コミュ障に向いている仕事15選|コミュニケーション苦手な人が快適に働く秘訣

コミュ障に向いている仕事15選|コミュニケーション苦手な人が快適に働く秘訣

「コミュ障が原因で仕事が長続きしない・・・」
「人と話すのが苦手でつらい・・・」

このような悩みを抱えて、コミュ障に向いている仕事を探していませんか?

コミュ障は人と話すとひどく緊張したり、相手との意思疎通がむずかしかったりするため、仕事に支障をきたしてしまいます。

そこで今回は、コミュ障に向いている仕事を3パターンのランキング形式でご紹介。

コミュ障でも正社員を目指せる仕事をメインでピックアップしていますので、これからの働き方の参考にしてみてください。

なお、コミュ障で悩んでいる人はエージェントサービスであるマイナビエージェントを利用しましょう。

利用者の適正・希望条件に合わせて最適な求人を紹介してくれるので、コミュ障でも活躍できる職場に転職できる可能性がアップします。

登録料・利用料は一切かからないので、相談だけでもしてみてくださいね。

マイナビエージェント
マイナビエージェント
公開求人数 記載なし
非公開求人数 記載なし
対応地域 全国
対応年代 10代~40代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 適正に応じて最適な求人を紹介してくれる
  • 手厚いサポートではじめての転職でも安心!
  • 登録料・利用料は完全無料!

【人との関りが少ない】コミュ障に向いている仕事ランキング

【人との関りが少ない】コミュ障に向いている仕事ランキング

「コミュニケーションが苦手」「人とあまり関わりたくない」と悩んでいる方におすすめしたい仕事は、次の7種類です。

  1. ビルメンテナンス
  2. スーパーのレジ
  3. 農業
  4. 清掃員
  5. 工場の作業員
  6. 長距離ドライバー
  7. 配達員

どの仕事も最低限のやり取りはあるものの、ほとんどが1人でコツコツと作業できます。

ほんの少しの人との関わりもあるので、コミュ障の克服にも役立つでしょう。

ビルメンテナンス

ビルのメンテナンスは、商業施設やオフィスビル、百貨店、ホテルなどで、建物の監視や設備点検、緊急時のトラブル対応などを行うのが仕事です。

高層ビルの窓ふきやフロア清掃、エレベーターの故障対応なども、ビルメンテナンスの作業分類に入ります。

基本的に1人で巡回し、モニターで監視するなど、単独で行動することが多いビルメンテナンス。

お客さんと関わることもなく、社員間でも必要最低限のやり取りしかないので、コミュ障で悩んでいる方に向いている仕事です。

またビルメンテナンス業界は「安定した業界」とも言われており、将来的に長く働き続けたい方におすすめできます。

スーパーのレジ

スーパーのレジはバーコードやタッチパネルで商品を読み取り、お客さんの支払いに対応するのが主な仕事です。

普段スーパーやコンビニを利用している方は、仕事内容のイメージが付きやすく、取り組みやすい職業といえるでしょう。

「袋はお持ちですか?」「ポイントカードはお持ちですか?」「お支払いは現金ですか?」といったやり取りは生じますが、すべての対応がルーティン化されているのでむずかしくありません。

お客が少ないときは商品の陳列や店内清掃を行う場合もありますが、1人で黙々と進める作業なのでコミュ障の方に向いています。

農業

田んぼや畑を耕し、種まきをしたり肥料を加えたりして、農作物を育て収穫するのが農業の仕事です。

さらに畑のメンテナスや害虫駆除に加え、作物の選別や袋詰め、出荷作業なども行います。

農業は作物や自然と向き合う仕事ですので、人との関わりがほとんどありません。

仕事に慣れるまでは指示やアドバイスなどのやり取りが発生しますが、慣れてしまえば話す機会はほとんどなく、分からないことを相談したり確認したりするくらいでしょう。

育てる作物や地域よって働き方も大きく変わるので、自分に合った気候や地域に移住するのもおすすめです。

清掃員

商業施設やオフィスビル、病院など、さまざまな建物の清掃・管理をするのが清掃員の仕事です。

床や壁、照明器具や排気口、トイレ、湯沸かし室などを掃除し、ゴミの回収までを一貫して行います。

決められた場所を一人で担当することが多く、集中して仕事に取り組めるため、コミュ障の方に向いている就職先の1つです。

清掃員同士のやり取りは多少あるものの、仕事さえきちんとこなしていれば、コミュ障が原因で働きづらくなることもありません。

清掃後のクリーンな状態に達成感を覚えることができ、お客さんから「ありがとう」と感謝の言葉をもらえるのも、清掃員としてやりがいにつながるでしょう。

工場の作業員

工場の作業員の中でも、コミュ障の方に向いているのは「ライン作業員」です。

ライン作業は、ベルトコンベアを流れる製品や部品を組み立てたり加工したりするのが主な仕事内容です。

作業自体がマニュアル化されており、一人でできる仕事が多いため、周囲とコミュニケーションを取る必要がありません。

また仕事自体も単純ですぐに覚えられますし、未経験からチャレンジしやすい業務がほとんどです。

作業中は無言でもくもくと手を動かすので、同じ作業を何時間やっても苦痛じゃない人に向いているでしょう。

長距離ドライバー

長距離トラックのドライバーは、長い時間をトラック内で一人で過ごすため、コミュ障の方でも働きやすい職業です。

荷物の積み下ろしや積み込みで体力が必要ですが、人との会話はほとんど必要ありません。

運送業界は人手が不足しており、入社のハードルも低めになっているため、コミュ障であっても採用されやすい傾向があります。

長距離の運転がむずかしい場合は、決まった人としかコミュニケーションを取らない「ルート配送」もおすすめです。

毎日訪問する店舗の店員や社員と簡単なあいさつや伝達があるだけですし、営業やノルマもありません。

配達員

配達員は依頼主から荷物を受け取り、送付先に届けるのが仕事です。

郵便配達員や宅配便の配達員、新聞配達員などのほか、ピザやレストランの宅配デリバリー、生花やお酒を届ける小売販売の配達員などもあります。

一人で自動車やバイクに乗って各家庭を周り、荷物を届けるだけなので、人との関わりはほとんどありません。

特別なスキルや経験も不要ですので、コミュ障でも未経験からチャレンジすることが可能です。

ただし会社によっては「営業」や「集金」を任せられることもあるため、顧客とのコミュニケーションが生じるケースも。

応募する際には、詳しい仕事内容を確かめてからエントリーしましょう。

マイナビエージェント
マイナビエージェント
公開求人数 記載なし
非公開求人数 記載なし
対応地域 全国
対応年代 10代~40代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 適正に応じて最適な求人を紹介してくれる
  • 手厚いサポートではじめての転職でも安心!
  • 登録料・利用料は完全無料!

【女性におすすめ!】コミュ障に向いている仕事ランキング

【女性におすすめ!】コミュ障に向いている仕事ランキング

次はコミュ障で悩む女性におすすめしたい、3つのお仕事をご紹介します。

  • 事務
  • コールセンター
  • 図書館司書

もちろん男性でも働ける仕事ですので、自分に合いそうな職業かチェックしてみましょう。

事務

女性は細かい作業や雑務が得意な方が多いため、オフィスワーク全般に向いています。

しかし一口に事務といっても、「一般事務」「営業事務」「経理」「総務」「貿易事務」など、さまざまな職業があります。

中でもコミュ障の方に向いているのが、特定の人としか関わらない「一般事務」で、データ入力やファイリングなどの業務が中心の事務職がベストです。

事務職は会社よって業務内容が大きく変わるため、事前に仕事内容をしっかりと把握して転職を考えるようにしましょう。

顧客や仕入れ先など、外部とのやり取りが多い「営業事務」や「貿易事務」はおすすめできません。

事務職への転職にはマイナビキャリレーションがおすすめ!

マイナビキャリレーション

人と接する機会が少なくワークライフバランスが整っている事務職を目指している人には、マイナビキャリレーションがおすすめです。

マイナビキャリレーションには、未経験からチャレンジできる求人が多く、無期雇用派遣賭して正社員同様に働けます。

事務職転職に精通したコンサルタントからの手厚いサポートを受けられるのも魅力です。

登録料・利用料は完全無料なので、ぜひ利用してみてくださいね。

\専任のアドバイザーが徹底サポート!/
マイナビキャリレーションに申し込む

コールセンター

コールセンターの仕事は、電話を通じてお客様からの問い合わせに対応したり、商品やサービスを案内したりする役割を担っています。

働き方は大きく分けると、受信中心の「インバウンド」と、発信中心の「アウトバウンド」の2種類がありますが、コミュ障の方に向いているのはお客様から電話がかかってくる「インバウンド業務」です。

多くの場合、お客様からの問い合わせや困りごとを解決していく必要がありますが、マニュアルがあるので安心して働けます。

一方で、お客さまに電話をかけて営業や市場調査をするアウトバウンドは、電話を嫌がられたりクレームを言われたりすることがあるため、コミュ障の方にはおすすめできません。

コールセンターの仕事に挑戦する際は、「インバウンド」であり、お客様からのクレームが少なく成果を求められない業務を選ぶようにしましょう。

図書館司書

図書館司書とは、図書館で扱う資料を選んで発注したり、利用者の貸出に対応したりするのが主な仕事です。

まれに利用者に向けたイベントの企画を行なったり、テーマに沿った本の展示コーナーを設置したりすることもあります。

図書館司書は静かな環境で働けることと、厳しい労働環境でないことがメリットで、コミュ障の方でもリラックスして働くことができます。

さらに本好きで、コツコツした事務作業が好きな方であれば、図書館司書に向いているといえるでしょう。

【在宅でできる】コミュ障に向いている仕事ランキング

【在宅でできる】コミュ障に向いている仕事ランキング

次は、自宅や好きな場所で働ける「在宅」の仕事ランキングをご紹介します。

  1. システムエンジニア
  2. Webライター
  3. 動画編集
  4. 校閲・翻訳
  5. イラストレーター

在宅で働けるメリットは、満員電車によるストレスと無縁で、好きな場所で働けることです。

会社に出社して苦手な人と顔を合わせたりすることもありません。

家賃の高い都心部に住む必要もないため、自分の好きな環境でのんびり働けるのが魅力です。

システムエンジニア

システムエンジニアとは、顧客から要件をヒアリングし、ソフトウェアの設計書やプログラムの仕様書を作成するのが主な仕事です。

顧客やチーム内での打合せなど発生しますが、テレビ電話やチャットなどを活用してコミュニケーションを図りながら仕事を進めていきます。

ただし、一定上のレベルが求められるため、エンジニア未経験者は在宅SEとして働くのはむずかしいかもしれません。

まずはオフィスに勤務しながら、エンジニアの仕事を覚え一人前になる必要があります。

今は在宅勤務やフルリモートでのエンジニア採用も増えているので、地方に住んでいるコミュ障の方でも、たくさんの企業から自分に合った職場が選べるでしょう。

エンジニア転職にはワークポートがおすすめ!

ワークポート

エンジニアへの転職を検討している人は、ワークポートがおすすめです。

「みんスク」という完全未経験からエンジニアに必要な知識を身につけられるコンテンツがあるので、未経験でもOK。

受講料は一切かからず、好きな時間に学べるので現職と並行して進めることもできます。

転職相談にも対応してくれて、ワークポートだけの非公開求人が揃っているのでぜひ利用してみてくださいね。

\転職決定人数№1!/
ワークポートに申込む

Webライター

Webライターはクライアントからの指示や構成をもとに、ウェブサイトに掲載する記事を書くのが主な仕事です。

クライアントとの連絡はチャットやメールを活用するため、電話や対面の打ち合わせはほとんどありません。

ひたすらパソコンに向かって作業するので、1人きりで働きたいコミュ障の方に向いています。

Webライターは文章を書くことが好きであれば、資格も必要なく、パソコン1台で気軽に始められる仕事です。

また完全出来高制で報酬の幅が広いため、「コミュ障だけど高収入を得たい!」という方におすすめできます。

動画編集

動画編集とは、クライアントから依頼された動画の編集を行うのが仕事内容です。

パソコンを使って動画で使用する音楽やナレーションを編集したり、音響効果の編集などにも携わります。

最初の打ち合わせと納品時にクライアントとのやり取りは生じますが、作業自体は一人で行うのが基本なので、コミュ障の方でも安心して働くことができます。

モノづくりが好きで、自分の感性を活かして働きたいコミュ障の方に向いている職業です。

近年はYouTubeに動画を投稿する人が増加しており、アプリやソフトを使用して簡単に動画編集ができるようになりました。

興味がある方は、まず自作で何かを作ってみて、クリエイターに向いているかを判断するのもいいかもしれませんね。

校閲・翻訳

文章を読むのが好きな人、外国語に長けている人には、校閲や翻訳の仕事もおすすめです。

校閲とは、作家が書いた文章をもとに誤字脱字がないかをチェックしたり、おかしな日本語を修正したりするのが主な仕事です。

翻訳家は、外国語で書かれた文章を日本語に書き直すのが仕事で、外国語はもちろん日本語のスキルも求められます。

どちらの仕事も活字と向き合うことが大半の時間を占めるため、コミュニケーションをとる機会はほとんどありません。

正社員や契約社員という働き方もありますが、現在はフリーランスで活躍してる方も多くなっています。

イラストレーター

イラストレーターとは、webや雑誌、ソーシャルゲームなどで使用されるイラストを描く人のことです。

ポスターや商品パッケージ、雑誌の挿絵など、さまざまな依頼に応じて求められたテイストのイラストを提供しなくてはなりません。

イラストレーターは机に向かってもくもくと作業を進めていくため、「絵を描くのが好き」「トレンドを掴むのが得意」というコミュ障の方に向いています。

イラストレーターはフリーランスのイメージが強いですが、正社員や副業など、ライフスタイルに合わせた働き方が可能です。

資格がなくても働けますが、専門学校などでグラフィックデザインを専攻したり、美大で学んだ経験があれば、企業やクライアントに対してスキルを証明することができるでしょう。

コミュ障に向いていない仕事の特徴を理解しよう!

コミュ障の方が仕事を探す際には、自分の弱みや苦手分野を理解し、ストレスなく働ける仕事を選ぶことが大切です。

まずは自分に向いていない仕事を把握し、苦手な業務を選んでしまわないよう注意しましょう。

業務の中で様々な確認が必要な仕事

コミュニケーションが必須の仕事は、コミュ障の方には向きません。

1つの業務の中で、複数の人への確認作業や報告が必要な業務は避けるようにしましょう。

具体的には、営業職や営業事務、企画、マーケター、ホテルやレストランの接客業、看護師、介護職などがあげられます。

ヒアリング力が求められる仕事

誰かの悩みや相談に対してアドバイスをしなくてはいけない職業は、おすすめできません。

コミュ障の方の中には、「人との距離感を掴めない」「人の話を聞けない」という方もいますので、人の話に辛抱強く耳を傾けることが困難なケースも多いでしょう。

販売員や美容部員、教師など、人の話をじっと聞くことが多い職業は、コミュ障の方には向いていないといえます。

ミスが許されない仕事

人前で極度に緊張してしまうコミュ障の方は、常に緊張感を強いられてしまうミスができない仕事は避けましょう。

わざわざ緊張感の高い職場や仕事に就くよりも、マイペースに働ける仕事の方が向いています。

ミスをするとストレスが溜まり、コミュ障が悪化してしまう危険性があるので要注意です。

コミュ障のまま仕事をしていることで起きるリスク

コミュ障を改善しようとせず、仕事が辛いと悩みながら働き続けている人もいると思います。

ストレスを抱えたまま働き続けていると、一体どのようなリスクが待っているのでしょうか?

成長スピードが遅くなる

自分が置かれている環境を改善しないまま働くと、社会人としての成長スピードが遅くなってしまう可能性があります。

周囲が出世したり大きな仕事を任せられているのを見て、自己嫌悪に陥ったり自己肯定感が低くなったりして、コミュ障が悪化することも危惧しなくてはなりません。

生涯年収が低くなる

コミュ障の方がお金を稼ぐには、「コミュ障」が障害にならない業務に就くことが重要です。

仕事で成果を出せないと収入は上がらず、結果として生涯年収を下げてしまうリスクがあります。

一般的な企業での仕事は、周囲とのコミュニケーションが必要不可欠です。

コミュ障の方はそんな環境で成果を出すことがむずかしいため、自分に合った職業や職場を選ぶことを優先しなくてはなりません。

コミュ障を克服する方法

コミュ障を克服するには、時間をかけて周囲とコミュニケーションを取り、コミュ障の症状を軽減させるていくことが大切です。

短期間で回復することはありませんが、時間をかけて取り組むことでコミュ障を克服し、自分に自信を持って働けるようになるはずです。

人と関わる環境に身をおいて矯正する

コミュ障の方は人との関わりを避けようとしますが、完全にシャットアウトすることは不可能です。

そして関わりを少なくすればするほど、コミュ障の克服に時間がかかってしまいます。

少しづつでも周囲との関わりを持ちながら、人間関係を築いていくことが何よりも大切です。

最初から上手く話そうとする必要はありませんので、まずは相手の目を見て会話ができるようになりましょう。

社会人として初歩的な挨拶から積極的におこなう

職場で活躍するには、コミュニケーション能力や会話力が必要不可欠です。

さらに周囲との信頼関係を築くことも大切ですので、少しずつでもコミュ障を克服していく必要があります。

まずは「おはようございます」「お疲れさまです」などの、簡単な挨拶から始めてみるのはいかがでしょうか?

それだけであなたの印象は良くなり、あなた自身も清々しい気持ちになれます。

挨拶に慣れてきたら、天気の話やその日のニュースなど、何気ない会話を膨らませていきましょう。

新しい環境で働く

これまでに勤務していた環境から全く別の企業に転職してしまうのも1つの手です。

荒治療にはなってしまいますが、知り合いが一人もいない状況であれば逆に一から関係性を築けるのでコミュ障を克服できる可能性があります。

仕事場を変えるのはかなり負担がかかってしまうものの、良いきっかけになることも十分に考えられます。

転職する際にはマイナビエージェントがおすすめ!

マイナビエージェント

コミュ障として転職する場合には、担当者が一からサポートしてくれるマイナビエージェントがおすすめです。

希望条件や適正などをヒアリングした後に最適な求人を紹介してくれて、履歴書作成・面接対策まで行ってくれます。

コミュ障という適正も尊重してくれるので、より良い環境ではたらくことができるでしょう。

\全てのサポートは完全無料!!/
マイナビエージェントに申込む!

コミュ障に適した仕事を見つけて快適に働ける環境を見つけよう!

コミュ障の方に向いている仕事を、ランキング形式でご紹介しました。

コミュ障の方は無理をせず、ストレスが少なく自分の性格に合った職場を選んで働くようにしましょう。

しかし人として、社会人として成長するためには、コミュ障の克服に向けて取り組むことも大切です。

人を避けてばかりいても問題は解決しませんので、まずは挨拶から始め、少しづつ周囲との関わりが持てるようになっていきましょう。