み、給与関係の悩みなど、仕事を辞めたい理由を大きなことから小さなことまで、すべて紙に書きだしてみましょう。

紙に一覧として書き出すことで、
自分の悩みや不満が簡単に解決できる大したことない悩みだったとわかることもあれば、
不満を多く書き出せたことで、こんなに多くの悩みを抱えていたのかと自覚することもできます。

簡単に解決できることかそうでないか、そもそも解決が難しいもんではないかなどを考えるために辞めたい理由を明確にしましょう!

退職後の生活をイメージする

仕事を辞めたあとの生活や将来像をイメージしてみましょう。

仕事を辞めて生活できるほどの貯金があるのか。
失業手当は貰うことができるのか。
今の仕事を辞めて次はどのように生計を立てていくのか。

仕事は、徹頭徹尾、生活するためにおこなうものになります。

なんのプランもなく、仕事を辞めてしまうと必ず何かしらの支障が出ることがあります。

仕事を辞めるにしても、今すぐ仕事を辞めても問題なく生活していける、なんの支障もでないことがわかってから辞めるようにしましょう。

「なんとかなるでしょ」と楽観的に辞めてしまうのは危険です。

失業保険が貰えるまで働いてみる

失業保険の貰える条件は、被保険者になってから1年以上たっている場合です。

新卒や中途で入った会社を1年未満で辞める場合、自分が現在どれくらいの期間働いているかを計算しましょう。

9ヵ月や10ヵ月働いている場合、今すぐ辞めてしまうのはもったいないです。

もう少し頑張って一年間働けば、失業保険を貰うことができます。

もちろん失業保険を貰うまで会社を続けることなんてできないと思う方もいらっしゃると思います。

しかし失業保険が貰うことができれば、退職後の生活が安定します。

どうせ辞めるという気持ちでいれば、精神的にも幾分か楽に仕事がおこなえるのではないでしょうか?

今つらい理由は仕事によるものだけか考える

現在つらい理由は仕事によるものだけでしょうか?

仕事が現在の生活のつらい理由の大きな要因である場合、現状自分に起きているつらい理由をすべて仕事のせいにしてしまいがち。

たとえば、恋人とうまくいっていないのは仕事が忙しくて会えないから…というような感じですね。

実際は、自分の行動のせいで恋人に引かれている可能性もあります。

仕事を辞めたからといって確実に解決できる問題ではないのです。

家族・友人に相談する

仕事を辞めたいと感じたら、家族や友人など頼れる人に相談してみましょう。

自分一人で考えてしまうと、偏った考えになりがちです。

仕事を辞める行動が絶対に正しいと思い込みます。

相談をすることによって客観的な意見を貰える可能性もあります。

そうすることで悩んでいた不満が簡単に解決できるものだと気づけることもあるのです。

また単純に不満や悩みを愚痴という形で聞いてもらうだけで、すっきりして続けてみようという気持ちにもなります。

転職エージェントに相談する

仕事を辞めたい意志も固く、すぐに転職活動を始める場合、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

在職中に転職活動をおこなうなら、転職活動に割ける時間や日数が限られます。

退職後におこなうにしても生活資金など苦しくなることが想定されます。

どちらにしても、できるだけ短い期間で転職先を決めた方がいいです。

その場合に役立つのが転職エージェント。

相談者のスキルや経歴に合わせた会社を紹介してもらえるので、ミスマッチを防げるため、転職活動が早期に決着しやすいです。

仕事を辞めたほうがいい状況

仕事を辞めたいと思った時に、一度辞めたい理由を考えた方がいいと言いました。

しかし、冷静に考える余裕がない状況も存在します。

冷静に仕事を辞めるか考える余裕もないほど追い込まれているなら、それはもう辞めた方が良い状況と言えます。

下記からそんな仕事を辞めた方が良い状況を紹介していきます。

精神的に病んでいて、鬱状態になっている

仕事が激務。
上司や同僚との人間関係がうまく作れていない。

人の精神面は、思っているより脆いです。

普段元気そうにしている、実際に元気にふるまえていても心は疲弊しています。

仕事のせいで鬱状態になりかけている場合、すぐに会社を辞めた方がいいです。

鬱は、私生活にも大きく影響を及ぼす病気です。

メンタル面がきつくて辞めるなんて、甘えだと思わずに精神が完全にすり減る前に仕事を辞めるべきです。

人間関係が悪い

人間関係の問題は、簡単そうに見えて解決が難しい問題です。

自分が人に合わせて性格を変えることは難しいですし、自分に合わせて他人が性格を変えてくれるわけありません。

会社には、それぞれ雰囲気、企業カラーや社風が存在します。

そのため、会社の上司や同僚の多くと人間関係がうまくいっていない、うまく馴染めない場合は、辞めた方が良い状況といえます。

人間関係や自分の気持ちを業務に持ち込まないのはビジネスマナーです。

しかし人間は完璧ではありません。

どうしても個々の気持ちを業務上のコミュニケーションにも持ち出してしまうものです。

人間関係の問題は、精神的にすり減りやすいですから、病まないためにも辞めるべき理由の一つといえます。

現在の仕事に向いていないと感じるとき

仕事に向き不向きなんてない。
数年間やってみないと適性なんてわからない。

これらは、その仕事に向いている人達の意見です。

自分のことは、自分が一番わかるもの。

半年ていど続けてみて、現在の仕事に向いていない、つまらないと感じたら転職して仕事を変えてみるのもいいでしょう。

実際の向き不向きは別として、仕事に向いていない、つまらないと感じたまま続けていてもモチベーションも上がらずに結局結果はでません。

またそのように感じる場合、仕事の業務内容よりも仕事環境のせいでつまらないと感じている可能性もあるので、どのみち辞めるべきなのかもしれません。

給料に納得いっていない

自分の業務量に対して、会社から支払われる給料に納得がいっていない場合、辞めて転職した方がいいでしょう。

年収が大きく上がるタイミングは限られています。

出世した時と転職した時です。

年功序列で出世も先という場合、転職して給料を上げた方が良いです。

みんなの仕事を辞めたい理由を紹介

仕事を辞めたいと感じた時に思うのは、自分の辞めたい理由は、本当に仕事を辞める理由としてあっているのかですよね。

こんなことで仕事を辞めていいのか、不安になってしまって、会社に言い出すのをためらってしまいます。

そこでみんな辞めたい理由を紹介します。

見てもらえばわかります。

みんな同じような理由で辞めたいと思うのです。

人間関係

同僚が気に食わない。
上司と馬が合わない。

嫌いな人と接するのは、ストレスがたまるもの。

一度嫌いだと思ってしまうと業務上必要な最低限のコミュニケーションでさえ、なんともない会話でさえ、いちいち感に触るようになってしまいます。

人間関係は、簡単に解決するものではありませんから辞めたい理由としてかなり多くの人が挙げる理由です。

人間関係程度で辞めたいなんて甘いかな?と思う必要はありません。

評価されない

同僚よりも結果を残しているのに、同僚の方が上司や会社から評価されている…。

会社の評価は何も結果だけではありません。

人柄であったり、結果より組織にとって有意義なことができていたりと会社にとって評価基準は異なります。

人間、評価されない状態はきついです。

転職して自分を評価してくれる会社にいくために、退職を決意するのです。

評価されない理由で会社を辞めるとなると、逃げるようになってしまうと思いがちです。

しかし自分を評価してくれる環境に行くほうが、個人にとっても組織にとっても良いと思います。

給与が低い

同じ業界なのに他の会社A社は、自分の年齢で自分よりも多く給料をもらっている。

入社してすぐは、仕事をこなすことに精いっぱいで、他会社社員との給料の差なんて気にする余裕はありません。

特に新卒時は、他の会社と比べてもほとんど給与は変わりません。

しかし入社して年月が経つと同じ業界でも会社によって昇給やボーナスの差で明確に給料の差がついてきます。

そうなると自分の給与に不満がでてきてしまいます。

転職は出世と同じくらい人生において給与が上がるチャンス。

収入のアップを目指して会社を辞めるのです。

ライフワークバランスが良くない

仮に給料が良くても、仕事が忙しく、プライベートでお金を使う余裕がなければ意味がありません。

ノーワーク、ノーライフというくらい仕事が命の人間ならそれでも問題ないのかもしれません。

しかし多くの人間は、私生活と仕事のバランスを重視します。

趣味の時間だって割きたいですよね。

よってこの理由も辞めたい理由に多くランクインするものになります。

なにを重視するかは、人によって様々です。

これも甘えと思われがちですが正当な理由だと思いますよ。

仕事内容

あーこの仕事面白くない。
この仕事は自分に向いていないんじゃないか…。

一日のうち8時間以上おこなうことになる仕事。

その仕事に不満を持ってしまうと、当然人生も面白くなくなります。

そのため、仕事内容は辞めたい理由としてありがち。

学生時代にやりたいことがわからずに、とりあえず就職した場合に働いてるうちにやりたいことが見つかったパターンなどもこれに入ります。

嫌なことでも生きていくために我慢して働くもの、という認識はもう古いです。

日本は好きなことをしても最低限生きていけます。

単純に働くのが嫌になった

働かずに収入があるならそっちの方がいいですよね。

結局、続ける辞めたいなんて生きてくために仕事が必要で、そのなかでマシな仕事環境かどうかって話です。

できるなら働きたくない人が大半を占めると思います。

しかし生きていくためにしょうがなく仕事をする。

そうなると当然、退職後の生活が成り立たなくなっても、何も考えずに仕事を辞める人もいます。

単純に働くのが面倒になってしまう人がいるのです。

辞めたいと言い出せない時の対処法

仕事を辞めたいと思っても、気まずくて会社や上司に言い出しづらいですよね。

辞めたいと思っている、辞めることを決意しても言い出せない時の対処法をお伝えいたします。

会社の閑散期に伝える

会社が忙しい繁忙期に言い出すのは避けましょう。

多くの場合、聞く耳も持たれずに繁忙期が終わるまでは続けて欲しいと言われます。

伝えてしまうことで気まずくなりますし、繁忙期に伝えてもいいことはありません。

閑散期なら引き継ぎが済めば、すぐに辞めることができるでしょう。

忙しくないので社内の雰囲気もピりついていないので、比較的言いやすい時期になります。

退職代行業者に頼む

様々な就業規則があったとしても、法律で二週間前に退職の意思を伝えれば退職は可能です。

自分で伝える決まりもありませんし、自分が退職手続きを書かなくてはいけない法律もありません。

退職を伝えるのも気まずい、退職を伝えたあとに会社に残るのも気まずい…。

そんな場合は、退職代行業者に依頼をしましょう。

退職代行業者なら面倒な手続きをすべて業者が代わりにやってくれます。

自分は有給を使うなり、なんなりで会社と縁を切ってやめてしまいましょう。

ただしあまりにも不義理なので、最終手段として候補にしときましょうね。

体調不良を理由にフェードアウトする

体調不良を理由に少しずつフェードアウトしてしまうのも手です。

人間は弱きものにやさしいものです。

病気の人をいたわってくれます。

あなたも病気が理由で会社を辞める人に対しては、仮に繁忙期だとしても大変だなぁ…と思いますよね。

転職したいと考えるほど追い詰めているなら、あなたはある意味、精神的に弱っている状態と言えます。

徐々に会社を休む回数を多くして、徐々にフェードアウトしていきましょう。

仕事を辞めたいと思ったらリクらくに相談

仕事を辞めたいと思ったら、転職エージェントのリクらくに相談しましょう。

仕事をしながら転職する場合、自分一人の力では、なかなか面接までこぎつけることは難しいです。

その結果、転職期間が延びてしまい、仕事がいつまでも辞めれない状態になってしまいます。

また退職後に転職活動をおこなう場合も、一年以上働いてる場合は失業保険が貰えるので、しばらくは問題ありません。

しかし、無職の期間が長引くほど転職には不利になります。

失業保険がない場合は、生活するためのお金がなくなってしまいます。

リクらくではあなたのスキルにマッチする会社を紹介してくれるため、ミスマッチが起こりにくく、転職活動を早期に終了させやすいです。

仕事を辞めたいと思ったら、まずはリクらくに相談するのがおすすめです!