第二新卒の転職には事務職がおすすめ!未経験から正社員になる秘訣と向いてる人の特徴

第二新卒の転職には事務職がおすすめ!未経験から正社員になる秘訣と向いてる人の特徴

事務職は未経験でも転職しやすい傾向のある職種なので、第二新卒なら実務経験がなくても、やる気やポテンシャルを評価されてさらに転職できるチャンスがあります。

また、転職のプロである転職エージェントのサポートを受けて、しっかり準備した上で応募するのがおすすめです。

ただし、転職エージェントは種類が多く、選びづらいという人もいるでしょう。

サービスによって特徴やサポート内容に違いがあるので、事前に比較してから利用したいところ。

第二新卒で初めての転職なら慎重に転職先を決めたいですよね。

今回は第二新卒の転職には事務職がおすすめな理由と、未経験から正社員になる秘訣・向いてる人の特徴をご紹介します。

事務職は未経験でも採用されやすいため第二新卒でも正社員になれる

事務職は経歴やスキルなどがそこまで重視されていないため、未経験の第二新卒でも正社員として転職することができます。

会社ごとに未経験からでも一通りの作業ができるようにマニュアルが確立されているためです。

異業種から事務職に転職し、活躍している人も多いので興味のある人は事務職にチャレンジしてみても良いでしょう。

ただ、女性をメインに人気が高い職種であり、求人数が少ないので求人倍率が高いのであらかじめ注意しておきましょう。

第二新卒が事務職への転職を成功させる秘訣

第二新卒が事務職への転職を成功させる秘訣は、以下の5つです。

  • 明確な志望動機を伝える
  • 第二新卒ならではの強みを活かす
  • 入念に面接対策をする
  • 事務の仕事に役立つ資格を取得する
  • 事務への転職に強い転職エージェントを活用する

明確な志望動機を伝える

第二新卒が事務への転職を成功させるには、明確な志望動機を伝えることが重要です。

前述のとおり、事務職は人気が高い職種。他の応募者よりも採用担当者を納得させられるような明確な志望理由を考える必要があります。

例えば、自分の性格や前職での経験談、スキルをもとに自分ならではの志望動機を伝えるのがおすすめです。

自分が転職先企業の事務職として働くことで具体的にどのように活躍できるか、自分が採用されることでどんなメリットがあるかを明確に伝えるようにしましょう。

第二新卒ならではの強みを活かす

第二新卒から事務への転職を成功させるには、以下のような第二新卒ならではの強みを活かすことが重要です。

  • 基本的なビジネススキルやマナー
  • ポテンシャル
  • 柔軟性の高さ

基本的なビジネススキルやマナー

第二新卒は基本的なビジネススキルやマナーが既にあることがメリットです。

採用側としては、新卒入社の人材よりもビジネススキルやマナーが備わっているため、研修コストが下げられます。

特に面接時はビジネススキルやマナーがしっかりあることをアピールしましょう。

ポテンシャル

第二新卒は将来的なポテンシャルがあります。

未経験であったとしても、これから経験を積んでいって企業にとって重要な人材となる可能性が高いです。

ポテンシャルがあることを採用側に伝えるには、やる気があること、モチベーションが高いことをアピールするのが大切です。

履歴書や面接でモチベーションが高いことが伝わるように、意識しましょう。

柔軟性の高さ

第二新卒は社会人経験が浅いからこその柔軟性の高さが選考時の強みです。

第二新卒は中堅社員と比べて新しいことに挑戦しやすいほか、吸収力が早い傾向があります。

年齢が若い点や未経験という点で、チャレンジ精神があることを採用担当者に伝えるように意識しましょう。

入念に面接対策をする

第二新卒が事務職への転職を成功させるには、入念に面接対策をすることが重要です。

第二新卒は新卒での就職活動以来、面接をしていない人がほとんど。

就職活動をしていた際の感覚を取り戻すためにも、十分な面接対策をする必要があります。

具体的には自分で練習するよりも転職エージェントを利用して、面接対策をしてもらうのがおすすめ。

また、応募書類の添削も行ってくれるため、転職エージェントは一度登録してみましょう。

事務職の仕事に役立つ資格を取得する

第二新卒が事務職への転職を成功させるには、以下のような事務職に役立つ資格を取得するのがおすすめです。

  • MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)
  • 簿記
  • 日商PC

上記のうち、簿記と日商PCは経理事務に転職したい人に特におすすめ。

どれも一定以上の勉強時間は必要ですが、一度取得すれば転職・実際の業務にも役立つので取得を検討しましょう。

事務職の転職に強い転職エージェントを活用する

第二新卒が事務職への転職を成功させるには、事務職の転職に強い転職エージェントを活用しましょう。

転職のプロである転職エージェントは、多くの転職希望者をサポートしてきた実績があります。

求人の提案以外にも応募書類の添削や面接対策まで行ってくれるケースが多く、活用することで選考に有利になります。

第二新卒は転職が初めての人や、転職に慣れていない人が多い点でも、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

事務への転職にはマイナビキャリレーションがおすすめ!

マイナビキャリレーション

大手人材会社のマイナビが運営しているマイナビキャリレーションは、事務に特化した無期雇用派遣サービスです。

派遣社員は通常期間が定められて、期間が満了すると雇用も終了となりますが、無期雇用派遣は期間の定めがありません。

正社員と同様に雇用が守られているので、長期間安心して勤務することができます。

また、マイナビキャリレーションには独自の教育プログラムがあり、完全未経験から事務に必要な基本的なスキルや知識を身につけられるのも魅力です。

利用料やサービスへの登録料は一切かからないので、気になる人はぜひ利用してみてください。

事務職に必要とされるスキルとは?

事務職に必要とされるスキルは、以下の3つです。

  • オフィスソフトを一通り使えるPCスキル
  • スケジュール管理能力
  • データ入力や請求書作成をスピーディーかつ正確にできるスキル

オフィスソフトを一通り使えるPCスキル

事務職にはオフィスソフトを一通り使えるPCスキルが必要です。

WordやExcel、PowerPointを使う現場が多く、どの企業でも必須のスキルといえます。

加えて、オフィス製品の代わりにGoogleのソフトを利用する企業もあるため、Googleが提供している以下のようなサービスも一度使ってみるのがおすすめです。

  • Googleドキュメント
  • Googleスプレッドシート
  • Googleドライブ
  • Googleスライド

スケジュール管理能力

スケジュール管理能力は、事務職に必須のスキルです。

事務職の業務は作業ごとに期限が定められていることがほとんど。

多くの作業を期限内に終わらせるために、スケジュールを管理しながら業務を進める必要があります。

加えて、事務職は営業事務や経理事務、人事事務などを兼任するケースもあります。

その場合は、業務量がかなり多くなるため、スケジュールを把握し、効率よく業務を進めることが重要です。

データ入力や請求書作成をスピーディーかつ正確にできるスキル

事務職には、データ入力や請求書作成をスピーディーかつ正確にできるスキルが求められます。

事務職の業務は作業量が多いのが特徴。依頼された仕事をミスなく、素早く処理することが効率よく業務を進めるコツです。

特に転職して最初のうちは慣れない作業が多く、ミスをすることもあるでしょう。

わからないことは質問して、なるべく早く即戦力になれるように意識するのが大切です。

事務職に向いている第二新卒の特徴

事務職に向いている第二新卒の特徴は、以下の3つです。

  • 地道な作業をコツコツこなすのが好きな人
  • 処理能力が早い人
  • まめで正確に作業ができる人

地道な作業をコツコツこなすのが好きな人

地道な作業をコツコツこなすのが好きな人は、事務職に向いています。

事務職はオフィスワークのなかでも、PCでコツコツ作業を繰り返す機会が多い仕事。

長時間座りながら細かい作業を繰り返していくことが苦ではない人におすすめです。

処理能力が早い人

事務職は処理能力が早い人に向いています。

事務職は作業量が多いため、処理能力が業務の効率さに直結します。

作業をテキパキとこなすのが得意だったり、頭の回転が早かったりする人は事務職にぴったりです。

まめで正確に作業ができる人

事務職はまめで正確に作業ができる人に向いています。

事務職は細かい作業を多くこなすので、正確さが大切です。

ミスが多いと結局やり直しが必要で、仕事が多くなってしまい残業が増えてしまう可能性もあります。

細かい作業を正確にやり続けることができる人は、事務職にぴったりです。

事務職に転職したい第二新卒におすすめの転職エージェント

事務職に転職したい第二新卒におすすめの転職エージェントは、以下の3つです。

  • マイナビジョブ20’s
  • WORKPORT
  • doda

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは、20代・第二新卒向けの転職エージェントです。

2022年8月時点での事務職求人(事務でKW検索した結果)は約700件あります。

マイナビジョブ20’sには、20代を対象とした厳選求人が集まっています。

未経験職種・業界への挑戦がしやすい求人も豊富なので、第二新卒の人やこれから新しい業界にチャレンジしたい人におすすめです。

また、マイナビジョブ20’sのキャリアアドバイザーは、応募書類の添削から面接対策までしっかりサポートしてくれます。

転職が初めての人が安心して利用できるのもポイントです。

運営会社 株式会社マイナビワークス
公開求人数(2022年8月時点) 3,229件
利用可能地域 全国
利用料 無料

ワークポート

ワークポート

WORKPORT(ワークポート)は転職相談実績は50万人を超える転職相談サービスで、2022年8月時点での事務職求人(事務・管理系カテゴリ)は4,000件以上です。

WORKPORTのコンサルタントは書類添削や面接対策を行ってくれます。

転職希望者に寄り添い、ひとりひとりヒアリングをじっくり行った上で最適な提案をしてくれるので、質の高いサポートが期待できるでしょう。

現職を続けていて、転職自体をするかどうか悩んでいる人でも相談できるため、第二新卒でこれからのキャリアに悩んでいる人にもおすすめです。

運営会社 株式会社ワークポート
公開求人数(2022年8月時点) 57,486件
利用可能地域 全国
利用料 無料

doda

doda

dodaは公開求人数が10万件を超える大手転職サイトで、2022年8月時点での事務職求人(事務・アシスタントカテゴリ)は5,000件以上にも上ります。

ITエンジニアから営業、メディカル業界、外資系企業まで幅広い職種を取り扱っており、大手企業からベンチャー企業まで求人を保有しています。

全体的な求人数が多いので、希望条件に近い求人が探しやすいのがポイントです。

dodaではスカウトサービスがあり、希望条件を登録しておくだけで企業側からアプローチがもらえます。

加えて、dodaでは専門スタッフが応募書類の書き方アドバイスや、面接対策を行ってくれるエージェントサービスもあります。

dodaは手厚いサポートのもと転職活動を進められるので、転職が初めての人にもおすすめです。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数(2022年8月時点) 150,807件
利用可能地域 全国
利用料 無料

第二新卒から事務職に転職するメリット

事務職への転職を検討している人に向けて、他の職種にはない事務職ならではのメリットについて紹介していきます。

何となく事務職に転職したいと考えている人はチェックしてみてください。

  • 残業や休日出勤が少ない
  • 女性が多い職種で産休や育休に理解がある
  • オフィス業務やPCスキルが身に付く

残業や休日出勤が少ない

事務の仕事内容は請求書の発行やデータ入力など、ルーチンワークがメインです。

仕事の要領を掴んで効率よく業務をこなしていけば、業務時間内に仕事を終わらせられるので残業なしで定時に帰宅できます。

また、休日返上で働かなければならないこともありません。

仕事の目途を立てやすいので、「プライベートを重視したい!」「家事と仕事を両立させたい!」と考えている人におすすめです。

女性が多い職種で産休や育休に理解がある

事務は女性メインの職種なので、女性が働きやすい福利厚生や各種制度が充実しています。

産休や育休はもちろん、育休明けの職場復帰率も高い数値を誇ります。

また、子育て中に子どもが病気になった時の看病や学校のイベントへの参加など、突発的な休暇も取得しやすい傾向です。

仕事のプレッシャーを感じることも少ないので、精神的な面でも働きやすいのもポイントと言えます。

オフィス業務やPCスキルが身に付く

事務は請求書処理をはじめ、様々な書類の作成やデータ入力などPC作業が業務のほとんどを占めます。

これらの業務を通して、仕事の中で必要となるスキルを身につけられるのでキャリア形成の第一歩にもなります。

PCはほぼ全ての仕事で利用し、必須スキルと言っても過言ではないので、事務職で基礎となる経験ができます。

第二新卒におすすめの事務職

第二新卒におすすめの事務職は、以下の4つです。

  • 一般事務
  • 営業事務
  • 総務事務
  • 経理事務

一般事務

一般事務は書類の管理やPCでの書類作成、データ入力をする仕事です。

電話応対や郵便物の仕分けなども行うので、業務内容が幅広いのが特徴。

一般的にイメージされる事務職に近いです。基本的に事務職というと、一般事務のことを指します。

また、事務職が未経験の人が転職しやすいのもポイントです。

営業事務

営業事務は営業職をサポートする仕事で、見積書や発注書、請求書の作成、管理、商品の管理やプレゼンテーション資料を作成する手伝いもします。

また、営業部に属することとなるため、顧客からの電話対応や来客対応も多いのが特徴。

一般事務よりも顧客との交流が多く、業務が忙しくなりやすいため、処理能力が高い人におすすめです。

総務事務

総務事務は、業務に必要な備品などの準備・手配を行う仕事です。

例えば、デスク用品、PC、文房具など、社員が業務に必要なものを発注・管理します。

加えて、社内外のイベント運営や冠婚葬祭に関する対応も行います。

総務事務は社内外の人と関わる機会が多い事務職なので、コミュニケーション能力に自信がある人におすすめです。

企業規模によっては人事・労務と仕事が統合されていることもあるので、求人票を細かく確認しましょう。

経理事務

経理事務は、企業のお金を管理したり、入出金の流れを記録したりする仕事です。

一般事務と比べて数字を扱う作業が多いのが特徴。また、データ入力や比較分析なども行う機会があります。

経理事務になるには簿記検定を取得していると有利になります。

実務経験がなくても、簿記を持っていれば経理業務の基礎が身についている証明となるので、取得するのがおすすめ。

経理事務は計算や数字を見続けることが好きな人にぴったりです。

第二新卒から事務への転職を成功させよう!

今回は第二新卒の転職には事務職がおすすめな理由と、未経験から正社員になる秘訣・向いてる人の特徴をご紹介しました。

事務職は未経験でも転職しやすい職種です。

第二新卒なら実務経験がなくても、やる気やポテンシャルを評価されてさらに転職できるチャンスがあります。

ぜひこの記事を参考に第二新卒で事務職への転職を検討してみてください。