第二新卒から異業種への転職は可能?異業種への転職の秘訣

第二新卒から異業種への転職は可能?異業種への転職の秘訣

学生の時の就活では、自分のやりたいことや仕事観が定まっておらず、義務的に就活をして新卒入社した人が多いと思います。

一度社会に出てみると、「別の仕事をしてみたい…」と様々な仕事に興味が湧いてくるでしょう。

第二新卒として就活している人の多くは、「新卒入社の会社を3年以内に辞めてしまったから転職が難しいのでは…?」と思うかもしれません。

しかし、第二新卒は転職、特に異業種へ転職をするのに絶好のタイミングと言えます。

自信を無くす必要はありませんので、思い切って異業種への転職に踏み切ってしまいましょう!

この記事では、転職のポイントや第二新卒のアピールポイントなどを紹介していきます。

第二新卒は異業種にチャレンジしやすい

先述しましたが、第二新卒は異業種へ転職する絶好のチャンスです。

前職を3年未満に退職してしまっているのに、なぜ異業種への転職に向いているのか?と疑問を持つ人もいるでしょう。

第二新卒が異業種への転職に向いている要因は大きく分けて3つあります。

それぞれ詳細に説明していきます。

年齢が若いのでポテンシャル採用ができる

未経験者を採用する時に企業が重視するのは年齢です。

年齢が高くなるにつれて、新しい仕事を吸収するスピードやポテンシャルが低下していくので、未経験職への転職が難しくなります。

その点、第二新卒は25歳未満の人がほとんどなので、年齢が若くポテンシャルを重視した採用が行えます。

また、長い期間をかけて未経験者を育成していけるので、企業のカラーに染めることが可能です。

基本的な社会人スキルが身に付いている

第二新卒は一度社会に出て働いた経験があるので、前職で基本的な社会人スキルを身に付けています。

そのため、新入社員研修やマナー研修などを一から行う必要がありません。

研修にかかる時間やコストを削減できるので、企業からすればお得な人材と言えます。

また、入社後すぐに本業務に入れて、業務を経験していけるのでいち早く仕事を覚えることができます。

新しい職場のルールややり方に馴染める

前職を3年以内に退職した職歴があるため、社会人経験が浅いと評価する企業も中にはあります。

しかし、前職の経験が少ないという職歴は、逆に言うと前職での仕事の取り組み方や仕事観が身に付いていないとも言えます。

そのため、転職して入社した企業の仕事の取り組み方や仕事のルールをいち早く取り組むことができます。

社会人経験が長くなると、その人なりの仕事のルールや進め方などのこだわりを持っている場合が多く、新しい環境に馴染みにくい傾向があります。

一見マイナスに思えてしまうような職歴でも、思わぬ評価を受ける場合があるので、今一度自分が辿ってきた職歴を見つめなおしてみましょう。

異業種への就活を成功させるためのポイント

それではここから異業種への転職を成功させるためのポイントを紹介していきます。

仕事への熱い思いを伝えるのが大切

第二新卒にはスキルや経験が身に付いている場合が少ないので、それらを全面的にアピールするのは得策ではありません。

未経験職に転職するのに一番アピールしなければならないのは、仕事に対しての熱意です。

「入社して○○をしたい」「3年後には個人の売り上げ○○万円を達成したい」のように、入社して何をしたいのかを伝えましょう。

また、熱意を伝える際のポイントは、年数や期間などを絡めて伝えるのが効果的です。

より具体的にアピールができるので、採用担当側も一緒に働く姿をイメージしやすいです。

仕事への熱い思いを伝えて、企業から評価されるようにしましょう。

就活に必要な情報収集を入念に行っておく

業種の特徴・働き方・キャリアアップなどを入念にリサーチして、抱いているイメージに相違がないかを確認しておきましょう。

仕事内容や働き方を十分に理解しておかないと、入社後に「思っていた職種と違う…」とミスマッチが起きてしまいます。

ミスマッチが起きると、早期退職に繋がってしまい、再度就職しなければならない事態に陥ってしまいます。

入社後「この仕事は自分に合っていないかもしれない」と思う可能性を、できる限り無くすために、情報収集は行わなければなりません。

また、入社時点でキャリアを具体的にイメージできている人と、できていない人ではキャリア形成にかなりの差が生まれてしまいます、

第二新卒の場合は次の転職に失敗をすると、思い通りにキャリアが描けなくなる傾向があります。

そのため、転職活動の前に充分な情報を収集して、自分のキャリアを具体的にイメージしましょう。

志望動機を固めておく

第二新卒で異業種に転職する場合は、なぜ異業種に転職しようと思ったか」を採用担当に明確に伝えなければなりません。

新卒と第二新卒とでは、状況がかなり異なっているので、理由をより明確にしておきましょう。

志望動機がしっかり固まっていないと、何をしたいのかが面接官に伝わらないので、採用される確率がかなり低いです。

志望動機は転職活動において、100%聞かれる必須の質問なので、万全の準備を整えておきましょう。

こちらの記事も読んでみて下さい。

第二新卒が自己PRを作成する際のポイントや例文を紹介します!

ポジティブな退職理由を伝える

志望動機と合わせて、退職理由も面接の中で聞かれる可能性が高い質問です。

退職理由は質問の性質上、回答がマイナスな印象を与えてしまう可能性が高いので、ポジティブに回答をできるようにしなければなりません。

「前職で残業が多くて嫌になった」

「給料が低くかった」

「人間関係が上手くいかず、仕事に行くのがストレスになってしまった」

…などと、退職理由は基本的にネガティブな理由がほとんどなので、退職理由だけを伝えるとどうしてもマイナスな印象を与えてしまいます。

そのため、退職理由+入社後の意欲を合わせて伝えるようにしましょう。

ポジティブな入社意欲を与えれば、企業が抱く印象もかなり変わり、より採用に近付くでしょう。

リクらくを活用して就活を成功させましょう

ここまででいかがでしたでしょうか?

第二新卒は異業種への転職に向いているので、異業種を希望している人には絶好のチャンスです。

しかし、新卒の就活とは違い、第二新卒になって初めての転職活動なので分からないことや不案なことが多いかもしれません。

転職に不安を感じたら、リクらくを活用して就活を進めてみませんか?

リクらくでは、履歴書作成・面接対策・内定後のフローなど、就活に関するあらゆるサポートが完全無料で受けられます。

また、リクらくを活用した人の90%以上が採用に至っている安定した実績を誇っています。

あなたものリクらくを活用して第二新卒の転職を成功させましょう!

転職に失敗してしまう第二新卒の特徴と転職に成功する5つのポイント