中卒の割合はどのくらい?中卒から就職する際に有利になるポイントは?

中卒の割合はどのくらい?中卒から就職する際に有利になるポイントは?

一昔前に比べると、だいぶ学歴社会の傾向が無くなってきたものの、現代でも学歴を重視する傾向が残っています。

そのため、ほとんどの人が高卒に進学しており、中卒の割合はかなり少なくなりました。

中卒として就職すると、大卒以上や高卒以上などの学歴制限が設けられている企業も多く、中卒だと仕事が限られてしまいます。

そのため、正社員としての就職がなかなか上手くいかなかったり、辛い思いをしてしまう場面が多いでしょう。

果たして中卒の人の割合はどのくらいなのでしょうか?

この記事では、中卒の割合や中卒就活の現状、中卒の就職を有利に進めるためのポイントを紹介していきます。

中卒の割合は社会全体の約2割

総務省統計局が2017年に発表した「産業等基本集計結果」によると、中卒の割合は全体の約18.8%という結果になりました。

男女別に見ると、男性が17.5%、女性が20%という結果で、僅かながら女性の方が中卒者の割合が多いことがわかります。

女性の中卒者が多い理由は、中学卒業後・高校在学中に結婚や出産を経験して、そのまま専業主婦になる人が多いためでしょう。

高卒に進学するのが常識になってきている昨今で、10人に2人は中卒というのは、少々驚きの結果と言えるかもしれません。

20~40代は約1%

中卒の割合が最も少ないのは、20~40代の若年層でした。

割合としては、0.5%~0.6%となっており、ほぼすべての人が高校に進学しています。

時代の流れとともに、最低でも高校に進学するのが当たり前になってきており、中卒の学歴を持つ人はほとんどいないことわかります。

高年齢になると4割~5割

若い年代の中卒の割合に比べて、80歳以上の高齢者の中卒の割合は、男性が48.3%、女性は56.7%という結果でした。

また、70代では男性が39.1%、女性が45%と80代と大差ない結果でした。

一昔前は学歴を問われない時代背景だったため、進学する意識が低く、義務教育である中学校を卒業したらいち早く働き始めるという意識が強かったようです。

時代が進むごとに中卒の割合は減少してきている!

前の章を見てわかるように、時代が進んでいくにつれて、中卒の割合はかなり少なくなっています。

学歴を重視しない社会になってきてはいるものの、最低でも高校は卒業していて欲しいというのが、企業の考えです。

もちろん学歴が中卒だからと言って、就職できないわけではないものの、高卒や大卒に比べるとかなり就職が厳しいのは確かです。

中卒の就活は厳しいのが現状

最終学歴が中卒だと、修飾はかなり難しいというのが現状です。

企業によっては、最低高卒以上としている企業が多く、中卒を採用する意思がない企業がほとんどです。

また、最初から中卒がエントリーしてくる予想をしていない企業もあり、書類選考の段階で不採用になってしまうケースが多いようです。

中卒の就職率もかなり低くなっている

高度経済成長期の始まる1950年代までは、中卒の就職率が約40%と決して低くありませんでした。

しかし、時代の流れと共に高校進学率が上昇しているため、中卒者の就職率は極めて低い数字になっています。

現代では高校進学率が97%を超えてり、高校教育が半ば義務教育化しています。

そのため、中卒者の就職率は0.5%未満ときわめて低い数字となっています。

中卒から就職しようとすると、就職先の選択肢がかなり少なく、就職難易度が高くなってしまうのが悲しき現状です。

中卒就活の現実は厳しい?現状を理解して就活を成功させよう

企業は中卒に対して様々な不信感を抱えている

高校進学が当たり前になっている現代において、企業は中卒に対して、様々な不信感を抱えています。

  • 学習する意欲が極めて低いのではないか
  • 中学時代に不祥事を起こして素行が悪いのでは無いか
  • 社会人としての教養が身に付いていないのではないか?

中卒に対して上記のような不信感を抱えているため、企業は中卒に対して積極的な採用を行っていないようです。

そのため、企業抱えている不信感を解消しないことには、中卒からの就活が成功する見込みが低くなってしまうでしょう。

高卒認定試験を受ければ将来への選択肢が広がる!

中卒の人からすれば、高校を卒業しておけばよかったと思う人も多いと思います。

しかし、いまから高校に入りなおして3年間勉強をしなければならないとなると、少し無理がありますよね。

そんな人におすすめなのが、「高校認定試験」です。

高校認定試験に合格すれば、高卒と同様の学力があるということを証明できるため、大學や専門学校に進学できるようになります。

加えて、「高卒以上」の求人にも応募できるため、就職先の選択肢も広くなるでしょう。

今まで中卒だからという理由で大学や専門学校への進学、働きたい会社を諦めていた方は、高校認定試験を受けるのをおすすめします。

中卒は高卒認定試験を受けるべき?合格すれば選択肢が広がります!

資格を取得すれば就活に有利

高卒認定試験の他にも、自分のやりたい仕事に関連した資格を取得すれば、就職成功の可能性が高くなります。

中卒からでも取得できるおすすめの資格を紹介していくので、興味がある人は資格取得してみるのもおすすめです。

調理師免許

飲食業に興味を持っている方におすすめの資格は調理師免許です。

身近で耳にする機会の多い調理師免許ですが、じつは国家資格の1つです。

他の国家資格より比較的取得は難しくなく、合格率は毎年60%~65%となっています。

調理師免許を取得し、飲食店で下積みをして料理の腕を磨いていけば、最終的に自分のお店を構えることも可能です。

また、お店の売り上げが良くなれば複数のお店を出店でき、将来的には社長になれるケースもあります。

料理に学歴は全く必要ないので、中卒からでも始めることができ、様々な可能性を秘めているのが飲食業界の特徴。

事業が成功すれば、高卒・大卒よりも高い収入を得られるでき、年収1000万円も決して夢ではないでしょう。

ホームヘルパー

介護業界への就職を考えている人におすすめなのがホームヘルパーの資格。

ホームヘルパーの資格は、別名介護職員初任者研修と呼ばれています。

ホームヘルパーには「2級」「1級」があり、それぞれで取得難易度や、仕事の幅が変わってきます。

どちらにしても、合格していることによって業務内容の幅が広がり、キャリアアップに繋がるでしょう。

企業によっては資格を取得していることで、資格手当が付くケースもあるため年収アップにも繋がります。

また、介護業界で一番役立つ資格の介護福祉士を取る際に、ホームヘルパーの資格を持っていれば取得難易度が低くなることも。

介護業界で頑張っていきたい人には、是非とも取得してもらいたい資格と言えます。

宅地建物取引士

就職希望先を不動産業界においている人は、宅地建物取引士の資格を取得していれば、かなり有利に就活を進められます。

宅地建物取引士は、不動産の売買や賃貸物件の取引の際に、その土地や建物についてお客様に詳しい説明を行うための国家資格。

企業によっては、宅地建物取引士の資格が必須としている企業もあり、入社後に資格を取らなければならないケースも多々あります。

そのため、入社の時点で資格を持っていれば、即戦力として就活を有利に進められるでしょう。

しかし、宅地建物取引士の資格を取るのは容易ではなく、合格率も15%とかなり倍率が高いです。

勉強時間も300時間以上と言われており、時間にすると約3ヶ月の試験勉強をする必要があります。

難易度はかなり高いものの、取得することのメリットもかなり大きいので、不動産業界を志望している人は検討してみて下さい。

中卒からの就活にはリクらくを活用!

この記事では中卒の割合や就職事情、中卒の就職におすすめの資格などを紹介してきました。

ここまで読んだ人なら気付いているかもしれませんが、中卒の就職は容易ではありません。

就活経験が少ない中卒からしてみれば、「どうやって就活をすればいいのか分からない」人も多いはず。

そこでおすすめなのが、当サイトのリクらくです。

リクらくでは、「未経験歓迎」「学歴不問」などの中卒からでも就職できる求人を多く抱えており、リクらくを活用した人の内定率は90%を超えています。

また、リクらくで受けられるサービスは完全無料となっているため、気軽に活用できるのも大きな特徴です。

あなたもリクらくを活用して、中卒からの就活を成功させましょう!

お電話お待ちしています!