女性フリーター必見!就職しやすい5つの職種と就職する際の注意点を紹介!

「フリーターから正社員になるのってかなりハードルが高そう…」

「出産とかがあるから、企業は女性を採用してくれるのかな…?」

多くの女性が、就職することに困難を感じているようです。

就活が上手くいくかが心配で、中々就職活動に動き出せない女性もたくさんいます。

確かに、新卒や転職者に比べると、就職難易度が高いのは間違いありません。

とはいっても、就職できないわけではありません。

就活をしていくうえでのポイントを押えて、就職しやすい業界を選べば、割とスムーズに内定を貰えます。

そこで今回は、女性フリーターが就職しやすい5つの業界を紹介していきます。

また、女性フリーターが実際どんな業界に就職しているのか、就職先を選ぶ際の注意点なども紹介していきます。

「いずれは正社員になりたい」「就職活動を始めるか悩んでいる」

そんな女性フリーターは必見です!

フリーターにいち早く見切りをつけて、正社員になりましょう

現在、フリーターをやっている人の中には、

「フリーターも正社員もそんなに給料が変わらない」

「自由に予定が組めるからフリーターのほうがいい」などと考える人も多いですが、その考えは大きな間違いです!

フリーターと正社員では、待遇が全く違います。

下記の表を参考にしてみてください。

正社員 フリーター
給与 固定給 時間給
福利厚生 あり 一部あり
ボーナス あり なし
退職金 あり なし
有給休暇 あり なし

 

表を見て一目でわかると思いますが、正社員の方が圧倒的に、手厚い待遇を受けられます。

フリーターの場合、時間給なので働いた時間分の給料を受け取れますが、体調を崩してしまい働けなくなるとお金を受け取れません。

対して正社員の場合には、体調を崩していしまった場合でも給与が固定されているので、最低額の給与を受け取れます。

その他にも、フリーターでは受けられることができない待遇がたくさんあります。

確かにフリーターは、シフトを自分で組めるため、自由度は高いです。

しかし、フリーター経験が長くなり年齢がると、就職しようとした時に内定率がかなり低くなってしまいます。

年齢が高くなると就職を貰える難易度も上がる

女性も男性も同様に、年齢が上がるにつれて、就職活動は困難になります。

若いということは、これからの成長率を見込んでのポテンシャル採用ができますが、年齢を重ねてしまうと成長速度も低くなります。

女性の場合には、男性以上に年齢を重ねると、就職が厳しくなります。

というのも、女性には血痕があり、出産を体験します。

専業主婦になる場合も考えられるので、一つの企業に長く勤める見込みが薄いです。

20代前半位であれば、結婚するまで時間がありますが、20代後半にもなると女性が結婚を考えだす時期です。

そのため、20代後半ともなると企業から長期間勤務できないと判断されてしまい、内定を貰える確率が低くなります。

女性フリーターが採用されている業界とは?

フリーターとして働いていた女性が、どのような職種に就いたのか見ていきましょう。

2014年9月に独立行政法人の労働政策研究・研修機構が調査した「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状②」によると、

1位 事務職 29.8%
2位 サービス職 22.1%
3位 専門技術職 20.7%

上位3つは、このような職種でした。

フリーター女性の約3割が、事務職に就職しているようです。

事務職が人気な理由は、

以上が事務職を目指す女性の主な理由でした。

仕事量が多くなくて、残業が少ないため、自分のワークライフバランスを確立できるという意見が多いようです。

女性フリーターでも歓迎される業界

女性フリーターでも、男性のフリーターでも就活の難易度にそこまで大きな差はありません。

どちらとも、年齢を重ねていく毎に就職難易度があがるのは確かですが、20代前半であれば未経験でも様々な業界に挑戦できます。

中でも、女性フリーターが歓迎される業界を5つ選んだので説明していきます。

事務職

先程説明したように、事務職は女性から圧倒的な人気があります。

事務職と一口に言っても、様々な種類があります。

一般事務・営業事務・経理事務・人事事務・労務事務・総務事務・医療事務・学校事務など事務の種類によって、業務内容も様々です。

どの種類の事務にも、資格やスキルが基本的には必要ありません。

ただ、日商簿記などの資格を持っていれば、企業から重宝されて企業によっては資格手当を貰える企業もあります。

残業も少なく、基本的にはカレンダー通りに働くので、プライベートも保証されています。

女性の育休にも理解がある企業がほとんどですので、いろいろな面でストレスなく、働いていけるでしょう

販売・接客業界

また、基本的に男性よりも女性の方が、接客に向いているので企業からも重宝されるでしょう。

基本的なコミュニケーション能力や、わかりやすい説明をするスキルが求められますが、基本的には事前知識が無くても人柄で採用されます。

入社してから商品知識をつけていけばいいと考えている企業がほとんどですので、人とかかわることが好きな人には、かなり向いている職と言えるでしょう。

プログラマー

プログラマーと聞くと専門的な知識やスキルが求められると感じる人も多いかもしれませんが、以外にも未経験からチャレンジできます。

「パソコン詳しくないし、絶対無理!」と思われるかもしれませんが、プログラマーを始めたほとんどの方が未経験から始めています。

始めのころは全く知識が無くても、入社して研修を受け実務を積んだら、理解できる仕事内容になっています。

また、職歴や学歴などは一切求められず、全ては結果次第の実力主義の業界です。

そのため、入社した時期が遅くても実力があれば、自分より前にいた社員を抜いて出世することも可能です。

営業職

営業職は未経験者歓迎の求人が多く必要な資格もない特にありません。

学歴よりも実力を大きく重視する傾向にあるため、現段階では営業のスキルがなくてもやる気と熱意があれば問題なく転職できます。

そして向上心があるフリーターには嬉しい要素として、営業職は努力次第で高い給与を得られる可能性も十分にあります。

営業職は、明るい方で、コミュニケーションスキルや相手の話を聞き何を求めているのかを感じ取るスキルが必要です。

また、新年を持って突き進む行動力が求められます。

営業職を視野に入れている高卒者の方はぜひ、この職種が自分の性格に合っているかどうかを今一度確認してみましょう。

美容業界

美容業界では、男性よりも圧倒的に徐栄が優遇される業界です。

仕事相手が女性だからこそ、企画や開発、広告や宣伝、さらには営業なども女性の考え方や店舗スタッフが求められています。

ほとんどの従業員が女性という現場もあるので、人によっては働きやすい職場環境が整っていると言えます。

内定を貰いやすい女性の特徴とは?

フリーターから正社員になれる女性には、いくつかの共通点があります。

以上が内定を貰いやすい女性の特徴で、女性が就職する上で大切な要素です。

下記で補足して説明していきますので、参考にしてみてください。

コミュニケーション能力が高い

どんな仕事に就くにしても、コミュニケーションスキルは必須のスキルです。

社会人の基礎スキルと考えている企業が多いので、身に付いていない場合には評価されません。

基本的なことだからこそ、求められるスキルです。

自然と身に付くスキルなので、日常的にアンテナを張って、コミュニケーションスキルを身に付けるようにしましょう。

行動力がある

大前提ですが、内定を得るためには行動力が必要不可欠です。

履歴書を作成するにしても、面接を受けるにしても、行動力が無いとできません。

就職活動はかなりのエネルギーを使うので、絶対に就職するという強い気持ちのもとで、行動しなければなりません。

多くの企業に応募することで、その分内定を貰う可能性も広がりますので、行動力を意識して増やしましょう。

愛嬌がある

就職活動には必ず面接があります。

もちろん面接で話す内容も大切ですが、話し方や表情も内定を貰うための需要な要素です。

それらの要素は、男性よりも求められる要素になります。

接客業には商品の知識よりも、求められる要素ですので、しっかりとアピールできるようにしておきましょう。

自分の能力に見合った企業を選んでいる

女性は男性以上に、安定した環境で働きたい思いが強い傾向にあります。

給与はもちろんですが、福利厚生や社内環境、勤務先までも希望がある女性が多いです。

たくさんの条件を求めてしまうのは、就職活動を行う上で、障害にしかなりません。

希望条件が多すぎて、希望条件に合う企業が無くて就職活動が進まないこともありえます。

企業に求める条件は1~3つくらいにしておきましょう。

女性フリーターが就職先を選ぶ際の注意点

女性のフリーターが就職先を選ぶ際には、以下の2つの注意点を踏まえたうえで、就職先を選びましょう。

やりたいことのみを就職の軸にしない

フリーター女性に限らず、就職活動をしている人全員に言えることですが、やりたいことだけを軸に就職活動を進めていくのは避けましょう。

決して、やりたいことを仕事にしてはいけないわけではありません。

やりたいことを仕事にしている自分を想像すると、かなり輝かしいと思います。

苦労が伴うことはわかっていても、人間は憧れているものに対してメリットを多く想起してしまいます。

しかし、やりたい仕事をただ「やりたい」という気持ちだけで選んでしまうと、その理想と現実とのギャップに耐え切れなくなりやすいのです。

実際、やりたい仕事に就けたが、想像と違い過ぎて辞めてしまう人も多いです。

自分が働く姿を、鮮明に想像してその仕事をするメリットを考えてみましょう。

育児休暇を取得できるか注意しよう

女性にとって、出産は人生の中でもかなり大きな出来事です。

出産・育児中はもちろん仕事ができませんので、休暇を貰わなければなりません。

ほとんどの企業は、出産育児休暇中も手当を貰えますが、中には手当が出ない企業もあります。

数年間給与が貰えず、夫の給与のみで暮らすことになるので生活面でかなり厳しくなります。

求人を見て育児休暇がとれるのか、休暇中は手当を貰えるのかを確認しましょう。

一人で就活をしていくのに困った場合には、リクらくを活用しよう!

いかがでしたでしょうか?

女性も男性と変わらず、ほぼ同じ条件でフリーターから就職ができます。

しかし、結婚・出産のことを考えるとすぐにでもフリーターを辞めて、正社員になることをおすすめします。

一人で進める就職活動に困ったら、リクらくを活用しましょう。

リクらくでは、男女に関わらず多くの人が就職に成功しており内定率も90%以上の実績があります。

リクらくを活用して、ともに就職活動を成功させましょう!