年収を上げるためにすべき6つの秘訣|年収が上がる人の特徴と単純な方法を解説!

年収を上げるためにすべき6つの秘訣|年収が上がる人の特徴と単純な方法を解説!

「年収がまったく上がらない」
「年収をあげたいけど転職するのは怖い」

ここ数年、働き方は大きく変化していますが、年収はほとんど変わっていないという人も多いでしょう。

年収は仕事へのモチベーションと直結しているので、もう少し年収を上げたいと考えるのは当然のことです。

そこで今回は、確実に年収を上げるための6つの方法について紹介していきたいと思います。

また年収が上がる人の特徴や、年収アップに対する注意点についても解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

年収を上げる方法は全部で6通りもある!

年収を上げる方法は全部で6通りもある!

「何年も年収が上がらない!」と悩んでいる方へ、年収を上げるための6つの秘訣をご紹介します。

どの方法が1番最適なのかは、自分が置かれている状況によって異なります。

本章でご紹介する6通りの中から、あなたが行動に移せそうな方法を選んでみてください。

社内で実績を積んで出世・昇進する

年収を上げるもっともポピュラーな方法は、「出世」や「昇進」です。

この場合は転職や新しいスキルの習得などが不要なので、状況や仕事内容を変えることなく年収アップが実現できます。

出世して管理職になると基本給が上がりますが、どのくらいのアップが見込めるのでしょうか?

厚生労働省の調査によると、非役職者と役職者のあいだには以下のような差が生じることが明らかになっています。

男性
役職 賃金 年齢 勤続年数
部長級 60.17万円 52.9歳 22.3年
課長級 49.90万円 48.5歳 20.6年
係長級 38.17万円 44.8歳 17.9年
非役職者 29.83万円 40.8歳 11.0年

 

女性
役職 賃金 年齢  勤続年数
部長級 52.05万円 52.2歳 18.2年
課長級 44.31万円 49.0歳 18.5年
係長級 33.73万円 45.7歳 16.4年
非役職者 24.81万円 40.5歳 9.0年

男女問わず、係長クラスとの月収差はおよそ10万円、課長クラスになると20万円も差があるのが分かりますね。

年収アップを目指すには仕事で実績を上げて、上司や役員からの評価される以外に方法はありません。

月収が上がればボーナスや残業代の比率もアップするため、さらに大きな年収アップも見込めるようになるでしょう。

引用元:厚生労働省 「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況」

スキルを磨いて仕事の幅を広げる

仕事に必要なスキルを磨いて結果を出すことも、年収を上げるためには欠かせない要素です。

接客業や営業職であればコミュニケーションスキルが必要不可欠ですが、さらに聞く力や問題解決能力が備われば、上司からも高く評価してもらえるでしょう。

また英語や中国語など、語学力を磨くのも年収アップにつながります。

とくに英語以外の外国語を習得できれば、希少価値が高い存在として会社からも重宝されるでしょう。

ただし注意すべきなのは、「外国語が話せるだけではスキルとはいえない」ということです。

外国語を使って状況判断や交渉、問題解決までできると、どの会社に行っても通用するビジネススキルになるでしょう。

資格を取得して資格手当てを受ける

「自分の実績をアピールするのが苦手」という人は、仕事に役立つ資格を取得するのも良い方法です。

会社によっては、どの資格を取るといくら手当が付くなどの規定がありますので、就業規則などを参考にしてみるといいでしょう。

どの資格を取得するか決める際に、のちのちの転職で役立ちそうな資格を取ろうとする人もいますが、年収アップには役立ちません。

資格の上に「経験」があってこそ、習得した知識が生きてくるものです。

「自分の仕事の幅を広げるために必要な資格」を優先し、資格を業務に生かしましょう。

副業を始める

近年、会社員のあいだで人気の年収アップ方法が「副業」です。

国内でも副業を解禁する企業は増えており、毎月数万円の収入を得ている会社員も多いようです。

会社員として年収を上げるためには、出世したりスキルを磨いたりと時間がかかり、容易には実現できません。

しかし副業であれば、週末や仕事終わりの空いた時間で数万円は稼げるので、手っ取り早く年収を上げる方法としておすすめできます。

現代はインターネットを活用した副業がたくさんあり、ITエンジニアやWebライター、アフィリエイター、ブロガーなどの在宅でできる仕事が人気です。

副業を始める際には、会社が認めているかを確認して、必要であれば上司の許可を得るようにしましょう。

副業の年収が20万円を超えた場合は、確定申告が必要になりますので注意してください。

現職よりも待遇の良い企業に転職する

「上が詰まっていて出世できそうにない」
「会社の売り上げが上がらないから年収アップも見込めない」

このような状況であれば、転職をして年収を上げるのも1つの方法です。

業績のいい会社に転職できれば、自分のスキルや経験を高く評価し、それに値する年収をもらうことができるでしょう。

今は「大企業だから高収入」という時代ではないので、企業規模だけで転職先を決めてしまわないよう注意してください。

中小企業やベンチャー企業であっても、成長産業で事業展開している会社であれば、大きな年収アップが見込めます。

上司に直接収入面の交渉をしてみる

今の職場に不満がない場合は、上司に交渉して年収を上げてもらうのも1つの手段です。

成果と評価が釣り合っていないと感じるのであれば、あなたの話に耳を傾けてくれるでしょう。

ただし上司への交渉には注意が必要で、どの程度の成果を上げているのかを具体的に提示しなくてはなりません。

「時間」「コスト」「売上」「達成レベル」など、数字を用いて交渉することで、相手も納得して年収交渉を受け入れてくれるでしょう。

年収アップの鍵は転職にあり!収入が上がる転職の秘訣

年収アップの鍵は転職にあり!収入が上がる転職の秘訣

ここまで6通りの年収アップ方法について解説してきましたが、もっとも効率よく年収を上げられるのは「転職」です。

例えば「出世」という方法は、ある程度の時間をかけないと成果が得られませんし、「課長」や「部長」などの役職に就くには周囲が真似できないような努力や結果が求められます。

また資格取得にしても、一気に年収が数十万円も上がるようなことは期待できないでしょう。

副業も当たればいいですが、貴重なプライベートの時間を潰してしまうことになるため、できるだけ本職で希望年収に到達できるのが望ましいです。

そうなると、やはり転職をして年収を上げるのが1番の近道になります。

ここでは、収入を上げるための転職において、大切な3つの秘訣について解説したいと思います。

これまでの経験を活かしてキャリアアップ転職をする

「即戦力」を活かした転職をすれば、これまで培ってきたスキルや経験が高く評価され、年収アップで転職できる可能性が高くなります。

一定の経験プラス、今後の成長にも期待できると採用企業が判断すれば、管理職やリーダーポジションでの採用も視野に入れてもらえるでしょう。

そうなると想定以上の年収を提示してもらえる可能性も高まり、前職を超える年収アップが実現できます。

ただし「年功序列」の評価制度を取り入れている企業は、中途入社よりもプロパーを優先する傾向が強いです。

入社したあとも正当な年収アップを希望するなら、実力や成果で評価が決まる企業を見極めて転職先を選びましょう。

知名度の高い・規模が大きい会社に転職する

日本の年収ランキングをみると、上位にランクインされているのは誰もが知っている有名企業ばかりです。

社員規模も1,000人以上の企業がほとんどで、「知名度の高さ=年収の高さ」とも言えます。

とくに総合商社やコンサルティング業界、金融業界などの平均年収は群を抜いていて、20代でも年収1,000万円はめずらしくありません。

一流企業や上場企業などは入社もむずかしいと言われますが、大量採用するタイミングや、業績拡大で人手が足りていない時期を狙えば、転職を成功させられる確率が大幅にアップします。

歩合制の会社に転職する

営業力に自信がある人、成果主義の会社でバリバリ働きたい人は、インセンティブや歩合がある会社を選ぶのもおすすめです。

インセンティブは基本給以外に支給される報奨金で、目標達成時に還元されるケースが一般的となっています。

企業は歩合制を導入することで、社員のモチベーションを高め、「自分が会社の業績に大きく貢献している」という実感を与えることができます。

歩合制が大きい業界は保険や自動車、不動産などで、1件の契約金額が大きいほど高いインセンティブが見込めるでしょう。

ただしインセンティブが高く還元される企業は、基本給が低めに設定されていることも多いので注意が必要です。

また社内の競争が激化して、チーム内での足の引っ張り合いなども起こりうることから、しっかりと企業研究をした上で応募するようにしてください。

年収アップをサポートしてくれるおすすめの転職エージェント

年収アップをサポートしてくれるおすすめの転職エージェント

応募先から内定をもらった際には年収や賞与を提示され、双方が納得した上で契約を交わします。

入社した後の年収アップには時間がかかるため、転職時にしっかりと交渉することが重要です。

そんなとき、「自分では交渉しづらい」「断られたらどうしよう」と不安になり、提示額への不満をなかなか言い出せない人も多いと思います。

そこでオススメなのが、転職エージェントを活用した年収交渉です。

転職エージェントは企業と深いつながりもありますし、これまでの成果や将来性を提示して客観的な年収交渉をしてくれます。

ここでは、年収交渉に強いおすすめの転職エージェントをご紹介しますので、年収を上げたい方は参考にしてみてください。

  • ビズリーチ
  • リクルートダイレクトスカウト
  • JACリクルートメント
  • エンワールド
  • エンワールド

ビズリーチ

ビズリーチ

CMで話題の「ビズリーチ」は、ハイクラス向けの高収入求人が集まる会員制の転職エージェントです。

自身のレジュメを登録しておくだけで、2,900人以上の優秀なヘッドハンターや人事担当者からスカウトを受けることができます。

ビズリーチを利用するのは「即戦力」を活かしたい転職希望者が多く、内定後の年収交渉も当然のように行われているため、ヘッドハンターから客観的なアドバイスがもらえるでしょう。

ヘッドハンターは条件交渉にも慣れており、入社した後の立場が悪くならないよう、うまく交渉してくれるので安心です。

また企業やヘッドハンターからのスカウトを受けることで、自分の市場価値や想定年収を調べることもできます。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)はハイクラス転職を支援する、会員制のヘッドハンティングサービスです。

年収800万〜2,000万円の求人が多いのが強みで、サポートしてほしいコンサルタントを自分で指名することができます。

職務経歴を登録するだけでスカウトが受け取れるため、「特殊なスキルがある方」や「格別な実績をお持ちの方」におすすめです。

利用者からの評判も高く、「年収1,000万円が狙える」「年収アップを実現できた!」という声が上がっており、転職決定時の平均年収は900万円以上とも言われています。(参照:公式サイト)

「高収入」を実現しながらも、仕事内容や希望条件がマッチする企業を紹介してくれるので、ハイクラス転職を狙っている方は活用してみましょう。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

外資系転職を検討している方は、大手外資系やグローバル企業の求人に強い「JACリクルートメント」がおすすめです。

30〜50代をターゲットにした「ハイキャリア層向け」の転職エージェントで、キャリアアップや管理職を目指す方に向いています。

年収1,000万円以上の求人が多いので、年収アップが目的の転職にも最適なエージェントでしょう。

各業界の市場や動向を熟知したコンサルタントから質の高いアドバイスを受けられるため、転職の目的を達成しやすいと評判です。

エンワールド

エンワールド

アジア太平洋地域6カ国に拠点を置く「エンワールド」は、グローバル人材に特化した転職エージェントです。

年収800万円以上の求人を常時1万件以上保有しており、「多国籍企業とグローバルな人材をつなぐ」をモットーに営業活動を行なっています。

専任のアドバイザーが管理職や経営幹部、スペシャリスト職の求人に対し、国際的な視点からのキャリアアドバイスを実施。

面接の準備や心構えといった転職のプロセスまで、一貫してサポートしてくれるのがエンワールドの特徴です。

同社では「入社後活躍」をミッションに掲げているため、転職が成功した後の継続的なフォローも利用者から喜ばれています。

JACキャリア

JACキャリア

JACキャリアは、専門性の高い20代のキャリア形成を支援する転職エージェントです。

運営元の「ジェイエイシーリクルートメント」は、ミドル層向けのハイクラス転職「JACリクルートメント」や、エグゼクティブ専門の「JACエグゼクティブ」などを事業展開しており、スペシャリストや管理職の転職支援について豊富なノウハウを持っています。

そのノウハウを活かした丁寧なサポートが話題で、NTTコムオンラインNPS(R)ベンチマーク調査では「転職エージェント部門No.1」を3回も受賞しました。

「管理職・エグゼクティブ・専門職」の領域に特化し、さらにグローバルや外資系企業のポジション支援に強いのがJACキャリアの強みとなっています。

年収アップ転職やハイクラス転職を目指している方に最適なエージェントで、管理部門やIT・デジタル領域での転職サポートを希望する方におすすめです。

国内には10ヶ所の拠点を構えていますので、自分の市場活を知りたい方は、登録してキャリアカウンセリングを受けてみましょう。

年収があがる人に共通している特徴

年収が上がる人には、ある共通点があるのをご存知でしょうか?

あなたがこれから年収を上げたいと思っているなら、この3つのスキルを鍛えておく必要があります。

  • ポータブルスキルがある
  • 問題解決力が高い
  • コミュニケーションスキルが高い
  • マネジメントスキルが高い

ポータブルスキルがある

年収アップ転職における重要なポイントは、業界や分野を問わずに活かせる「ポータブルスキル」の有無です。

ポータブルスキルとは、業種や職種が変わっても持ち運びできるスキルのことで、「思考力」「コミュニケーション力」「課題解決力」「交渉力」などがあげられます。

ポータブルスキルが備わっていれば、企業の求める条件と年齢や経験が異なっていても「将来的に活躍できる可能性がある」と判断されやすいです。

終身雇用制度の崩壊や働き方改革の推進により、これからもポータブルスキルを重視する企業は増加していくでしょう。

問題解決力が高い

当たり前のように行なっている日々の業務の中で、課題を発見し問題を解決できる能力に長けている人がいます。

このタイプは年収が上がりやすく、問題に対して逃げたり放置したりせず、解決に向けてスピーディーに取り組みます。

問題解決力を鍛えるには、問題を認識する力、解決策を考える力、さらに解決策を実行する力が備わっていなくてはいけません。

日頃から考える習慣が身についている人は「問題解決力が高い」と判断され、会社や上司からも高く評価してもらえるでしょう。

また中途採用を行う企業では、既存社員が当たり前に行なっている業務に対し、問題を定義して解決してくれる人材を求めています。

問題解決力をアピールできれば、年収アップでの転職も叶いやすくなります。

コミュニケーションスキルが高い

年収が上がりやすい人は、上司とこまめにコミュニケーションを取っています。

報告や連絡を怠らず、困ったことがあると放置せずに相談するため、「職務に対して熱心だ」と評価してもらえるからです。

一方で、年収が上がりにくい人は上司や周囲とコミュニケーションを取らないので、今どんな仕事をしているのかが見えません。

そのため「仕事に時間がかかる」「無駄な業務が多い」など、仕事ができないイメージを持たれやすくなってしまいます。

仕事のできる・できないは別にしても、コミュニケーション能力が高い人は誰からも親しまれやすく、周囲からも高い信頼を得ることができるでしょう。

マネジメントスキルが高い

年収が高い人がどの様な人なのかを紐解いていくと、プレイヤーとしてスキルがある人・多数の人材を管理しているマネージャー的なポジションのどちらかに分けられます。

プレイヤーとして年収をアップさせるには高いスキルに加えてオンリーワンとなる要素が必要となるので、非常に難易度が高いです。

マネジメントスキルも一朝一夕で身に付くものではありませんが、社会人経験を重ねていけばおのずと身に付くスキルでもあります。

また、マネジメントスキルは汎用性が高いので別の企業への転職・異業種へ転職しても役立ちます。

部下を成長させる・管理するマネジメントスキルがある人は総じて年収が高い傾向があるので、意識して身につけてみてください。

年収が高い転職先におすすめの職種3選

ここからは平均年収が高い転職先におすすめの職種を3つ紹介していきます。

  • 不動産営業
  • システムエンジニア
  • 広告プランナー

不動産営業

不動産営業には賃貸仲介や売買仲介など様々な種類がありますが、中でも高年収なのは不動産売買の仲介です。

マンションや戸建ての住宅など一度の営業で動く金額が非常に大きいので、営業として成約に結び付ければ利益も大きくなります。

動かすお金も人も大規模になるのでかなり裁量がありますが、その分やりがいを得られやすい仕事と言えます。

20代前半の若い年齢で高いポテンシャルがあれば、未経験からでも不動産営業としてのキャリアをスタートすることができます。

また、これまでの経験やスキルをアピールし適正があると判断されれば、即戦力として即戦力採用される可能性も十分です。

システムエンジニア

年々IT化が進んでいる昨今において、サイトを構築・管理するためのスキルがあるエンジニアは非常に需要が高いポジションです。

年収はピンキリですがスキル・経験を積めば、高い年収を稼ぐことも十分に可能です。

また、エンジニアとしてのスキルは数十年後も求められるので、キャリア形成にも役立ちます。

企業で働くのはもちろん、フリーランスや会社の起業も可能なので、縛られずに働きたい人にピッタリです。

広告プランナー

広告プランナーはクライアントの商品やサービスをプロモーションするための制作物やスケジュールを立てる仕事です。

消費者の動向やマーケティングスキルなど幅広いスキルや知見が必要となり、裁量も広いので非常にエキサイティングに働けます。

実際に広告プランナーとして働いている人の中には、他職種から中途採用で入社している人も多く、これまでに身につけたスキルや経験を活かせます。

有名な広告プランナーになれば、個人として様々な仕事がもらえるので年収1,000万円以上も夢ではありません。

多少アシスタントの期間があったりするので下積みの期間がありますが、様々な可能性があるのでクリエイティブ思考のある人におすすめです。

年収を上げたいと思っている人が注意しておくべきポイント

年収を上げる方法について解説していますが、簡単には上がらないことを理解した上で行動に移すようにしてください。

年収アップばかりを優先してしまうと、仕事へのモチベーションを失ったり、転職に失敗してしまったりする可能性が高まります。

  • 年収は短期間で極端に上がるわけではない
  • 無計画に転職するのはNG

年収は短期間で極端に上がるわけではない

出世やスキルアップ、資格取得などは、年単位の時間がかかることを理解しておきましょう。

いずれも2-3ヶ月で結果が出ることはまずないので、長い目で年収アップを図ることが大切です。

また副業にしても、自分が向いている職種を考えたり、副業に割く時間を絞り出したりする必要があります。

最初から簡単に月数万円の副業収入が得られるとは限りませんので、計画を立てて着実に進められるように準備をしましょう。

無計画に転職するのはNG

今の会社では年収が上がらないからといって、計画もせずに仕事を辞めてしまうのは危険です。

次の転職先がスムーズに見つかればいいですが、なかなか内定がもらえない場合は生活に支障をきたしてしまう可能性もあります。

そうなると、希望条件にマッチしない企業の内定を受けたり、ブランク期間がマイナスイメージになったりして、思うような転職活動を続けることができません。

転職をする場合は慎重に、転職成功者や転職エージェントに相談して進めるようにしましょう。

年収を上げるには努力ではなく転職するのがおすすめ!

年収を上げたい方に向けて、6つの年収アップ方法をご紹介しました。

自分に合った方法を選んで、年収アップへチャレンジしてみることをおすすめします。

しかし出世や資格取得は確実に年収アップが図れますが、時間がかかってしまいモチベーションに左右されやすいのがデメリットです。

また簡単に収入を上げる方法として副業も人気ですが、できるなら本業1本で年収アップを図りたいところではないでしょうか。

そうなると、やはり転職によって自分の価値を正当に評価してもらい、年収アップを図ることがベストな方法といえます。

自分の市場価値を知り、他者にはない「強み」や「スキル」をアピールして、今よりも高い年収での転職を成功させましょう。