登録販売者の転職先とは?転職に最適なタイミングや転職事情を詳しく紹介!

登録販売者の転職先とは?転職に最適なタイミングや転職事情を詳しく紹介!

ドラッグストアだけでなくスーパーなどの一般小売業でも医薬品の販売ができるようになったことにより、かなり注目されている登録販売者。

様々な場所で医薬品が販売されているため、登録販売者として働ける転職先は非常に多く、転職をスムーズに行えます。

しかし、登録販売者として転職する前にどのような転職先があるのかあらかじめ理解しておきたいですよね。

そこでこの記事では、登録販売者の転職先や細かい転職事情について紹介していきます。

また、登録販売者転職で活用してほしいのが、医療業界大手のM3グループが運営している登販AGENTです。

初回登録は最短60秒、費用完全無料で専任のコンサルタントからサポートを受けられるので、相談だけでもしてみてくださいね。

登販AGENT
登販AGENT
公開求人数 約6,500件
非公開求人数 公開求人数に含まれています
対応地域 全国
対応年代 20代~50代
主な転職先 調剤薬局・ドラッグストア・企業など
注目ポイント
  • 専任コンサルタントからのマンツーマンサポート
  • 登録は60秒でカンタンにできる
  • 他サイトにはない独自の非公開求人多数!

登録販売者におすすめの転職先7選

登録販売者におすすめの転職先7選

登録販売者の資格を活かせて、これまでの経験やスキルを活かせるおすすめの転職先を6つ紹介していきます。

  • ドラッグストア
  • 医薬品の卸売り会社
  • 製薬会社
  • コンビニ
  • 調剤薬局
  • 日用品メーカー
  • 病院

ドラッグストア

ドラッグストアは登録販売者が働いている主な職場の1つです。

ドラッグストアで働く場合。一般用医薬品の販売やお客様の相談対応の他、商品の品出し・陳列、在庫管理や発注などを行います。

レジ打ちや医薬品以外の棚卸なども行うので、一般従業員的な役割もこなします。

業務内容もそこまで難しいものはなく、比較的転職しやすい職場なので、いち早く転職を成功させたい人におすすめです。

医薬品の卸売り会社

医薬品をドラッグストアや調剤薬局などに販売・棚卸しする医薬品の棚卸会社も登録販売者として活躍できる転職先の1つです。

また、民間機関や医薬品会社にも取引をするため、取り扱う医薬品の種類もけた違いに多い傾向があります。

そのため、幅広い商品知識が必要とされ、これまでの業務で培ったスキルや知識が問われます。

なお、医薬品の卸売り会社で働く場合は、一般の顧客と関わらないのも特徴の1つです。

製薬会社

医薬品全般に関する知識を身につけている製薬会社も登録販売者の転職先の一つです。

製薬会社は他の職種とは異なり、幅広い知識が求められるため、かなり転職難易度が高い職種の1つと言えます。

しかし、製薬会社は他の職種とは異なり収入がかなり高いため、キャリアアップ・収入アップにつながります。

そのため、登録販売者としてのキャリアを築いていきたい人・収入アップにつなげたい人にとてもおすすめです。

コンビニ・スーパーマーケット

最近ではコンビニ・スーパーマーケットでも医薬品を販売することが多くなり、登録販売者が活躍できる転職先の1つとなりました。

店内に医薬品コーナーを設けているスーパーマーケットは、安定した経営基盤を持つ大手企業であることが多いといわれています。

医薬品コーナーのみの仕事であれば、飲料や食品の品出しを任されることはほとんどないので、身体的な負担はそれほど大きくありません。

コンビニ・スーパーマーケットでは登録販売者がいないと医薬品を取り扱えないため、かなり重宝されます。

調剤薬局

調剤薬局で働く場合は処方せんの受付や処方内容の入力など、調剤薬局事務の仕事全般がメイン業務になり、補佐的な役割として働きます。

薬局内で販売されている第2類・第3類医薬品の販売に関わることもありますが、薬剤師のアシスタント的な役割になることも。

そのため、自分がやりたい業務に携れないこともあります。

それでも調剤薬局で働きたい場合は、大手チェーンの調剤薬局へ転職するのがおすすめです。

大手チェーン薬局であれば福利厚生が整っており、社内環境も良いので働きやすい環境で勤務できます。

病院

登録販売者の資格を取得しているだけでは病院での勤務をすることはできません。

しかし、登録販売者の知識を活かせれば医療事務へ転職し、病院で働く事も可能です。

医療事務は資格が必要というイメージを持っている人も多いかもしれませんが、医療事務の資格は民間の資格です。

そのため、医療事務の資格がなければ働けないというわけではなく、登録販売者の経験を活用すれば医療事務への転職も可能です。

登録販売者の資格勉強や実務経験が活かせるので、職種をちょっと変えてみたいと考えている人は医療事務も検討してみてください。

登販AGENTには登録販売者向けの求人多数!

登販AGENT

転職先選びに悩んでいる人は登録販売者に特化している転職サービスの登販AGENTを活用しましょう。

医療業界最大手であるM3グループが運営しており、他社の転職サイトには掲載されてない独自の非公開求人が多数掲載されています。

専任コンサルタントの評判も非常に高く、求人紹介や転職サポート、アフターフォローまで充実したサポートを受けられるのも特徴。

費用完全無料で使えるので転職を成功させたい人はぜひ利用してみてくださいね。

\掲載求人数10万件以上!/
登販AGENTに申し込む

登録販売者として転職先を選ぶ際のポイント

登録販売者として転職先を選ぶ際のポイント

ここからは登録販売者として転職する際に転職先を選ぶポイントを紹介していきます。

転職してからのミスマッチをなくすためにもチェックしておきましょう。

  • 企業規模
  • 社風
  • 福利厚生

企業規模

転職先企業の企業規模はしっかりとチェックしておきましょう。

企業規模によって収益・売り上げなどがかなり異なり、規模が大きければ大きいほど待遇も良い傾向があります。

また、企業規模によって求人倍率も変わるので難易度を見極める一つの基準となります。

あなたがどの様な企業で働きたいのか考えてみましょう。

社風

直接的に業務内容に関わる要素ではありませんが、転職先がどの様な社風なのかもチェックしておきましょう。

社風によって会社の雰囲気や人間性が異なり、馴染める・馴染めないを大きく左右します。

社風とあなたの適正がマッチしていないと居心地が悪くなり、早期退職にも繋がってしまうので十分にチェックしておきましょう。

福利厚生

福利厚生は充実している会社に転職すると様々なサポートを受けられるので働きやすいです。

意外とチェックしていない人が多いかもしれませんが、福利厚生が充実しているに越したことはありません。

通勤手当や夏季休暇などの基本的なものはもちろん、あなたが嬉しい福利厚生があるかチェックしてみてください。

登録販売者の転職を成功させる秘訣

登録販売者の転職を成功させる秘訣

ここからは登録販売者としての転職を成功させる秘訣を紹介していきます。

どうすれば転職に成功するのかあらかじめ理解しておけば、スムーズに転職することができます。

  • 現職を続けながら転職活動を進める
  • 登録販売者の資格や経験が役に立つ転職先を選ぶ
  • 転職エージェントを活用する

現職を続けながら転職活動を進める

登録販売者に限ったことではありませんが、基本的に現職を続けながら転職活動を進める様にしましょう。

退職してから転職をすると、収入が無くなってしまうのはもちろん、転職先が決まらない状況が続くと無職期間が長くなってしまいます。

無職期間は職歴に含まれない空白期間になり、転職する際の大きなハンデキャップになってしまうことに。

また、登録販売者としての期間にブランクができてしまいます。

登録販売者の資格や経験が役に立つ転職先を選ぶ

登録販売者はスキルや経験がものをいう職種で、専門性が非常に高いため、全く別の職種に転職するとなると0からのスタートになります。

そのため、転職の成功率が極端に下がってしまうことに。

スムーズに転職するためにも、できるだけ関連性の高い職種や資格が役に立つ職種を選んで転職するようにしましょう。

転職エージェントを活用する

少しでも転職成功率を上げたいのであれば、転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントを活用することによって、履歴書作成や面接対策など転職全般のサポートを受けられるので、転職の成功率がぐっと高くなります。

また、転職後にアフターフォローも受けられるため、不安や疑問が生じた際、気軽に相談できます。

転職エージェントは基本的に無料で、医薬品業界に特化しているエージェントもあるため、ぜひ活用してみてください。

登録販売者の転職には登販AGENT!

登販AGENT

登録販売者として転職する場合には、登販AGENTを活用してみましょう。

登販AGENTには独自の非公開求人が多数掲載されており、ここでしか出会えないレアな求人を見つけることができます。

在籍している担当者も評判がかなり高く、実績・ノウハウが確立されているので安心してサービスを活用できます。

利用料や登録料は一切かからないので、登録販売者として転職したい人はぜひ利用してみてくださいね。

\掲載求人数10万件以上!/
登販AGENTに申し込む

登録販売者として転職する際に準備しておくこと

登録販売者として転職する際に準備しておくこと

ここからは登録販売者として転職する際に準備しておくべきことを紹介していきます。

  • 転職する理由と目的を明確にする
  • 履歴書作成・面接対策
  • 退職手続きも進めておこう
  • 転職先に提出する書類も準備!

転職する理由と目的を明確にする

登録販売者から転職する際、まず初めにすべきことは転職クする理由と目的を明確にすることです。

「なぜ転職しようとしているのか」「転職してどうなりたいのか」この2つに対して自分なりに明確な回答を持つようにしましょう。

この基盤が崩れてしまうと、転職している中で目的を失ってしまい、中々転職先が決まらない状況に陥る可能性が高いです。

また、転職する理由と目的は志望動機や自己PRにつながる要素でもあるので、しっかりと設定しておきましょう。

自己分析

自己分析では自分がどのような仕事観を持っているのか・自分はどのような人間なのかを改めて振り返る作業です。

初歩的な作業ですが、自己分析ができているかできていないかによって、その後の転職に大きく関わります。

転職先の企業研究

転職先の企業研究をすることによって、企業がどのような人材を求めているのかを理解できます。

企業が求めているものを理解できると、その求めているニーズに合う様にアピールができるので、転職成功率もぐっとアップします。

また、企業の雰囲気を知れるので、入社後のギャップが発生するリスクを軽減できます。

企業のホームページ・求人・口コミサイトなどを活用して、入念に企業研究を行っておきましょう。

履歴書作成・面接対策

履歴書作成や面接対策は登録販売者としての転職成功率を大きく左右する要素なので、入念に行っておきましょう。

これら2つの作業を行う際には、登録販売者としての経験や身につけた知識を棚卸しして、整理するのが重要です。

一人で行うのが難しい場合は、転職エージェントを活用するのもおすすめです。

退職手続きも進めておこう

転職活動と並行して退職手続きもある程度進めておきましょう。

登録販売者に限った事ではありませんが、転職先が決まってからいきなり退職したい旨を伝えてしまうと、かなり負担をかけてしまうことにつながります。

また、場合によってはスムーズに退職できなかったり、トラブルになることも。

しかし、逆に退職をするのが早すぎるのも問題です。転職の進み具合と現在勤務している職場の雰囲気を汲んで最適なタイミングで退職手続きを行えるようにしましょう。

転職先に提出する書類も準備!

転職活動を進め、はれて内定を貰えたら入社手続きを進めて行きます。

入社手続きでは様々な書類を提出しなければならないので、あらかじめ準備しておきましょう。

転職先の会社に提出する書類は以下の通りです。

  • 国民年金または厚生年金手帳
  • 雇用保険被保険者証
  • 源泉徴収票
  • 給与振込先届出書
  • 扶養控除等申告書
  • 健康保険被扶養者異動届(扶養家族がいる人のみ)
  • 健康診断書

もちろん、転職先の企業によっては提出する書類が異なることもあるので注意しておいてください。

登録販売者の転職に適していないタイミング

登録販売者は通年を通して求人が出されているため、最適なタイミングはありませんが、適していないタイミングはあります。

転職に適していないタイミングは、資格試験の合格発表が行われる10月を過ぎた11月~12月頃です。

合格発表に合わせてたくさんの人が転職・就職活動を始めるため、求人倍率が高くなり、採用されにくくなります。

登録販売者の転職におすすめの転職サイト・エージェント

求人サイトやハローワークを見ても希望を満たすような求人に出会えない場合は、登録販売者の転職に特化した転職エージェントの利用を検討してみましょう。

キャリアコンサルタントが、あなたのキャリアや資格を最大限に活かせる転職をサポートしてくれます。

登録販売者の転職におすすめの転職サイト・エージェントをピックアップしましたので、これから転職活動を予定している方は、自分に合ったエージェント選びの参考にしてみてください。

  • 登販AGENT
  • CME登録販売者
  • マイナビ薬剤師
  • リクナビ薬剤師

登販AGENT

登販AGENT

登販AGENTは医療業界大手の「エムスリーグループ」が運営する、登録販売者を専門とした転職支援サービスです。

業界大手ならではのネットワークを活かした好条件の求人が多く、キャリアアップや年収アップを成功させた事例を豊富に持っています。

エージェントサービスのでは、専任のコンサルタントがあなたのキャリアや要望を聞きながら最適な転職先を紹介し、入職までをトータルでサポートしてくれるので安心です。

具体的には、履歴書の書き方や面接対策をはじめ、非公開求人の紹介、契約社員から正社員へのキャリアアップ、年収交渉など多岐に渡ります。

特に関東エリアの求人が豊富なので、東京や周辺で転職先を探している方におすすめです。

運営会社 エムスリーキャリア株式会社
対応エリア 全国
求人数 約6,500件
利用料金 無料

\掲載求人数10万件以上!/
登販AGENTに申し込む

CME登録販売者

CME登録販売者
「CME登録販売者」は、登録販売者の求人に特化した転職エージェント。

求人の質やコンサルタントの質が高い点に定評があります。

「なかなか希望に合う求人が見つからない」「一人での転職活動に不安がありアドバイスが欲しい」という方は、ぜひカウンセリングを受けてみてください。

未経験者の転職にも強く、経験がなくても希望条件に近い求人に転職できるよう徹底したサポートが期待できます。

在籍中であっても積極的に求人を紹介してくれるので、スピーディな転職を実現させることができるでしょう。

運営会社 株式会社CMEコンサルティング
対応エリア 全国
求人数 約28,000件
利用料金 無料

\サービスは全て完全無料!/
CME登録販売者に申し込む

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師 商標

「マイナビ薬剤師」は人材サービス大手のマイナビが運営するサイトで、薬剤師や認定薬剤師、登録販売者の求人が掲載されています。

サイト自体の求人数は5万7,000件ほどで、そのうち登録販売者の求人は約8,000件。

さらにその中でも調剤薬局の求人が半数以上を占めるため、調剤薬局の登録販売者求人に絞って転職先を探している方におすすめのエージェントです。

メインで掲載されているのは薬剤師の求人ですが、掲載されている登録販売者求人にはマイナビ独自のものもありますので、登録しておいて損をすることはないでしょう。

関連記事

運営会社 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
求人数(2022年9月時点) 約57,000件
利用料金 無料

\マイナビだけの非公開求人多数!/
マイナビ薬剤師に申し込む

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は、大手企業であるリクルート社が運営する薬剤師系に特化した転職エージェントです。

メインで扱う求人は薬剤師ですが、登録販売者の求人も掲載されています。

求人紹介や応募書類の添削、面接対策、内定後のアフターフォローなど、手厚いサポートが受けられるのもポイント。

登録販売者としてはじめて転職する人でも、安心して利用できるでしょう。

運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 全国
求人数(2022年9月時点) 約10,000件以上
利用料金 無料

\登録はカンタン60秒!/
リクナビ薬剤師に申し込む

登録販売者としての転職を成功させよう!

登録販売者は医薬品を販売する店舗が多くなっている昨今では、登録販売者へのニーズが非常に高くなっています。

そのため、登録販売者は比較的転職しやすい職種でもあり、上手くいけば転職をきっかけにキャリアアップ・年収アップにもつながります。

ぜひ登録販売者として良い転職ができるように、目標と目的を明確にして転職を成功させてください。