【2021年最新】稼げる資格18選!資格を取得して高収入を狙おう!

【2021年最新】稼げる資格18選!資格を取得して高収入を狙おう!

「特別な資格を取得してお金を稼げる仕事に就きたい!」

資格を取得していれば、その資格に関するスキルや知識があることを証明できるため、修飾や転職に有利です。

また、資格の中にもお金を稼げる資格・あまり稼げない資格があるため、取得する資格によって年収が大きく左右されます。

どうせ働くのであれば、稼げる資格を取得して高収入を稼ぎたいですよね。

そこでこの記事では、数ある資格の中で稼げるおすすめの資格18選を紹介していきます。

お金をたくさん稼いで裕福な暮らしをしたい人は、ぜひチェックしてみて下さいね。

ビズリーチ 広告ボックス用
公開求人数 約127,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 30代~50代
主な職種 IT関連・エンジニア・マネージャ―など
注目ポイント
  • 年収1,000万円以上ハイクラス求人多数!
  • 厳選された企業と直接コンタクトが取れる
  • 一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く!

高収入の仕事は資格が必要なケースがほとんど

資格を取得しようと考えている人に覚えておいて欲しいのが、高収入の仕事のほとんどで資格が必要だということ。

資格を持っていないとその仕事にそもそも就職すらできないケースもあります。

と言うのも、高収入の仕事のほとんどが専門的知識を必要とされるため、有資格者のみしか採用対象に入っていないのです。

職種によって求められる資格が異なるため、どの職種を目指すのかをはっきりとさせてから、資格取得を目指しましょう。

儲かる仕事を16個厳選紹介!儲かる仕事に就く方法も解説

ビズリーチは高収入の求人を多数掲載!

ヘッドハンティング型の転職サイトであるビズリーチは、年収600万円以上のハイクラス求人を多数掲載しています。

そのため、わざわざ資格を取得しなくてもビズリーチを利用して転職を成功させれば、高年収を得られるのです。

中には年収1,000万円の求人も掲載しているので年収アップを狙っている人はぜひ利用してみてください。

ビズリーチ 広告ボックス用
公開求人数 約127,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 30代~50代
主な職種 IT関連・エンジニア・マネージャ―など
注目ポイント
  • 年収1,000万円以上ハイクラス求人多数!
  • 厳選された企業と直接コンタクトが取れる
  • 一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く!

2021年最新!稼げる資格18選

稼げる資格18選を紹介していきます。

宅地建物取引士

宅建士とも呼ばれる宅地建物取引士は、不動産取引の専門家で、以下3つの独占業務を行えます。

  • 建物の取引での重要事項説明
  • 契約者への記名、押印
  • 重要事項説明書面への記名、押印

不動産の売買や分譲住宅の仲介を始めとして、土地や建物に関する専門的な知識をお客間様に分かりやすく説明するのが宅建士の大きな役割です。

資格を取得して入れば、不動産業界への転職に加えて、金融業界への転職も有利になります。

特に不動産業界では、入社した後に宅建士の資格を取得する割合が多いため、あらかじめ宅建士の資格を取得していれば大きなアピールに繋がります。

宅建士の年収

宅建士の平均年収は500万~600万程度と言われており、一般的な仕事よりも少し平均給与が高いです。

企業によっては資格保持者に対して資格手当てを支給しているところもあり、毎月数万円が給料にプラスされるケースも。

また、働き方や実力が問われる業界でもあるため、中には年収1000万円を超えている人もいます。

宅建士の取得難易度

宅建士は受験合格難易度が低く、合格率は例年で15%前後を推移しています。

しかし、受験資格がなく誰にでも目指せる資格なので、頑張り次第では十分に合格できます。

不動産業界は需要が少なくなるリスクが全くないため、将来性の高い職種と言えるでしょう。

FP (ファイナンシャルプランナー)

ファイナンシャルプランナーは、全てのお金に関するエキスパート的な存在です。

個人の資産運用から企業の資産運用に至る、生活に関連するお金の運用や設計に対してのサポートを行っていきます。

私たちが生活していくうえで、保険・税金・ローンなどお金と生活は密接に関連しているので、これからもニーズが無くならない職種です。

ファイナンシャルプランナーの年収

ファイナンシャルプランナーの平均年収は300万~400万です。

あまり高くないと感じる人が多いかもしれませんが、働く場所や携帯によって年収は大きく異なります。

不動産業界で働く場合は650万まで上がり、独立して事務所を立ち上げると1000万円を超えることも。

同じFPの資格を持っていたとしても働き方1つで年収が大きく異なるため、注意しておきましょう。

ファイナンシャルプランナーの資格取得難易度

ファイナンシャルプランナーの資格は、受験資格が無いため、学歴や経歴に関わらず誰でも受験できます。

経歴に関わらず誰でも資格取得を目指せるため、キャリアアップ・キャリアチェンジしたいと考えている人にもとてもおすすめです。

また、ファイナンシャルプランナーは3級・2級・1級と分けられており、3級からステップを踏んで級を取ってきます。

合格率は3級で約80%・2級が約40%・1級で約80%と、比較的合格率が高いのが大きな特徴です。

日商簿記検定

日商簿記は会社の経営や経理などのお金に関する計算や記録に関する資格で、経理職や経営補佐などへの転職に有利です。

会社のお金を管理する経理はどのような企業にも求められているため、非常にニーズが高いのが特徴です。

日商簿記検定の年収

日商簿記を合格した人の年収は、おおよそ350万~600万です。

年収幅があるのは、3つの級があり、合格している級によって年収が大きく異なるためです。

最も合格が難しい1級の資格を取得すれば、上場企業の会計職や管理職候補として手厚い待遇を受けられるため、自然と年収も上がっていきます。

経歴を積んでスキルを磨いていけば、コンサルティング業務もできる様になるため、仕事の幅が大きく広がります。

日商簿記検定の合格難易度

日商簿記には3級・2級・1級がありますが、企業に求められているのは2級からなので、資格を取得しようとしている人は2級を目指しましょう。

2級の合格難易度は年度によってばらつきがありますが、おおよそ30%くらいで、容易に取得できる資格ではありません。

軽い気持ちではまず合格できないので、計画的に勉強をしていくようにしましょう。

社会保険労務士

社労士とも呼ばれる社会保険労務士は、人材系を専門とする国家資格で、所有していれば人事職などへの転職にとても有利です。

社労士の具体的な仕事は、労働基準を順守して快適な労働環境を整え、年金などの複雑な制度を活用するサポート業務などが主な仕事。

企業によって労働環境や保険・年金制度、従業員数などが異なるため、担当している企業に合わせて柔軟に考え方を変えるスキルも必要にあります。

社会保険労務士の年収

社会保険労務士は業務独占資格で、資格保有者しかできない業務を行うため、非常に専門性が高いです。

企業に勤務する場合でも600万~700万、独立して働く場合は1000万円前後の高収入を稼ぐことができます。

社会保険労務士の合格難易度

社会保険労務士は、誰でも目指せる資格ではなく、受験資格が設けられています。

学歴・実務経験・試験合格3つの条件を満たしていないと、チャレンジすらできないので注意しておきましょう。

合格難易度も例年10%未満で非常に合格難易度が高いです。

もし社会保険労務士を目指すのであれば、しっかりと計画を立てて、資格勉強をしていきましょう。

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントは、仕事を求めている人材に対して、職業選択や求人紹介を行い、個人のキャリアを構築していくのが仕事です。

働き方が非常に多様化している昨今では、自分の力では仕事を探せず、何をすればいのかわからないため路頭に迷っている人が多くなっています。

そのため、キャリアコンサルタントの資格を取得していれば、キャリアセンターや就職支援機関などへ転職する際に便利です。

また、キャリアコンサルタントは資格が2016年に誕生してから日数が立っていないため、取得しておけば面接官へアピールができます。

キャリアコンサルタントの年収

キャリアコンサルタントの平均年種は400万円前後で、経験やスキルを積んでいけば、最大で700万といったところです。

高収入と言うほどでもありませんが、将来的にニーズが絶えない安定した職業なので、職を失う心配は全くありません。

収入・仕事ともに安定しているので、安定性を求めている人にとてもおすすめです。

キャリアコンサルタントの合格難易度

キャリアコンサルタントは、キャリアコンサルティング協議会とJCDA(日本キャリア開発協会の2つの団体によって実施されています。

ともに合格率は30%前後で推移しており、そこまで取得難易度は高くありません。

受験資格も設けられていないものの、事前講習を受講しなければ受験資格を得られないため、事前に受講しておきましょう。

MR

MR(Medical Representative)は、医療情報担当者とも呼ばれ、主に医療に関連した機器や医薬品などの営業が主な仕事です。

数ある営業職の中でも資格がなければできないため、専門性が高く、高収入が得られます。

日ごとに変化していく医療に関する膨大な知識を身に付けて、取引先のクリニックや医療現場に説明しなければならないため、非常に重要な役割を担っています。

MRの年収

MRの年収は660万~700万とかなり高めなのが特徴です。

同年代よりも高い収入が得られるため、キャリアアップを目指している人にとてもおすすめです。

また、MRとしてキャリアを積んでいけば将来的には年収1000万円も夢ではありません。

MRの合格難易度

MRの登録企業に在籍していない場合、認定センターの教育研修施設で基礎教育を300時間受講しなければなりません。

修了認定された人のみ、{MR認定試験}の試験を受ける権利が貰えます。

試験自体の合格難易度は70%と比較的高めなので、合格するチャンスが十分にあります。

資格を取得した後は、5年ごとに更新をしなければならず、認定研修または補完教育を修了する必要があります。

中小企業診断士

中小企業診断士は、会社経営に関する知識を証明できる資格で、主にコンサルタントに求められるスキルを身に付けられます

日本版MBAとも呼ばれる中小企業診断士は、中小企業が99%以上を占める日本において、非常に需要の高い資格だと言えます。

独占業務こそないものの、中小企業からの信頼は非常に手厚く、裁量権を持って仕事を進められるのが大きなメリットです。

中小企業診断士の年収

中小企業診断士の年収は700万~800万程度で、かなり年収が高い職種です。

また、企業によっては資格手当てが貰えるケースもあり、平均月収に加えてさらに高い収入が望めます。

中小企業診断士の合格難易度

中小企業診断士試験の合格難易度は例年4%~5%と非常に低く、難易度が高い試験です。

合格難易度の低さは、倍率が高いのも影響していますが、それ以上に試験範囲の広さが影響しています。

1次試験・2次試験と分けられていますが、1次試験だけでも出題範囲は7科目と、幅広い学習力が必要です。

出題範囲のボリュームが多いことから試験対策が難しく、そのことが合格率の低さに影響しています。

地方公務員

高収入とまでは行きませんが、地方公務員も安定性と言う意味では稼げる資格と言えます。

安定した収入や福利厚生の充実、休暇日数の多さなど、安定した仕事をしたいと考えている人から非常に人気が高いです。

決算賞与や夏冬のボーナスもしっかりと受けられるのも大きなメリットと言えます。

フリーターから公務員になるには?公務員を目指す際のポイントやリスクを解説

地方公務員の年収

地方公務員の平均年収は約600万と言ったところ。

基本的な月収に加えて、ボーナスや決算賞与がしっかりと貰えるため、年収も安定しています。

福利厚生・休暇も手厚く、これだけの収入が貰えるため、非常に魅力的な仕事と言えます。

地方公務員の合格難易度

地方公務員は、書類選考・1次試験(筆記)・2次試験(面接)と3つの項目を合格しなければなりません。

人気の高い職種なので受験者数も多く、試験の出題範囲も広いため、合格者の割合は20%前後とかなり低いです。

筆記試験の出題範囲もかなり広いので、十分な勉強時間と対策が必要です。

ITストラテジスト

ITストラジテストは情報処理技術者試験であり、ITの技術を活用して事業計画や業務改善計画を経営面でサポートします。

ITに関する技術はこれからの時代に欠かせない存在なので、取得しておけば将来的に種億に困ることは無いでしょう。

IT業界に興味を持っている人におすすめの資格です。

ITストラテジストの年収

ITストラテジストの平均年収は670万円で、同業種のプログラマーやシステムエンジニアよりも高額です。

収入が高いのは資格の専門性が要因で、IT業界の中でもより専門性の高い資格で希少価値が高いため。

IT[業界の中でも高収入を狙える資格なので、興味がある人はチャレンジしてみましょう。

ITストラテジストの合格率

ITストラテジスト試験の合格率は、例年14%前後でかなり合格率が低いです。

と言うのも、ITストラテジストの試験を受けるのは、IT業界で働いているキャリアを持っている人がほとんど。

ライバルのレベルが高いため、合格するのが難しくなっているのです。

税理士

税理士は税金に関してのスペシャリストで、企業や個人の税に関するや悩みを解決するのが仕事です。

納税に関する手続きや税務署に提出する書類の作成、個人に対しては融資の相談やアドバイスも行います。

税金は仕組みがかなり複雑で、特別な勉強をしてない素人が税の手続きを進めてしまうのはかなりキケンです。

そのために税理士が存在し、個人・企業を問わず税金の処理。手続きを行ってくれるのです。

税理士の年収

税理士の平均年収は700万と非常に高額です。

将来的に独立もでき、個人事務所を立ち上げれば1000万を余裕で超えることもできます。

税理士の合格難易度

税理士の合格難易度は、例年10%前後で推移しており、かなり難易度が高いのが分かります。

科目ごとに難易度がことなるため、得意分野と苦手分野を理解して、効率よく試験勉強を進めていきましょう。

司法書士

司法書士は専門的な法律の知識に基づいて、登記、供託、訴訟その他の法律事務の専門家としての仕事を行います。

司法書士法に基づく国家資格で、裁判所や検察庁に提出する書類の作成などを行えるようになります。

主に事務所や公的機関で働きますが、スキルと経験を身に付けていけば、将来的な独立も可能です。

司法書士の年収

司法書士の平均年収は800万をこえており、スキルをみにつけて独立すれば3000万以上の収入が得られます。

他の資格に比べてもかなり高収入が稼げる資格なので、スキルを磨いて高収入を得たいと考えている人にとてもおすすめです。

司法書士の合格難易度

司法書士の合格難易度は3%~4%と非常に狭き門です。

日本国内にある文系国家資格の中でも屈指の難易度を誇っており、試験に合格するには膨大な量の勉強をしなければなりません。

中には合格するまでに3年以上かかってしまうケースもあるため、もし目指すのであればかなりの覚悟が必要になります。

弁理士

弁理士は形がない特許権・実用新案権・意匠権・商標権など知的財産に関する専門家で、クリエイターの代わりに特許庁に知的財産権の申請をおこなうのが主な仕事です。

年収は所属する事務所によって変わりますが、個人事務所で500万・大手事務所になると800万にのぼります。

弁理士の年収

弁理士の平均年収は700万~800万で、将来的に独立すると、1000万円を優に超えます。

特許事務所が海外へと活動範囲を広げれば、弁理士の将来性は高まると期待できるでしょう。

弁理士の合格難易度

弁理士の合格難易度は6%~8%を推移しており、合格難易度非常に低いのが特徴です。

試験合格にかかる時間はおよそ3000時間とも言われており、膨大な量の勉強量が求められます。

行政書士

行政書士は行政手続きにあたる文章作成のプロフェッショナルであり、行政手続きに関する手続きを行うことができます。

本業で別の仕事をしながら、副業で行政書士の仕事をしている人も多いため、融通が利く仕事と言えます。

行政書士の年収

行政書士の平均年収は約600万とそこまで高額ではありませんが、働き方が様々で年収の個人差が大きいのが特徴です。

企業に就職するほか、独立・開業する道もあり、上手く行けば年収1000万円を余裕で超えます。

行政書士の合格難易度

行政書士の合格難易度は10%を前後しており、かなり低いのが分かります。

試験内容も非常に専門的なのに加えて、幅広い知識が求められるので、膨大な時間をかけて試験対策しなければなりません。

建築士

建築士は国土交通省から認可を受けている国家資格で、家屋、学校、図書館、病院、商業施設などあらゆる建造物の設計を担当します。

建物の安全性や設備機能はもちろん、建築物のデザインセンスも求められるため、膨大な知識量と光るセンスが必要です。

一般家屋から巨大商業施設まで、全ての建築物の設計を行うため、仕事の幅が大きく広がります。

将来的な独立も可能なのも高収入に繋がる大きなポイントです。

建築士の年収

建築士の中で最も難易度が高い一級建築士になると、平均年収は約640万。

しかし、職種や会社によって収入差が大きいため、高収入を貰っている人になると1000万を超えています。

独立して成功すれば、3000万以上も目指せる夢のある仕事です。

建築士の合格難易度

建築士になるには受験資格が設けられており、条件を満たしていないと試験すら受けられません。

受験資格は下記の通り。

  • 大学・短大・高等専門学校・専修学校など指定科目を修めた卒業者
  • 二級建築士
  • 建築設備士
  • 外国大学を卒業した者など国土交通大臣が特に認める者

試験資格があったとしても合格率は10%以下とかなり低いため、難易度の高い資格と言えます。

公認会計士

公認会計士は、企業や学校法人、公益法人などが公開している、財務情報を検証するのが主な仕事です。

監査や会計の専門家でもあり、専門的で幅広い経営知識が求められます。

また、税務業や経営コンサルタントとの役割も担っており、一般企業からすれば欠かすことのできない存在です。

そのため、市場価値高いため、資格を取得すれば将来的に仕事を失う心配はありません。

公認会計士の年収

公認会計士は医師・弁護士と並ぶ国家3大資格の1つと言うこともあり、平均年収は約1000万円です。

もちろん会計士になりたての頃から1000万円もらえるわけではありませんが、スキルを磨いて経験を積んでいけば高収入が得られます。

初任給でも30万を超えるため、かなり高収入が得られる資格言えます。

公認会計士の合格難易度

公認会計士の合格難易度は例年10%を推移しており、年収の高さに比べて、意外と合格難易度が高いのが特徴です。

また、受験資格も設けられておらず、誰でも試験にチャレンジできることから間口の広い資格と言えます。

試験科目が多く、幅広い知識を求められるため、年単位で計画を立てて試験勉強を行っていきましょう。

土地家屋調査士

土地家屋調査士は、不動産に関する登記の専門家であり、土地や建物の所在・形状・利用状況などを調査します。

調査内容を基にして、図面の作成や不動産に登記する申請手続きをするのが主な仕事です。

国家資格であり、業務独占資格でもあるため、不動産業界からのニーズが高くなっています。

土地家屋調査士の年収

土地家屋調査士の平均年収は600万円前後で、キャリアを積んでいる人になると、1000万を超えている人もいます。

一般的な仕事と比べてもかなり稼げるので、不動産業界を狙っている人はチャレンジしてみる価値があります。

また、同じ国家資格の測量士の年収と比べても100万~200万ほど高いため、とてもおすすめです。

土地家屋調査士の合格難易度

土地家屋調査士の合格難易度は、10%以下と非常に低く、取得するのが難しい資格です。

法律系の知識に加えて、数学の知識や記述問題を速く解く能力も求められるため、しっかりと勉強時間を確保して対策する必要があります。

通販エキスパート検定

通販エキスパート検定は通信販売事業の業務知識・関連法規・マネジメント力を身につけて、通信販売者のスペシャリストを目指すための資格です。

ネットショッピングやスマホでの買い物が増えてきている昨今において、通信販売事業の仕組みやスキルはキャリア形成に役立ちます。

通販企業で活躍したい人やネットショッピングを開設しようとしている人にとてもおすすめです。また、通販事業者と関係の深い広告代理店、コンサルティングの方にも必要な知識と言えます。

通信販売者の年収

通信販売者の平均的な年収は400万円~500万円が相場で、流通・小売り・専門業界などのなかでも比較的高い傾向があります。

これは、雑誌やインターネットなどを通じて商品を売るために実店舗を構える必要がなく、家賃や人件費などの経費を節約できるためです。

売り上げによっては年収がアップする可能性も十分にあるので、やりがいにもつながりますね。

通信エキスパートの合格難易度

2016年12月に実施した試験での合格率は下記の通りです。

合格率
3級 66%
2級 54%
1級 66%

決して合格率が高いわけではないので、しっかりと試験対策をすれば合格できる見込みがあります。

企業危機管理士

企業危機管理士は会社のリスク管理や危機対応能力などのスキルや知識を学べる資格です。

企業や団体で過労死・汚職・セクハラ・パワハラなど、様々な企業問題が発生している昨今において、企業危機管理士は貴重な存在と言えます。

企業規模が大きくなるほど、危機に直面した際のリスクが大きくなるので、大企業から重宝されます。

企業危機管理士の年収

企業危機管理士の具体的な年収は公開されていません。

しかし、企業の危機に必要不可欠な存在で、会社の経営層と話を進めていくので幹部クラスとしての待遇を受けられる可能性が高いです。

待遇を考慮してもかなりの高年収をもらえると考えられます。

企業危機管理士の合格率

企業危機管理士の具体的な合格率は公表されていません。

合計80問ある問題で70%以上の正答数で合格ということを考えると、かなり広い問題範囲から出題されます。

そのため、しっかりと試験対策をしておかないと合格するのはかなり難しいと言えます。

資格を取得する際に気をつけておくポイント

稼げる資格を取得する際に気をつけておくポイントを紹介していきます。

  • 資格を取得するまでに時間がかかる
  • 独学で取得するのが難しい資格がある
  • 資格によっては取得するのに条件がある

資格を取得するまでに時間がかかる

稼げる資格はほぼ全てが合格難易度が高く、勉強時間に膨大な時間がかかります。

1回の試験で合格できる可能性も低く、取得できるまでに数年かかってしまうことも。

そのため、稼げる資格を取得しようとしている人は、数年単位で計画を立ててから試験勉強を進めていきましょう。

最悪の場合取得できないケースもあるため、その際の対処法も考えておいた方が良いでしょう

独学で取得するのが難しい資格がある

稼げる資格は幅広い知識と専門的な知識が必要になるため、独学で取得するには限界があることも。

そのため、対策講座を行っている予備校へ通うなどの対処をしておいてもいいかもしれません。

予備校に通うとなると高額な授業料がかかるため、料金を溜めるためにバイトをしながら試験勉強をする必要があるでしょう。

資格によっては取得するのに条件がある

資格によっては受験を受けるために条件が設けられているケースもあり、条件を満たしていないとそもそも試験を受けられないことも。

受験資格がなければ試験すら受けられないため、興味を持っている資格の受験条件を満たしているか確認しておきましょう。

ビズリーチなら資格を取らなくても高収入を狙える!

ハイクラス向けの転職サイトであるビズリーチなら資格を取得しなくても、稼げる仕事に転職できます。

基本情報を登録しておき、ヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、転職の負担も少なくなります。

キャリアアップ転職を狙えるので、稼ぎたい人はぜひ利用してみてくださいね。

ビズリーチ 広告ボックス用
公開求人数 約127,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 30代~50代
主な職種 IT関連・エンジニア・マネージャ―など
注目ポイント
  • 年収1,000万円以上ハイクラス求人多数!
  • 厳選された企業と直接コンタクトが取れる
  • 一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く!

資格を取得して高収入を目指そう!

稼げる資格は世の中に数多くありますが、いずれも取得難易度が高いため、資格を取得できるまでに時間と労力がかかってしまいます。

数年勉強したしても取得できないケースも考えられるので、取得できなかった時の保険を作っておいてもいいかもしれません。

しかし、難関資格を取得できれば同年代よりも高収入が望めるので、ぜひ頑張って取得してみて下さいね!

未経験でもできる仕事はある?未経験者を歓迎している仕事の種類や内定を貰えない人の特徴