「転職活動に疲れた...」疲れてしまう原因や対処法を理解して内定を勝ち取ろう!

「転職活動に疲れた...」疲れてしまう原因や対処法を理解して内定を勝ち取ろう!

「中々転職先から内定を貰えない」
「数十社以上連続で不採用になり精神的に疲れてしまった」

転職が思う様に進んでいない人の中には、何社受けても内定を貰えず、精神的にも肉体的にも疲れてしまっている人も多いでしょう。

立て続けに不採用を貰うと、自分自身を否定されているように気持ちになり、ストレスが募ってしまいますよね。

また、このまま転職先が決まらないと将来への見通しも持てず、いつまで転職活動をすれば良いのか…と悩んでしまうことも。

この記事では、転職に疲れてしまった人に実践して欲しい、対処法と転職への考え方を紹介していきます。

転職活動に疲れてしまう主な5つの原因

転職活動に疲れてしまう主な5つの原因

転職活動は精神的・体力的にかなり負担がかかるため、自分がどのような原因で疲れているのか要因が分かっていないケースが多いです。

何に疲れているのか理解できれば、それなりの対策ができます。

主な転職疲れの原因は下記が挙げられます。

  • 内定が貰えずに精神的にしんどい
  • 面接官から厳しい言葉をかけられて自信がなくなった
  • 面接会場まで距離が遠くて肉体的にしんどい
  • 収入源がなくなり金銭的な余裕がない
  • 企業とのやり取りに神経を使う
  • 退職手続きが中々進まない

転職ではやるべきことが非常に多いので、どこに疲れているのかが把握しきれていないため、長期間疲弊するケースが多いです。

転職先が決まるまでに半年以上かかるケースがあるので、疲れと上手に付き合って、転職活動を進めていかなければなりません。

転職したいと思ったら何をすべき?悔いのない転職をするための極意

転職に疲れた時の5つの対処法

転職に疲れた時の5つの対処法

転職に疲れた時の対処法5つを紹介していきます。

  • 転職活動を一旦ストップして休む
  • 転職先の選択肢を広げる
  • いい意味で転職先を妥協する
  • 友人に会って気分転換をする
  • 転職エージェントを利用して転職活動の負担を減らす

転職活動を一旦ストップして休む

転職活動に疲労を感じたら、気合で進めるのではなく、一旦転職活動をストップしてみましょう。

転職を進めていくには、応募書類の作成・面接先までの移動・面接などステップが非常に多く、休まずに続けるのは非常に疲れます。

また、連続して不採用通知を受けると、自分を否定されている気持ちになってしまうため精神衛生上良くありません。

中には過度なストレスを抱えてしまい、転職活動を放棄してしまう人もいるほど。

適度に転職活動のペースを調節して、ストレスを感じすぎない様、上手に転職を進めていきましょう。

転職先の選択肢を広げる

希望している転職先から全く内定を貰えない場合、他の職種や業種も視野に入れてみるも1つの手です。

職種や業種によってはかなり転職ハードルが高く、内定を貰うのが非常に困難なところも。

転職ハードルが高い職種だけに絞ってしまうと、どうしても内定に至る確率が低くなってしまい、転職活動が長引いてしまいます。

そのため、特定の職種打ではなく、様々な業界・職種を視野に入れて転職活動を進めていきましょう。

20代の転職者必見!絶対に失敗しない転職先の選び方

いい意味で転職先を妥協する

前職の仕事に不満が大きい人ほど、転職先に多くの条件を求めてしまい、理想が高くなる傾向があります。

今よりも良い企業に転職したいという意気込みが非常に大切ですが、理想が高く持ちすぎるのはよくありません。

全ての条件を求めるのではなく、いくつか妥協点を作って、この条件だけは譲れないというポイントを作るのが重要です。

条件を少なくすれば、転職先の選択肢が多くなり、内定を貰える確率が高くなります。

友人に会って気分転換をする

転職活動は基本的に自分一人で進めていくため、悩みや不安を一人で抱え込みがちです。

自分だけで抱え込んでしまうと、ストレスを発散できなくなり、ストレス溜めこんでしまうことに。

そうならないためにも、友人と会って色々と話をして、意見交換や楽しい話をしているうちに気分がリフレッシュします。

自分がどんな仕事に向いているのか第三者から意見が聞けて、思わぬ発見が見つかるケースもあるでしょう。

闇雲に転職を進めるのではなく、人とコミュニケーションを取ったり、息抜きをしたりするのが大切なのです。

転職エージェントを利用して転職活動の負担を減らす

転職をする上で企業の担当者とのやり取りや応募書類の作成、面接対策など様々な作業を全て自分一人でこなさなければなりません。

そのため、一人で転職活動を進めるのはかなり負担が大きくなるので、転職のサポートをしてくれるエージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントは転職に関わるあらゆるサポートを含めて、企業の担当者とのやり取りや書類作成・面接対策なども行ってくれます。

不明点や疑問点などがあれば気軽に相談できますし、メンタル的な面でも心強い味方になります。

また、一般的な転職サイトでは出回っていない独占求人も掲載しているので、自分の要望や希望にぴったりの求人を紹介しれくれるサポートも。

自分で求人を探す手間も省けるので、スムーズに転職活動を進めることができます。

今までの転職活動を振り返る5つのチェックポイント

今までの転職活動を振り返る4つのチェックポイント

転職先から内定を貰えないのは、転職先のハードルが高い・転職活動のやり方が間違っているのなど何かしらの要因があります。

そんな時に大切なのは、今までの転職活動を振り返ること。

転職活動を振り返る際には、大きく分けて5つのチェックポイントがあります。

  • 応募書類に不備が無いか
  • 面接対策が万全にできているか
  • 志望している職種・業種のレベルが高くないか
  • 企業の求める人材に適しているか
  • 自己分析と企業研究が十分にできていたか

応募書類に不備が無いか

応募書類が全く通過しないと悩んでいる人は、応募書類に不備が無いか確認してみましょう。

いくら意気込みや意欲があっても、企業があなたを知る一歩目の応募書類に不備や内容不足があると通過する見込みはありません。

志望動機・自己PRは特に企業がチェックしているポイントなので、入念に作り込んでおきましょう。

前職のエピソードを盛り込んだり、自己PRと志望動機に関連性を持たせたりと、とにかく具体的に分かりやすく伝えるのがポイントです。

【フリーター向け】企業から評価を受ける履歴書の書き方

第二新卒の履歴書の書き方~完全マニュアル~

面接対策が万全にできているか

書類選考が通過するものの、面接で落ちる人がかなり多く、面接は転職活動の鬼門と言っても良いでしょう。

面接対策を万全にしないと、内定を貰える可能性は限りなく低いです。

面接対策次第で、合否の結果が大きく変わるので、入念に面接対策を済ませておきましょう。

どのような質問をされるのか・面接中の立ち振る舞い・言葉使いなど見直さなければならないポイントはいくらでもあります。

【回答例付き】20代の面接で聞かれることが多い8個の質問を紹介!

面接が怖いと感じるフリーターへ~面接を克服する6つの方法~

志望している職種・業種のレベルが高くないか

志望している職種や業種のレベルが高すぎると、採用される可能性がぐっと低くなってしまいます。

どれだけ履歴書や面接対策を入念に済ませても、学歴や経歴を重視されてしまう企業からは内定を貰うことはできません。

そのため、今一度自分が志望している職種や業種のレベルが高すぎないか。チェックしてみましょう。

もし厳しそうなのであれば、別の業界にも視野を広げて転職をしていく必要があります。

未経験でもできる仕事はある?未経験者を歓迎している仕事の種類や内定を貰えない人の特徴

企業の求める人材に適しているか

企業ごとに選考者に求めるスキルや特徴が異なり、求められる人物像に適していないと採用に至ることはありません。

企業が出しているホームページや求人に求める人物像が書いてあるので、あらかじめチェックしておきましょう。

あまりにも企業が求めている人物像とかけ離れていると、仕事に対しての意欲や熱意があっても、内定は貰えません。

面接の際のアピールにも繋がるため、企業がどのような人材を求めているのか理解しておきましょう。

自己分析と企業研究が十分にできていたか

転職活動を行っていく中で企業研究と自己分析は非常に重要なポイントです。

これら2つが十分にできていないと、応募書類や面接で上手く伝えたいことを言えなかったり、アピールできなかったりする可能性が高くなります。

基礎的なことですが、非常に需要な要素なので、ここからは自己分析と企業研究のやり方を紹介していきます。

自己分析のやり方

自己分析は文字通り自分自身を分析して、どの様な考えを持っているのか・仕事に対してどのような意識を持っているのかを洗い出して整理する作業です。

頭の中だけで自己分析をしても上手くまとまらないので、紙に書きだしながら行うのがおすすめです。

紙に書きだす際には下記4つのポイントを踏まえて行いましょう。

  • これまでの仕事でどのような経験・スキルを積んだのか
  • 仕事に対してどのような意識を持っているのか
  • どのような将来像を持っているのか
  • 自分はどのような性格なのか
  • 次の転職先にアピールできそうなスキルや資格がないか

これらを紙に書いてキャリアの棚卸しをすることによって、思わぬ自分を発見できたり、自分がどのような考えを持っているのかを再確認できます。

企業研究のやり方

企業研究では転職しようとしている企業や業界のあらゆる調査・研究を行います。企業研究ができていないと、転職後のミスマッチが起きるリスクがあります。

企業研究のやり方がいまいちわからない人は、下記のポイントを重視して行ってみてください。

  • 企業が掲げているビジョンや方針
  • 企業が取り組んでいる事業内容
  • 競合企業との違い
  • 企業の現状
  • 職場の雰囲気
  • 待遇や福利厚生
  • 教育制度
  • 入社後のキャリアプラン

求人や企業のホームページをチェックするのはもちろん、口コミサイトも活用してみてください。

口コミサイトには実際に企業で働いている人・働いていた人のリアルな口コミが掲載されているため、新鮮な情報をキャッチできます。

転職難易度を下げるのも重要!スムーズに転職できるおすすめの業種・職種

転職先が中々決まらない期間が長引いてしまうと、身体的・精神的にかなり疲弊してしまいます。

そのため、転職しやすい仕事に絞ってみるのも1つの手です。

そこでここからは、スムーズに転職できるおすすめの仕事を5つ紹介していきます。

  • 営業職
  • 接客業
  • IT業界
  • 製造業
  • 運送業

転職に疲れた人におすすめの職種・業種:営業職

営業職は業界・職種をと問わず企業にある職種なので、その分求めている企業の数が非常に多い傾向があります。

事前のスキルや知識もあまり求められず、主に人間性やコミュニケーション能力が必要。

そのため、幅広く人材を採用しており、転職難易度も低いです。

仕事の成果を上げた分だけの収入が得られるインセンティブ手当ても得られるので、やりがいにも繋がります。

転職に疲れた人におすすめの職種・業種:接客業

飲食業界や販売などの接客をメインにしている接客業も転職しやすい傾向があります。

接客業もスキルや経験といった要素よりも、コミュニケーション能力や人間性が重要とされており、適性があれば未経験でも十分に転職できます。

接客業で経験を積んでいけば、店長・マネージャ―と着実にキャリアアップを狙えるのもポイント。

人と接するのが好きな人にとてもおすすめな仕事です。

転職に疲れた人におすすめの職種・業種:IT業界

IT業界は業界全体の成長が著しく、求められているニーズに対しての人材が不足しています。

簡単に転職できるイメージはないかもしれませんが、未経験者から採用して育てるための環境が整っているのが現状です。

そのため、IT業界未経験者でも十分に転職することが可能となっています。

IT業界で身につけられるスキルや実績は将来的に必ず役に立つので、仕事がなくなってしまうリスクもありません。

転職に疲れた人におすすめの職種・業種:製造業

工場などで仕事をする製造業は特別な資格やスキルが必要とされていない仕事です。

仕事内容もマニュアル通りに進めていくので、とても単調で数日で慣れる業務ばかりなので仕事を覚えるのも苦になりません。

年齢や学歴も重視されず、幅広い年代が働いている実績もあるのですぐにでも仕事をしたい人は製造業も検討してみてください。

転職に疲れた人におすすめの職種・業種:運送業

トラックを運転して荷物を配送する配送業も運転免許があれば経験や年代を問わずに転職できる仕事です。

定められた区域に荷物を配送するだけなので、仕事内容が難しいこともありません。

ネットショッピングが急激に普及している昨今において、ニーズが高くなっている業界でもあるので運転が好きな人はぜひ検討してみて下さい。

在籍しながら転職している人はリフレッシュが大切

在籍しながら転職している人はリフレッシュが大切

今の仕事を続けながら転職をしている場合、収入が無くなるという不安がありません。

しかし、精神衛生上良くないため、モチベーションも落ちてしまい仕事にも支障をきたしてしまいます。

そのため、在籍しながら転職をしている人は、適度リフレッシュしながら転職を進めていくのが大切です。

食事や睡眠など生活リズムを整える

現職を続けながら転職をすると、仕事の合間や休みの日に転職をしなければならないので、プライベートの時間や休暇が無くなります。

休む暇がなくて生活リズムが崩れてしまうと、本来の力を発揮できなくなり、転職に加えて現職の仕事にも支障が出てしまうことに。

本末転倒になってしまうため、食事や睡眠の時間を十分に確保し、生活リズムを整えるようにしましょう。

良い転職をするためには、基本的な生活の向上が第一です。

本当に転職するべきなのか考える

なぜ転職をしようとしているのか・本当に転職すべきなのか、今一度考えてみるのも1つの手です。

今の仕事に不満やストレスを感じて退職しようとする人の場合、退職するのが目標になっている人が多く、転職してどうなりたいのかが明確に定まっていません。

勢いで退職してしまうと、退職・転職した後になって後悔してしまうケースも多いです。

そうならないためにも、転職をしようとしている理由を明確にしてみましょう。

もしかしたら今の職場で頑張りたい・やはり転職はしない方が良い、など新たな視点が見つかることもあります。

転職したいけどどうすれば良いか分からない!転職する際注意点と流れを解説!

コロナも収束してきたので今のタイミングがチャンス!

新型コロナウイルスの影響により、2019年~2021年まで思うように転職活動を進められなかったという人も多いと思います。

しかし、2021年11月に入ってから感染者数も減少してきているのでコロナが収束してきている今のタイミングがチャンスでもあります。

企業も前向きに採用してきているので、今のタイミングで始めればコロナ渦よりも採用される可能性が高くなります。

退職して転職している人は不安要素を無くそう

退職して転職している人は不安要素を無くそう

既に仕事を退職してから転職をしている人の場合、収入が入ってこないため、在籍中の人に比べて不安要素が多いです。

不安を感じながら転職をしてもいい結果を得られる確率は限りなく低いため、できるだけ不安を無くしてから転職を進める様にしましょう。

アルバイトなどで金銭的不安を解消する

仕事を退職してからの期間は無職となり、収入は一銭も入ってきません。

転職期間が長引くにつれて、どんどんお金が無くなっていくため、不安を感じる人も多くなるでしょう。

金銭的に余裕がなくなると心にも余裕がなくなってしまうため、アルバイトなどをしつつ、転職活動をするのをおすすめします。

アルバイトなのであまり収入は高くありませんが、一銭も入らないよりは断然ましです。

また、アルバイトをしている間は転職を忘れられて、適度なリフレッシュにもなります。

フリーターが支払わなければならない税金の種類とは?

フリーター期間が長引くのは危険

フリーターとして転職を進めていると、転職が上手く進まない場合は、転職への意欲が少なくなり「フリーターでいいや」と言う考えに変わってしまいます。

フリーターの収入でも最低限の収入が得られ、なんとか生活ができてしまうためです。

また、アルバイトには責任のある仕事を任されないため、ぬるま湯に浸っている気持ちになる中々抜け出せないのです。

しかし、フリーターの期間は職歴にかけない空白の期間になってしまうため、期間が長部国つれて転職への影響が大きくなります。

空白期間を長引かせないためにも、しっかりと転職の計画を立てて、期間が長引かない様にスピーディーに転職を決めましょう。

フリーターを待ち受けている悲惨な末路と回避方法を紹介!

ストレスと上手に向き合って転職を進めていこう!

転職がスムーズに決まる人はかなり少なく、ほとんどの人が転職中にストレスを抱えています。

そのため、転職中は上手く行かないことが多く、ストレスがかかって当たり前と考えておきましょう。

割りきって転職をすれば、ある程度気持ちも楽になり有意義に転職を進められます。

転職のストレスと上手に向き合って有意義な転職ができる様にしましょう!

転職したいと思ったらすべきこと!自分の現状を把握して適切な行動を心掛けよう